« 「宿泊記30」昭恋館・よ志のや | トップページ | 「旅47-3」 うそ~!? »

2011年9月22日 (木)

「旅47-2」丹後半島の海

1191415_144
丹後半島・間人(たいざ)にて 早朝

2011年9月15日(木)

     今日もとても良いお天気!
     昨夜は虫の音をBGMに熟睡。
     元気ハツラツ!恒例の朝の散歩に出かけます。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

1191415_147_2 1191415_220

     宿泊した旅館は高台にあります。
     散歩の目的地である間人漁港まで民家の合間を縫うように坂道が続いています。

1191415_216
間人漁港

             早朝ですが意外と漁港内はひっそりとしています。
             もう後1ヶ月半もすれば、この漁港も蟹で賑わうのでしょうね。

1191415_151

           日の出前、水平線近くは美しく染まり、お月様もまだ見えています。
           写真の左手の橋は「間人港大橋」です。

1191415_149_2

                    この船は昨夜漁に出かけたのでしょうか?

1191415_166

     船に二羽のカラスが仲良く止まっていました。
     写真を撮ろうとしたら飛び立ってしまいました・・・・
     どうやらデートの邪魔をしてしまったようです、、、、、^^;

1191415_168

                        もうすぐ日が昇りそうです。

1191415_170

                 港にある弁財天の防波堤まで登ってみました。

1191415_169

     波も穏やかに静かな朝焼けの時です。
     防波堤下の岩場では魚釣りをしている人の姿も見えます。

1191415_186

     山影から太陽が昇り始めました。
     「今日も一日、良い日でありますように・・・・」

1191415_195
朝日を浴びる小さな灯台?

1191415_197
弁財天

1191415_177
漁港から見た間人の町

1191415_221

     行きはよいよい、帰りは怖い・・・・・
     結構急な坂道、この坂を登りきらないと宿には戻れません、、、、、
     あ~しんど!

1191415_217
間人のマンホール

1191415_248
「昭恋館・よ志のや」さん客室からの眺望

                  さぁ~、そろそろ宿を出発しますか。
                  今日も暑くなりそうです。
                  間人から海岸線のR178を伊根の舟屋へ向けドライブです。

1191415_261
丹後半島・屏風岩

     真っ青な空と海、稲の輝きも立ち昇る煙も屏風岩も一体となり
     とても美しい風景です。

1191415_264

     見てください!この美しい海!
     丹後の海は透明度もよく本当に綺麗です。

1191415_268
丹後半島・袖志の国道178号線

     日本の棚田100選にも選ばれている袖志(そでし)。
     袖志の棚田を見ようと思っていましたが、あまりの暑さに登る前に降参です、、、^^;
     国道のガードレールには稲藁が干されていました。

1191415_272
丹後半島・袖志

   袖志の山手には棚田。
   海岸線には小さな漁村があります。
   国道脇にイカが干されていました。イカのカーテンのようです。
   浜にはカモメが沢山居ますが、カモメにイカを取られてしまうことはないのでしょうか??

1191415_275
カマヤ海岸

1191415_274
展望台にて蒲入漁港を望む

              間人からカマヤ海岸まで美しい海の風景を満喫しました。

                                                つづく

                                           ※旅行日:2011年9月15日(木)

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆☆☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                                   『お知らせ』

      先日より皆様のご協力をお願いしている「コナラプロジェクト」のページが開設されました。
              こちらから⇒ 「コナラプロジェクト」 をご覧下さい。
        
※このブログのサイドバーお気に入りブログ・リンクからも「コナラプロジェクト」をご覧いただけます。

                                    ☆☆☆

                       「コナラプロジェクト」 募金のお願い!!

1191415_019

                長野県木曽郡木曽町開田高原「木曽馬の里」にシンボルとも言うべき
                             コナラの一本木があります。
                        そのコナラの樹が今、命の危機にあります。
                   皆様のご協力によりコナラを助けていただけないでしょうか?
                    もし、ご賛同いただけましたら募金、よろしくお願い致します。

                  ※コナラプロジェクト募金活動は木曽町の了承をいただいています

      詳細は  「コナラプロジェクト」 (リンクさせていただいています)でご確認、よろしくお願い致します。

                              【郵便局からの振込先】
                 (記号)11100 (番号)24148811 (口座名義)ニノミヤ カズトシ

                     【銀行などの金融機関からの振込先】
                          (店名)一一八(読み イチイチハチ)
          (店番)118 (預金種目)普通預金 (口座番号)2414881 (口座名義)二宮 和年

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆☆☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 「宿泊記30」昭恋館・よ志のや | トップページ | 「旅47-3」 うそ~!? »

京都散策と京都の話」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

夏の早朝の散歩、良いですね~!
おまけに、潮の香!?でしょう!? 
そして、港風景、最高ですね!

畑も、海も、自然からの恵みを頂くところ、
言わば、自然と人間が交わるところ、だからでしょうか?
市場の雰囲気は、人がいなくとも、とっても好きです。

丹後の海は綺麗ですね~!
その美しさを、写真に上手に撮られていると思います。
白いイカと、青い空、青い海のコントラストも美しいです。ヽ(^o^)丿
一夜干しで、美味しいでしょうね~!
本当!カモメに取られないか心配。^_^;

青い潮の香をありがとうございました。^_^

moo様

今晩は!
すっかり陽が暮れるのが早くなりましたね。

暑い暑いといっても、さすがに9月半ば、朝夕は涼しく散歩するには
丁度いい気候です。^^
おっしゃるように潮の香も漂い、漁港ならではの風景でした。
mooさんも市場、お好きなんですね。同じくです。^^

ありがとうございます。
丹後の海は、本当に綺麗です。
人と共に生きる海?海と共に生きる人?とでも言うのでしょうか?
丹後半島には人々の暮らしが見えるような気がして好きです。
その共に生きる海を大切にしておられる気がします。

あのイカは美味しそうでした。
カモメの代わりに私が食べちゃいたいぐらいでした。^^;
そして青い空に白いイカがとても印象的でした。^^

何時もありがとうございます。^^

 きれいな空と海ですね。
 丹後半島には鳴き砂も何か所かあると思いましたが、
 この海ならあって不思議はない、と納得です。
 
 私もイカが目に焼き付いて・・・
 半干しくらいであぶって食べたらおいしいだろうな~

 海は生命のゆりかごですものね。
 そのせいでしょうか、
 美しい海の風景を拝見していたら、気持ちまで穏やかに澄んできた気がします。
 ありがとうございました。

うつきよう様

丹後半島の鳴き砂は「琴引き浜」が有名です。
夏は海水浴場として賑わいますが、鳴き砂を守るため
浜は全面禁煙で、そのほかにも禁止事項があります。
それに浜には国内外を問わず様々なゴミも流れ着きます。
その掃除も大変なようですが、
地元の方の努力により浜は海は守られているようです。^^

高校生の頃から慣れ親しんでいる丹後の海ですが
昔と変わらず美しく豊かな海で嬉しいです。

「よ志のや」さんでイカの一夜干しをいただきましたが絶品でした。
そのおいしさが蘇るようなイカ干しの風景でした。

何時もありがとうございます。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/41908126

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅47-2」丹後半島の海:

« 「宿泊記30」昭恋館・よ志のや | トップページ | 「旅47-3」 うそ~!? »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ