« 空日記 | トップページ | 「旅47-1」丹後半島 »

2011年9月16日 (金)

コナラプロジェクト(開田高原)

      長野県木曽郡木曽町開田高原「木曽馬の里」にシンボルとも言うべき
                 コナラの一本木があります。
            そのコナラの樹が今、命の危機にあります。

     皆様のご協力によりコナラを助けていただけないでしょうか!?
     もし、ご賛同いただけましたら募金、よろしくお願い致します!

049_2
2009年・春

コナラの現状

   コナラの樹は腐朽菌に侵され枯れ始めていて、幹も折れてしまいそうなほどに重症だそうです。
   樹木医さん(4名)に診察していただき、治療の見積りをしていただいたそうなのですが
   高額のため町からは予算がおりなかったそうです。残念です、、、

コナラプロジェクト

   この事を知ったとき、町の予算がおりないのなら募金を募る事はできないものなのか?・・・と思っていました。
   そんな中、開田高原で「コナラプロジェクト」(コナラの樹を守りたい!)が発足されました。
   2011年9月14日、コナラプロジェクトの募金活動に関して、町から了承していただけたそうです。
   ここにたどりつくまでの関係者の皆様のご苦労を思うと頭が下がる思いです。

  コナラを助けたい!そう思ってくださった方はどうか募金にご協力お願い致します!

                          ☆

                   郵便局からの振込先
   (記号)11100 (番号)24148811 (口座名義)ニノミヤ カズトシ

                銀行などの金融機関からの振込先
               (店名)一一八(読み イチイチハチ)
(店番)118  (預金種目)普通預金  (口座番号)2414881  (口座名義)二宮 和年

                                   

             詳細は下記HPでご確認いただきますようお願い致します。
                  

            「ほろ酔い気分 開田高原フォト日記」
              (リンクさせていただいています。)

 ※「ほろ酔い気分 開田高原フォト日記」の
   2011年9月14日(水)とバックナンバーにて2011年7月20日(水)の記事をご覧下さい。

                
            

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

   国道19号線、木曽福島から国道361号線へ入り
   新地蔵トンネルを抜けると開田高原です。

   そして更に国道361号線を高山方面へ向うと「霧しな」という蕎麦処があります。
   その「霧しな」の直ぐ横の道を左折。
   後は道なりに行くと突然目の前が開けます。そこが木曽馬の里です。

046_2
2009年・春

   初めて開田高原を訪れた時、季節は春、突然開けた目の前には緑の芝生広場・・・。
   「うわぁ~すご~い!綺麗!」というのが木曽馬の里の第一印象でした。
   そしてその奥のブルーベリー畑に囲まれた小さな丘に
   ちょっと小首を傾げたような一本の樹が見えました。その樹が「コナラの樹」でした。
   雄大な御岳山を背景に堂々と!と言うよりは、何処かしら愛嬌がある姿をしたコナラの樹。
   私はひとめで、この樹が好きになりました。これがコナラとの出会いでした。

201071713_2
2010年・夏

   コナラとの出会いから7~8年?の年月が過ぎていきました。
   開田高原が大好きになり、コナラにも会いたくて年に何度か通っています。

   初めてコナラに出会った頃は、コナラの樹の真下まで行けたのですが
   何時頃からか?コナラの周りにロープが張られるようになり、
   立ち入り禁止となっていました。
   その頃からコナラは病魔に侵されはじめていたのですね、、、、。

201071710
2010年・夏

048
2009年・秋

200912194
2009年・冬

   コナラはこの小さな丘で開田高原をず~っと見つめてきたのです。
   季節は優しいばかりではありません。
   大雨や風の強い日、冬には氷点下の日も開田高原では珍しくはありません。
   そんな時でもコナラは、圧倒的な存在感を示しながら
   季節の営みと共に生きてきたのです。

029
2011年・冬

058
2011年・冬

   私は今年の冬、コナラは無事冬を越す事が出来るのだろうか?と
   心配でなりませんでした。
   しかし、コナラはこの冬を懸命に生き抜いてくれました。

1191415_018
2011年8月24日撮影

   コナラは今も病魔に侵されながらも懸命に生きようとしています。

   「ほろ酔い気分 開田高原フォト日記」で二宮様が書いておられるように
   皆様のご協力によりコナラプロジェクトの募金活動が広まっていく事を
   心から願っております。

   コナラを助けてください!  守ってください! 
                ご協力、よろしくお願い致します m(_ _)m

                                                   ニャン

« 空日記 | トップページ | 「旅47-1」丹後半島 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

開田高原」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ニャンさん。

ご旅行、お疲れ様でした。

まずは、「コナラプロジェクト」にびっくり!

募金活動を町が了承、ということは、
関係者の熱意が伝わったのでしょうね。
「樹木医」さんの治療で、元気になるものなら、
寿命を全うするまで、元気でいて欲しいと思います。

木曽馬の里の象徴、ですものね。
まだまだ、元気な姿でいてほしいですよね!

早く、具体的に、治療が始まることを祈っています。

 お帰りなさいませ~。
 以前、信濃毎日新聞でコナラの記事を見てから
 その後を気にしていました。
 なんとか頑張っているのですね。
 皆さんの想いがコナラのカンフル剤になるようにと、
 願ってやみません。

 コナラと離れてしまうのですが・・・

 出ましたよ~~!! 松茸! (我が家にはまだ到来していないのですが・・・)
 二日続けて長野県のTVニュースになりました。
 一日目は上田の松茸小屋からの中継。
 二日目はやっぱり上田の市場と、青木村の道の駅。
 例年より一週間早めですが、立派な松茸がたくさん出ているそうです。
 残暑も今週までなので、 今後も期待できそう! だそうです(^^)
 ニャン様~、 おいでくださ~い\(^o^)/

 明日から新潟です。
 帰ってからのブログ拝見楽しみに出かけて来ま~す。

moo様

おはようございます。^^
そして、ただいま~です。

募金活動をするといっても、いろいろ手続きや町の了承を得なければならいなど
結構、大変なんだなぁーと初めて知りました。
町から予算がおりない=募金活動できないのかなぁー?と
単純な思考回路の私などは思ってしますが、そう簡単な事ではないのですね^^;
おっしゃるように関係者の方の熱意が伝わったんですね。よかったです。^^

そうですよね☆ 
コナラに少しでも早く治療を受けさせてあげたいです。
そして、少しでも早く元気になって欲しいと私も願っています。^^

ありがとうございました。^^


うつきよう様

只今~~です。^^
ありがとうございます。
皆さんの思いがコナラを元気にしてくれると信じています。
一本の樹にこれ程までに思いいれのある木は私にとっては「コナラ」の樹と
京都円山公園の枝垂桜です。
枝垂桜は今年も治療を受け、枝が折れてしまわないように支えをしたりと
見ているとちょっと痛々しく可愛そうな程の姿になりましたが
今年も花を咲かせてくれました。
コナラも一日も早く治療を受けさせてあげて欲しいと願っています。^^

松茸でました~?良かったです。♪
10月に東京へ行く予定をしているので、
時間があれば是非、是非、行きたいです。^^

今日から新潟へご旅行ですか☆
新潟もいいですねぇー。新潟の何処へ行かれるのか?楽しみです。
私も新潟旅行記、UPされるのを楽しみにしています。
お気をつけて、いってらっしゃ~い。

ありがとうございました。^^

ニャン 様 こんにちは。

コナラプロジェクト拝見しました。
この樹木はニャン様の開田高原版ブログには必ずと言っていいほど登場している名木ですね。
さしずめ本ブログ上では、ニャンコナラの樹と言いますか、そのような特別な樹ですよね。
開田高原を見守り続けて何十年、もしかして、何百年になるのでしょうか。
木曽馬の駒吉君達も心配していることでしょうね。
何とか回復して元気を取り戻してほしいですね。

バックナンバーの傑作写真の数々に見とれるばかりです。
多くのコナラプロジェクト募金が集まりますよう、祈っています。

旅空の雲様

こんにちは。
ご覧いただき、ありがとうございます。^^

あちらの日記にもこちらのブログにも開田高原と言えば必ず登場するコナラちゃんです。^^
そうですね。コナラの樹は私にとって特別な樹のようです・・・ヾ(´ε`*)ゝ
コナラの樹齢は約210年だそうで移植したわけではなく
ず~っとあの丘で開田高原を見守り続けてきたそうです。^^
治療を受けてこれから先も開田高原を見守っていって欲しいです。

ありがとうございます。
コナラプロジェクトの募金の輪が広がっていく事を私も祈っています。

来週からのご旅行、お気をつけて行ってらっしゃいませ。
ブログ更新、楽しみにしております。
ありがとうございました。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/40913338

この記事へのトラックバック一覧です: コナラプロジェクト(開田高原):

« 空日記 | トップページ | 「旅47-1」丹後半島 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ