« 「旅54-4」上林温泉 | トップページ | 「旅54-6」富山城跡公園 »

2012年9月11日 (火)

「旅54-5」おわら風の盆(前夜祭)

20128_414
長野県・林檎畑 2012年8月27日(月)

今日は、これから富山県へ向かいます。
富山での目的は「おわら風の盆」の前夜祭です。夫も私もとても楽しみにしていました。^^

途中、林檎畑がありました。林檎はまだ青いものが多く本格的な収穫はまだ、先ですね。

※下の 続きを読む をクリックお願いいたします。

20128_424
道の駅 越後市振の関(エチゴイチフリノセキ)にて 2012年8月27日(月)

上林温泉から国道を利用し新潟県直江津に出ました。
直江津からは国道8号線を利用。
直江津から富山県朝日までは、海を眺めながらドライブできるお気に入りのコースです。
お天気もよく美しい海が見えましたが、一回の休憩と昼食以外はノンストップでした。
夫は、「おわら風の盆・前夜祭ステージ」に間に合わないと大変!と急いでいるようですdash

道の駅からの風景は北陸本線と日本海です。

20128_427 20128_426
                         富山第一ホテル・客室

富山の宿泊先は 富山城跡公園の前にある「富山第一ホテル」。
部屋に荷物を置き、休憩するまもなく『おわら風の盆・前夜祭』へ出かけました。

20128_429
富山県八尾・八尾の町並みと井田川 2012年8月27日(月)

八尾へ向かう道は、空いていたのでホテルから30~40分程度で着きました。
駐車場は井田川に面した 町民ひろば 駐車料金は行事運営協力金として1000円でした。
駐車場はガラガラ、あれ~?人気があるはずなのに・・・・平日だからかな?
車の少なさに 『輪踊りと町流し』は 
静かでしっとりとした「風の盆」本来の姿が見られるかも?と期待が高まります。

【ちょこっと豆知識】(越中八尾観光協会HPより一部抜粋・引用)
   八尾の名称の由来・・・・・飛騨の山々から越中側へのびる八つの山の尾に
                  拓かれた地を意味するといわれています。

20128_436_2 20128_438

20128_437_2

前夜祭ステージは「八尾曳山展示館ホール」で8月20日~30日まで行われました。
入場料は1500円でした。
開演時間は午後6時30分から・・・開演時間まじかには、ホール内は、ほぼ満席。
ツアーのお客さんも多かったようです。

20128_443

前夜祭ステージは、まず「おわら風の盆」を紹介する映像を上映。(約30分)

20128_452
おわら踊り方解説

続いて踊り方解説 (約30分)
おわら踊りは、現在3種類あるそうです。 
     1、豊年踊り(旧踊り) 2、女踊り  3、男踊り 
     解説していただいたのは「豊年踊り」です。
     種をまき収穫するまでを踊りにしたもので、決め手?となる部分は男女別々の踊りになるようです。

ステージが行われている頃、外は雨が降り出したようです。
雨が降ると 『輪踊りと町流し』は中止!たとえ雨が上がったとしても中止になる確率が
高いのだと説明を受けました。
おわら風の盆に欠かせない 胡弓 湿気を含むと音がでなくなるからだそうです、、、。

20128_454
おわら踊り方解説

客席では皆さん、解説を受けながら踊っておられます。はい。私も踊ってました。
基本の踊りは、しっかり覚えましたよ。^^

20128_491

ステージ最後は、おわら踊り観賞。(約30分)
唄い手・囃子・三味線・胡弓 そして踊り手と勢ぞろいです。
おわら風の盆 独特の哀愁を帯びた音色、女踊りの艶やかさと叙情の豊かさ
男踊りのしなやかでありながら力強さ・・・とても心に沁みる魅力を感じました。

20128_500
八尾 2012年8月27日(月)撮影

外に出ると雨は上がっていましたが水溜りができていました。
雨に濡れた路を灯りが照らし出し情緒ある町並みがよりいっそう風情が増します。

輪踊りと町流しは行われるのでしょうか?ちょっと心配です。
前夜祭期間中は一町内が輪踊り・町流しを行います。(pm8:00~pm10:00)
8月27日は 下新町通り でした。

20128_496 20128_498

下新町へ向かう途中の店は、まだ、営業中。普段ならもう閉まっている時間なのでしょうね。

遠くから哀調の音色が聞こえてきました。どうやら予定通りに町流し等は行われるようです。

                                 

                                 ・

20128_530_6

                                 

20128_517

子供達も町流しに加わり踊っています。こうして伝統の踊りは受け継がれていくのですね。

20128_499 20128_504
20128_515 20128_493_2
※小さな写真はクリックしていただくと拡大してごらんいただけます。

空いているどころか下新町通りは、物凄い観客で熱気ムンムン・・・・・
思うように前にも進めませんでした、、、、、、。

20128_522

                                

20128_505_2

                               ・

20128_571_2

                                ・

20128_519

                                

20128_536 20128_518_3
20128_524_2 20128_538
※小さな写真はクリックしていただくと拡大してごらんいただけます。

                                ・

20128_585_2

                              ・

20128_574

                               

20128_600

                                ・

20128_603

人ごみを抜け静かな路を歩き駐車場へ向かいました。
聞こえてくる「おわら風の盆」の歌声、空には綺麗なお月様。
人にもまれ、全身シャワーを浴びたかのように汗でびっしょりにはなりましたが
川面を渡る風が心地よく、おわら風の盆の余韻に浸りながらの夜道も乙なものでした。

                                               つづく
                                           ※旅行日:2012年8月27日(月)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               コナラプロジェクト
                               コナラの樹を守りたい!

1191415_018_2

                       命の危機にあるコナラを守るための募金活動です。
             今年5月コナラの治療が行われましたが、治療を続けていくことが必要なため

                            募金活動は継続中です。
                         ご協力、よろしくお願いいたします。 
                   ※詳しくは
「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。

              ☆募金報告・・・2012年8月30日現在の募金額 186,112円です☆

                               お知らせ

                2012年5月7日から9日までの三日間、コナラの治療が行われました。
                詳しい治療の内容や作業の様子は 「パトローネ」 をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 「旅54-4」上林温泉 | トップページ | 「旅54-6」富山城跡公園 »

北陸」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

風情ある町並み」カテゴリの記事

コメント

富山第一ホテルは泊まった事があります。ブリが食べたくてね。
料亭に食べに行きました。
でも他に何をしたのか思い出す事が出来ません。

我が家のおわら風の盆 は毎年先送りで未だに行けません。
高山祭りもダメそうだし・・・・

妻の不満が増幅しそうです、、、

よし坊様

そうでしたか ^^ ブリを食べに富山に行かれたんですね。
富山のブリは本当に美味しいですよね。^^
富山第一ホテル、JTBで予約したのですが、予約する前に八尾までの所要時間を
何軒かのホテルに問い合わせたところ、一番対応がよかったので今回の宿泊となりました。

おわら風の盆 我が家も何年にも渡り先送りになっていました。
前夜祭ではありましたが、風の盆の雰囲気を感じるには充分でしたよ。^^
それでも本番をを是非とも見に行きたいと思っているぐらいです。
何年後かは詳しく知りませんが、
北陸新幹線が開業したら益々「風の盆」は人出が増えそうな気がします。
新幹線駅前には、ホテルや飲食店などの建設も始まっているようです。
奥様の不満が増幅しないうちに、そしてこれ以上、風の盆の人出が増えないうちに
是非、是非、お出かけくださいませ。^^
ありがとうございました。

こんばんは、ニャンさん。

「風の盆」 聞いたことはありますが、観たことはありません。
また、どんなものかも知らなかったのですが、
写真と解説で、何となく、情緒豊かな踊り、と言う感じはしてきました。

真夏の夜の熱気、白粉の香りまで伝わってきたりして、
見ているものも、興奮してきそうですね。^^;

そして、人ごみから離れてから、
遠く聞こえてくる歌声や胡弓の響きが、深く心の奥まで届くようです。
私も、行ってみたくなりました。

情緒あfれる日本の夏、ありがとうございました。^^


 前夜祭とはいえ、長いこと楽しみにされていた「風の盆」をご覧になれて良かったですね。
 今回のご旅行のハイライトですね。
 哀愁を帯びた躍りの様子と、お気持ちが高揚されてるニャン様のご様子が感じられるお写真の数々です。
 最後のお写真は余韻までもが伝わってきます。
 仲良く並んで歩かれていらっしゃるに違いない、ニャン様ご夫婦のお姿が想像できそうです(#^.^#)

 風の盆前日、ニュースで、八尾の駅のホームで行われている「迎え」を見ました。
 鉄道で来たお客さんを数人の踊り手が風の盆の躍りで迎えるのですが、
 「迎え」は笠をかぶらず、素顔を見せて躍るのだそうです。
 あんな迎えられ方もいいなあ、と見ていました。

 続いて再度のお邪魔です。
 「あずまや高原」 で分からなかった最後の植物は、
 オオイタドリ かと思います^(^^)v

私もいまだに行けずじまいになってる『風の盆』です。
踊り手が街角からす~っと現れてくる静かな祭りも風情が失われつつあるようですね。
そうですね、新幹線が開通したら大変なことになりそう。
是非ともその前には拝見したいものです。
勿論、途中下車の温泉や美味しい物と組み合わせて…
考えるだけでも楽しいです。

moo様

おはようございます。
お返事、遅くなり申し訳ありません。
また、また、PCがストラキ。昨日、仕方なく再セットアップし治りましたが
Cドライブ等のデーターが全て消えてしましい、設定のやり直しです。
バックアップしてあったものはいいのですが、それ以外の作業が大変、、、^^;

「風の盆」は長年、憧れていた祭りです。
やっと見ることができ、夢かなった~という感じです。
お祭りに欠かせない?屋台(夜店)もなく、祭り自体は本当にしっとりとしたお祭りでした。
でも観客の多さはすごいです。^^;

風の盆の余韻を感じながら歩いた路は、とても懐かしいような思いでした。
風の盆は、大人の祭りという感じを私は受けました。
ぜひ、機会がありましら観にいってみてください。
ありがとうございました。^^

よう様

お返事、大変遅くなり申し訳ありません。
今日も消えてしまったPCデーター等のインストールや設定に一日かかりそうです、、、^^;
皮肉なものでデーター消失のお陰でPCは軽くなり、ひとつひとつの動作が速くなりました。
これを機会に、余分なデーターは復活させずに設定しようと思います。^^

はい。よう様もご存知のとおりR×Rで「風の盆」のときに宿泊できる宿、教えてください。と
会員の皆様にお願いしたこともありましたね。^^
実は、今年も国民宿舎宿泊に応募しましたが、ハズレました、、、、。
ならばと、前夜祭の期間ではありましたが富山宿泊を決めたしだいです。

風の盆の哀愁を帯びた踊り、音色など 想像以上に心に響くものがありました。
「迎え」は知りませんでした。観光客の方には心憎いお迎えですね。

「あずまや高原」の植物の名前、調べていただいたんですね。
本当に ありがとうございます。m(_ _)m うれしいです。^^
ありがとうございました。

パンジー様

「風の盆」観光客の多くの方が引き上げた深夜に鑑賞するのが一番良い!と
何かで読んだ記憶があります。
今度は、その深夜に観てみたいと思っています。^^
そのためにも、やはり祭り当日、八尾に宿泊しないと、、、、でも、難しいです、、、。

八尾観光協会の方とお話させていただいたのですが、
多くの方に来ていただきたい。でも、風の盆本来の雰囲気も守っていきたい!と
複雑な思いでおられるようです。

関西からバスツアーがあるようですが、どうせなら温泉や美味しい物も楽しみたいですよね。^^
たとえば能登半島一周と組み合わせるとか、立山と組み合わせるとか・・・
楽しいプランを考え、ぜひ、風の盆を観にってください。^^
ありがとうございました。^^


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/46960893

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅54-5」おわら風の盆(前夜祭):

« 「旅54-4」上林温泉 | トップページ | 「旅54-6」富山城跡公園 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ