« 「旅49-6」 新雪の朝 | トップページ | 「旅49-8」 ここでも日帰り温泉! »

2012年1月30日 (月)

「旅49-7」 森の七福神めぐり

111231_12123_354
つたや季の宿「風里」にて・2012年1月2日午後

     朝から雪が降ったり止んだりしています。
     空は青空でも雪が舞っている状況です。

     開田高原の宿「つたや季の宿 風里」さんのキャッチコピーは“風の棲むふる里”
     そのキャッチコピー通りに今日は風が強いです。
     ピューピューと風の音が部屋にいても聞えてきます。
     いわゆる「御岳おろし」の風です。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。         

111231_12123_368
風里さんの庭と森

111231_12123_372

     昨年のお正月よりツララも小さいです。やはり暖かいのでしょうか?
     屋根にかけてあるハシゴの変形のような物はツララを落とす物らしいです。
     ツララ落としのハシゴと屋根はワイヤでつながれていて
     ハシゴをガラガラとスライドさせツララを落としていくそうです。

111231_12123_373

     日中の暖かな陽射しでツララが融けていっています。 ポタリ・・ポタリ・・・

111231_12123_376

     風里さんの庭と畑側から見た宿の建物です。
     左側1階の大屋根部分がレストラン。
     レストランの2階部分が露天風呂付客室です。が12月から3月末までは
     部屋の露天風呂は使えません。
     なぜなら配管等が凍結するからだそうです。

     庭に張られているネットはウサギ避け。
     このネット内、雪の下には菜の花が植わっていて、花を咲かす春を待っています。

111231_12123_379

     初詣のかわりに、福を授かろうと「森の七福神めぐり」に出かけました。

041_2

     風里さんには上のマップが用意されており、庭から「森の七福神めぐり」へ
     行く事が出来ます。

          【七福神】
     江戸時代末期にはじまったらしいが、福の神を信仰することは室町時代頃から
     広まっていったといわれている。
     当初は恵比寿・大黒の2神を祀ることから始まり、徐々に他の神様も加わって
     室町時代の末には「七福神」が出来上がった。
     七福神は仏教の経典にある言葉
     ※「七難即滅(しちなんそくめつ)、七福即生(しちふくそくしょう)」に基いているとか・・・。
     ※の意味:七つの災いをのぞき、七つの福を生ずる。     

111231_12123_378
111231_12123_381 111231_12123_382
111231_12123_383 111231_12123_384
111231_12123_385 111231_12123_386
※小さな写真はクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。

     静かな森の中に神様は祀られています。
     「今年も一年、無事過せますように、福が訪れますように・・・。」

     森の中は、鬱葱としうす暗いのかな?と思っていましたが
     陽が射せば木漏れ日に真っ白な雪がまぶしい程でした。
     木々が風をさえぎってくれるためか、寒さも感じませんでした。

111231_12123_401
※写真をクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。

     木曽馬の里へ出ると旋風。
     地面の雪が渦を巻くように舞い上がっています。
     雪の渦がアチラコチラに発生しています。

111231_12123_410

     天候はめまぐるしく変わり雪雲がまた流れ込んできました。

111231_12123_422

     夕暮れ時、茜色に染まる御嶽山を待ちましたが雲に阻まれ
     御嶽山の夕焼けは見られませんでした。

111231_12123_446_2

     同じ宿で三泊は長く感じるかな~っと思っていましたが
     あっ!という間に時間は過ぎていきました。
     今回の旅ラストの夜、美しい星空を眺めながら時を過します。

                                               つづく
                                       ※旅行日&撮影日:2012年1月2日(月)午後

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               コナラプロジェクト
                               コナラの樹を守りたい!

1191415_018_2

                       命の危機にあるコナラを守るための募金活動です。
                           ご協力、よろしくお願い致します。  
                   ※詳しくは
「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。

             ☆募金報告・・・2012年1月30日現在の募金額 114,100円です。☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 「旅49-6」 新雪の朝 | トップページ | 「旅49-8」 ここでも日帰り温泉! »

開田高原」カテゴリの記事

Photo」カテゴリの記事

コメント

雪が当たり前の季節の束の間の晴れ間から覗く青空は綺麗ですね〜。
雪の白さとのコントラストも面白いです。
新年早々の七福神巡りで身も心も清められた事と思います。

以前のペースに早く戻られる事を願っております。

1月2日。 和やかな時をお過ごしになられたのですね。

お父様が良くなられたら、お母様とご一緒に 開田高原でゆっくりされるのも ありでしょうか?
大自然に囲まれ 生命力みなぎる風景を見れば 元気をもらえそうな場所ですものね。

今日からまた寒さが厳しくなりそうです。

足腰を冷やさず、また風邪には十分気をつけてくださいね。 

よし坊様

青空の下で見る雪景色は本当に美しいです。
森の七福神巡りがあることは知っていましたが今回初めて巡ってみました。
建物ひとつない森の中の神様に手を合わせると
おっしゃるように心身共に清められた気がします。
もうすぐ節分。その頃には良い知らせと共に以前のペースに戻れると信じています。
根拠のない確信ではあるのですが、
信じることが大切と自分に言い聞かせています^^;
何時も優しいお言葉をありがとうございます。
ありがとうございました。^^

shinmama様

そうですね。一度、両親に開田高原を見せてあげたいです。^^
歩く事が大好きな両親はきっと喜んで木曽馬の里の散歩に出かける事と思います。

父は春になったら母と二人だけで温泉旅行に出かけたいと言っています。
親子であっても夫婦のお邪魔虫になりたくないので
とりあえずは、夫婦旅優先となりそうです^^;

ありがとうございます。
お洒落より暖かさを重視したコロンコロンファッションで出かけます。
何時も気にかけていただき ありがとうございます。^^
ありがとうございました。

こんばんは、ニャンさん。

初詣代わりに、七福神めぐり、きっとご利益があると思います。
七人の神様へのお参りは、絶対力強だと思います。(笑)
私も、その道に迷い込んだことがあります。^^;
そば畑の方から、知らずに入って行ったら、ありました「福禄寿様」が、
そして、「布袋様」「寿老人」・・、しかし、家宅侵入罪になってしまいそうで、
あわてて、引き返しましたが・・。^^;
今年は、末川の「熊野神社」が、私の初詣でした。

>「つたや季の宿 風里」さんのキャッチコピーは“風の棲むふる里”
そうでしたか、春から秋の、長閑で爽やかな風ならよいのですが、
北風ピューピューは、残念でした。

でも、ツララをとる装置、面白いですね。
初めて、知りました。

ガマズミの実、つたやさんにもあるんですね、
綺麗で、力強い感じがいいですね。

またまた寒波のようです。
どうぞ、アルコール消毒も怠りなくなく!(笑)
つたや新発見、ありがとうございました。^^

 森の中の七福神めぐり、
 どんな願い事も叶えてくださりそうですね。
 私も、ニャン様のお写真経由でひとつお願いしてみようかな・・・
 なんて、手を抜いちゃいけない、いけない。
 やっぱり自分の足で巡らなくちゃね。
 次回風里さんに伺うときは私もぜひ!(^^)!

 赤い実、たしか ミヤマカンボク と風里さんのスタッフに教えてもらいましたが、
 まだ枝に残っているんですね。
 ということは、鳥にもあまり美味しくないんでしょうね。

 ニャン様が少しずつ落ち着かれているご様子が
 ブログの雰囲気からも感じられて、良かったです。
 冬来たりなば春遠からじ。
 もうちょっとですね。

moo様

おはようございます。
今朝の京都は久々の良いお天気です。^^

七福神さまのご利益があると信じたいと思います。
あの森は風里さんの敷地なのか?はたまた別の方の敷地なのか?
迷うところですね・・・・^^;
末川に「熊野神社」があるんですか?次回は是非行ってみないといけませんね。^^

高原の風は爽やかで気持がいいですが、冬はつらいです、、、、
部屋で風の音を聞いていると “風の棲むふる里” なるほどでした。

昨夜はアルコール消毒が効きすぎたようで8時頃に寝ちゃいました。(笑)
それでも、今夜もアルコール消毒です。^^
もう少ししたら落ち着けそうです。よろしくお願い致します。
何時も本当にありがとうございます。
ありがとうございました。^^

うつきよう様

次回風里さんへ行かれたら、是非、七福神巡りをしてみてください。
季節は新緑の美しい5~6月頃が良いかと思います。
あの森の風里さん側に一本の桜の樹があります。
山桜なのか?かまくら桜なのかはわかりませんが5月の上旬から中旬頃に咲きます。^^
華奢な桜ですが、枝振りのいい桜で綺麗ですよ。^^

あの赤い実はきっと不味いのでしょうね・・・^^;
鳥もなかなかのグルメですね。

ありがとうございます。
ご推察通り、少しずつ落ち着いてきました。^^ 春近し!という感じです。^^v 
今、本音を言えば「のんびりしたい!!」気分ですが、もう少し頑張ります。
何時も励ましていただき、ありがとうございます。
ありがとうございました。^^


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/43798085

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅49-7」 森の七福神めぐり:

« 「旅49-6」 新雪の朝 | トップページ | 「旅49-8」 ここでも日帰り温泉! »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ