« 「旅47-1」丹後半島 | トップページ | 「旅47-2」丹後半島の海 »

2011年9月21日 (水)

「宿泊記30」昭恋館・よ志のや

1191415_229
1191415_230 1191415_235

間人(たいざ)温泉郷 「昭恋館・よ志のや」

     今夜のお宿は丹後半島間人です。
     間人は丹後半島の海に面した静かな漁師町です。
     冬は超高級ブランド蟹「間人ガニ」でも有名です。
     その間人の町と海を見下ろす高台に「昭恋館・よ志のや」さんは建っています。
     総客室数は13室の小さなお宿です。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

客室

1191415_042

     客室は8.5畳の和室で決して広いわけではありませんが
     窓から見える町並みと海の眺めがよく開放感があります。

1191415_040
客室からの眺望

1191415_046 1191415_044

                 部屋には浴衣とは別にパジャマがありました。
                 これは寝相の悪い私には大変ありがたいです。^^;

大浴場「昭恋の湯」

     私達が宿泊した日はキャンセルもあったらしく我が家一組だけの宿泊でした。
     大浴場は三階と四階にありますが、大浴場も貸切状態なので
     お二人でどうぞ!という訳で、この日は三階の大浴場を用意してくださいました。
     翌日の朝は四階の「ビードロの湯」です。

1191415_081

                    大浴場のドアのデザインもレトロな雰囲気です。

1191415_079
1191415_058 1191415_057

     脱衣所も木がふんだんに使われ時計もレトロ。
     そして脱衣用籠置き場もお洒落なデザイン&配置になっていました。

1191415_050

                      ステンドグラスのアクセントも素敵です。

1191415_056

     浴室内は、ちょっとしたリゾート気分になれる雰囲気。
     浴室の小さな庭は南国風。
     天井も高く開放的。
     こんな雰囲気の大浴場は初めての様な気がします。
     とても気に入りました。^^

1191415_076
1191415_053 1191415_054

     浴槽は写真では大きさが分りにくいかもしれませんが結構大きな丸い浴槽です。
     タイルはメキシカンタイルだそうでお洒落です。
     「昭恋の湯」は昭和30年代の雰囲気だそうですが、レトロ感もありながら
     新鮮さを感じる事もできる素敵な大浴場でした。

     お湯は熱からず温からずの丁度いいお湯でした。

夕食

1191415_106
食事処・個室からの眺望

      夕食は二階の個室で夕景を眺めながら美味しいお料理をいただきました。
      宿泊は我が家だけでしたが、地元の方の宴会のお客がおられました。

1191415_111
1191415_117 1191415_115

     JTBさんのプランでは、二種類の料理コースから選べるようになっていました。
     私達が選んだのは「地魚会席」です。(事前予約)
     ちなみにもう一種類は「カニ料理」でした。

     お刺身はノドグロ(赤むつ)、イカ、ウニ、サザエ、甘エビ、マグロ、アジ
     どれも新鮮で美味しかったです。

     先付け3品は、湯葉、アン肝、ツブ貝。
     実は二人揃って アン肝 が苦手、、、、、しかし、何で今まで苦手だったの?と
     思えるほど美味しかったです。

     冷酒は地酒です。^^ 言うまでもなくお酒があれよあれよと言う間に消えていきます。^^;

1191415_116 1191415_120_2
アナゴの笹蒸し                        しゃぶしゃぶ

        アナゴがとても柔らかく美味、お肉も柔らか、どんどん食べてしまいます。

1191415_126
1191415_131 1191415_135
キスの煮付け                        海鮮炭火焼

     キスは京都市内で売られている倍ぐらいの大きさ、しかも身もふっくら。
     海鮮炭火焼は、鮑(特選料理)、エビは地元ではシロエビと呼ばれているそうです。
     写真には写っていませんが、他にイカの一夜干し、万願寺とうがらしなどです。

1191415_137 1191415_138_2

             お料理は写真の他に、天麩羅、茶碗蒸し、御飯などでした。
             大満足の夕食でした。

1191415_142

     写真の中央辺りに見える灯りは漁火です。
     漁火が見えるというのは良いですね。漁火の風景、好きです。

1191415_143

     早朝の漁師町。
     港に灯る灯りも情緒があります。
     水平線に見える小さな灯り(写真右の上辺り)は底引き網漁の灯りだそうです。

              (※朝の散歩の様子は次回のブログでUP予定です。)

大浴場(露天風呂)「ビードロの湯」

     朝は四階のビードロの湯に入りました。

1191415_244

               三階の「昭恋の湯」とは、まったく趣の違う大浴場でした。

1191415_236
内湯

1191415_238
1191415_242_2 1191415_246_2

     露天風呂からは町並みと海が見え、長湯したくなるような気持ちのいいお風呂でした。
     お湯は、ちょっと温めでした。

1191415_254
食事処・個室からの眺望

                     今日も快晴!青い空と海が綺麗です。

1191415_252

     朝食の炭火焼の子持カレイの美味しかったこと。^^
     ノドグロの昆布〆に手作り豆腐、今朝も美味しくって食べ過ぎたようです。^^;

1191415_089
1191415_258_2 1191415_257

     朝食の後、一階でカフェオレを飲みながらくつろぎました。
     近所のおばあちゃんがお孫さんを ねんねこ で背負いお散歩中。
     ねんねこ姿も近頃では見ることも少なくなりましたよね。
     とても懐かしくほんわかとした気分になれた気がします。

     心和む居心地のとてもよいお宿でした。

                                               つづく

                                           ※宿泊日:2011年9月14日(水)

                                     ☆☆☆

                        「コナラプロジェクト」 募金のお願い!

1191415_019

                 長野県木曽郡木曽町開田高原「木曽馬の里」にシンボルとも言うべき
                              コナラの一本木があります。
                         そのコナラの樹が今、命の危機にあります。
                    皆様のご協力によりコナラを助けていただけないでしょうか?
                     もし、ご賛同いただけましたら募金、よろしくお願い致します。

                   ※コナラプロジェクト募金活動は木曽町の了承をいただいています

    詳細は  「ほろ酔い気分 開田高原フォト日記」  (リンクさせていただいています)でご確認、よろしくお願い致します。
     (※2011年9月14日の記事とバックナンバーにて2011年7月20日の記事をご覧下さい)

                               【郵便局からの振込先】
                  (記号)11100 (番号)24148811 (口座名義)ニノミヤ カズトシ

                     【銀行などの金融機関からの振込先】
                          (店名)一一八(読み イチイチハチ)
            (店番)118 (預金種目)普通預金 (口座番号)2414881 (口座名義)二宮 和年

                                    ☆☆☆

« 「旅47-1」丹後半島 | トップページ | 「旅47-2」丹後半島の海 »

京都散策と京都の話」カテゴリの記事

宿泊記」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

台風が吹き降り荒れていますが、そちらは大丈夫ですか?

こちらは、今のところ大丈夫です。
今日、買い物予定でしたが、中止にしました。
それと言うのも、昨日、把の沢の国道脇から土砂崩れ、
道の片側を塞いでしまったのを見たからでもあります。

いやぁ~!良い宿ですね~!
さり気なく網の上に乗っているのは”松茸”!!??
エビもアワビも美味しそうです。^_^;
キスの大きいこと!
また、アナゴもふんわり、美味しそう!
その他、もろもろ・・・・・ため息。。

レトロでもふところが気になりますが、
友達誘って、行きたくなりました。

丹後のレトロモダン、ありがとうございました。^_^

moo様

こんにちは。
ありがとうございます。此方は大丈夫です。
台風はお昼前?に通り過ぎたようで今は少し太陽も覗いています。

開田高原も今のところ大丈夫!とお聞きして安心しました。
でも国道で土砂崩れがあったんですね、、、、。
これからの雨の降り方が心配ですが、どうぞお気をつけ下さい。

はい!さりげなく網にのっているのは松茸です。^^
松茸もこんな機会でもなければ、なかなか口に入りません、、、、
さすがに漁師町、お魚は新鮮でお味も良かったです。
とくにキスは大きくってビックリしました。

のんびり漁師町の風情を味わうのにいいお宿だと思います。
レトロモダンのお風呂も良かったです。
それに、朝焼けの町や夕焼けの町、漁師町ならではの雰囲気もあり
あっちこっち撮影したくなります。^^
是非、丹後半島へもおいで下さい。^^

ありがとうございました。^^

わーーーー、 今回も 素敵なお宿に すごいご馳走です。
きゃーーーー、 このお料理では 地酒もすすみますね。

それにしても 食欲をそそる写真だこと、、、さすがにニャン様です。
アルコールを 注入しながら これほど写せるとは、、、、おそれいりました。 

お風呂も 入りたい放題、写したい放題だったんですね。

期待を裏切らない ニャン様に拍手です!!!!

 間人は温泉もあるのですね!

 お宿の名前を見たとき、ひょっとして・・・と思いましたら、 やはり昭和の香りが立ち上りますね。
 レトロモダンとはこのお宿のためにあるような。
 なんとも素敵です。

 お魚の新鮮でおいしそうなこと!
 海辺のお宿はいいですね~。
 朝食のカレイとノドグロの昆布締め、わあ、食べた~い。

 丹後半島がますます魅力的になってきました。
 超高級ブランドの間人蟹は夢のまた夢として、
 一度は行って新鮮な海の幸を味わわなければ! ね!

 

shinmama様

褒めの言葉、ありがとうございます。^^

ついつい食べることに熱中して写真を撮ることを忘れがちですが
「写真、撮るんやろ」と夫に言われ、慌てて写真を撮る事も少なくありません。
ましてやアルコールの注入量が増えるごとに、その頻度はまします、、、、^^;

お風呂の入りたい放題、写りたい放題!というのは嬉しいです。^^
お風呂の雰囲気がとてもよくって、長湯になってしまいました。
これからの季節、やはり温泉は良いですねぇ~。

昨日から涼しくなり秋本番に一歩前進の京都です。
ありがとうございました。^^

うつきよう様

近畿地区以外はあまり知られていません?が
丹後半島は結構、温泉があり日帰り入浴施設も数件あります。
丹後半島(天橋立を除く)で一番大きな温泉街は「夕日ヶ浦温泉」です。
夕日ヶ浦温泉は比較的大きな旅館もありますが
そのほかの地域の温泉旅館は、小じんまりした旅館が多いです。
間人温泉郷もそんな温泉旅館です。^^

「よ志のや」さんは、想像以上にレトロモダンの雰囲気も良く
お料理もとてもよかったです。♪
あの朝食のカレイ美味しかったです。カレイだけで御飯二膳は食べられます^^;

間人蟹は、まだ食したことがなく一度は・・・と思っていますが
なかなか叶わない夢のようです・・・^^;

是非、丹後半島の旅、おいで下さい。
ありがとうございました。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/41850299

この記事へのトラックバック一覧です: 「宿泊記30」昭恋館・よ志のや:

« 「旅47-1」丹後半島 | トップページ | 「旅47-2」丹後半島の海 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ