« ぶらり花と棚田を眺めて | トップページ | 「旅51」紀伊半島一周その2 »

2012年5月23日 (水)

「旅51」紀伊半島一周その1

三重県・荷坂峠(にさかとうげ)

世界遺産熊野古道の中にある峠で、国道42号線、JR東海紀勢本線ともにこの峠を通っている。
荷坂峠はツヅラト峠に比べてやや穏やかで重い荷物を担いでも越えることができるということで
この名前がついた。

2012518_021
荷坂峠・マンボウの丘より紀伊長島方面を望む 2012年5月18日(金)撮影

   今回の旅は夫の誕生日祝いです。
   紀伊半島一周一泊二日の旅ですから かなりの強行軍です、、、。

   三重県側から紀伊半島一周旅は、はじまりました。
   三重県から国道42号線を利用すると 初めて海が見える場所がここ荷坂峠。
   通称「マンボウの丘」です。

   初めに謝っておきます。今回の写真、どれもこれも色が悪く不鮮明です。
   誤った設定のまま撮影したことが原因のようです、、、我ながら情けいです、、、、^^;

   荷坂峠の遙か向こうには青い海が見えていましたが、それも写っていません、、、トホホ、、、

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

2012518_024

   マンボウの丘らしくマンボウのモニュメントです。
   プレートには「東紀州北の玄関口・マンボウの町紀伊長島」と書かれていました。
   紀伊長島ではマンボウが獲れるのでしょう・・・。一度食べましたが私は苦手です、、、、。

2012518_030

   丁度、JR東海紀勢本線の電車が通るようでカメラマンさんが二人、電車待ちしておられました。
   私もお仲間に入れていただき、撮りました。約10分ぐらいの待ち時間でした。

                               ☆

紀伊山地の霊場と参詣道・世界遺産登録花窟神社(はなのいわやじんじゃ)

花の窟は、神々の母である伊弉冊尊(イザナミノミコト)が火神・軻遇突智尊(カグツチノミコト)を産み、
灼かれて亡くなった後に葬られた御陵です。
花窟神社(花の窟神社)は日本書紀にも記されており日本最古の神社といわれているそうです。

2012518_037

   鳥居をくぐると緑に囲まれた参道。
   此処が熊野灘に面しているとは思えないほど こんもりとした森です。

2012518_039

   花の窟神社には社殿はありません。熊野灘に面した巨岩(高さ約70m)が御神体です。

2012518_040_2 2012518_042
2012518_049_2

左側の写真が御神体となる巨岩です。
カメラに収まりきらない高さです。

上の小さな写真。(上の段)
浸食された小さな穴が数多くあります。
この穴に祈願をこめた白石を収めると
願いが叶うと言い伝えられていそうです。

2012518_071

                熊野灘側から見た花の窟神社、御神体です。

2012518_034

   神社の前の熊野灘「七里御浜海岸」です。砂浜ではなく砂利浜で約28km続いています。
   砂利浜の黒々とした浜は熊野灘ならではの風景。海も空も青く綺麗でした。

2012518_066

   色飛びの観にくい写真ですが、七里御浜海岸の砂利と波の写真です。
   説明しなければならない写真とは情けない、、、、。

   熊野灘の荒波により砂利は大小どれも角が無くツルツルした感じです。

2012518_054

   神社の前には、真新しい建物ができていました。お土産物や飲食店です。

                               ☆

焼肉 ひげ (和歌山県新宮市)

昼食は、勝浦でマグロ!  それとも 新宮で熊野牛!  どちらも捨てがたい、、、、
お腹がペコペコだったので、魚よりお肉を選びました ^^;

2012518_076

2012518_074_2和歌山県特産高級和牛「熊野牛」の焼肉店。

ランチメニューの焼肉セットをいただきました。
勿論、ランチメニューのお肉も「熊野牛」です。
並バラ肉中心(120g)テッチャンとミノが一切
れずつ付いていました。
御飯・キムチ・味噌汁セットで950円。
分厚い部分のお肉は開いてありましたが堅かったです。
しかし、それ以外のお肉は柔らかく、
脂身もあっさりしていて美味しかったです。

                               ☆

2012521_008
※写真をクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。

     5月21日の金環日食時の木漏れ陽に映った日食です。
     先日の写真より、わかりやすいかな???                                    

                                               つづく
                                            ※旅行日:2012年5月18日(金)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   コナラプロジェクトからのおらせ

                    2012年5月7日(月)からコナラの治療がはじまりました。

                    詳しくは『パトローネ』をご覧下さい。
                    (治療作業内容や作業の写真が掲載されております。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               コナラプロジェクト
                               コナラの樹を守りたい!

1191415_018_2

                       命の危機にあるコナラを守るための募金活動です。
                           ご協力、よろしくお願い致します。  
                   ※詳しくは
「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。

             ☆募金報告・・・2012年4月25日現在の募金額 134,112円です☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« ぶらり花と棚田を眺めて | トップページ | 「旅51」紀伊半島一周その2 »

グルメ・料理店」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

東海」カテゴリの記事

近畿」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

紀伊長島はマンボウの町でしたか!?
私は、食べたことはありませんが、
去年5月、結婚式に出席した時には、通ったのですが、気づきませんでした。^^;
紀伊と言うと、松坂牛しか知りませんが、熊野牛も美味しそうですね。(*^_^*)
案外、開田育ちかもしれませんが・・。

七里御浜海岸の砂利、とても美しいです。^^;
こう言う、美しい砂利の浜、珍しいのでは・・?
裸足で、歩いても気持ち良さそうです。

金環日食の日の木洩れ陽の写真、見事です。
私の撮ったのは、これだけはっきり撮れていませんでした。^^;

珍しい風景、ありがとうございました。^^

moo様

こんにちは。
紀伊長島はマンボウの町らしいです。^^
開田高原から此方方面だとかなりの距離があったと思います^^;
愛嬌のある顔をしたマンボウ、食べるのはちょっと、、、と思いましたが
物は試しと食べてみました、、、、^^;
三重県といえば牛肉は松阪牛、全国でも名立たる牛肉ですよね。
熊野牛は、県外では見たことがありません・・・松阪牛よりあっさりしたお味です。^^

七里御浜海岸の砂利浜、裸足であるけば良いツボ押しになり
健康にも良いかもしれませんね。
熊野灘といえば砂利浜ですが、珍しいかもしれませんね。^^

木洩れ陽の写真、ありがとうございます。
実は、この場所、金環日食観察に来ていた小学生ぐらいの男の子が教えてくれました。
この子に感謝しなければなりませんね。
いつも、ありがとうございます。^^

 紀伊半島を一泊二日で一周ですか!
 それは強行軍ですね。
 熊野古道はいっとき大人気でしたが、今も訪れる人は多いのでしょうね。
 私は定番の、中辺路、熊野大社の大門坂を歩きました。
 熊野は、独特の、神秘的な空気が漂う地ですよね。
 
 丸くなった砂利がきれいですね。
 ゴミも見えず、海もきれいなのでしょうね。

 紀伊半島は、長野からだとずいぶん遠いのですけれど、
 機会があればもう一度行きたいところです。
 続きが楽しみです。

うつきよう様

「誕生日、どこへ行きたい?」と訊ねると即座に「紀伊半島」と返事が帰って来ました。
一泊の予定なのに遠いなぁーと思いましたが。。。。。
自宅から紀伊半島一周すると約630kmぐらいの距離になります。
高速道路を使わないので尚更時間がかかります^^;

熊野古道やはり うつきよう様は歩いておられましたか^^
ご存知の通り昨年の台風で紀伊半島および十津川村など大きな被害を受けました。
熊野古道も大きな被害を受けましたが、復旧されているところが多いようです。
しかし、風評被害により訪れる方は一時激減したようです。
今はどうなんでしょう?また、多くの方が訪れて下さる事を願うばかりです。

長野から遠いですが三重県側からの高速道路も少しずつ伸びていますし
また、是非、熊野古道へおこし下さい。
何時もありがとうございます。^^

一泊二日の強行スケジュール、どのようにこなされるのか、興味津々です(笑)
新宮方面はなかなか奈良からも行きにくく、御無沙汰しております。
熊野牛は存じませんでした。
マンボウも頂いたことありません。
苦手の御様子にちょっと尻ごみいたしますが、一度はトライしておかないと…
またまた( ..)φメモメモですね。

バンジー様

一泊二日で紀伊半島一周 興味津々 はい! よくわかります。(笑)

同じ近畿圏内なのに紀伊半島は遠いです(><)
一般国道だけを利用して新宮方面へ行くならば
奈良五條市本陣から国道168号線を利用するのが
一番距離が短いと思うのですが(約67kmぐらい短縮)
昨年の台風の復旧工事が行われており規制中の箇所が多く断念しました、、、。
自宅出発時刻は午前5時前でした(笑)

熊野牛、近頃は紀伊半島の旅館さんでも地元のブランド牛として使われているようです。^^
私達はランチの熊野牛をいただきましたが、単品の上バラ肉がオススメのようです。
マンボウは、淡白でモチッとした感じ、、、勇気を出して?一度試してみてください(笑)
何時もコメントをいただきありがとうございます。^^


紀伊半島、、行きたいとずーーーっと思っているのです。
熊野古道を歩きたいので、一生懸命調べていたのですが、台風で延期せざるを得ないことに。

では ドライブで、、、、と考えると
どれくらいの日程が必要か さっぱり見当がつかず 悩んでいました。
ニャン様の紀伊半島旅行を しっかりメモメモさせていただきます。

私は車での旅行に慣れていないので、道路の状況が良くなっているのが 一番かと思っています。
近況が教えていただけるのが ブログのありがたさですね。

shinmama様

紀伊半島一周ドライブ旅行、紀伊半島の中だけなら三泊ぐらいされれば
大まかな観光地は見られると思います。^^
紀伊半島の大動脈である国道42号線、山間部(特に三重県側)はカーブが多いですが
海沿いの景色も良く、大型連休や海水浴時期の土日祝日をはずせば
そうたいした混雑もなさそうですし、走りやすいかと思います。^^
今現在、国道42号線は所々、工事のため片側通行もありましたが
たいした待ち時間も無く快適にドライブできますよ。^^

熊野古道、一度は歩いてみたいですよね。はい、私もです。
熊野古道といえば、今も心に残っている風景があります。
とは言っても我が家は車で行ったのですが、、、、^^;
それは熊野古道「小辺路」の“天空の郷”といわれる『果無集落』。(はてなししゅうらく)
果無集落からは紀伊山地の山々が見渡せ、とても素朴で良い集落でした。
(私のR×Rの日記、2009年4月に更新しています。)
一寸調べてみたのですが
奈良県十津川村「語り部と行く 小辺路・昴の郷から果無集落」約4kmというコースや
果無峠越え「十津川温泉~八木尾」約10.4km(所要時間5時間30分)とうのもありました。
いろいろと調べてみると面白そうです。^^
温泉も沢山ありますし、是非、行ってみてください。
何時もありがとうごいます。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/45349024

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅51」紀伊半島一周その1:

« ぶらり花と棚田を眺めて | トップページ | 「旅51」紀伊半島一周その2 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ