« 「旅54-6」富山城跡公園 | トップページ | 2013年野外写真展「100人展」(仮称) »

2012年9月20日 (木)

「旅54-7」秋の入り口&うだつの町

20128_673
岐阜県飛騨古川 2012年8月28日(火)

旅行最終日、後は家路に・・・・。
本来であれば富山から石川県→福井県→滋賀県経由で京都に帰るのですが
もう一度 「涼しさ」を感じたくて岐阜県→滋賀県経由で帰ることにしました。

富山中心部から飛騨高山までR41を利用で約84kmほどの距離です。

※下の 続きを読む をクリックお願いいたします。

20128_675
せせらぎ街道 2012年8月28日(火)撮影

岐阜県高山市から「せせらぎ街道」を通り郡上八幡にでます。
せせらぎ街道あちらこちらにススキが見られます。
風はとても爽やか涼しく気持ちのよいドライブです。

20128_678

大きなそば畑は見当たりませんでしたが、そば畑が点在しています。

20128_682

オレンジ色の花は「フシグロセンノウ」でしょうか?
足場が悪く花に近づくことができませんでした。

20128_687_2
ゲンノショウコウ

20128_688_2
ゲンノショウコウ

花の名前がわからないので、調べました。
上二枚の花は別の種類かと思いましたが、調べた限りでは両方とも「ゲンノショウコウ」でした。

20128_689

せせらぎ街道は、もう秋の入り口という感じで、色づき始めている葉がところどころで見ることができました。

京都には帰りたくない!と思うほど涼しく快適でした。

岐阜県美濃市「和紙とうだつの町」

20128_700

前回、この町に来たときはお天気も悪く車で町をグル~っと一回りでしたが
今回はお天気もまずまず。町を散策することにしました。

20128_696

うだつの上がる古い町並みは伝統的建造物群保存地区です。
うだつの残る家は全部で19棟だそうです。
「うだつ」とは隣家との境界に付けられた土造りの防火壁です。
江戸時代、火事の類焼を防ぐためのもでしたが、当時の豪商たちがその富を競うように
それぞれに立派な「うだつ」を設けたそうです。

20128_707

二軒の家の「うだつ」が競い合うように設けられていました。
地元の方は「ケンカうだつ」とも呼ぶと教えていただきました。^^;

20128_705

写真、左側が平田家。右側が古川家。
富を競い合ったのでしょうね?

20128_708

うだつの町並みを歩いていると絶え間なく聞こえてくる風鈴の音。
町並み一軒一軒に風鈴が飾られていました。
風鈴の音色が古い町並みに よく似合います。いい音です。

20128_699

なぜこんなところに浴衣が飾られているの?と思ったらこの浴衣は格子の中のガスボンベの目隠しのようです。
古い町並みに配慮されているのでしょう。

20128_702

20128_710

20128_695_2

20128_718

最後になりましたが、うだつの町並みには何件もの和紙を扱うお店がありました。
美濃和紙は1300年以上の歴史と伝統があるそうです。
私も和紙の風合いが大好きで、季節のお便りを書くようにハガキを購入しました。^^

あとは、家に向かい帰るのみです。

長い「旅54」に最後までお付き合いいただきありがとうございました。

                                              おわり
                                           ※旅行日:2012年8月28日(火)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               コナラプロジェクト
                               コナラの樹を守りたい!

1191415_018_2

                       命の危機にあるコナラを守るための募金活動です。
             今年5月コナラの治療が行われましたが、治療を続けていくことが必要なため

                            募金活動は継続中です。
                         ご協力、よろしくお願いいたします。 
                   ※詳しくは
「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。

              ☆募金報告・・・2012年8月30日現在の募金額 186,112円です☆

                               お知らせ

                2012年5月7日から9日までの三日間、コナラの治療が行われました。
                詳しい治療の内容や作業の様子は 「パトローネ」 をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 「旅54-6」富山城跡公園 | トップページ | 2013年野外写真展「100人展」(仮称) »

」カテゴリの記事

東海」カテゴリの記事

風情ある町並み」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、ニャンさん。

3枚目の写真、
のんびり眺めていたいような、なんとも、美しい風景ですね。
その下の写真、私も、フシグロセンノウだと思います。
2色のゲンノショウコ、乾燥させたものを煎じて飲むとお腹の薬とか・・。

「喧嘩うだつ」面白いですね。
火花を散らして、火事にならなければ良いですが・・。(笑)
また、風鈴の音、目隠しの浴衣・・、
情緒あふれる町並みに、うっとりです。

今朝の開田高原、雨がしとしと、
昨日は、忙しく、更新も遅くになってしまいました。^^;

いい町並み、いい日本再発見、ありがとうございました。^^

moo様

おはようございます。
あら、開田高原 今朝は雨ですか?秋が少し前進しそうな雨になるかもしれませんね。
暑かった京都も昨日ぐらいから空気が入れ替わったようで涼しく感じます。^^
こちらはお天気がいいですが、ノースリーブのブラウスでは少し寒い朝です、、。

せせらぎ街道のそば畑、開田高原のように広いものはありませんでしたが
小さなそば畑が点在していました。
撮ったそば畑は、小さな小屋と白いそばの花が懐かしさを感じる風景で
いい感じと思い撮影しました。そういっていただけると嬉しいです ^^
^^
フシグロセンノウであってました ^^よかったです。
ゲンノショウコウはお腹の薬になるんですね。
夫は相変わらずお腹の調子が悪いので、採ってきて飲ませてあげたいです^^;

昨日、更新されていなかったので、どうされたのかな?と思っていましたが
早朝お邪魔したら更新されていたので安心しました。
いつもコメントをありがとうございます。^^

何所も蕎麦が満開の季節を迎えましたね。
富士山の裾野でも蕎麦の花が満開だそうで写真を撮りに行こうと思っていたのですが今週はスカッと晴れなくて実現しません、、、

うだつの景色を見ながらどこからか聞こえてくる風鈴の音とはなんとも風情がありますね。
旅の締めくくりに相応しいシットリとしたフェードアウトです。

よし坊様

何時ものことながら、長い旅日記に最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

暑さ寒さも彼岸までと申しますが、京都もやっと初秋らしくなりました。
富士山の裾野のそば畑、満開の花を見てみたいですね。
富士山とそばの花なんて写真が撮れたら最高ですね。
家から近いそば畑といえば、滋賀県函館山裾野になりますが、もう花は咲いているのかな?
今週水曜日に湖西線に乗ったのですが、
何時もは見られるはずの彼岸花の姿は見られませんでした、、、、。
残暑が厳しかったからでしょうか? そばの花も此方は遅れているかも??

うだつの町並み(保存地区)全てのお宅で風鈴が見られました。
こんなにも涼しげでいい音だったんだと思いました。
町並みの景観、音共に はんなり とした風情がありました。

旅の終わりは寂しいものですが、寂しいだけではなく今回はしっとりとした思いで
旅を終えることができたような気がします。
ありがとうございました。


ゲンノショウコ なのか ゲンノショウコウ なのか、、、と
調べてみると どちらもアリなんですね。

広島の人間から見れば 京都のどこを見ても 日本の情緒を感じるのですが、
京都のニャン様の目線で さらに日本らしい所を見つけられるのが とてもいい感じです。

8月の終わりのご旅行だったようですが、全く暑さを感じさせず
初秋のブログのように 爽やかに感じました。

さすがニャンさん、ただす~っとは帰ってらっしゃらないんですね。
うだつの町並みや浴衣の目隠し・風鈴の音に、なんだか『ジャパン』と、ほっとさせられました。
ところで昨日御近所で、彼岸花を目にしました。
背高く伸びた草の中でチラッと見えた赤い花。 
風にそよぐ草に見え隠れしながら、「お彼岸ですねぇ~」と囁いておりました。
あいにくカメラが夏バテか、酷使に耐えかねてのストライキなのか…
素敵なお写真拝見してると、新しいカメラが欲しくなってきました。
我が腕をカバーしてくれるカメラは無い物でしょうかねぇ~(笑)

 暑さ寒さも彼岸まで、とは良く言ったもので、
 今日は一気に涼しくなって最高気温も25度にいきませんでした。
 明日は晴れて今日より気温は上がりそうですが、30度まではいかない予報です。
 日もすっかり短くなって、いよいよ秋ですね。

 ゲンノショウコは地域によって花の色の変化も多いそうですが、
 白い花は東日本に、
 赤紫の花は西日本に多いと言われています。
 岐阜はちょうど間くらいですね。 まさに白と赤紫の交差点ですね。

 お店の看板や、暖簾がしっくり合って、
 うだつの街に落ち着いた雰囲気が漂いますね。

 お近くまでいらしていただいた今回のご旅行はいつにも増して親しみ深く拝見しました。
 またいらしてくださいね。 お待ちしてま~~す\(^o^)/

shinmama様

今頃、shinmama様は東京ですね。^^
お出かけになるまでに、お返事を・・・と思っていましたのに
遊びほうけて、お返事がすっかり遅くなりました。

昨日京都は とても涼しかったのですが、
約1ヶ前のせせらぎ街道が昨日の京都の気温という感じです。
同じ日本なのに随分と気温が違うものですね・・・・^^;

ゲンノショウコ なのか ゲンノショウコウ なのか?
考えることなく、調べたものをそのまま書いておりました。
難しいものですね、、、、

京都にいると案外、意識することなく古い町並みを見ているのでしょう。
そして旅先で見ようと思う町並みは、
余すことなく見てやるぞ!という意気込みの差ですね(笑)
ありがとうございました。

パンジー様

昨日は、奈良県へお邪魔しておりました。^^
そうです。目的は彼岸花 ♪
パンジーさん宅、ご近所で彼岸花がチラッと見えたとコメントをいただいたからです。^^
明日香の彼岸花は3~4部咲きという感じでした。
お天気はイマイチでしたが、パンジーさんのお陰で彼岸花が見られました。
ありがとうございます。^^

遊びに出かけると 必ずといっていいほど遠回りするのがクセのようです(笑)

暑かった今年の夏のせいで、いろいろなものがストライキを起こすようですね。
家はパソコンだけでなく掃除機もスト、電子レンジもです・・・。
何かと物入りの夏でした、、、、。
少し涼しくなったのでカメラもご機嫌を直すかも知れませんよ。
長い旅日記 お付き合いいただきありがとうございました。^^

よう様

本当ですね。
お彼岸ごろから 京都もやっと涼しくなりました。この涼しさ、ほっとします。^^
上田市内は、ここ数日で かなり秋が進んだのでしょうね。
日が暮れるのが早くなると夕食の準備もせかされている気になるのは
私だけでしょうか(笑)

ゲンノショウコ、東日本は白 西日本は赤紫・・・
これは、面白いですね。誰かに得意げに説明したくなります。^^
岐阜県だから両方咲いてる・・・これも納得でした。

涼しかった今回の長野県での旅。
夏は信州に!定番となりそうです。と言いながらも・・・・
新緑なら信州 避暑なら信州 紅葉なら信州 雪景色なら信州・・・・
考えてみれば、年中、信州へ行きたいと思っている我が家です。^^

長い旅日記に最後までお付き合いいただき ありがとうございました。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/47070820

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅54-7」秋の入り口&うだつの町:

« 「旅54-6」富山城跡公園 | トップページ | 2013年野外写真展「100人展」(仮称) »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ