« 「旅49-1」 中山道「福島宿」前編 | トップページ | 「旅49-3」 大晦日の残照 »

2012年1月 9日 (月)

「旅49-2」 中山道「福島宿」後編

111231_12123_044
福島宿「上の段」(うえのだん)

     旧宿場に残る古民家の町並み。
     江戸情緒の袖卯建(そでうだつ)や千本格子(せんぼんごうし)。
     なまこ壁の土蔵と良い風情です。

     この日は、そう寒いとは感じませんでしたが水場には氷が・・・・。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

111231_12123_520

     上の段には古民家を活用したお店が並んでします。
     上の写真もその一軒です。
     古民家の雰囲気でイタリアンも良いですね。

111231_12123_522
※写真をクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。

111231_12123_060_2

     上の写真は「馬宿小路」の街灯です。

111231_12123_527_2

     ↑ 上の段坂にある「高札場」だそうです。

     ※「高札場」(こうさつば)とは・・・
           幕府や領主が決めた法度(はっと)や掟書(おきてがき)などを
           木の板札に書き、人目をひくように高く上げておく場所。

111231_12123_046_2

     大通寺へ続く寺門前小路には「なまこ壁」の土蔵が並んでいます。

111231_12123_053

     ↑こちらが大通寺さん。
     大通寺鐘楼門は木曽町に現存する木造建築としては古いものの一つだそうです。

111231_12123_054
※写真をクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。

111231_12123_065
行人橋歩道橋

111231_12123_062_2
※写真をクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。

111231_12123_539
行人橋歩道橋

111231_12123_543

     ↑ 木曽川と崖家造りの家が建ち並んでいます。
     谷あいの限られた土地を生かした家並みなんですね。
     でも、大雨で川が増水することは無いのでしょうか?少し怖い気がします。

111231_12123_541

     ↑ 「荒城の月」の石碑とその上に見える木造の建物は教会???
     ちょっと気になったので写真を撮りました。

111231_12123_528
喜又橋

111231_12123_529

111231_12123_531
藪裏清水

     一段目の水桶は飲み水。二段目の水桶は野菜洗いだそうです。
     今は観光用なんでしょうね???

111231_12123_532
藪裏清水

111231_12123_546
111231_12123_547 111231_12123_549
※小さな写真はクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。

     木曽福島駅のすぐ側に「御嶽教木曽大教殿」がありました。
     御嶽山登山をする方が参拝されるのでしょうか?
     我が家は登山はしませんが、何時も美しい御嶽山を見させていただいているので
     お参りしました。

     木曽福島は自然の地形に沿った町並みなので高低差があり坂道が多いです。
     中央アルプスの雪山が見え隠れし、木曽川に沿うような古い町並み。
     歩いた距離以上に疲れましたが、とても雰囲気の良い町並みでした。

                                          開田高原へつづく
                                ※観光日&撮影日:2011年12月31日(土)・2012年1月3日(火)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               コナラプロジェクト
                               コナラの樹を守りたい!

1191415_018_2

                       命の危機にあるコナラを守るための募金活動です。
                           ご協力、よろしくお願い致します。  
                   ※詳しくは
「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。

             ☆募金報告・・・2011年12月31日現在の募金額 109,100円です。☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 「旅49-1」 中山道「福島宿」前編 | トップページ | 「旅49-3」 大晦日の残照 »

甲信越」カテゴリの記事

風情ある町並み」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

いやぁ~!歩いてみると、いろいろあるんですね~!
今日は、なんだか、ニャンさんのガイドで、
木曽福島を観光している気分です。^^;
私は、銀行・和菓子屋・郵便局・スーパー・・・生活の場以外
歩いたことがありません。(>_<)

でも、私も気になっている、
ニャンさんもお気づきの、川沿いの家(3階建て?)は、
増水時、ハラハラものでしょうね。

福島、ご案内ありがとうございました。^^;

P.S 今度、名古屋へ行った際は、味噌カツ弁当探してみます。^^;

moo様

こんにちは。
お粗末なガイドでお恥ずかしいです^^;
そうなんです。ゆっくり歩いてみると歴史のある良い町並みで
見所が沢山あることに正直 驚きました。

スーパーも見てきました。^^
将来、開田から此処まで買物に通う日がやってくるかもしれないので
下見してきました。
各地にある大型スーパー。お肉や魚は余り値段が変わりませんでしたが
お野菜は京都の同じスーパーより安かったです。
それにお魚やお寿司は富山の物が多いんですね。^^

あの川沿いの家は独特の雰囲気でよいですね。
でも、大雨が怖いね!と夫とも話しながら見てました。

教えて頂いた「芳香堂」さん。四季の和菓子しっかりメモさせていただきました。
特に春の「ほうば巻」は絶対 食べてみたい和菓子です。
教えていただいてありがとうございます。

ありがとうございました。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/43628899

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅49-2」 中山道「福島宿」後編:

« 「旅49-1」 中山道「福島宿」前編 | トップページ | 「旅49-3」 大晦日の残照 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ