« 三連休 | トップページ | 「旅53-2」開田高原も雨・・ト、ホホ・・・ »

2012年7月23日 (月)

「旅53-1」地図に載っていない湖へ

201272021_005
滋賀県米原市・醒ヶ井宿(地蔵川) 2012年7月20日(金)撮影

2012年7月20日(金)

京都ではここ数日、猛暑続き、涼しさを求めて一泊旅行に出かけました。
お天気は これから下り坂、雨の予報です、、、、。
京都市内の気温は午前4時50分頃ですでに29度でした。
暑い!暑い!蒸し暑い!早く脱出しなきゃ!!!

※下の 続きを読む をクリックお願いいたします。

201272021_003
醒ヶ井宿・バイカモ

滋賀県米原市の醒ヶ井(さめがい)宿。
宿場町を流れる地蔵川、5月中旬~8月下旬頃、水の中に花を咲かすバイカモを見に立ち寄りました。

201272021_008
醒ヶ井宿

早朝のため人の姿もなく とても静かです。
京都より気温もはるかに低く、風が爽やかにさえ感じます。
涼しい風に体も心もほっと一息。

201272021_014
岐阜県・R41号線沿いのヒマワリ畑 2012年7月20日撮影

京都から岐阜県のこの場所に来るまでに雨は降ったりやんだり、、、、
戻ってこなくていいのに「戻り梅雨」だそうです。
ひまわりも下を向き、元気がありませんね。

201272021_016
長野県「寝覚の床」とJR特急ワイドビューしなの 2012年7月20日撮影

長野県木曽郡上松町の景勝地「寝覚の床」が見下ろせる蕎麦屋さんで昼食。
クーラーなしでも涼しく快適です。

201272021_018

上の写真は『御岳湖』1961年(昭和36年)愛知用水の水源として誕生したダム湖(牧尾ダム)です。

今日の観光目的地は この村です。
御嶽山南山麓に位置する長野県木曽郡王滝村と言う場所です。

お天気がよければ御岳湖(上の写真対岸)の村道1号線からは雄大な御嶽山が望めます。 が!
今日は最悪のお天気、、、、バケツをひっくり返したような大雨が時より私達を襲います、、、、

この村の山奥に地図にも名前が載っていない湖があります。
その湖の名は 『自然湖』(通称)です。
私もこの湖に行くにあたり地図で確認しましたが、地図には川が少し太くなって表示されているだけで
『自然湖』の名前はありませんでした。

仕方なくPCでアクセスを検索。
「王滝観光総合事務所」のHPにアクセスが詳しく載っていたので助かりました。^^
観光事務所に電話もかけ、道路状況も確認。
事務所の方がおっしゃるには・・・
「所々細い道があります。トラックも通るので退避所でかわしてください」との事でした。

はい。おっしゃっていたように途中からは道は細くなりトラックが前方から来れば通れません、、、。
それどころか乗用車同士の離合困難な場所も多々ありました。

201272021_047

王滝川を上流へ山奥へと向かいました。
何時、動物が飛び出してきてもおかしくない様な山奥です。

やっとのおもいでたどり着きました。
何時かは来てみたいと思っていた憧れの『自然湖』です。

201272021_044_2

自然湖、地図に名前は載っていなくても季節を問わず写真を趣味とする人、絵を書く人々に人気の湖だそうです。
私も何度もブログに載せておられる写真を拝見させていただきました。

この自然湖は1984年9月14日の朝に起きた長野西部地震により
土砂が王滝川の一部をせき止め自然に出来た湖だそうです。

201272021_061

この ↑ 先に カヌー乗り場があります。

201272021_035
ホタルブクロ(ツリガネソウ)

201272021_027

静かです、、、と言いたいところですが草刈機の音が響いています(笑)

201272021_031

王滝村は大雨でしたが、自然湖あたりは小雨がパラツク程度。ありがたいです。

201272021_034

これで霧でも流れてくれれば、もっと幻想的なんでしょうね。

201272021_036

秋の紅葉の時期も綺麗そう。
此処へ来る道中を考えれば二の足を踏みそうですが雪の自然湖も見てみたいです。

201272021_037_4

立ち枯れの木々が整然と並ぶ。
地震直後は、今より5~6mほど水位があったそうです。
その間水没していた木々は朽果て、その下からたくさんの木々が生え育ってきているようで
自然湖は現在も変化しつつあるそうです。

201272021_060_2

帰ろうとした時、僅かに陽が射し湖は煌きましたが一瞬のことでした、、、。
山の天候はめまぐるしく変化するのですね。

これから開田高原へ向かいます。

                            ※自然湖へのアクセス(所要時間)
                                国道19号線「元橋」交差点から車で約50分。
                                王滝村中心部から車で約20分。

                                               つづく
                                           ※観光日:2012年7月20日(金)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               コナラプロジェクト
                               コナラの樹を守りたい!

1191415_018_2

                       命の危機にあるコナラを守るための募金活動です。
                           ご協力、よろしくお願い致します。  
                   ※詳しくは
「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。

              ☆募金報告・・・2012年7月3日現在の募金額 141,112円です☆

                               お知らせ

                2012年5月7日から9日までの三日間、コナラの治療が行われました。
             この治療、三年ほど続ける必要があるとのこと・・・・来年度の町の予算は???
                    皆さんに、これからもチカラを貸していただけたらと思います。

                 スタッフの皆さん、応援してくれてる皆さん・・・ありがとうございました ♪
                            (パトローネより抜粋させていただきました)

                詳しい治療の内容や作業の様子は 「パトローネ」 をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 三連休 | トップページ | 「旅53-2」開田高原も雨・・ト、ホホ・・・ »

」カテゴリの記事

滋賀県散策」カテゴリの記事

甲信越」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

生憎の天気の中、お疲れさまでした。
ヒマワリが全員、下を向いているのが、何とも・・、
心の空模様までをありありと物語っているようです。^^;

自然湖、行かれたんですね。
途中から、曲がりくねった細い道、
本当にはらはらドキドキの道で、大変でしたね。
冬は、凍結しているし、もっと、神経を使うところです。

でも、行くだけの価値のあるところだと思います。
途中誰にも会わなくても、
自然湖に着くと、びっくり、大勢のカメラマンに驚きます。(@_@;)
そして、安心します。

最後の写真、ほんの少しの陽ざしが感じられ、心和みます。

お疲れさまでした。^^

moo様

こんにちは。
何が「戻り梅雨だ!」と空に向かって文句を言いたいようなお天気でした(><)

ヒマワリ可哀そうなほどに、みーんな下を向いていました。
私も生憎のお天気で下を向きたくなる気分でした。^^;

はい、やっと行ってきました自然湖。
おっしゃるように道中は大変ですが、行くだけの価値はありますね。^^
mooさんが撮られた写真を拝見して是非、是非、行ってみたいと思っていたんです。

この日は、お天気が悪かったこともあり観光客は私達だけでした。
熊がひょっこり姿を現してもおかしくないようなところなので
mooさん同様、草刈機の音はうるさかったですが、安心できました(笑)

大勢のカメラマンさんがこられる理由がよ~くわかりました。
四季折々、撮りに行きたくなる湖ですね。
でも、あの道で凍結したら、本当に怖いでしょうね・・・・・。

今回、地蔵峠も予定していましたが雨で断念しました。
自然湖だけでも行けて本当によかったです。
ありがとうございました。

 あの時の地震はすごかったです。
 上田は例によってあまり揺れなかったのですが、
 テレビで見る王滝村の様子に背筋が震えました。

 細くてくねくねした山の中の道はほんとうにハラハラどきどきの連続ですね。
 「(車が)来るなよ~、来るなよ~・・・」 と呪文のように唱えながら通る道、
 長野は多いです。 スミマセン

 上高地の大正池も、
 梓川が焼岳の噴火でせき止められてできた池(湖?)ですが、
 同じせき止め湖でも、人間が作ったダム湖は、自然の造形に太刀打ちできませんね。
 なるほど、絵を描く方や、カメラをなさる方がひきつけられるのがよくわかります。

 お泊りは 風里 さんですか?
 実は私も8月3日に母と伺う予定です。
 風里 さんでニャン様に出会える日がいつか来そうですね。
 
 
 

冬松本に向かうとき、『寝覚の床』をワイドビューしなのから拝見いたしました。
最近では珍しい車掌さんによる説明があり、何も知らなかった私どもはカメラの用意もなく…
すっかり記憶の底でしたのに、御蔭さまで懐かしく思い出されました。
それにしてもこの自然湖のたたずまいは素敵ですね。
すれ違い不能箇所多々あるのには閉口いたしますが、確かに魅力たっぷり。
「だれかつれてって~」な気分です。
草刈機の音がするというのが、なんだかオチみたいですが…

よう様

長野西部地震、私は記憶はないのですが、
よう様のコメントを読ませていただき 凄い地震だったことを知った気がします、、、
そういえば、細い道の途中に慰霊碑がありました。
地震は怖いですね。
それに自然の力というのは人間の想像をはるかに超える力があるのですね。

細いくねくね道、ご主人様が「来るなよ~、来るなよ~・・・」と唱えられるのわかります、、、。
唱えていましたが、トラックを3台 待避所でかわしました(><)

上高地まだ行ったことがなく行ってみたいです。
自然湖も上高地もカメラを趣味とするものには絶好の場所。
自然の美しさ神秘さに圧倒されますね。^^

はい。泊まりは「風里」さんでした。
よう様、行かれるんですね。^^  朝夕は涼しく快適でした。
いつか お会いできそうで 嬉しいです。^^v
ありがとうございました。^^


バンジー様

ワイドビュー「しなの」カーブ区間が多いので めちゃくちゃ揺れるでしょ^^;
でも、目覚の床など車窓の景色がいいですよね。
バンジーさんが乗られた冬であれば、雪景色が美しかったのでは?^^
懐かしく思い出していただけ嬉しいです。

自然大好き、田舎道をドライブしている時は 上機嫌の私です。
そのかわり、道はとんでもなく細かったり山道だったり
怖い目に遭うことも多いです(><)

草刈機の音、山に響いていました^^;
でも、熊除けにはなったようです。
ありがとうございました。^^


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/46422635

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅53-1」地図に載っていない湖へ:

« 三連休 | トップページ | 「旅53-2」開田高原も雨・・ト、ホホ・・・ »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ