« 「旅52-6」台風が後ろから・・・ | トップページ | テクテク・キョロキョロ・・・東京 »

2012年7月11日 (水)

長い長い一日・・・東京へ

2003_8_002
琵琶湖 2003年8月撮影

2012年6月20日朝から父が入院していた病院へ検査結果を聞きに行き、その足で実家へ行きました。
父の検査結果は、疑われていた病気の発生もなく まずまず良好。一安心。

両親と私達夫婦とで昼食を食べていると私の携帯電話が鳴りました。
東京の叔父が つい先ほど 亡くなったとの連絡でした。
その連絡を受ける約1時間前、同じ叔父の家から連絡があり
元気にしてるから!と連絡を受けた直後のことなので いったい何が起こったのか?驚きました、、、。

私達は昼食もそこそこに京都の家に急いで戻り、大急ぎで荷物を詰め込み一路東京へ向かいました。
新幹線で行くことも考えましたが、東京での動きを考えると車の方が便利です。

※下の 続きを読む をクリックお願いいたします。

20126_003
新東名・浜松サービスエリア 2012年6月20日

幸いなことに高速道路も順調。浜松サービスエリアに寄り休憩です。

20126_001 20126_002
新東名・浜松サービスエリア 

昼食も中途半端。小腹が空いたので浜松餃子を食べました。

20126_005
新東名より富士山を望む

正面に富士山が見えてきました。

20126_009

美しい夕焼けです。

20126_011

上の写真は御殿場付近だった気がします。
こんな風に富士山が望めることもあるんですね。
これが何時もの東京行きなら嬉しい風景ですが、今日は喜ぶに喜べない思いです、、、。

東京の叔父の家に着いたのが午後9時半過ぎでした。
叔父の死に顔はとても穏やかでした。

家族の方の話によると はじめは昼寝しているのかな?でも息していないような?・・・・。
そんな安らかな最後だったそうです。
90歳を越えてからも歩くことを日課とし、パソコンを習い常に前向きに人生を楽しんでいた叔父でした。
来年は100歳のお祝いを計画しているところだっただけに残念で悲しいです、、、、

20126_029
20126_022_2 20126_019_2
東京・ホテルJALシティー田町

突然のことでホテルも予約していません。現地で探したホテルです。

京都から実家、実家から京都 京都から東京。
全走行距離 約650km弱。
朝 京都を出たのが午前7時、東京のホテルに着いたのが午後11時頃・・・
長い長い一日でした・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               コナラプロジェクト
                               コナラの樹を守りたい!

1191415_018_2

                       命の危機にあるコナラを守るための募金活動です。
                           ご協力、よろしくお願い致します。  
                   ※詳しくは
「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。

              ☆募金報告・・・2012年7月3日現在の募金額 141,112円です☆

                               お知らせ

                2012年5月7日から9日までの三日間、コナラの治療が行われました。
             この治療、三年ほど続ける必要があるとのこと・・・・来年度の町の予算は???
                    皆さんに、これからもチカラを貸していただけたらと思います。

                 スタッフの皆さん、応援してくれてる皆さん・・・ありがとうございました ♪
                            (パトローネより抜粋させていただきました)

                詳しい治療の内容や作業の様子は 「パトローネ」 をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 「旅52-6」台風が後ろから・・・ | トップページ | テクテク・キョロキョロ・・・東京 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

関東」カテゴリの記事

コメント

 叔父さまのご訃報、お悔やみ申し上げます。

 こんなふうに逝きたい、と誰もが願う通りの、ご生涯の閉じ方、
 まさに天寿を全うされたのですね。
 そうはいっても、お別れはいつも寂しく悲しいですね。

 それにしても大変な移動距離と時間!
 車に乗ってる時間が長いと、
 下りた後もまだ動いているような錯覚に陥ることがありますが、
 ニャン様も、ご主人様も、きっとそうだったのでは? と想像しました。
 
 東京ははやお盆ですね。
 叔父様が偲ばれますね。

 
 

いつも車での移動に 慣れていらっしゃるとはいえ、
お疲れの事でしょう。

まずは、お父様の検査の結果が良くて何よりでした。
大変な手術をされたので、今年の夏は しっかり静養されて 
ご負担が無いようにのんびりと お過ごしになりますように。

ニャン様がついていてくださるので お父様もご安心でしょうけど、、、。

私も 親戚が高齢になり いざというときに備えなくてはならないと思っています。

よう様

ありがとうございます。
叔父は100歳まで絶対に元気でいてくれるものと信じていました。
東京へ行くと叔父と一緒にお酒を飲んだりして、
楽しかった思い出が沢山あります。^^
これからは東京へ行っても叔父の姿が見れないかと思うとやはり寂しいです。

さすがに東京への移動はきつかったです。
実家から京都まで往復すだけで100kmを越えるので尚更です。
そうなんですよね。
長時間 車に乗りっぱなしだと車から降りても体が揺れているというか?
車の振動する感じが続くというか・・・・^^;

来月、お盆休みが終わったあと、東京へ行こうと思っています。
叔父を偲ぶという事も勿論ですが、
90歳を超え一人暮らしとなった叔母のことが気がかりでもあるからです。
ありがとうございました。^^

shinmama様

さすがに この時は疲れました。
若い頃には1泊2日で 1000kmなんてことも平気で できたのですが。。。^^;

父のこと、ご心配いただき ありがとうございます。
服用している薬や加齢、食欲がない などで 常に貧血状態。
昨日も輸血のための一泊入院でした。
余り輸血ばかりするのは 良くないのでしょうが仕方がありません、、、
まるで吸血鬼のようです(笑)
でも、大丈夫! 口だけは達者で母と喧嘩ばかりしています。
喧嘩ができている間は元気な証拠です (笑)

ありがとうございました。


お悔やみ申し上げます。
でも、安らかな表情とのこと、それは本当に良かったと思います。送る側としては何より救われますものね。とはいえ、いくつであろうと、大往生であろうと、やはり寂しい気持ちにかわりはありませんよね。

メディア様

ありがとうございます。
誰かを見送ると言うのは やはり嫌ですね、、、。
叔父ぐらいの年齢になると 兄弟、友人共に亡くなっておられる方も多く 寂しい限りです。

寝込むことなく苦しむこともなく最後の時を迎えられると言うのは いいですね。
できれば私もピンシャンコロン・・・と
誰の手も煩わすことなく最後の時を迎えたいです。
ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/46255258

この記事へのトラックバック一覧です: 長い長い一日・・・東京へ:

« 「旅52-6」台風が後ろから・・・ | トップページ | テクテク・キョロキョロ・・・東京 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ