« 「旅50-3」秘湯の宿へ | トップページ | 「宿泊記31-2」法師温泉・長壽館 »

2012年5月 2日 (水)

「宿泊記31-1」法師温泉・長壽館

20124_177
法師温泉・長壽館 2012年4月20日撮影

               山祈る太古の民の寂心 今日新たにす 法師湯にして
                                           川端康成

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

20124_192

             玄関を入ると右には帳場、正面には神棚が祀られています。

20124_181

     そして左側には囲炉裏の部屋。
     私が写真を撮っていると若い番頭さん
     「よろしければ写真、お撮りしましょうか?」と声をかけていただきました。
     笑顔の素敵な番頭さんでした。
     囲炉裏の懐かしい雰囲気を楽しみながら、しばし休憩させていただきました。

20124_127
20124_201 20124_124
20124_126 20124_134
法師川に面した別館客室 ※小さな写真はクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。

此方のお宿には・・・・
   本館・・・・・「国登録有形文化財」に指定された一番古い客室棟。
   別館・・・・・昭和15年に建てられ「国登録有形文化財」で法師川沿いの客室棟。
   薫山荘・・・昭和53年に建てられた法師川沿いの客室棟。
   法隆殿・・・平成元年に建替えられた客室棟で8畳+4.5畳+踏み込みの広さ。
   この4タイプがあります。

     JTBさんから予約を入れてもらった時点では一番宿泊してみたかった別館は満室。
     仕方なく法隆殿を予約してもらいましたが、
     せっかくの秘湯ですから古い客室に泊りたくって別館をキャンセル待ち。
     旅行出発前日、チケットを取りにJTBさんに行くと「別館」に空きが出たとのこと。
     法隆殿の客室から別館の客室に変更していただきました。

さて待望の別館客室。
8畳+踏み込みの部屋。角部屋だったので、小さな小さな書斎?がありました。
窓ガラスは二重、古いので歪んできているのか?鍵穴がずれ鍵の開け閉めがしにくかったです^^;
決して美しいとは言いがたい部屋ではありますが、お掃除が行き届いていて部屋の雰囲気は好きです。

20124_130

     そして何より部屋からの眺望が秘湯そのもの、いい感じです。
     下を流れる法師川、雪解け水なのか勢いよく流れています。
     三朝温泉「大橋」さんもそうですが、
     川の音が「うるさい!!」と苦情をおっしゃるお客さんもいらっしゃるとか、、、、^^;
     川の流れる音も風流だと私は思うのですが、、、、。

20124_140

                  温泉に入る前に、少し散歩に出かけました。
                  ヒンヤリした山の空気が気持ちよいです。

20124_150

                    法師川の水際に水芭蕉が咲いていました。
                    水芭蕉、大好きなので嬉しくなりました。^^

20124_302

     標識には三国峠と書かれています。
     ということは今、雲がかかっている山の方角が三国峠なのでしょうか?
     木枠の斜面はお花畑のようですが、法師の春は遅く芽が出たばかりでした。

※散歩はまだ続きますが、翌朝も散歩したのでまとめて次回更新します。

20124_256

                        妻の背を洗す夫あり 法師の湯 
                                        内村直也

長壽館には大浴場が三つあります。
   1、国鉄時代のフルムーンのポスターでも有名になった大浴場-「法師乃湯」(混浴)
     基本混浴ではありますが、女性専用時間があります。
   2、玉城乃湯(内風呂と野天風呂)男女時間交代制
   3、長寿乃湯、24時間女性専用

     私達が温泉に入ろうとした夕刻。
     法師乃湯は混浴、玉城乃湯は女性専用時間、長寿乃湯は24時間女性専用。
     夫は「この時間、男性が入れるのは法師乃湯だけか!」とブツブツと文句を言っています・・・・。

20124_279
大浴場棟

本当は一番にフルームーンのポスターに使われた「法師乃湯」に入りたかったのですが、混浴時間帯中。
何方か女性がひとりでも入っておられたら法師乃湯に入るつもりでしたが
浴場は男性ばかり・・・・諦めて玉城乃湯へ。
     玉城乃湯は総檜造りで大きな窓からは雪山が見え開放感があります。
     秘湯の雰囲気を重視しているのか?
     カラン(蛇口)はありますがシャワーや鏡はありませんでした。

「法師乃湯」は女性専用時間帯に入りに行きました。
明治2年に完成したと言う浴場。和洋折衷のレトロ感がとても良い雰囲気。
そして行灯風のほのかな灯が妙に心地よく感じました。
温泉は「純度100%」の源泉が下に敷き詰められた玉石の合間からポコポコと
湧き出ています。ぬるいお湯でしたが気持ちが良かったです。

実は翌朝、法師乃湯の混浴時間に私 入りました。
女性は私ひとりでしたが、夫が一緒だったので平気です^^;

     女性専用「長寿乃湯」はこんぢんまりしていますが、此方も下からお湯がポコポコ ♪ 
     とーっても良いお湯でした。^^

20124_205

               客室に灯がともりだすと秘湯感が増し趣きも増します。

20124_212
夕食

        食事は客室棟によって場所が異なるようですが、私達は部屋食でした。

20124_217
20124_213_2 20124_219_2
20124_221 20124_214_3
20124_224 20124_223
20124_220 20124_218

     お料理はこんな感じでした。
     何が一番美味しかったかというと「魚沼産コシヒカリ」。
     久々に美味しいお米をいただきました。

           ちなみにお酒は「雪中梅」。私の好きな日本酒です。

夜、何時ごろだったでしょう?
カチ♪ カチ♪ 何処からともなく拍子木を打ち鳴らす音が聞えてきました。
「火の用心」カチ、カチというアレです。^^
窓から渡り廊下を見ると番頭さんが声はあげずに カチ、カチと打ち鳴らしながら見回りです。
宿の雰囲気にピッタリです。

20124_366
朝食 2012年4月21日撮影

      長ーーい「宿泊記31-1」最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

                                       「宿泊記31-2]へつづく

                                        ※宿泊日:2012年4月20日(金)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  コナラプロジェクトからのお知らせ

                         2012年4月26日

           コナラの樹の治療が始まるとの一報が入ったそうです。
               連休明けの5月7日からの予定だそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               コナラプロジェクト
                               コナラの樹を守りたい!

1191415_018_2

                       命の危機にあるコナラを守るための募金活動です。
                           ご協力、よろしくお願い致します。  
                   ※詳しくは
「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。

             ☆募金報告・・・2012年4月25日現在の募金額 134,112円です。☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 「旅50-3」秘湯の宿へ | トップページ | 「宿泊記31-2」法師温泉・長壽館 »

北関東」カテゴリの記事

宿泊記」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

静岡から谷川岳は何とも遠く憧れの山でした。
さて、法師温泉!! ウ〜ン懐かしい。
やっと生活も安定し何処か良い所ないかとJTB(当時JC同期の娘さんが我が家の担当)が取ってくれた長壽館でした。
法師乃湯 しか無かったと記憶するんですが・・・女性タイムも無かったです。薄暗い湯殿で女性の方が元気よく入っていました。

コシヒカリが一番美味かったとおっしゃるのは解ります。ありふれた旅館料理で印象が無いんです。
カメムシに悩まされ続けたのも思い出です、、、

こんばんは、ニャンさん。

やはり、ただ古い、だけではありませんね。
ここを訪れたお客様に、長い年月をかけて、磨き上げられたのでしょう、
いぶし銀の輝きとともに、風格も感じられます。
これまで、ご紹介された宿とは、ちょっとタイプの違う宿のように思われます。

川沿いの水芭蕉、めずらしい風景ですね。
かわいらしい無垢な白い花に、心癒される感じです。

「フルムーン」のポスター思い出しました。
朝、ご夫婦で法師乃湯で混浴・・、アツ~!(笑)
ポスター顔負け、まさに、フルムーン旅でしたね(*^^)v

秘湯・名館ご紹介、
ありがとうございました。^^

よし坊様

法師温泉へ着いた時、よし坊様がブログに載せられていたことを思い出しました。
何時頃、行かれたのかも思い出せないまま、同じ風景をご覧になられたんだなぁーと思いました。
そして帰宅後、よし坊様のブログから法師温泉を探し出し再度拝見。
旅の達人、よし坊様の感想は・・・やはり気になります、、、、、^^;

お料理は、おっしゃるとおりです、、、、
コシヒカリは本当に美味しかったです。^^

カメムシがでる季節で無くって本当に良かったと思いました。
触れようものなら臭くてたまりません、、、、^^;

大浴場「法師乃湯」以外は新しい気がしました。
混浴も女性の方々にも是非、入浴して欲しいですよね ^^
懐かしくご覧いただけよかったです。ありがとうございました。


 法師温泉は今も変わらず人気のお宿なんですね。

 木造の家屋、苔がはえてる屋根。
 少なくなりました。
 大切に使われているんですね。

 山の宿ですから豪華なお料理は望めませんが、
 心づくしのお食事ですね。

 底から湧いてくるお湯がいいですね。
 雰囲気と、本物のお湯が一番のごちそうです。

 明日から久しぶりの遠出です。
 びわ湖、湯村、湯の花とまわってきます。
 続きは帰ってきてから拝見することに。
 う~ん、待ち遠しい ! 

なに ニャン様が 混浴に入った??
事件です。(笑)

若かりし頃 フルムーンCMを見たときに 
ジーさんバーさんの旅行の企画なんだ と思っていたのですが、
今の自分がすでにその年齢に、なっていることが おぞましい!!!

いい宿 いい湯 いい夫婦。
はい、ご馳走様でした。

moo様

おはようございます。
GW後半が始まりましたね。あいにくの小雨です、、、。

法師温泉、そういわれれば今まで宿泊した宿と雰囲気が違いますね。
その昔、三国峠を越す 又は 越えてきた旅人も泊られたのでしょうか?
そう思うと おっしゃるように重みを感じます。^^

水芭蕉は大好きで、嬉しかったです。
以前ひるがの高原で見て以来のような気がします。

気が付けばフルームーンの年になっていました・・・^^;
久しぶりに混浴に入り感じた事。
それは、湯船に入る時より、出るほうが難しい、、、、です。
前隠しても後ろ隠せずです (笑)  ありがとうございました。^^

うつきよう様

法師温泉は人気があるようです。
最近では、海外からのお客様も多いようです。

お料理、せめて岩魚の塩焼きが温かいとありがたかったのですが、、、^^;
お湯は、本当に良かったです。
雰囲気も此処でしか味わえない!それが一番ですね。

わぁーい関西へおいでになるんですね。嬉しいです。
もう出かけられたんでしょうね。
お天気が回復し楽しいご旅行になること、そして旅の安全を祈っております。
ブログの更新、楽しみにしております。
いってらっしゃ~い。ありがとうございました。^^

shinmama様

お返事、遅くなり申し訳ありません、、、、^^;
ほんと!気が付けばその年齢、おぞましい!!!ですね。(笑)
しかし、こればかりはいくら願っても若かりし頃にはもどれないのですから
仕方ありません、、、受け入れましょう (笑)

混浴にはいるには、勢いが必要かと!!
女性入口の扉を開けると ドッキとされたのは男性方のようです・・・。
女性は一度覚悟を決めると(大げさかな?)大胆かもしれません。

shinmama様もぜひ、ご主人様と混浴へ。^^
ありがとうございました。^^


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/45101498

この記事へのトラックバック一覧です: 「宿泊記31-1」法師温泉・長壽館:

« 「旅50-3」秘湯の宿へ | トップページ | 「宿泊記31-2」法師温泉・長壽館 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ