« 「旅52-1」 雨の山陽道と吉備津神社 | トップページ | 「旅52-3」 瀬戸大橋を望む »

2012年6月28日 (木)

「旅52-2」吹屋ふるさと村

吉備津神社を観光した後、再び高速に上がり 岡山自動車道・賀陽ICで降りました。
我が家はカーナビをつけていないので、私がカーナビ代わりです。
「吹屋ふるさと村」の標識を確認しながら進んでいきます。
途中、ループ橋があり写真を撮りたかったのですが、雨が強いので断念。
国道を走っている間は良かったのですが、県道に入ってから所々離合困難の狭い道。
おまけに道を間違え旧街道の更に狭い道を通る羽目に・・・・
雨は降っているし鬱蒼とした山道、不安が頂点に達した頃、やっと吹屋に到着できました。

20126_075

ベンガラの町並みは、ひっそりとした雰囲気の中にありました。
私は今、何時代にタイムスリップしてきたのだろう?と不思議な感覚の町並みでした。

※下の 続きを読む をクリックお願いいたします。

20126_071

振り返れば、今通ってきた狭い旧街道?が見えています。
あの森の中を通ってきたのです・・・・。

20126_073

吹屋は「日本三大銅山」を有する町、
江戸時代末期から明治時代初期に宮大工を呼び寄せて建てられた町並みだそうです。
ベンガラ独特の赤一色に染められた町並みは
国選定重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

20126_079

ゆっくりと歩きながら散策したいですが、あいにくの雨です、、、、。
仕方なく車で「吹屋小学校」へ向かいました。この町で私達が一番見たかった建物です。

20126_081

20126_095

吹屋小学校が見えてきました。
2012年3月20日小学校で卒業式と閉校式が行われました。
閉校されるまでは、現役として使われている校舎として日本最古だったそうです。

20126_097

この小学校を知ったのは岡山県での宿泊を決めた直後でした。
テレビで紹介されているのを偶然に見て、どうしても訪ねてみたくなったのです。

20126_087

大粒の雨が降る中、校舎のそばまで行ってみました。
校舎の中には入れませんでしたが、中を除くと靴箱や板張りの廊下が見えました。
この春まで子供たちはこの校舎で学んでいたのですね。
閉校式の時の児童は7名だったそうです。
子供たちは今は10kmほど離れた小学校へ通っているそうです。

20126_093

学校の門近くに咲いていた花も子供達の元気な姿が見れなくなって寂しそうに見えました。

20126_086

                                ☆

ちょっとセンチメンタルな気持ちになりましたが お腹は現実主義です。^^;
小学校横の ラ・フォーレ吹屋 で昼食です。

20126_103_2
20126_101_3 20126_102_2

レストランからは小学校の一部が見えていました。
べんがらご膳(若鶏鉄板焼き・松花堂・ご飯・味噌汁・漬物)と岡山牛鉄板焼き(単品)とを
オーダーし分け合って食しました。
岡山牛も若鶏も柔らかくって、とても美味しかったです。

20126_110

ベンガラの町並みを少し高台から撮りました。瓦に赤茶色の石州瓦が特徴的です。

20126_113
郵便局

20126_114

何時までも眺めていたくなる町並みですが、そろそろホテルへ向かう時間です。

来しなに通った道が余りにも狭かったので、食事をしたホテルで他の道を教えていただきました。

20126_120

町並みから少し車で走ると「坑道」がありました。
「笹畝坑道」というらしく一部復元整備をし一般公開されているそうです。

ホテルで教えていただいた道は「ふるさと農道」と呼ばれる道。
片側一車線確保された道で、里山の風景も綺麗でした。

                                                    つづく
                                           ※観光日:2012年6月16日(土)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               コナラプロジェクト
                               コナラの樹を守りたい!

1191415_018_2

                       命の危機にあるコナラを守るための募金活動です。
                           ご協力、よろしくお願い致します。  
                   ※詳しくは
「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。

              ☆募金報告・・・2012年6月9日現在の募金額 136,112円です☆

                               お知らせ

                2012年5月7日から9日までの三日間、コナラの治療が行われました。
             この治療、三年ほど続ける必要があるとのこと・・・・来年度の町の予算は???
                    皆さんに、これからもチカラを貸していただけたらと思います。

                 スタッフの皆さん、応援してくれてる皆さん・・・ありがとうございました ♪
                            (パトローネより抜粋させていただきました)

                詳しい治療の内容や作業の様子は 「パトローネ」 をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 「旅52-1」 雨の山陽道と吉備津神社 | トップページ | 「旅52-3」 瀬戸大橋を望む »

グルメ」カテゴリの記事

中国地方」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

風情ある町並み」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

ドライバーは、ナビゲーターがいると、心強いですね。
私も、友達とのドライブは、そんな感じになります。
もちろん、途中交代しながらですが。
今のカーナビは優秀で誤差がほとんどないようですが、
人間カーナビの方が楽しいですね。(*^_^*)

ベンガラの街並み、雨で人がいないからか、
余計、タイムスリップ感が強まりますね。

吹屋小学校、十分、国の重要文化財のような感じもします。
最後の7人、良い思い出だし、自慢にもなりそうですね。^^;

ひっそりと、しんみりと、文化財、
ありがとうございました。^^

moo様

近頃 かあちゃんカーナビは時々故障します・・・^^;
それでも 何とかなるものですね。道を間違えてもちゃんと目的地につけます。^^v
会社の車はカーナビをつけていますが、古いので新しい高速道路を知りません。
かあちゃんカーナビは、新しい高速道路も把握しています。
(ちょっと威張っています^^)
あーだ、こーだ と言いながら旅をするのも楽しいですよね。

ベンガラの町並みは 独特の雰囲気がありよかったです。
吹屋小学校はテレビで子供達の様子も放送されていたので
とても親しみを感じました。
文化財として保存されるので、子供たちにとっても誇れることですよね。^^
ありがとうございました。^^

ニャンさんのカーチャンナビはきっと優秀だと思われます。
我が車搭載トウチャンナビは、方向・判断・指示のタイミングがめちゃくちゃで、
カーナビ付けざるを得なくなりました。
でも一番確かなのは、事前にインターネットで下調べした一人ナビ(笑)
ところできれいなベンガラ町ですね。
祇園の町で目にするのとは違って街並み全体というのが、すごい。
吹屋小学校の事は私もニュースで見たような気がします。
木造の学校って、あったかな気がするのは私一人でしょうか?
昔懐かしい気がいたします。
有難うございました。

バンジー様

かぁちゃんナビもバンジーさんと同じく。
インターネットでルート検索しドライブルノートにメモします。^^v
そしてトウチャンナビさんと同じく三叉路などでは、とっさの判断がつきません(><)

そうなんです。祇園などでベンガラ目にしますが
町並み全体と言うのが凄いです。
雨に濡れたベンガラは深みを増した色合いとなり、より強調されている気がしました。

吹屋小学校のニュース、ご覧になられましたか!?
過疎の集落では、仕方のないことかもしれませんが閉校と言うのは寂しいです。
コンクリートの校舎より木造校舎の方が断然、ぬくもりを感じますよね。^^
ありがとうございました。


日本にはまだまだ知らない所が沢山あるんですね。
渋い色と街並みがとてもシックで哀愁を帯びています。

お昼御飯からガツッと食べるんですね、元気の素はその食欲でしょうか。
我が家は太る事を警戒して最近はすっかり小食に成り、どんなに食べても太らなかった時代を懐かしく思う今日この頃です。

ベンガラと石州瓦の 懐かしい思い出に浸り、
「そういえば あの人どうしてるかな」と 他のサイトへ、、
「そうそう、あそこの街並みも 石州瓦だった」と 他のサイトへ、

もうニャン様のブログに訪問すること4回目です。(笑)
コメントも書かずに 失礼な私です。

石州瓦の製造元がどんどん姿を消し、いわゆる洋瓦が増えていますが、、
この街並みを見ると 日本家屋には やっぱりこの色がいいなあと思います。

どうかすれば ベンガラの派手に見えてしまう色合いが
雨のお陰で しっとりと いい色に見えています。


 不思議なほどだあれもいませんね。
 ニャン様があえて人を写さなかったようには見受けられませんし・・・
 その静けさがまたなんともいえませんね。

 我が家も、カーナビがつく前は私がナビでした。
 けっこうよくできたナビだったと、自画自賛してます^^;
 今でもナビをナビしたりしてます。
 ナビも新しい道を知らなかったりするんですよね。

 私はまだまだアナログで、地図を見ながら電卓片手に、自分で距離と時間の計算をしないと気が済まなくて・・・
 ツレアイは地図が全くといっていいほど読めません。
 地図を見るより運転がいい、というので、でかけるときは全行程ツレアイの運転です。(^^)v
 ナビが付いた今もそうなので、私は助手席でのうのうと、
 「バック下手なんだから」 とか言ってます

よし坊様

吹屋ふるさと村は、私もテレビで見るまでは まったく知りませんでした。
雨が降っていたこともあり、町が余計に渋く感じました。
とても雰囲気のある町並みでよかったです。

我が家は、大食いです(><)。
太ることは とても気になりますが、食い気に負けてしまいます、、、、、
旅行から帰ると何時も体重が1kgは確実に増えていて慌てますが、
1~2週間で元に戻ってくれるので まだ 救われています。
ありがとうございました。

shinmama様

他のサイトへ飛んでいかれても、戻ってきていただけることは嬉しいです。^^
これからも戻ってきてくださいね(笑)

我が家の住まいから見える風景は洋瓦どころか箱物の建物ばかりです、、、
やはり石州瓦は、良いですね。日本の昔ながらの風景です。
ベンガラ、京都でも見かけますが、その町全体じゃないので少し風情に欠けます、、、。
そういう意味から言っても京都の町並み保存は失敗したところが多い気がします。
まことに残念ですが、仕方ありません。

吹屋のベンガラ町並みは私にとって心に残る風景となりそうです。
ありがとうございました。

よう様

私も地図を見るのは今でも好きです。
地図を見ていると この道を行けば○○町へ行けるんだ!
うん何々、こんなところに温泉がある・・・・などとワクワクします。

>今でもナビをナビしたりしてます
よ~くわかります!よう様が調べられてた国道9号線がそうでしたものね^^
でもナビを無視すると「リルートします・・・」とうるさくて「わかってるはよ」と言いたくなりますね。^^;

バックだけではなく、地図が読めないところも一緒です^^;
会社の車にはナビをつけ、おまけに地図まで渡しても新しい場所へ仕事へ出かけると
「道に迷った!おしえてくれ」と電話がかかってくるような夫です、、、、
ありがとうございました。^^


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/45903216

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅52-2」吹屋ふるさと村:

« 「旅52-1」 雨の山陽道と吉備津神社 | トップページ | 「旅52-3」 瀬戸大橋を望む »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ