« 「旅53-3」しっとりと緑と花 | トップページ | 「旅53-5」九蔵峠・ダム・うだつの町並み »

2012年7月30日 (月)

「旅53-4」風里畑 散歩

201272021_160
開田高原・風里・庭 2012年7月21日(土)撮影

木曽馬の里を散歩した後、お宿「風里」さんの畑&庭を散歩です。

※下の 続きを読む をクリックお願いいたします。

201272021_162

風里の庭に小さな池があります。
池には大きく育った金魚にアメンボの姿も見られます。
そして池のほとりに 毎年 花を咲かす「勿忘草」。

201272021_163

今年も小さな花(勿忘草)を一杯咲かせていました。

201272021_155

畑&庭の一角にはブルーベリー畑もあります。
朝食のハーフバイキングには 畑で収穫されたブルーベリーも並んでいました。
甘酸っぱくって 美味しかったです。

201272021_156
ジャガイモ

201272021_157
ズッキーニ

201272021_158
トウモロコシ

8月中旬過ぎ頃には、とびっきり甘くって みずみずしいトウモロコシが収穫されることでしょう。

201272021_161

庭には そば畑もありますが、此方のそばは観賞用らしいです。

201272021_166

風里さんを出発する時間になりましたが
とうとう一度も見ることができなかった御嶽山。残念でした、、、。

201272021_198

上の写真は「風里」さんで収穫された野菜でお土産にいただいた一部を撮りました。
昨夜体調を崩し、ほとんど食事を食べていなかったので・・・と気を使っていただいたようです。
風里さん、ありがとうございました。

開田高原の白菜は柔らかく甘味があります。
大きな白菜は、お揚げさんと一緒に炊いたり、浅漬にしていただきました。
ズッキーニは他の野菜と一緒にトマトソース煮込みや添え野菜に・・・
カリフラワーは 温野菜やスープとして・・
サニーレタスは サラダに・・・・と 思う存分 高原野菜を食しました。^^
どのお野菜も美味しかったです。

201272021_204

上の写真は「開田きゅうり」と言うそうです。はじめてみました。

開田きゅうりは信州の伝統野菜のひとつだそうです。
来歴は不明だそうですが、木曽町開田高原西野を中心に古くから栽培されてきたそうです。

いただいた「開田きょうり」長さを測ってみると18cmぐらい。
太さは一般的なきゅうりの1.5倍~倍はありそうです。

まずは、生でかじってみました。
スーパーで売られている きゅうりより きゅうり本来の味がして みずみずしく
久々に きゅうりらしい きゅうりを食べた!と言う感じでした。

さて、伝統野菜とのこと、地元ではどんな料理方法で食されてきたのか調べてみました。
生食のほか、縦割りに切って ポン酢・醤油・砂糖・タカノツメを煮立て開田きゅうりにかけ、浅漬にする。
酢味噌和えとして利用する。と書かれていました。
早速 試してみました。どれもきゅうりの旨みがいかされ美味しかったです。^^
個人的には、酢味噌和えが一番気に入りました。^^

                                               つづく
                                           ※散歩日:2012年7月21日(土)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               コナラプロジェクト
                               コナラの樹を守りたい!

1191415_018_2

                       命の危機にあるコナラを守るための募金活動です。
                           ご協力、よろしくお願い致します。  
                   ※詳しくは
「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。

              ☆募金報告・・・2012年7月3日現在の募金額 141,112円です☆

                               お知らせ

                2012年5月7日から9日までの三日間、コナラの治療が行われました。
             この治療、三年ほど続ける必要があるとのこと・・・・来年度の町の予算は???
                    皆さんに、これからもチカラを貸していただけたらと思います。

                 スタッフの皆さん、応援してくれてる皆さん・・・ありがとうございました ♪
                            (パトローネより抜粋させていただきました)

                詳しい治療の内容や作業の様子は 「パトローネ」 をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 「旅53-3」しっとりと緑と花 | トップページ | 「旅53-5」九蔵峠・ダム・うだつの町並み »

開田高原」カテゴリの記事

コメント

お揚げさん・・・ですか!
京都らしい言い方で思わずホンワカしました。
嬉しい心使いですね、常連のそれも上得意を越した気配りだと思います。

酢味噌和えですか!!
僕の大好きな酢味噌ですので旨さが想像できます。

御嶽山が見えずに残念でしたね。

よし坊様

何時もコメントをいただき、ありがとうございます。

風里さんの庭と畑は、客室からも良く見えるのですが
客室から畑仕事の様子を見られる宿は そうないと思います (笑)
女将さんも時々、虫と格闘しながらお野菜を収穫しておられる姿は微笑ましく感じます。
畑は もともと宿の社長さんの趣味で始められたようですが
今や風里さんの野菜を楽しみにしておられるお客さんも多い気がします。
私も そのひとりです。^^
おっしゃるように、心使いが本当に嬉しかったです。

よし坊様も酢味噌和え、お好きなんですね。夫もです。^^
ちなみに「酢味噌和え」のことを京都では「ぬた」と言います。
方言は面白いですね。

御嶽山、裾野さえ見えませんでした。こんなことは初めてでしたが次回に期待です。
ありがとうございました。^^

こんばんは、ニャンさん。

御嶽山の見えない写真が、
今回のニャンさんのお気持ちを、表わしているようで、
何とも、切なくなってきます。^^;

でも、宿の心遣いが、嬉しいですね。
外は雨でも、心の中では、
爽やかな陽ざしが感じられたのでは、ないでしょうか!?

「開田キュウリ」は、大きさにびっくりですね。
私は、甘党のせいか、「甘味噌」を付けて食べるのが好きです。
味噌+みりん+砂糖、を適当(お好みで)に混ぜたものです。
最近教えて頂いた、マヨネーズ+味噌、というのもお試しを!

しっとり嬉しい、旅の一コマ、
ありがとうございました。^^

御嶽山にお会いできなかったのは残念ですが、
開田胡瓜におまみゆできたことは、喜ばしいことです。
酢味噌和えにするんですか…田楽味噌ぐらいしか思いつきませんでした。
お菜っ葉類は朝夕の冷え込みで甘みを増します。
開田高原の気候なら、今時でも冬野菜同様に美味しいのでしょうね。
きっとかわも柔らかくって…
これもすべてニャンさんの人徳なせる技❢
そしていいお宿の証明ですよね。
主人を誘導して、なんとか行ってみたいものです。
早速作戦開始…?

 瑞々しいお野菜、おいしそうですね。
 ブルーベリー、まだ収穫できるかな・・・?
 今週末に伺ったとき、朝食にいただけたら嬉しいんだけれど・・・

 開田にも「地」きゅうりがあるんですね。
 北信の須坂にも「八丁きゅうり」というのがあります。
 開田のきゅうりのように黄色味はないのですが、
 やっぱり太くて、一見ズッキーニに見えます。 上田あたりでも作る人がでてきました。
 ちなみに上田周辺には3種類の「地」大根があるんですよ(^^)

 濡れた緑がきれいです。
 全く姿を見せてくれなかった御嶽山は、
 お化粧直しに時間がかかったのでしょうね。
 なにせ、大きいですもの。

moo様

お返事 遅くなって申し訳ありません。
昨日の朝、突然 インターネットが繋がらなくなり一日中PCの調整をしていました。
今朝になり ようやくインターネット繋がったのですがとても不安定な状態です、、、、^^;

御嶽山は裾野まで雲の中、
真っ白な方向に御嶽山が・・・と憎らしい雲を眺めていました。

開田高原のお野菜は美味しいですね。
思わぬ心遣いが嬉しく ルンルン ♪ でした。

開田きゅうり太くって驚きましたが、美味しいきゅうりですね。
マヨネーズ+味噌の食べ方、次回、開田きゅうりが手にはいったら試してみます。
マヨラー夫が喜びそうです。

ありがとうございました。

バンジー様

お返事 遅くなり申し訳ありません。
パソコンの調子の悪さはパソコンも夏バテなのかも・・・・^^;

あの太い開田きゅうり どうして食べたらいいの?と一瞬悩みました。
お揚げさんや イカと一緒に酢味噌和え 
暑い時期には さっぱりと美味しかったです。

そうそう そうなんですよね。
お菜っ葉類、朝夕の冷え込みで甘くなるんですよね。
京都だと「九条ねぎ」がそうです。^^

開田高原の夏、標高があるので日差しは強く暑さもありますが
日陰に入ればヒンヤリ。
そして、朝夕は爽やかで過ごしやすいですよ。^^
是非、ご主人様をうま~く誘導して お出かけくださいませ。^^
ありがとうございました。


よう様

お返事、遅くなり申し訳ありません。
まだ、インターネット環境が不安定なので 
何時繋がらなくなるかとヒヤヒヤしながら、お返事かいています^^;

ブルーベリーまだまだ これからが最盛期。
召し上げれると思いますよ。^^
それに、今年の開田高原のブルーベリーは出来が良いようです。^^

京都であの太さのきゅうり見たことがなかったのですが
信州には、開田きゅうりの他にも太いきゅうりがあるんですね。
「地」のお野菜は伝統的なものが多いので、風土にあった野菜は美味しさが増しますね。^^

よう様が開田高原に行かれる頃には
お化粧直しした美しい御嶽山が よう様を迎えてくれると思います。
緑も随分と深緑になり、夏らしい緑の風景になりました。
ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/46471546

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅53-4」風里畑 散歩:

« 「旅53-3」しっとりと緑と花 | トップページ | 「旅53-5」九蔵峠・ダム・うだつの町並み »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ