« 「旅54-3」嬬恋~志賀高原 | トップページ | 「旅54-5」おわら風の盆(前夜祭) »

2012年9月10日 (月)

「旅54-4」上林温泉

20128_347
上林温泉・千壽閣 2012年8月26日(日)撮影

上林温泉は、初めて宿泊する温泉地です。
今回、宿泊した「千壽閣」さんと もう一軒、ブロ友さんに教えていただいたお宿と
どちらに宿泊しようか?と悩みました。

「千壽閣」さんに宿泊を決めたのは、ちょうど宿泊する日がスペシャルプランに該当する日で、
何時もよりお得な価格で宿泊できることが決めてでした。(JTBさんのプラン利用)

※下の 続きを読む をクリックお願いいたします。

20128_327 20128_349
到着時のおもてなし                     千壽閣・庭

上林温泉、標高がどれぐらいあるのかはわかりませんが、高地から降りてきたので
少々涼しさにはかけ、蒸し暑く感じます。
しかし、京都から比べれば、十分涼しいはず、、、人は贅沢ですね、、、^^;

20128_330 20128_331

宿泊した部屋は二階です。
机の上には、うちわ。ベランダには簾。
もちろんエアコンはありますが、日本の夏らしい演出です。^^

一休みした後、温泉街をぶらり散歩。
雲行きが怪しくなってきたので、宿に急いで戻りました^^;

20128_350

大浴場は、上の写真の灯りのついた場所にあります。
大浴場、露天風呂共に源泉かけ流し。
特に大浴場は男湯と女湯を隔てる壁から惜しげもなく源泉が滝のように流れ湯船に注ぎ込まれています。
湯船から溢れ出る源泉・・・・・とても贅沢で最高に気持ちの良い温泉でした。
露天風呂は緑に囲まれセミや野鳥の鳴き声を聞きながらの湯浴みです。^^

20128_337 20128_341
20128_340 20128_343

上の四枚の写真、左上から・・・・・
「談話室」・・・コーヒーや紅茶が用意されており、自由に利用できます。(無料)
「滝」・・・・・・・庭の奥に小さな滝がありました。
「池の鯉」・・・鯉が集まっている竹筒からは、温泉が流れています。
        鯉も温泉好きなのでしょうか?
「オニユリ」・・旅館の玄関口に咲いていたオニユリです。

20128_357

部屋でお昼寝をしている間に雨が少し降ったようです。
雨上がりの後、雲の切れ間から日が差していました。

20128_368_2 

宿に到着した直後は蒸し暑いと感じましたが、夕暮れ時を向かえ涼しさを感じるようになりました。

20128_370_2 20128_372
20128_373_3 20128_374
20128_375 20128_377
20128_380 20128_382
20128_387 20128_389
20128_371 20128_378

夕食はレストランで・・・・クラシックなインテリアが落ち着いた雰囲気を醸し出していました。
お料理は、少し物足りないかな?という感じでしたが美味しかったです。
ウチは大食いなもので、、、、^^;
明日の夕食は、ゆっくりお酒を飲んでいる時間がないだろうと思い、
今夜は地ビール、地酒、ワインとたっぷりアルコールをいただきました。^^

20128_397
ほんのり朝焼け 2012年8月27日(月)撮影

翌朝は、少々寝坊しました・・・^^;
朝の散歩も今日はなし!朝風呂に入り、ひたすら のんびりの朝でした。
何度も言いますが、此方の温泉、本当に気持ち良かったです。

20128_405 20128_399 20128_400
20128_401 20128_403 20128_406
20128_404 20128_407 20128_408

朝食も同じくレストランでいただきました。
朝食の後は、朝寝と決め、これまた のんびり・・・鋭気を養います。
その理由は・・・・・・

                                               つづく
                                        ※旅行日:2012年8月26日(日)・27日(月)

追記(覚書) ♪
前回のブログで書き忘れましたがドライブの途中に「メロディーロード」がありました。
場所は 群馬県吾妻郡草津町・国道292号線です。
曲名は「正調草津節」でした。♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               コナラプロジェクト
                               コナラの樹を守りたい!

1191415_018_2

                       命の危機にあるコナラを守るための募金活動です。
             今年5月コナラの治療が行われましたが、治療を続けていくことが必要なため

                            募金活動は継続中です。
                         ご協力、よろしくお願いいたします。 
                   ※詳しくは
「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。

              ☆募金報告・・・2012年8月30日現在の募金額 186,112円です☆

                               お知らせ

                2012年5月7日から9日までの三日間、コナラの治療が行われました。
                詳しい治療の内容や作業の様子は 「パトローネ」 をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 「旅54-3」嬬恋~志賀高原 | トップページ | 「旅54-5」おわら風の盆(前夜祭) »

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

甲信越」カテゴリの記事

コメント

上林温泉も昔と随分変わったでしょうね?規模も施設も。変わらないのは豊富な温泉と泉質でしょうか。
夕・朝食の写真を見て我が家ではとても食べきれないと思いました。それをぺろっと食べてしまうのはよほど美味しかったからだと思いますよ!

よし坊様

上林温泉は、初めてでしたが宿のそばにはリゾートホテル?と思われる大きな施設がありました。
このあたりは、建物の規制がないのでしょうか?
温泉街は小さな和風旅館が主流のようで、背の高い大きな箱物施設は似合わないと感じました。^^;
京都のように中途半端な町並みには なってほしくないです。

温泉はかなり豊富なようですね。
よし坊様がおっしゃっておられたように、本当に良い温泉でした。

よし坊様ご夫婦は、本当に少食なんですね。
我が家は恥ずかしいほどに大食いだと実感いたしました。^^;
はい。美味しかったで~す。^^ ありがとうございました。

こんにちは、ニャンさん。

落ち着いた、良い感じの宿ですね~!
料理はともかく、
佇まい、和風のお部屋、のんびり、くつろげそうです。
何をするでもなく、ゆっくりした時間を味わうには、
うってつけの宿のように感じます。

メロディーロードって、
そこを通過すると、路面からメロディーが響いてくる、道路でしたっけ?
面白いこと、思いつく人がいるものですね!
感心してしまいます。

上り下りの、天使の階段も素敵でした、
ありがとうございました。^^

「メロデイーロード」大好きです。
いつも引き返して もう一度 もう一度、、、と走ります。(笑)

私は お宿(ホテル)に荷物を置いたら すぐに靴を履いて近隣を歩き回るので、
肝心のお宿のことをよく覚えていないことが多いのですが、
ニャン様は きちんとお風呂のことまで書いてくださるので、
お宿でのゆったりとした時間が良く伝わってきます。

美味しそうなお料理、ビール、 お酒、 ワイン、、、、いいな、いいな 羨ましい限りです。

いつもは早起きのニャン様ご夫婦が 旅先で ゆっくりとお寝坊をなさったのが
非日常的でいいですね。

moo様

妙に落ちるけるお宿でした。^^
お昼寝枕も用意されていたので、夫は本気モードで寝てました。
私は座布団枕にウトウトです、、、
「天使の階段が綺麗やで~」と起こされました。

そうです。メロディーロード・・・^^
表示されている速度で走るとメロディーが聞こえてきます。
群馬県が一番メロディーロードが多いようです。
滋賀県は琵琶湖大橋、堅田から守山へ向かう道路側がメロディーロードです。
ドライブのちょっとした楽しみにもなっていいです。^^
ウィキペディアによると、北海道でメロディーロードは開発されたそうですよ。

ありがとうございました。

shinmama様

メロディーロードの正調草津節、ついつい唄ってしまいました。
マイカーの狭い空間が妙に盛り上がりました。^^;
何度も走りたくなる気持ち、よーくわかりますよ。^^

ブログ=自分の覚書となっています。
ブログに書いておけば、老後、少々ボケても思い出せるようにと、、、、^^;
でも、そういっていただけると嬉しいです。

朝寝坊も久々でした。と 思っていたら ここの所、自宅でも朝寝坊の連続です、、、
旅先の朝寝坊と違い、自宅で寝坊すると まぁー朝の忙しないこと!
同じ宿に連泊して 思いっきり寝たい気分です。

機会があれば、いつかshinmama様と飲んでみたいです^^
ありがとうございました。

 仙寿閣さんにお泊りだったんですね。
 数年前、皇太子様ご一家が志賀高原にスキーにいらしたときお泊りになられたようです。
 談話室はどうもそのとき模様替えなさったみたいです。 以前はもう少しレトロな感じでそれも良かったんですけど・・・

 我が家が伺い始めた頃は、もうあのリゾートマンションは建っていました。
 バブルのころ、新潟の湯沢にリゾートマンションブームがありましたが、その波が上林にもやってきたのだろうと思います。
 眺めがさえぎられて、特に仙寿閣さんには気の毒ですよね。

 お風呂いいでしょう!
 湯量豊富なかけ流し温泉にはずいぶん行きましたけど、
 仙寿閣さんほど、惜しみなく、浴室の床全面を洗い流す勢いで溢れるお湯のところは、めったにありません(きっぱり)

 お部屋に「かく恋棒」という孫の手がありませんでしたか? あれ、すぐれもの ですよ。 
 いつもと違うニャン様のパターン・・・何が待っているのでしょう??
 嬉しくていっぱい書き込んでしまいました・・・

よう様

千壽閣さん、何が良かったって、おっしゃるように温泉がすっごく良かったです。
大浴場の溢れるお湯。私も初めて経験した気がします。^^v
夫も温泉の豊富さと泉質の良さに 何時も以上に長湯でした~♪

宿に到着したのが丁度2時、我が家を含めて同時に3組の到着(我が家が3組目)でしたが
車寄せでの対応、チェックインの手続き等、待たされたという感覚もなく
素早く且つ丁寧な対応で、サービスも大変良かったです。

散歩のとき「塵表閣」さん見てきました。
千壽閣さんとは異なる雰囲気で素敵な旅館さんですね。
実は、旅行日直前まで迷っていたんですよ。どちらの宿にしようかと・・・・^^;
千壽閣さんも文句なく素敵なお宿でしたが、
塵表閣さんも是非、是非、宿泊してみたい宿になりました。

あのリゾートマンション、確かに千壽閣さんには気の毒ですね、、、、。
そんな以前から建っていたのですか、、、、。

「かく恋棒」帰る間際に夫が見つけ、「これええなー」と言ってました。^^
これからも良いお湯、素敵なお宿、教えてくださいネ。^^
ありがとうございました。

いいお宿ですね。
お料理も素敵、量もいい感じかも…
『塵表閣』さんも捨てがたいし… 嬉しい悩みが増えました。
と言うより、行先さえも多すぎて大変。
ブログ拝見しながら、夢見気分です。
うっとり…(*_*)

パンジー様

ね、ね、迷いますよね。上林温泉の宿を決めるの ^^;
千壽閣さん、建物の規模にしたら客室数も少なめだで、ゆったりとした雰囲気だし
塵表閣さんは、純和風の趣きある宿だし・・・・ホント嬉しい悩みです。
何度も上林温泉へ行ければ、悩まなくて済むのですが、やはり遠いです、、、、
そうなんです。皆さんのブログを拝見して、此処もいいな~。あっ!此処も素敵!と
メモっていたら、全部行こうと思ったら何年かかる?と思っちゃいます^^;
皆さんのブログ詳細に書かれておられるので
ヘタしたら旅行業者の方より、知識が豊富で中身が濃いかも・・・・と錯覚しそうです^^;
元気で動ける間に、メモを頼りに旅をしたいです。
ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/46935109

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅54-4」上林温泉:

« 「旅54-3」嬬恋~志賀高原 | トップページ | 「旅54-5」おわら風の盆(前夜祭) »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ