« 「宿泊記32」南紀太地温泉・花游 | トップページ | 麦畑 »

2012年5月31日 (木)

「旅51」紀伊半島一周その3

2012518_258
紀伊半島R42 古座からの風景

   絶好のドライブ日和。今日は串本から白浜へと海を眺めながらのドライブです。
   白浜方面~京都までのルートもいたって簡単!
   少々距離があることだけが難点です、、、、

   冒頭の写真に写っている島は『九龍島(くろしま)』と言うらしいです。
   海賊伝説が伝わる無人島。源平の合戦で名を馳せた熊野水軍の根城のひとつ。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

2012518_260
串本 橋杭岩

   串本の定番観光地「橋杭岩」です。
   太地温泉から約23km一寸。あっという間に到着。
   引き潮のようですね。岩の側には歩いておられる方も・・・。
   でも 我が家は先を急ぎます。^^;

2012518_268

   勇壮な断崖絶壁が続く枯木灘。
   紀伊半島の中でも一番好きな海岸線ドライブです。

   ダイバー達が沖を目指して泳いでいる。
   双島付近にはサンゴがあり、ダイビングスポットらしいが そこまで泳いでいくの?

   それにしても美しい海、ダイビングやシュノーケルのスポット!なるほど・・・。^^

2012518_262_2

   沖に見えている島が『双島』(そうしま)。二つ並んだ島が可愛く見える。
   ちょっと海岸まで行ってみよう。

2012518_266

   ゴツゴツした足元。ヒールサンダルをはいている私は足を挫きそうなほどに歩きにくい。
   スニーカーに履き替えればよかった、、、と後悔。

 2012518_270
陸の黒島・沖の黒島(すさみ町)

   すさみ八景のひとつが「陸の黒島・沖の黒島」。
   沖の黒島の西側には「ガマ」と呼ばれる海中に続く洞窟があり、
   ガマには熊野水軍が財宝を隠したと言う伝説が残っているそうな・・・。
   老後を考えると財宝を見つけに行きたくなります。。。。^^;

2012518_272

   別の場所から見た「陸の黒島・沖の黒島」です。

2012518_276

   枯木灘に面した すさみ町、町でみかける看板には「ケンケンかつお」と書かれています。
   「ケンケンかつお」のケンケンって何?ずーっと気になっていて今回初めて調べてみました。

「ケンケンかつお」のケンケンの語源と漁法。
   ケンケンとは、ハワイのカナカ語であると言われている。
   船を走らせ疑似餌をおどらせ、魚(かつお)を誘惑して釣り上げるという漁法。
   その疑似餌の材料に使った鳥の羽が原語だという説もあるとか。
   疑似餌と※潜行板の組み合わせによる一本釣り引縄漁法がケンケン漁法らしいです。

   ※潜行板(せんこうばん)・・・船の形に作った板で、船の推進力で疑似餌を海中に潜らせる漁具。

   このケンケン漁法で漁をする船を「ケンケン船」というらしいです。

※ここから下の写真は2009年7月14日に撮影したものを使用しています。

097_303

   枯木灘の勇壮な景色を眺めながら白浜に到着しました。(橋杭岩から白浜まで約70km。)

097_335

   今回の白浜での目的は 日本最古と言われている「崎の湯」に入ることです。

097_333
※写真をクリックしていただくと拡大してごらんいただけます。

097_327

   「崎の湯」営業中は、撮影禁止! 仕方なく前回、営業前に撮った写真を使うことにしました。^^;

097_320
097_322 097_323
男湯

   白浜の海を眺めながら温泉を楽しめます。(露天風呂のみ)
   ここでは、体や髪を洗うことは禁止。ひたすら温泉を楽しんでください。

097_329
女湯

   女湯は湯船が三つ。岩風呂が二つに 木のお風呂がひとつです。
   木のお風呂は一段高いところにあるので、見晴らしがよいです。
   お湯は少々 ぬるめ ですが、この風景と雰囲気、お湯は最高でした。

   後は、ひたすら京都の自宅を目指すのみ。
   一泊二日ではありましたが、お天気にも恵まれ久しぶりに南紀の海景色を満喫できました。^^

                                               おわり
                                           ※旅行日:2012年5月19日(土)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   コナラプロジェクトからのおらせ

                    2012年5月7日(月)からコナラの治療がはじまりました。

                    詳しくは『パトローネ』をご覧下さい。
                    (治療作業内容や作業の写真が掲載されております。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               コナラプロジェクト
                               コナラの樹を守りたい!

1191415_018_2

                       命の危機にあるコナラを守るための募金活動です。
                           ご協力、よろしくお願い致します。  
                   ※詳しくは
「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。

             ☆募金報告・・・2012年5月30日現在の募金額 134,112円です☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 「宿泊記32」南紀太地温泉・花游 | トップページ | 麦畑 »

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

近畿」カテゴリの記事

コメント

やったあ、、、、潜れるんですね。

ハイキングの服と靴と道具、泳ぐ服と靴と道具、温泉に入る用意、、
車で行くと荷物は増えても関係ないので いいですね。

京都まで かなり距離がありますが、ご主人が タフな運転手さんで、羨ましいこと。
我が家は ちょっと 一人では無理そうです。
 さすれば アルコールをどのタイミングで 摂取するのかも考えておかなければ、、、。

山歩きについて少し勉強して、それに ニャン様の貴重な情報を加えて 計画を立てようと思います。

shinmama様

潜れますよ~ ☆
ここのポイントがオススメですよ~と ちょっと威張って言いたいところですが(笑)
潜らない私にはお教えできないのが残念、、、スミマセン、、、、、^^;
ただ白浜の海水浴場でも十分に透明度がよいことは確かです。

ハイキングにシュノーケル、旅の用意全般を詰め込んでも車なら楽ちん ですね。
我が家などは、夜逃げでもされるんですか~? という程の荷物を車に詰め込むことも^^;

アルコールをどのタイミングで・・・これは難しいですねぇ~。
美味しいもの=アルコールですからね。

旅行の計画を立てるのって楽しいですよね。
いろいろと調べて、紀伊半島 満喫旅をご計画くださいませ。
私も今、プランを練っているところです。^^v しかも夫が嫌いな歩きが多いプランです、、、、
ありがとうございました。


こんばんは、ニャンさん。

あの有名な「橋杭岩」は、此方でしたか!?
よく、夜に撮った写真が載ってますよね。

サンゴがあるんですね。
南の海だから?暖流の影響?水がきれいだから?
写真から、水の綺麗さは、良く分かります。
ダイバーにとっては、嬉しいでしょうね~!

「ケンケン漁法」は、見たことがあります。
昔、釣り船で海へ釣りに行っていたことがあって、
その時、船頭さんがその漁法でシイラを釣ってくれて、
刺身で頂いたことがあります、うまっ!かった。
でも、その漁法の名前は知りませんでした。^^;

「崎の湯」は、良さそうですが、
人気もありそうですね。

中身の濃い、一泊二日の旅、楽しませていただきました。
ありがとうございました。^^

moo様

こんばんは。今日は珍しく夜更かししています。^^;

そうです。「橋杭岩」はここにあります。^^
シルエットの橋杭岩は絵になりますね。
橋杭岩と星空、橋杭岩と漁火、そして朝焼け、
夕焼けと絶えずカメラマンさんがいらっしゃるようです。

南紀は、サンゴもありダイバーの方に人気があるようです。
海中公園にグラスボートもあるので、
潜らない人でも南紀の海中を楽しめます^^

ケンケン漁法、知っておられましたか
目の前でごらんになったんですね。
シイラのお刺身、未経験、食べてみたいです。^^

「崎の湯」人気があるようです。
私が入ったときは、タイミングよく又、又、独り占めでしたが(笑)
海が眺められる温泉っていいですね。気持ちよかったです。
ありがとうございました。

見慣れた景色が出て来ました。
そんな昔ではなかったはずなのに懐かしさを覚えます。
崎の湯は行った記憶がありませんが見晴も良さそうだし入る価値が有りますね。
それにお湯が海の色以上に綺麗な青で吸い込まれそうです。

ニャンさんとお知り合いになったきっかけのブログが廃止とあり、ちょっとショックを受けております。
でも考えたら、ニャンさんのブログは健在、よかったよかったと、一人慌てふためき一人安堵中 (^^ゞ
我家のダイバー娘も、春先・秋には白浜に行っておりました。
関西では行きやすくて綺麗でお手軽みたいですね。
私は温泉&アルコール補給に軍配❢
だからどうしてもお泊りになります。
白浜だけならフラッと行けそうでね、忘れておりました。
強行スケジュールも、ご主人様のドライブ力ですっかりカバー。 脱帽です。
濃密な旅日記、ありがとうございました。

よし坊様

白浜は高速道路を利用すれば、比較的、行きやすいですよね。
これからの季節、特に夏休みに入ると海水浴のお客さんで賑わいます。
大昔、お盆休みに宿が取れなかったにもかかわらず
現地で何とかなるだろうと思いいったことがありましたが
何とか宿泊できた部屋は、開かずの間のような薄暗い部屋で怖かった思い出があります、、、^^;

「崎の湯」は、見晴らしがよく気持ちよかったです。
言われて気がつきました。お湯が美しい青ですね。
実際には無色透明なんですぅ、、、、^^;
ありがとうございました。^^

バンジー様

私も突然の廃止に驚きました、、、、。同じくショックです、、、。
ありがとうございます。こちらのブログは続けていきますので
これからも よろしくお願いいたします。
でも、、、、、バンジー様の旅行ブログやお着物お出かけツアーブログが
拝見できなくなるのは、とても寂しく残念です、、、。
あちらのブログ廃止、この機会にバンジー様も個人ブログを開設されませんか?
そうすれば、私もまた バンジー様のブログが拝見でき嬉しいのですが。
一度、ご検討くださいませ。開設をお待ちしています。^^v

お嬢様はダイビングをされるんですね。
白浜は美しい海、関西地区からのダイビングスポットとして最適ですね。
はい、私も温泉&アルコール補給派です。
ぷらっと白浜、一泊旅行にはうってつけです。
ありがとうございました。^^


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/45476374

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅51」紀伊半島一周その3:

« 「宿泊記32」南紀太地温泉・花游 | トップページ | 麦畑 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ