« シバザクラと加悦鉄道資料館(加悦駅舎) | トップページ | 「旅51」紀伊半島一周その1 »

2012年5月21日 (月)

ぶらり花と棚田を眺めて

2012518_013_2
金環日食の木漏れ日 2012年5月21日撮影 ※拡大してご覧いただけます。

金環日食の雰囲気だけですが・・・・^^;

     今日は金環日食。当初はお天気も心配されましたが京都は雲が少しある程度。
     青空が広がっていました。
     日本では25年ぶり、京都では282年ぶりに金環日食が見られるとのこと。
     これを見逃したら一生見られないって事なのね??
     金環日食あまり興味が無かったというのが本音ですが、
     テレビで盛んに「金環日食!金環日食!」と騒いでいるので見たくなりました。

     午前7時10分過ぎ頃から?晴れているのに徐々に夕暮れのような暗さになり始めました。
     食の最大は京都では7時30分35秒らしい。(この時刻はやはり薄暗い感じでした)
     慌ててデジカメを持って外に飛び出した次第です。^^;
     当然、何も金環日食観察用品は用意していません。
     テレビで木漏れ日でも日食を観察できると言っていたのを思い出し
     撮った写真が上の写真です。
     わかりにくいかもしれませんが、三日月型の光に見えているのが日食です。
     その後、慌てて自宅に一眼レフを取りに帰りました。
     まだ、PCに取り込んでいませんが、もう少し日食とわかるような写真が撮れていたら
     後日、ブログに載せます。載っていなかったら失敗したんだな!!と笑ってやってください、、、^^;

前置きが長くなりましたがよろしければ「本文」もご覧下さい。^^

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

道の駅しんあさひ風車村撮影日:2012年5月12日

2012512_002

     此方の道の駅、風車村の八百屋さん(お土産物有り)、レストランもありますが
     風車村公園内にはスワンボート、釣堀、バーベキューができる施設もあります。
     そして季節の花々が咲き、琵琶湖もすぐそば、自然豊かな道の駅です。

2012512_004

     黄色い花は「花菖蒲」でしょうか?
     道の駅では「花菖蒲祭り」も行われるそうです。
     250種20万株、100万本の花菖蒲だそうです。

2012512_007

高島市今津町浜辺の花

2012512_011

     ユリカモメで賑わっていた浜辺も今は極僅かのカモが見られる程度、静かです。

2012512_015

高島市畑の棚田日本の棚田百選

2012512_021

     標高300m~400mの山肌に広がる棚田が「畑の棚田」です。
     家々が点在し「日本の原風景」と高く評価されているそうです。

     田植えは既に終り水田に写る空の色が美しかったです。

2012512_023

     畑地区は「棚田オーナー制度」などで都会との交流事業が行われるなど
     積極的に棚田保全に努めているそうです。 

2012512_036

                         カエルの合唱も聞えています。

2012512_026_3
※写真をクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。

               水田が夕焼けに染まったら さぞや美しいと思います。

2012512_031

            家が建っている辺りが棚田の一番高い位置のようです。

2012512_035

              今度は実りの季節、秋に是非、訪れてみたいです。

                                                おわり
                                         ※ぶらり観賞日:2012年5月12日(土)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   コナラプロジェクトからのおらせ

                    2012年5月7日(月)からコナラの治療がはじまりました。

                    詳しくは『パトローネ』をご覧下さい。
                    (治療作業内容や作業の写真が掲載されております。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               コナラプロジェクト
                               コナラの樹を守りたい!

1191415_018_2

                       命の危機にあるコナラを守るための募金活動です。
                           ご協力、よろしくお願い致します。  
                   ※詳しくは
「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。

             ☆募金報告・・・2012年4月25日現在の募金額 134,112円です☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« シバザクラと加悦鉄道資料館(加悦駅舎) | トップページ | 「旅51」紀伊半島一周その1 »

滋賀県散策」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

世紀の天文ショー金環日食、観れて良かったですね!(*^^)v
私も、木曽馬の里で観ていました。
そして、木漏れ日も撮りましたが、私のは今一でした。^^;
また来年、とはいかないのですが、観れただけでも良し!としましょう!

風車村の花々、これから花菖蒲祭りもあって、楽しみですね。

畑の棚田、見事!
青空が映って、とてもきれいです。
確かに、夕焼けの時も、また、綺麗でしょうね!

観たいと思っていた、田植え後の畑の棚田、
ありがとうございました。^^

moo様

こんにちは。
mooさんも観られてましたか、金環日食。^^
肉眼だけで観てはいけない!と言われてましたが一瞬なら良いだろうと見てみました。^^;
肉眼だけではボンヤリとしかわかりませんでしたがリングになったのがわかりました。
興味ないと言いながら結構 興奮気味でした。^^;
近所の顔見知りの叔父様が観賞用グラスを貸してくださり
「やったー」って程、良く見え嬉しかったです。^^
観られただけでも 良し!良し!ですね。^^v

畑の棚田、綺麗でした。
ありがとうございます。私も田植え後の棚田見てみたかったんです。^^
この日は、この後 雲が多くなり夕焼けはあきらめた次第です、、、、
こういった風景は、良いですよね。
ありがとうございました。^^

 上田市と隣の東御市との間に、金環日食の北限界線があると報じられてきました。
 この線より北側では部分日食となり、金環になりません。
 我が家は上田市の東よりで、ぎりぎりの位置にあたりそうです。
 「もうちょっと、もうちょっとで輪になる、頑張れ!」 と空を見上げていました。
 光が切れ切れに繋がって、完全な輪になるかならないかで、終わりましたが、
 これは限界線でしか見られない ベイリービーズ という現象でした。
 ある意味金環より珍しいものを見ることができました。 とてもきれいでした。
 撮影試みればよかったです。
 太陽が以外と小さく見えたのも驚きでした。

 水のある風景は落ち着きますね。 とても美しい棚田です。
 ショウブ、アヤメ、カキツバタの見分けは難しいですよね。
 なにせ、ショウブもアヤメも、漢字で書けば両方とも「菖蒲」ですものね。

うつきよう様

昨日は、全国で多くの方々が空を見上げていたんですね。
夕方のニュースで見ましたが、
通勤途中の電車の中から観ておられる方の映像も写っていましたね。^^
うつきよう様のお住まいの地域は「金環日食の北限界線」あたりなんですか。
ベイリービーズ現象、地域限定ですから貴重ですね。
それは観てみたかったです。綺麗だったでしょうね。
次の金環日食、京都では2041年だそうです、、、、見られそうもないような、、、^^;

ショウブ、アヤメ、カキツバタの見分け方、ブログを書く度に調べるのですが
どうも見分けがつきません、、、、^^;
棚田の風景は写真を良く撮るようになってから
興味を持つようになった風景の一つです。
日本の原風景、落ち着きますね。
ありがとうございました。^^


我が家の金環日食はTVで。写真も撮ろうと思いましたがセンサーぶっ壊したらとんでも無い修理代が掛かるかもしれないと思いやめました。
いや〜  綺麗な棚田ですね!!!
高低差のある棚田は写真に撮っても遠近感が出てとても良い。
そして田植えが終わったばかりの田んぼが水面に写る景色が一番綺麗な時季。
其処まで計算されて行くのはお見事です。

きっちり日食観察用グラスを用意し、しっかり太陽の満ち欠けを楽しみました。
説明書に、「光学機器と組み合わせて使わないでください」とあり、撮影は断念。
娘と交代で見ながら、テレビの映像と比較して遊びました。
「いつかまたどこかで」と、グラスをキープ。
大騒ぎに呆れてたものの、やはり感動モノでした。
この棚田も感動ものです。
もう水が張られたんですね、やはり早い。
いっぺんに蛙がうるさくなるのが不思議です。
我が家近辺では一カ月先の光景でしょうか?
日本も広いものですね。

よし坊様

そうりゃそうですよね。金環日食を撮ってカメラが故障したら大変です。
私も木漏れ日の日食で我慢でした、、、、^^;

ありがとうございます。
アチラコチラ田植えが終わった水田が美しく、実家の帰り寄り道しての観賞&撮影でした。
棚田の高低さ、そして大きい水田、小さい水田、
地形にそった不揃いの水田の形。それら全てが棚田独特の美しさを醸し出していました。^^
水面に写る景色が一番綺麗な時季・・・そういっていただけると嬉しいです。
あぜ道には小さな花が咲き、蕗も葉を広げ、春らしい風景でした。
ありがとうございました。

バンジー様

ちゃんと日食観賞用グラスをご用意されていましたか。さすがです。^^
お嬢様と交代しながら観賞。良い金環日食観賞ができましたね。
日本国内での金環日食、何年だったかは忘れましたが、北海道で見られるそうですね。
それに来年はオーストラリアで観測できるとか?
グラスをもって観賞ツアーもいいですね。

棚田、そういっていただけると嬉しいです。ありがとうございます。^^
滋賀県の方が田植え、早いのですね。それは意外でした。^^;
奈良の棚田といえば明日香を思い出しますが、
奈良県も盆地の地形探せば他にもありそうですね。
近頃、日本の棚田百選をPCで見ながら、棚田ツアーに行って見たいと思ったりします。^^
ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/45334637

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり花と棚田を眺めて:

« シバザクラと加悦鉄道資料館(加悦駅舎) | トップページ | 「旅51」紀伊半島一周その1 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ