« 「旅46-1」秋雨前線と共に・・・ | トップページ | 「旅46-2」怪しい空模様ですが観光します。 »

2011年8月29日 (月)

「宿泊記29」早太郎温泉・和みの湯宿なかやま

11821222324_131_2

2011年8月21日(日)

     一時的に止んだ雨も駒ヶ根に着いた頃には又、降りだしました。
     今夜の宿は早太郎温泉「和みの湯宿なかやま」です。
     早太郎伝説と光苔でも有名な光前寺さんから徒歩数分のところに宿はあります。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

     宿の駐車場に車を止めようと思ったら、満車。
     宿の方の姿も出迎えてくださる様子もなく、仕方なく車を何処へ停めればいいのか?
     宿に聞きに入りました。
     尋ねると昼食の宴会が入っていて、もうすぐ終わるので・・・と言いながら一緒に駐車場へ。
     従業員の方が車を停めているスペースかな?と思われる所に
     「申し訳ありませんが此方に車を停めていただけますか?!」と言い残し、
     宿の方はさっさと宿に戻っていかれました。
     “あの~!もしも~し!荷物は運んでくださらないの?”心の中でつぶやく私・・・・。
     夫も憮然とした表情。宿選びは失敗だったかな?こんな時、不安になります。^^;
     そこへ一台の車が到着。荷物を持って宿へ行こうとしている私達に
     「いらっしゃいませ。申し訳ありません。お荷物、お持ちいたします」と荷物を運んでくださいました。

     そしてラウンジで信州林檎ジュースのおもてなし。(林檎ジュース美味しかったです^^)

11821222324_057
ライブラリー?

     チェックインも済ませ、客室へ案内される途中、
     先ほど駐車場所を指定された従業員の方が「先程は大変、失礼しました。」と頭を下げられました。
     分ってたのね。それなら まぁーいいか。という感じです。^^;

11821222324_121_2
露天風呂付客室「離れ佳日庵」専用下駄箱と通路

     宿の玄関でスリッパに履き替え、「離れ、佳日庵」へ行くには此処で再び用意された履物に履き替えます。
     スリッパは部屋の名前が書かれた専用下駄箱へ。

11821222324_049_2
露天風呂付宿泊棟「離れ佳日庵」

11821222324_050_2 11821222324_058
露天風呂付宿泊棟「離れ佳日庵」廊下

11821222324_042_2
11821222324_030 11821222324_043_2
「椿」客室 (※小さな写真はクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。)

     案内された部屋は「椿」という部屋。
     露天風呂付客室で予約してありました(部屋は10畳+踏込2+露天風呂)。
     ところが此方の部屋にはもう一室(茶室)が付いていました。
     どうやら部屋を特別室にグレードアップして下さったようです。ありがとうございます。
     もう、この時点で上機嫌です。^^

     客室はとても綺麗な部屋で落ち着いた雰囲気も良い感じです。

11821222324_129 11821222324_107_2

     上の小さな写真(右側)は、おもてなしの手作りケーキ。
     ドライフルーツが入っていて美味しかったです。^^

11821222324_044_2
11821222324_046_2 11821222324_045_2
「椿」の茶室

     茶の心得のない我が家は、不届きにも茶室を荷物置き場として使用。
     利休さん、ごめんなさい、、、、。

11821222324_039_2
11821222324_031 11821222324_034
客室露天風呂

     部屋の露天風呂も大きくってゆったりしています。(温泉)
     シャワー室も付いているのが嬉しいです。

     まずは、部屋の露天風呂へ。
     冷えた体がゆっくりと暖まって行き何て気持がいいんでしょう。
     庭の木々もほんの少し紅葉しはじめていて、初秋の雰囲気です。
     お風呂上りはテラスでのんびり。風が冷たくって良い気持。

     夜は虫の音を聞きながら、早朝は霧に霞む風景を眺めながら・・・・
     何度、露天風呂に入ったことでしょう。

11821222324_118 11821222324_119
客室の鍵

      客室の鍵、二つあると便利なんですよね。
      大浴場に行く時などは、相手の事を気にせずに、ゆっくり入浴できます。

11821222324_128
客室からの眺望

     相変わらず重そうな雲です。
     本当なら南アルプスが見えるはずなのに、、、、、

11821222324_041
※写真をクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。

     お天気が良ければ、いえ、条件が揃えばこんな風に ↑ アルプスが見えるそうです。
     見たかったです、、、、

11821222324_040
離れから見た本館

11821222324_054
大浴場

     大浴場はこじんまりしていますが、木がふんだんに使われ一寸秘湯的。
     広くって浴槽が幾つもあるお風呂を好まれる方も多いのでしょうが
     私はこれぐらいの浴室のほうが好きです。

     お湯は勿論、温泉。(早太郎温泉・泉質はアルカリ性単純温泉)
     少しぬるっとした感じの温泉です。

11821222324_055
大浴場・半露天風呂?

     温泉の湯気が寒さを物語っているようです。

夕食はお食事処(個室)で。

11821222324_075 11821222324_076
前八寸                              岩魚骨酒

     岩魚の骨酒は、普段はないのですが無理をお願いして作っていただきました。
     美味しくって三合も飲んじゃいました。

11821222324_077 11821222324_078
お造り                              なかやま名物・グラタンパイ包み

     駒ケ岳からの清流で育ったという黒川鱒(信州サーモン)のお造り癖もなく美味しかったです。
     そして岩魚の昆布〆、淡白な岩魚にコクがでて此方も絶品。
     グラタンパイ包み、宿の名物だけあり此方も美味しかったです。

11821222324_081 11821222324_082
天子塩焼き                           枝豆豆腐田毎蒸し

11821222324_084 11821222324_085
手打ち信州そば                        夏野菜の天ぷら

11821222324_088 11821222324_087
信州牛ステーキ

     ステーキはとても柔らかで、旨味もしっかり。
     デザートは果物とアイスでした。
     どのお料理も文句なく、本当に美味しかったです。大満足です。

     部屋に戻って、ゴロンと横になったらすぐに眠ってしまったようです。
     窓を開けっ放しで眠ったようで真夜中に寒さと雨音で目が覚めました。

11821222324_104_2

     翌22日(月)、昨日に引き続き相変わらず雨はしっかりと降っています。

11821222324_110

      宿を出発する頃には、雨が止む事を祈るばかりです、、、、。

      朝から大浴場、部屋の露天風呂と入ったら、お腹が空きました ^^;
      朝食も昨夜と同じ場所です。

11821222324_126
11821222324_124 11821222324_127

      朝食も品数もありお味もとても良かったです。
      白い御飯もありますが、基本は雑炊。
      朝食にお粥の宿は良くありますが、お雑炊と言うのは、初めての様な気がします。
      具もタップリ入り、美味しいお雑炊でした。ご馳走様でした。^^

11821222324_135

     宿に着いた直後は、このお宿、大丈夫?なーんて不安にもなりましたが
     気取りっけのないサービスと此方の要望に出来る限り対応しようとする接客、
     そして心からの笑顔にも癒され、部屋も良かったし、お料理も美味しかったし
     結果的には、とっても良いお宿でしたので「宿泊記29」として記録に残す事にしました。
     満足!満足!大満足!でした!!

                                                   つづく
                                           ※宿泊日:2011年8月21日(日)

« 「旅46-1」秋雨前線と共に・・・ | トップページ | 「旅46-2」怪しい空模様ですが観光します。 »

宿泊記」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

甲信越」カテゴリの記事

コメント

車を見ただけで専用露天風呂付に泊まる上得意とは解らないでしょうが全てのお客様は平等に扱うのが宿の心意気。とっかかりはチョットまずかった様ですがその後は全て良し。部屋も温泉も食事も最高のようですね。
しかし、写真で見る限り食事の量はかなりの物、よほど美味しかったのでしょうね。
我が家は何時になったらこんな高級旅館に泊まれる事か、、、

よし坊様

こんにちは。何時もありがとうございます。
専用露天風呂付の部屋は、満室でしたので部屋を空室で置いておくよりはと・・・
特別室に通されたのは運が良かっただけだと思います。^^;
はい、初めはどうなる事かと思いましたが良いお宿でした。
此方のお宿、専用露天風呂が付いている割には、お得感のある宿泊料金なんです。
結構人気があるようで、今回宿泊できるまでに三度、満室で宿泊できませんでした、、、、。
それだけに宿に対する期待も大きかったのですが、期待通りでよかったです。

昼食、少し食べ過ぎたかな?と言う感じで余りお腹がすいたという感覚はなかったのですが
何一つ残さず食べる事が出来たので、やはり美味しかったのだと思います。^^
何をおっしゃいますやら・・・海外旅行に比べたら・・・・^^;
飛行機に乗れるようになったのに我が家の海外旅行は何時になるやら、、、、

ありがとうございました。^^

ニャン様
 予想通り、ニャン様の旅に出てくる ご馳走の数々、、、。
 お宿はお茶室付きの特別室。  すごーーーい。

 私には どれも無理としても 「岩魚骨酒」だけでも経験したいものです。
 河豚のひれ酒みたいに、香ばしいのでしょうか?

 良いお宿は ニャン様のブログの中にキープされているので、万が一の時、安心ですね。

 それにしても「岩魚骨酒」。  しつこいようですが 飲みたいです、、、。

shinmama様

何時もありがとうございます。^^
せっかくのお茶室も我が家のように荷物置き場に使われたら
可愛そうですね。。。。。^^;

ブログのアルコール友達?のshinmama様に反応していただき心丈夫です。^^
「岩魚骨酒」はおっしゃるようにヒレ酒(河豚)と同じように香ばしいです。
でもヒレ酒よりお酒としてはまろやかな気がします。
そして旨味が濃いような気がします。
岩魚を出される宿なら「岩魚骨酒」はあると思います。
ヒレ酒と同じように つぎ酒 できるので、お気に召せば何合でもOKです。
と申しましても余り つぎ酒 が多すぎると旨味が減るので要注意です。(笑)
是非、お試しを・・・・♪

ありがとうございました。^^


こんばんは、ニャンさん。

遅くにお邪魔いたします。^_^;

最初、どうなる事やら・・・?でしたが、
一安心!^_^; ゆっくり寛げそうな、いいお宿のようでしたね。

天気が悪くても、良いお湯とお料理の数々、・・・またまた、ため息です。


羨ましがられるかもしれませんが?、「岩魚の骨酒」について一言、参考までに。

毎年、泊まりに来てくれる前職場の先輩の作ってくれる骨酒は、
自分が沢で釣ってきた岩魚を焦がさないように時間をかけて干し焼きし、
食卓のコンロの極弱火で沸騰させないように沸かした(温めた)酒にそれを入れ、
岩魚の旨みが出たころを見計らって、火は点けたまま、飲み始めます。
もちろん、時間とともに、とろみが出るほどに、旨みが濃くなっていきます。
私は、お酒は飲めない方なのですが、美味しく頂けました。

先輩いわく、これが本当の「骨酒だ!」と。。

とは、言っても、実際はどうなのかな?
お酒の気が抜けてしまうような気もするので、
一般的な、作り方の方が、飲める人には、美味しいのでは?そんな気もします。

私は、それよりも、グラタンパイ包みと雑炊を食べてみたいで~す。。
「私も、いつか?泊まって・・」、楽しみを、
ありがとうございました。^_^

 早太郎温泉・なかやまさん、いいですね~。
 宿に到着した時の第一印象はあとあとまで影響しますけど、
 大丈夫? が払拭されて良い印象が残ったのは良かったですね。
 素朴だけれど、いっしょうけんめい接客されてる宿の様子が伝わってきます。
 お部屋のグレードアップは嬉しいですね。
 こればっかりは着いてからのサプライズですものね。
 たいていのことは「ま、いっか~」になっちゃいます。
 お食事も海のものは使わずに、信州らしさが出てますね。
 作り手の気持ちが伝わってくるようなお料理で、ほんと美味しそうです。
 朝のお雑炊はたしかにあまりお目にかかりませんね。
 でも、いいですね。 樂におなかに入っていきそうです。
 湯船がいっぱいあるお風呂も楽しくて好きですが、
 こぢんまりしたお風呂も好きです。 お湯の良さをこころゆくまで味わえる気がします。
 早太郎温泉はずっと気になっていたので、見せていただいて嬉しかったです。
 雨は上がったのでしょうか? 続きも楽しみです。

moo様

おはようございます。
昨夜、遅くにおいでいただいたんですね。
何時もありがとうございます。^^

mooさんが書いてくださった岩魚の骨酒の作りかた
岩魚の美味しさがジワ~~っと伝わってくるようでとても美味しそうですし
とても贅沢な岩魚の骨酒のような気がします。
はい!とても羨ましい岩魚の骨酒です。☆
アルコールが苦手な人でも岩魚の骨酒や
河豚のヒレ酒なら飲める!という方も多いようですね。
夫もこの2種類は好んで飲みます。^^

グラタン本当に美味しかったんです。♪
桜の撮影に行かれたときにでも、是非、宿泊してみてください。^^
ありがとうございました。^^

うつきよう様

何時もありがとうございます。^^
第一印象がまずいと、おっしゃるように尾を引くのですが
素朴で優しい笑顔に負けちゃいました。^^;
「ま、いっか~」そのお気持よ~くわかります。
何時までも気分を害していては、つまらないですものね。^^
サプライズはどんなときも嬉しい物ですね。♪

信州らしい食材と言えばリンゴの天麩羅が出されました。
これが意外と美味しいのでびっくりしました。
それにお野菜の美味しい事 ☆ さすが長野と言う感じでした。^^

早太郎温泉といえば、先日、うつきよう様も宿泊してみようかなぁ~?と思われた
「二人静」さん、外観しか見ていませんが
良い雰囲気で立地的にも環境が良かったです。^^
二人で泊まるには部屋や曜日の規制があるのが一寸厄介ですが
此方も何時か宿泊してみたいです。^^

これから続きのブログを書こうと思っています。
ありがとうございました。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/41375498

この記事へのトラックバック一覧です: 「宿泊記29」早太郎温泉・和みの湯宿なかやま:

« 「旅46-1」秋雨前線と共に・・・ | トップページ | 「旅46-2」怪しい空模様ですが観光します。 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ