« 「旅52-4」下津井と温泉亭ランチ | トップページ | 「旅52-6」台風が後ろから・・・ »

2012年7月 4日 (水)

「旅52-5」三朝温泉

20126_319
三朝温泉・三徳川 2012年6月17日撮影

今年も やってきました。我が家の「蛍の宿」、三朝温泉「大橋」さん。
心配していたお天気も良好。ゆっくりと蛍鑑賞できそうです。

※下の 続きを読む をクリックお願いいたします。

20126_355

「大橋」さんでのお部屋は今年も「ゆりの間」をお願いしました。
私のブログ、プロフィールの上に載せさせていただいている露天風呂付客室です。
ゆりの間の露天風呂は私達のお気に入りです。
部屋の露天風呂に浸かりながら川を眺め、カジカカエルの鳴き声を聞く・・・・
とても気持ちが良いです。^^

20126_327
お品書き

食事は夕食、朝食共に部屋食です。

20126_324_3 20126_326_2
20126_328_3 20126_331_2

下の段の左側は「イカそうめん」、右側は「季節椀」ハモとジュンサイ初夏の味覚ですね。

20126_332_2 20126_333

此方は「お造りの三種盛」と「平目焼霜」。
「平目焼霜」は大好きな逸品です。平目のお造り(厚切り)を石で焼きポン酢でいただきます。
これが なかなかの美味^^

20126_334 20126_335

左側のお料理は板前さんが部屋で焼いてくださいます。(席前料理)
鬼海老と白バイ貝、季節のお野菜です。
鬼海老は地元でもなかなか食べることができないと言う希少の海老。
鬼海老、白バイ貝共に大満足のお料理でした。
ちょっと焼きすぎの感はありましたが、、、、^^;

20126_336 20126_337
20126_338 20126_339

上の段の左側・・・鳥取東伯和牛の蒸籠蒸し、さっぱりとしていながら旨味の濃いお肉でした。
上の段の右側・・・岩牡蠣は鳥取のブランド牡蠣「夏輝」。
           鳥取県泊漁港であがった天然物。楽しみにしていた逸品です。

大橋さんのお料理、今回も大満足でした。ご馳走様でした。^^

20126_340
三朝温泉・かじか橋 (足湯)

夕食の後、三徳川の遊歩道へ蛍鑑賞に出かけました。
今年は少し蛍の数が少ないように感じましたが、恒例となった蛍鑑賞ができ良かったです。

深夜~翌朝まで、何度も目を覚まし部屋からも蛍鑑賞。贅沢な時間です。

20126_342
三徳川の足湯と露天風呂

朝の散歩の時間です。

20126_343
恋谷橋

人の姿もほとんどなく静かな散歩は気持ちが良いです。
自然のBGMは野鳥の声と川のせせらぎです。

20126_344
三朝橋

20126_346

遊歩道には沢山のアジサイ。綺麗でした。

20126_356 20126_357

温泉に入った後、朝食をゆっくりといただきました。

年に一度の「蛍の宿」ですが、今年も来ることができ幸せだなぁーとつくづくと感じました。

                                                    つづく
                                       ※旅行日:2012年6月17日(日)・18日(月)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               コナラプロジェクト
                               コナラの樹を守りたい!

1191415_018_2

                       命の危機にあるコナラを守るための募金活動です。
                           ご協力、よろしくお願い致します。  
                   ※詳しくは
「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。

              ☆募金報告・・・2012年7月3日現在の募金額 141,112円です☆

                               お知らせ

                2012年5月7日から9日までの三日間、コナラの治療が行われました。
             この治療、三年ほど続ける必要があるとのこと・・・・来年度の町の予算は???
                    皆さんに、これからもチカラを貸していただけたらと思います。

                 スタッフの皆さん、応援してくれてる皆さん・・・ありがとうございました ♪
                            (パトローネより抜粋させていただきました)

                詳しい治療の内容や作業の様子は 「パトローネ」 をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 「旅52-4」下津井と温泉亭ランチ | トップページ | 「旅52-6」台風が後ろから・・・ »

グルメ・旅館&ホテル」カテゴリの記事

山陰」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

久々の、「ジャ~ン!」ですね、料理、素晴らしいです。。
どれもこれも、良い素材で、心のこもった、技のある料理なのでしょうね。
その中でも、私も好物の~バイ貝~、
「白バイ貝」ただ色が白いだけの違いなのですか?ちょっと気になります。

情緒たっぷり、「蛍の宿」、
ありがとうございました。^^

moo様

こんにちは。はい、久々のジャ~ン!でした。^^
探せば他にも客室からでも蛍鑑賞ができる宿があるはず、、、
しかしながら、大橋さんのお料理と客室露天風呂は捨てがたく
毎年、お世話になっています。^^

バイ貝と白バイ貝、どう違うのでしょうね?
ちょこっと調べましたがよくわかりませんでした、、、スミマセン、、、^^;
バイ貝、白バイ貝、赤バイ貝、黒バイ貝、エゾバイ貝、灯台バイ貝などなど
バイ貝に これほど、種類があったのか~と驚きました(><)
でも、バイ貝ってほんと美味しいですよね。炙ると甘味が増す気がします。^^

今年も情緒たっぷり、蛍の宿を満喫できました。
ありがとうございました。^^


いつものお宿、、、というのは 安心して泊ることができるので
より リラックスできそうですね。

ご馳走も見事です。

このところ 生きるために食べているような食事を続けているので、
写真を拝見して クラーーーーーっときました。(笑)

三朝温泉、、昔々のその昔に行ったことがあるような、、、、。
どこでもいいから 温泉も 行きたいなあ、、、。

今日は 特に いいなあ、いいなあ、、、と思いながら 
指をくわえて拝見させていただきました。


ニャンさま こんにちは
すてきなお宿なのですね。お食事が本当においしそう!
特にカキは身の盛り上がり方が、さすがです。
ヒラメもせいろ蒸しもおいしそうです。つい食べ過ぎてしまいそうです。

ある意味目の毒ですが、いい心持ちになりました。
ありがとうございました。

三朝温泉でホタル観賞、贅沢ですね。
旅館大橋ですね、早速( ..)φメモメモ
数年前、両親を連れていったのですが、
『皇室』に弱い母の希望で、違うお宿を利用いたしました。
名前ばかりで、お料理もサービスもいまいちでがっかりして帰りました。
でもニャンさんのおかげで、自信持ってお薦めのお宿を見つけられました(*^^)v
ありがとうございます。
ホタル観賞、これも狙いですね。

 プロフィールの上のお写真はこちらの露天風呂でしたか。
 いつも気になっていました。

 こちらの お品書き、水面に揺れる水草のような字体でなかなか味がありますね。
 ニャン様の「お品書き」コレクションも増えたのでは?
 我が家も、「持って帰ってどうするんだ?」と言っていたツレアイが、私が忘れそうになると、
 「持って帰らなくていいのか?」と言うようになりました。
 進歩です(^^)

 昨年も拝見させていただいた「大橋」さんのお食事、
 端からどれも新鮮でおいしそうです。

 三朝温泉いいですね。
 行きたいなあ。
 

上等の部屋には上等の料理が付く。今日のブログで納得出来ます。
曾て組合で毎年花水木に泊まって居たのですが「こんな団体旅行御用達の宿ではこの程度の料理だろうな?」と思っていたのですが、最近知った事が@5万で最高級の部屋で料理を全て部屋で作って出す プランで泊まった人が居ました。花水木でも色々有る事が解った話でした。

shinmama様

はじめての宿のようにワクワク感はありませんが
いつものお宿と言うのは 落ち着きます。^^
客室係の方もここ数年同じ方が担当してくださっているので
会話もスムーズ、余計な気を使う必要がないので気楽です。^^

引越しは大変ですものね。
>生きるために食べているような食事・・・・よ~くわかります。
家の中の荷物等が落ち着かないと料理にまで気が回りませんネ^^;

少し落ち着かれたら骨休めに温泉で の~んびりしてください。
お疲れが出ませんように!
ありがとうございました。

メディア様

大橋さんは、有形文化財に指定されている宿なので
廊下を歩く音や部屋の上がり口が狭い等ありますが
私達は、此方のお宿、気に入っています。^^

お料理は本当に美味しく、楽しみにしているんです。^^
お料理の評判がとても良い宿なので、素材もかなり吟味されているようです。
岩牡蠣は かなり大きく食べ応えもあり濃厚で美味しかったです。

そうなんです。
美味しいとついつい食べ過ぎてしまうので、翌朝は しっかり歩きます。
でも、運動が行き届くとお腹が空きます、、、
結局、朝ごはんも何時も以上に食べてしますので
プラスマイナス ゼロ とは成らないのです。。。(><)
ありがとうございました。^^


バンジー様

三朝温泉、昔ながらの小さなお宿から大型旅館まで様々ですよね。
その中から宿を選ぶのは結構、難しいです^^;
我が家も某大型旅館、昔ながらの小さな宿など3~4軒 宿泊しましたが
最終的に「大橋」さんがお気に入りの宿となりました。

蛍の宿として宿泊させていただいていますが
雪景色の時も風景的にも美しいかと思います。
それに、丹後や越前と比べ比較的 お得な料金でカニ料理が味わえるようです。^^

私も一度 カニのシーズンに宿泊してみたいと思っています。
ありがとうございました。^^

よう様

そうなんです。プロフィール上の写真は大橋さんです。^^
露天風呂の前の観音開きの小窓を開けると三徳川の風景が良く見えます。
客室の露天風呂も温泉なので、気持ちがいいです。

お品書き 同じくです。
私が忘れそうになると よう様のご主人様と同じ事を言ってくれるようになりました^^v
ハイ!大進歩です。
何時か整理しなくっちゃと箱に溜め込んでいる お品書きも満杯になり、
二箱目に突入です (笑)

三朝温泉も毎年、何処かしら町並みの風景に変化がありますが
昔ながらの温泉地の風情が残り良いですよね。
次回の鳥取旅は、是非、三朝温泉へ^^v
ありがとうございました。^^

よし坊様

花水木 「なばなの里」へ行ってみたいと思っているので
今までに何度か宿の候補に上げていましたが、いまだ宿泊かなわずです、、、。
@5万円のプランもあるんですね。どんなお料理なんでしょう。?
これは興味深いです。^^

宿も色々なプランがあり サービスや部屋、お料理も違うようですね。
今回の大橋さん、JTBさんの「味覚散歩」プランでの宿泊でした。
同じような食事内容、部屋タイプで 此方のプランの方がお徳でしたし、
料理も素材や調理方法を幾つか選べた事も良かったです。^^

予算や希望と宿のプランを照らし合わせて決めたほうが良さそうですね。
ありがとうございました。^^


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/46141348

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅52-5」三朝温泉:

« 「旅52-4」下津井と温泉亭ランチ | トップページ | 「旅52-6」台風が後ろから・・・ »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ