« 「旅51」紀伊半島一周その2 | トップページ | 「旅51」紀伊半島一周その3 »

2012年5月29日 (火)

「宿泊記32」南紀太地温泉・花游

2012518_101
南紀太地温泉・花いろどりの宿「花游」

            くじら博物館直ぐ横の宿が今日お世話になる「花游」さんです。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

2012518_112

     宿の大きさの割には玄関が小さいな。というのが第一印象です。
     宿に入ると大きな庭、太陽の陽射しが一杯で明るく開放的でした。

2012518_126

     私たちの部屋は最上階プレミアムフロアー(6階)「花游亭」。

2012518_195_2 2012518_194_2

     「花游亭」には、特別室、和室、アジアンルームのタイプがあります。
     予約した部屋はアジアンルーム。
     部屋のドアーを開けると調度品がアジア。玄関も広々としています。

2012518_256

     「花游亭」フロアーの部屋のお薦めポイントは何と言っても眺望のよさ。
     シネマサイズの窓からは紺碧の海と熊野の山々が見えます。

2012518_122

     眼下には5000坪の庭。

2012518_116
2012518_119_2 2012518_140 2012518_139_2

     部屋は2間続き。一間(上の写真4枚)はアジアンティスト。

2012518_114

     もう一間は和室の落ち着き。

2012518_125

     客室前の廊下からは 先ほど観光した「くじら博物館」の自然プールがよくみえています。
     では、さっそく大浴場へ行ってみる事にしました。

2012518_127
大浴場「暖海の湯」

     大浴場は2階にあります。
     大浴場には私だけ。この広いお風呂を独り占めです。
     青い空を眺めながらサンサンと降りそそぐ太陽の光を浴びながら鼻歌気分で入浴。
     最高に気持ちがいい~!
     泉質は ナトリウム-塩化物泉。さらっとした肌触りの優しい温泉でした。

2012518_131 2012518_133
2012518_134
露天風呂「岬波の湯」

     露天風呂は1階、長~い廊下を渡っていきます。
     海も見え、少し冷たくなった風も心地よく、此方も独り占め。贅沢です。^^

2012518_136_2

     お風呂上りには、広い庭を眺めながらしばし休憩。
     野鳥が飛び回り のどかです。

2012518_138

     部屋に戻るとすぐに地ビールを注文。
     この地ビールが結構 美味しかったです。お風呂上りの一杯は、いいですねぇー。

2012518_163

     ぼけ~っとしている間に、夕暮れ。何もしなくても時間はあっという間に過ぎていきます。
     楽しみな夕食の時間です。夕食はお部屋で 特選懐石 楽しみです。

2012518_143_2 2012518_152 2012518_149_3
 夫は梅酒、私は地酒(那智の滝)      先付・・・胡麻豆腐         前菜・・・山海珍味五種

2012518_150_2 2012518_151
   造里・・・地元産伊勢海老・マグロ・鯛・姫貝                鍋物・・・鯨鍋

     マグロは勝浦漁港の生マグロ もちっとした食感で美味しかったです。
     そしてクジラの町ならではの味覚。鯨鍋、写真の手前、紺色の器の白い食材 鯨の本皮だそうです。
     見たときは、一瞬 馬肉のタテガミ かと思いました、、、^^;
     この本皮が実に美味しかったです。旨味が野菜に絡みつき、とろ~っと甘味を感じます。
     鯨鍋(はりはり鍋)に欠かせない水菜。さっと出汁に通す程度がお勧め。
     水菜のさっぱり感と出汁の旨味、シャキシャキした食感。食べたかったお味です。
     本皮自体もとっても美味。最後に入れる中華麺の美味しいこと。美味しいこと。^^

    次回、宿泊する時は「鯨づくし」のお料理を食べたいなぁー。
    でも、マグロも伊勢海老も熊野牛も捨てがたい。。。。。。。

2012518_157 2012518_165 2012518_172
     蓋物・・・冬瓜饅頭           強肴・・・熊野牛石焼      洋菜・・・燻製マグロ カルパッチョ

     熊野牛、証明書付きのお肉を使用とのこと。
     分厚いのに柔らかく脂がまた甘味があり最高に美味しかったです。
     そして意外な美味しさが燻製マグロのカルパッチョでした。

2012518_177 2012518_188 2012518_190

     夕食を美味しく頂いている間に陽は落ち茜色のグラデェーションがロマンチック。
     御飯は ちりめん高菜をのせ さっぱりといただきました。
     完食 大満足の夕食でした。

2012518_186

     夕食を食べ終えても空はまだ明るさを残していました。
     庭にともされた明かりも綺麗です。

2012518_203

     翌早朝も快晴。日の出を見ながら散歩です。
     水平線から昇る朝日を見るのは久しぶり。

2012518_212

      刻々と表情を変える空と海がとっても綺麗。

2012518_219

     まだ整備されていない海辺の公園。
     できれば、何も施設を建てずにこのままにしておいて欲しいです。

2012518_234

     宿に戻って、朝風呂に入ります。初夏の雰囲気ですが、やはり早朝の空気は冷たいです。

2012518_254
「花游」さんの庭

     朝食は1階のレストラン ロビーでは早朝からピアノの生演奏。よい雰囲気です。
     食事は和食。品数も多く、干物がとっても美味しかったです。

     帰りがけになって 気が付きました。花壇もクジラが模られているんですね。

     部屋も広く綺麗でしたし、眺望もバツグン。お料理にも大満足。
     良い誕生日祝いができたと夫も喜んでくれました。よかった。よかった。^^v
     宿の皆さん、お心遣いいただき ありがとうございました。

                                            「旅51」につづく
                                           ※宿泊日:2012年5月18日(金)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   コナラプロジェクトからのおらせ

                    2012年5月7日(月)からコナラの治療がはじまりました。

                    詳しくは『パトローネ』をご覧下さい。
                    (治療作業内容や作業の写真が掲載されております。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               コナラプロジェクト
                               コナラの樹を守りたい!

1191415_018_2

                       命の危機にあるコナラを守るための募金活動です。
                           ご協力、よろしくお願い致します。  
                   ※詳しくは
「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。

             ☆募金報告・・・2012年4月25日現在の募金額 134,112円です☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 「旅51」紀伊半島一周その2 | トップページ | 「旅51」紀伊半島一周その3 »

グルメ・旅館&ホテル」カテゴリの記事

宿泊記」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

近畿」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ニャンさん。

なんだか、いつになく、明るく、開放的な感じがします。
南紀、チョット南国的なのでしょうか!?
それにしても、羨ましいような、お誕生日祝いの旅行です。^^;

一番印象的なのは、ワイドビューな窓ですね。
そして、そこから見える眺望がとってもいいです。
そのせいか、時間もゆっくり流れているように感じられて、
夕陽も、日の出も素敵です。

クジラの本皮は、いつか、味わってみたいですね。
私たちは、コースで食べたんだけどなぁ~!?

ゆったりした時間を、ありがとうございました。^^

 きゃーっ! すてきなお宿。
 お部屋も、お風呂も、お料理も、文句なし!
 太地にこんなお宿があるとは知りませんでした。
 我が家は定番の 中の島 に泊まりましたもの!
 行きた~いなあ!

 大浴場の貸し切り状態は最高の幸せですよね~!
 いつもそれを狙うのですがなかなか・・・
 う~~ん、気持ちよさそうです!

 私ももちろん鯨世代ですから鯨は懐かしいですね。
 今や高級食材なんですね。
 若いころ、鯨で失敗が。
 ソルベになってる鯨の刺身を、溶けてから食べたら生臭いこと!
 凍ってるうちに食べなきゃだめよ、と笑われました。

moo様

おはようございます。
今朝も霧が発生していたようですが、雲海はご覧になれたでしょうか?
それとも霧の幻想的な風景を撮影されたのでしょうか?
今日も更新されるのが楽しみです。^^

やはり紀伊半島は南国的な雰囲気が漂っています。
そして とても開放的です。^^

部屋からの眺望は最高に良かったです。
夕日、朝日ともに楽しめました。
そして夜、島影の合間から勝浦温泉の旅館の明かりも見えます。
星も開田高原ほどクリーンではありませんが、綺麗な星空でした。^^

クジラの本皮は はじめていただきましたが、とっても美味しかったですよ。
今回の旅 日程は強行でしたが 宿ではのんびりすることができました。
ありがとうございました。

うつきよう様

ありがとうございま~す。^^v
今年の我が家の旅のテーマは開田高原を除き、なるべく行った事がない場所。
又は 宿泊した事が無い宿と決めました・・・。
紀伊半島内で探した 探した 探しました。行っていない温泉地orお宿を・・・・(><)
太地温泉 失礼ながら迷わなかった事もなかったのですが
此方に決めて、大正解でした。
お料理も想像以上によかったです。^^
ちなみに、周参見に気になるお宿が もう一軒あります。此方はいずれ・・・?!

大浴場 独り占めだと とっても嬉しいいですよねぇー。(泳ぐ事もできるし^^;)
でも、なかなか、そうはいかないのも現実です、、、、

鯨の刺身は、ソルベで食べないと生臭いのですね。
良いことを教えていただきました。^^
ありがとうございました。


あの界隈にリゾートホテルそのもの?すっかり変わってしまっているんですね。
規模・食事・部屋・眺め全て良しで羨ましい限りです。
特別室の最上階だけでは片づかない素晴らしさです。
ご主人は梅酒を飲まれた?僕は飲み口が良くつい飲んでしまうとダウンしてしまう梅酒。
お強いじゃないですか!!

よし坊様

ご存知の通り勝浦温泉に近い太地です。
勝浦温泉、老舗だった旅館も今や年間通して同一料金の宿に変わり寂しい気がします。
勝浦温泉だけではなく、城崎温泉もそして加賀温泉郷の宿も
格安同一料金の宿が増えてきています、、、、。

数年前、太地へ来たとき、今回 宿泊したお宿ちらっと横目で見てました。
でも箱物の建物だし・・・・なーんて思っていたら・・・・
何もかもが想像以上によかったです。泊ってみないとわからないものですねぇー^^;
とても よかったです。
それに偶然にも宿泊した日はスペシャルデーとか通常よりお安く泊れたんです。
周りの雰囲気からいってもリゾートホテルですね。^^

梅酒は甘く口当たりがいいのですが、結構きついですよね。
夫も珍しく300mlの瓶を一本あけ ダウンでした、、、、、。

ありがとうございました。


ニャンさんがおっしゃられる通り、外観からは?????な感じですが、
このお料理・お風呂・景色にノックアウトです。
いいお宿があるんですね。
鯨型の花壇も可愛いですね。
ちょっと角度が違うだけで、別物に見えてしまいそう。
お忙しい日程とは言うものの、素敵なHappyBirthday、おめでとうございます。
御主人は、心地よくダウンなさったのでしょう(笑)

海の写真を拝見すると シュノーケルをつけて潜りたくなりました。(笑)
どうも 樹木を見ても 南国のような雰囲気なので  泳げるように思えてなりません。

お部屋も お風呂も お料理も すごーーーい。
日本のお宿って すごくいいもんだなあ、、、と改めて思いました。

善は急げ、忘れないうちに 紀伊半島を目指そう !!!!

バンジー様

お祝いのお言葉ありがとうございます。^^
はーい。気持ちよくダウンしたようです。夜中に何度か水を飲みにおきたようですが^^;
70歳代に片足踏み入れた年齢になった夫ですが仕事はともかくとして
遊びには何処までも貪欲。
強行な遊びスケジュールを好んでこなしてくれます^^;

そうでしょ!!外観から見ると??????が一杯付きます。
部屋数は41室。建物の大きさの割には少なめなんです。
熊野の山々に沈んでいく夕日も絶景。
それを眺めながらの美味しい食事は最高でした。^^

クジラの花壇 上から見ないとクジラだとは気づきません、、、
角度を変えてみると はい 私には変形したビワ(楽器)にみえました。。。
バンジー様には 何に見えますか? 
ありがとうございました。^^


shinmama様

あたり~です。南紀白浜は5月3日海開きされていま~す^^
このあと、白浜を通りましたが海水浴客の方がおられました。
それに紀伊半島はダイビングスポットが豊富なんです。
シュノーケルを楽しみたくなったのではありませんか^^

今回、宿泊した宿から徒歩数分の場所に
ホエールウオッチングの観光船がでています。
完全予約制で期間は4月下旬~9月下旬のようです。
時間に余裕がなかった我が家は体験していませんが 人気があるようです。

熊野古道ウォーキングにシュノーケルなどなど
行動力の有るshinmama様にはピッタリかも?!と思います。
ハイ!善は急げ!紀伊半島を目指してくださ~い!^^v
海と山 両方を楽しんでください。そして私にも情報を教えてください。
ありがとうございました。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/45445007

この記事へのトラックバック一覧です: 「宿泊記32」南紀太地温泉・花游:

« 「旅51」紀伊半島一周その2 | トップページ | 「旅51」紀伊半島一周その3 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ