« 越前大野『矢ばなの里』 | トップページ | 一乗滝(福井県) »

2012年4月18日 (水)

一乗谷朝倉氏遺跡

20124_145
福井県「一乗朝倉氏遺跡」 2012年4月15日撮影

以前から一度訪れてみたいと思っていた「一乗朝倉氏遺跡」へやっと来る事が出来ました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

       一乗谷朝倉氏遺跡は戦国時代、一乗谷城を中心に越前国を支配した
       戦国大名「朝倉氏」の遺跡です。

       朝倉孝景の代、1467年の応仁の乱での活躍をきっかけに、ここ一乗
       谷に本拠を移し越前を平定しました。
       以後、5代103年間にわたって越前の中心として繁栄。
       1573年織田信長に敗れ、朝倉氏は滅び、城下町も焼き討ちにあい
       灰燼に帰しました。              (※パンフレットより一部抜粋)

20124_161_2
20124_158 20124_153
一乗谷朝倉氏遺跡 「復原町並」

     遺跡の一角に「復原町並」(入場料:210円)がありました。
     武家屋敷や庶民の町屋が形成されていた様子が再現されています。

20124_151

     発掘された塀や石垣、建物礎石をそのまま使い
     柱や壁、建具なども出土した遺物に基づいて忠実に復原されているそうです。

20124_147
一乗谷朝倉氏遺跡 「復原町並」

20124_156
一乗谷朝倉氏遺跡 「復原町並」

20124_155
一乗谷朝倉氏遺跡 「復原町並」

     復原町並には、こんなお兄さんもいらっしゃいました。
     「写真撮らせていただいてもいいですか?」 「ハイ!一枚!ありがとうございました」

20124_172
20124_179 20124_175_3
唐門と淡墨桜 ※小さい写真はクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。

     朝倉氏の遺構ではなく、朝倉義景の菩提を弔うために建てられた松雲院の寺門。
     豊臣秀吉が朝倉義景の菩提を弔うために寄進したと伝えられているそうです。
     門内の上部には朝倉家の紋「三ツ木瓜」(小さい写真、左側)と
     豊臣家の「五三の桐」(小さい写真、右側)が刻まれています。

20124_177
淡墨桜

     樹齢百数十年の淡墨桜だそうです。

20124_191
義景館跡と館跡庭園

     一乗谷朝倉氏遺跡には沢山の桜の木が植えられていました。
     まだ、蕾でしたが満開の頃はさぞや美しく、大勢の花見客で賑わいそうです。^^

20124_182
義景館跡と館跡庭園

20124_195
道路跡

     今回、観光したのは一乗谷朝倉氏遺跡の極一部だそうで
     隅々まで見て周ると6時間以上かかるそうです・・・・・^^;

  この後、佐々木小次郎が秘剣「燕返し」を身につけたとされる「一乗滝」へ向います。
  次回更新は4月24日頃を予定しています。
  19日より3~4日???留守にします。よろしくお願い致します。m(_ _)m

                                               つづく

                                           ※観光日:2012年4月15日(日)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               コナラプロジェクト
                               コナラの樹を守りたい!

1191415_018_2

                       命の危機にあるコナラを守るための募金活動です。
                           ご協力、よろしくお願い致します。  
                   ※詳しくは
「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。

             ☆募金報告・・・2012年3月24日現在の募金額 124,100円です。☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 越前大野『矢ばなの里』 | トップページ | 一乗滝(福井県) »

北陸」カテゴリの記事

コメント

またまた懐かしや一乗谷。
福井にいたころ、遠足で何度か行っております。
こんなに綺麗ではありませんでした。
今思えば石垣や石塀の後のあるぼこぼこした草地。
朝倉一族の遺跡と言われても興味も知識もなく、「地味~」と文句言ってたような気がします。
綺麗に整備・復元されてるんですね。
御紹介ありがとうございました。

バンジー様

そうでしたか。遠足で行かれているんですね。
地元の歴史を学ぶために遠足に連れて行くのでしょうが
おっしゃるように、子供さんには地味~な場所に感じますね。^^;
でも、良いところですね。私、好きですよ。^^

例の白いお父さん犬のCMのひとつは此処で撮影されたそうですね。
今ならそういったことも説明すれば子供さんは喜びそうです。^^

福井県も奥が深そうで、見どころ一杯。
まだまだ、知りたい、見たい、福井県です。
ありがとうございました。


綺麗に復元された遺跡ですね。
戦国時代にタイムスリップし気分を変えてソゾロ歩くのも良いでしょうね。

行ってらっしゃい

よし坊様

ただいまです。昨夜10時頃に帰って来ました。
今回、行った場所の中の一箇所は、
よし坊様が行かれたところでブログに載せられおられたところです。^^

朝倉氏遺跡は6~7年前に川が氾濫し、
被害を受け長い期間行く事ができなかったのです。
皆さんの努力で、此処まで綺麗に整備されなおされました。
散策して周るのには歴史もあり長閑な雰囲気でよかったです。

ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一乗谷朝倉氏遺跡:

« 越前大野『矢ばなの里』 | トップページ | 一乗滝(福井県) »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ