« 「旅48-8」チャオ御岳から平湯大滝 | トップページ | 「旅48-10」 福地温泉パートⅡ »

2011年11月15日 (火)

「旅48-9」 福地温泉パートⅠ

11101617_614
福地温泉

   岐阜県高山市・奥飛騨温泉郷に位置する「福地温泉」が今日の宿泊地。
   標高約1000mの山間で宿は全部で13軒。
   とても静かで趣きある温泉地です。

   福地温泉の一番の魅力は何と言っても温泉の良さ。
   そして秘湯的な雰囲気に、何処となく懐かしさを感じる風景が魅力です。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

11101617_611
元湯 孫九郎

     私達が宿泊した お宿は「孫九郎」さんです。

11101617_643

     「フロント」と言うより「帳場」という雰囲気ですね。

11101617_610

     ロビーには いろり 益々秘湯ムード漂いワクワクします。

11101617_601
11101617_597_2 11101617_596

     ドアー前の提灯には部屋番号が書かれています。
     提灯に灯がはいれば 一寸小粋な廊下に変身?

11101617_593_2
11101617_590 11101617_591

     私達の部屋は「天領館」3階。部屋の広さは12畳+踏込
     眺望は、ドンと山が目の前に見えます。

11101617_599
3階廊下からの眺望

11101617_603_2

     いろりの前で夫はコーヒーを私は奥飛騨のトマトジュースを・・・・・
     いろりの火を眺めていると ゆったりとした時間の流れを感じます。
          とまとジュースは「奥飛騨新鮮村とまとジュース」
          奥飛騨、高山市上宝の“桃太郎トマト”を搾った無添加、無着色のジュース。
          トマト特有の酸味がなく、甘くてさらっとした とても美味しいトマトジュースでした。
          これはオススメです。^^

11101617_624
平湯川

     “秋の日は釣瓶落とし” 山間なら尚更の事、暗くならないうちに散歩に出かけました。

11101617_630

     山には日が射していますが福地温泉は山影となり
     薄暗くなった中でもモミジの紅葉が存在感を現しています。

11101617_632

     宿の浴衣を着た方々ともすれ違い温泉地ならではの風流さ。

11101617_640

     散歩から戻ると街灯に灯がともり、落葉が風にカサカサと音をたて
     秋ならではの雰囲気がステキです。

11101617_646

     夕日に照らされた山の紅葉は美しい彩り。
     さすがに冷えてきました。
     夕食前に温泉に入ります。
     温泉(大浴場・露天風呂)は次回のブログでご紹介させていただきます。

11101617_651
11101617_652_2 11101617_655_3
11101617_657 11101617_653
11101617_659 11101617_660
11101617_661_2 11101617_662
11101617_663 11101617_666_2

     食事は本館1階のお食事処(広間)で。
     お料理は山の幸、川の幸、そして飛騨牛などを使った奥飛騨の味を「炉端会席」で。

     炉端(遠赤ガス)では、岩魚の塩焼き、五平餅を焼きながらいただきます。
     できれば炭の炉端の方がより風情もあり良いのになぁ~とは私の感想です。
     岩魚の塩焼きの美味しかったこと。^^
     夫は手作りの五平餅が一番のお気に入りでした。

     お刺身はマス、岩魚、ナマズ。
     ナマズは淡白な味でクセもないですが、一寸苦手です。^^;

     素朴な田舎料理ながら普段は味わう事が出来ない料理が並びます。
     こういった料理も旅先ならではですね。
     懐かしく、ほっとするお味で美味しかったです。

                                               つづく
                                           ※宿泊日:2011年10月19日(水)

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆☆☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       
                             『コナラプロジェクト』ご報告

                  「コナラプロジェクト」ページより一部抜粋させていただき掲載致しました。
                 詳しくは「コナラプロジェクト」をご覧いただきますようお願い申し上げます。

                                募金口座報告(11/14)

                   2011年11月14日午後2時現在の募金総額は67,100円です。
                        コナラプロジェクト募金、ありがとうございました!
                            月に2~3度は記帳して報告します。

                                       ☆

                                樹木診断報告書(9/28)

             2010年10月31日に樹木医さん4名が開田に来てくださってコナラを見ていただきました。
                                                    その時の診断内容をお知らせしたいと思います。
                                                               (報告書の文面を転記します)
                   ※診断内容の報告書は「コナラプロジェクト」のページをご覧下さい。
                    

                                    ☆☆☆

                       「コナラプロジェクト」 募金のお願い!!

1191415_019

                長野県木曽郡木曽町開田高原「木曽馬の里」にシンボルとも言うべき
                             コナラの一本木があります。
                        そのコナラの樹が今、命の危機にあります。
                   皆様のご協力によりコナラを助けていただけないでしょうか?
                    もし、ご賛同いただけましたら募金、よろしくお願い致します。

                  ※コナラプロジェクト募金活動は木曽町の了承をいただいています

      詳細は  「コナラプロジェクト」 (リンクさせていただいています)でご確認、よろしくお願い致します。

                              【郵便局からの振込先】
                 (記号)11100 (番号)24148811 (口座名義)ニノミヤ カズトシ

                     【銀行などの金融機関からの振込先】
                          (店名)一一八(読み イチイチハチ)
          (店番)118 (預金種目)普通預金 (口座番号)2414881 (口座名義)二宮 和年

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆☆☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 「旅48-8」チャオ御岳から平湯大滝 | トップページ | 「旅48-10」 福地温泉パートⅡ »

宿泊記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

東海」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

 福地温泉いいですねぇ・・・
 「お湯がとてもいいから」 とJTBさんで薦めてくださったのを思い出します。
 お風呂のご紹介が楽しみです(^^♪

 モミジの向こうに輝く山がちらりと・・・
 光と影が織りなす短い秋の日の、ちょっとセンチメンタルなひとときが感じられて素敵ですね。

 ナマズのお造り、
 奥飛騨温泉で以前いただきました。
 ニャン様は苦手でらっしゃいますか?
 私は結構いけました(^^)
 私も炉端なら炭がいいなあ、と思います。
 あとの始末とか、きっと大変なんですね。
 「心づくし」 という言葉がぴったりくるような、いいお料理ですね。
 ほっこりあたたまりそうです。

うつきよう様

今晩は。
いつもならとっくに寝ている時間ですが(pm10:50)
今日は夫が出張から帰ってくるのを待っています^^;

福地温泉良い雰囲気ですよね。
秋の風情を楽しむのにも、良い温泉地だと思います。^^

飛騨では、ナマズのお刺身は一般的なようですね。
やはり、お召し上がりになられましたか・・・。
ナマズと聞くとやはり姿を思い浮かべてしまいます、、、、^^;
でも残さずいただきました。
炉端はやはり炭の方がいいですよね。よかった~。
お料理でほっこりあたたまり、更にアルコールでもあたたまり
朝までぐっくすり眠ることが出来ました。

ありがとうございました。^^


 なまずのお刺身は、まだ経験がありません。

 こういう時 なまずの姿を思い浮かべてはいけないのでしょうね。(笑)

 宿泊されたお宿をHPで拝見しました。

 奥飛騨温泉も いつか行きたいと思っている 憧れの場所ですので、メモメモさせていただきました。

 温泉、、、、、いいなあ。

shinmama様

そうです。姿を思い浮かべると箸が止まってしまいます、、、^^;
思い浮かべる前に食べきってしまってください。

福地温泉の宿は、今回の旅館タイプが主流です。
以前、宿泊した宿も いろり がありました。
何処も趣があり秘湯気分を味わえます。^^

新穂高や乗鞍などへ行かれるのにちょうど良いかと思います。
お湯は最高に良いので、オススメです。
ありがとうございました。^^

雲もない上天気の中を走ったのですね。羨ましいほどの発色です。
平湯大滝周辺の紅葉は色数が多くて見応えがありますね。

そして孫九朗。
良いですね、キラキラチャラチャラしていない何とも風情のある宿です。良い所を見つけましたね〜。部屋に囲炉裏が有るんですか?末尾の囲炉裏には火消し壺らしいのが有りますから広間と部屋それぞれ囲炉裏が有る?敷皮は鹿か狸かイノシシか?
ウ〜ン面白い。

よし坊様

これぞ秋晴れ!という中、色彩豊かな紅葉を見ることが出来ました。
平湯大滝の紅葉、予想以上の色付きで最高に美しかったです。

お宿、良い雰囲気でしょ。
今流行の宿も良いですが、こういった風情のある宿も良いですよね。
残念なことに部屋には囲炉裏はありませんでした。
ロビーと大広間には囲炉裏があり火が入っていました。
食事の席が丁度、囲炉裏の側で冷え込む山の宿の事、暖かかったです。
敷皮は鹿と熊のようです。(熊皮は写真には写っていませんが、、、^^;)

福地温泉、夫も気に入ったようで「風情があってよかったなぁ~」と何度も言っています。^^
京都も急に冷え込みが厳しくなり、やはり温泉が恋しい季節です。
ありがとうございました。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/42815920

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅48-9」 福地温泉パートⅠ:

« 「旅48-8」チャオ御岳から平湯大滝 | トップページ | 「旅48-10」 福地温泉パートⅡ »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ