« 「旅46-2」怪しい空模様ですが観光します。 | トップページ | 「旅46-4」花集う開田高原・前編 »

2011年8月31日 (水)

「旅46-3」蓼科ブライトン倶楽部

11821222324_293

2011年8月22日(月)

     今夜の宿泊先は標高1300mに建つ「蓼科ブライトン倶楽部」です。
     標高が増すにつれ、お天気は又、悪くなっていきました。
     そして気温も確実に下がり何度ぐらいの気温なのか?とても寒いです。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

11821222324_295

   見てください!この大きな水溜り・・・・・
   蓼科でも雨は数日降り続いているそうです、、、、、^^;

11821222324_252

            奥に見えているのはメインロビーです。木々の緑が美しいです。

11821222324_247
客室(メゾネット・スイート ツイン)・二階の部屋

     此方のホテルは全ての客室がスイートタイプ(70㎡以上)のメゾネット。
     和室のあるジャパニーズ・スイートや4ベットなど4タイプの部屋があります。

     私達はメゾネット・スイートのツイン(77㎡)です。
     客室のドアーを開けると、そこは2階になり、少し小さめの部屋とテラスがあります。

11821222324_242

                  1階と2階の階段部分は吹き抜けになっています。

11821222324_236

                 此方は1階のリビングです。部屋の中は全て禁煙です。

11821222324_243

                    1階のテラスです。喫煙は此方で・・・・。

11821222324_238

     テラスからの眺望です。
     鬱葱とした森で野生動物が現れそうな雰囲気です。

11821222324_232

            同じく1階のベットルームです。とても静かなのでよく眠れそうです。

11821222324_266

     ベットルームからの眺望です。
     空が良く見えるので晴れていれば満天の星空が見えるはず。
     しかし星が見えたのは就寝前に少し見えただけでした、、、、、。
     どこまでも付いて来る秋雨前線が憎らしく思えます。

11821222324_233 11821222324_264

     バスルームとアメニティです。
     男性化粧品や女性化粧品などはレンタルサービスだそうです。

11821222324_253

     部屋でひと休憩した後、館内を散策です。
     上の写真、1階部分は日本料理の「蓼」、2階は洋食レストラン「クリフトンテラス」です。

11821222324_270

                     此方はライブラリーサロン。
                     PCも此方にあり、利用できます。

11821222324_269

     ライブラリーサロンです。

     1階に内風呂(温泉)があるというので利用してみました。
     時間帯により男性風呂、女性風呂と入れ替わるそうです。
     私達が行った時には、女性は小さい方のお風呂でした。
     本当に小さく浴槽は2名ぐらいしか入れません。
     大きい方といわれた男性浴場も小さかったらしいです。
     温泉利用は、この一回で充分です・・・・^^;

食事前の夕方5時から6時までの時間(8月末までのサービス)、
メインロビーでスパーリングワインのサービスを行っているので是非、ご利用下さい!と
案内を受けたので、食前酒としてサービスを受けました。
私達が行った時にはスタッフの方がおられ、直ぐにサービスを受けることが出来たのですが
後からこられた方は、スタッフが居られず、なかなかサービスを受けられません。
案内したのだからその時間帯は誰かスタッフが居ないといけないのではないでしょうか?!

     夕食は事前予約です。
     洋食レストラン「クリフトンテラス」を6時で予約してありました。
     窓の外は霧が流れ、幻想的な風景です。
     アルコールはシャンパンを奨められましたが、スパークリングワインを頂いたところなので
     丁重にお断りし、白ワインにしました。^^

11821222324_272_2 11821222324_271_2
11821222324_273_2 11821222324_274_2
11821222324_275_2 11821222324_277
11821222324_278 11821222324_279

                     メニュー(標準コース)※特選コースあり

          食前の一品 ・ 小谷野豚の自家製生ハム ・ 信州産茸と冷製じゃが芋スープ
          金目鯛のソティ2色のソース ・ 霜降り国産牛肉のシチュークラッシックスタイル
                    宮坂トマトと自家菜園ハーブサラダ ・ パン 
              あつあつのアップルパイとワゴンデザート ・ コーヒーor紅茶

     料理が評判のホテルと聞いていましたが噂通りに美味しかったです。
     ちなみにワゴンデザートは数種類から選べますが、
     私が選んだのはトウモロコシ(未来という品種)のケーキです。^^

11821222324_280_2

     食事を終え外に出てみると深い霧に包まれていました。
     夜は暖房が恋しくなるような気温でした。
     静かだし朝まで熟睡です。

11821222324_290_2

     翌朝も小雨混じりの天候。
     しかしながら空は昨日に比べ明るく天気の回復を期待させます。

11821222324_285

                  朝食は日本料理にしました。此方も要予約です。

11821222324_289
11821222324_287 11821222324_286

     料理の写真を撮っておきながらサラダを褒めるのは、申し訳ないのですが
     サラダの美味しかった事、お野菜が新鮮シャキシャキ、トマトも本来の味。
     胡麻風味の特製ドレッシングがまた、美味しかったです。

     ホテルのチェックアウトは12時。
     朝食後、少し眠った後、ホテルを開田高原に向け出発です。

11821222324_308

     国道299号線(メルヘン街道)、黄色い花が
     曇り空の下でも鮮やかに綺麗に咲いていました。

11821222324_302

                    此花は、向日葵の一種でしょうか?

11821222324_298

     昨日と同じルートで伊那市まで戻ります。
     そしてR361で幾つかのトンネルを抜けR19へ出て木曽福島へ。
     このトンネルが出来てから本当に便利になりました。

     R361からR19に接続される周辺では猿の飛び出しに注意が必要です。
     R19での出来事です。
     「狸やシカなどが車にひかれているのを見かけるけど猿がひかれているの見たことないな」と夫。
     その直後です。小猿をお腹に抱いた母猿が無謀にもR19を横断!
     危ない!と思った瞬間、前の車と猿が接触!
     小猿は母猿のお腹から落ち2~3回転、ひかれちゃった!と思いましたが
     小猿も母猿も石垣の上に慌てて登って行きました。
     よかった~です!
     でも車と接触した母猿は、打撲を負っているはずです・・・・・。

11821222324_313
木曽福島のマンホール

     木曽福島でお蕎麦を食べた後、R361を開田高原方面へ。
     何気なく車窓から空を見上げていると僅かに覗く青空。
     そして見えたのは “彩雲” でした。
     「車、停めて!」 しかし、時既に遅し彩雲は山影に隠れてしまい撮影できませんでした、、、。

     彩雲が見えたという事は、何か良い事がありそうな気配。(ルンルン気分)

     新地蔵トンネルまであと少し。
     トンネルを抜ければ、開田高原です。^^

                                               つづく

                                          ※宿泊日:2011年8月22日(月)

« 「旅46-2」怪しい空模様ですが観光します。 | トップページ | 「旅46-4」花集う開田高原・前編 »

宿泊記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

甲信越」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

落ち着きと温かい雰囲気の中で、寛げそうな、いい感じのホテルですね。
料理は適量で、オシャレ、でも・・・、
大好きな金目鯛、私だったら、二口位で終わってしまいそう。^_^;

19号のお猿さん、打撲程度なら良かったですが・・、
開田の九蔵峠付近はお猿さんが多いので、気を付けてくださいね。

彩雲、22日は夕方(5時ころ)見え、フォトギャラリーの最後の写真がそれですが、
時間的に、これとは、違いますよね~。
でも、何かいいことありそうな・・、ですね。

木曽福島のマンホール、初めてみました。
ありがとうございました。^_^

前のブログにカキコした途端に次のブログが更新されて慌てました。
やはり素晴らしい所にお泊まりで羨ましいです。それに食事の美味しそうな事!
どんなに量が多くても完食しますね。
実はニャン様ご夫妻が此所に泊まっている同じ日、自分の2ndハウスに地デジTVとアンテナの調整で泊まりました。やはり天気があまり良く有りませんでした。

moo様

こんにちは。
ホテルはこの日、満室ということでしたが
とても静か。時折聞えてくる野鳥の声と可愛い姿に心が和みました。^^

金目鯛、お好きなんですね。^^
じゃあ、この量だと足りませんね。皮がパリパリで美味しかったです。
九蔵峠付近もお猿さん多いんですか・・・w(゚o゚)w
九蔵峠でお猿さんに出会ったことはまだ、ないのですが気をつけます。
どんな生き物でも、ひいちゃうのはイヤですものね。^^;

フォトギャラリーのラストの写真、やはり彩雲だったんですね。^^v
丁度同じような感じで見えましたが、見たのは午後2時前でした・・・。
彩雲に気が付いた時には嬉しかったです。

ありがとうございました。^^


よし坊様

慌てさせてしまい、ごめんなさい。m(_ _)m
丁度、前の記事にいただいたコメントにお返事を書き終えたあとに
此方のコメントを頂いたことを知り、私も少し慌てました^^;
二つ続けてご覧いただき、ありがとうございます。

こんな機会でもなければ洋食のコースを食べる事も滅多にない我が家です。
はい。美味しく完食でした。^^

同じ日、2ndハウスにお泊りでしたか?
こちら方面なのかな?と勝手に想像してしまいました。^^;
2ndハウスも地デジに変更、そうか・・・そうしなければいけないんですよね。
でも2ndハウスをお持ちとは、羨ましいです。^^
2ndハウスでのんびりされましたのでしょうね。♪
我が家は2ndハウス、関東近郊でしたので京都に戻ってから売却しました、、、、。
今になって置いておけばよかったかな?と少し、後悔です、、、、。

ありがとうございました。^^

 ブライトン倶楽部にお泊りでしたか!
 我が家も、JTBで、こちらを紹介してもらったことがあります。
 そのときはお風呂で躊躇して行かなかったのですが、
 蓼科では気になっているホテルでした。
 拝見できてラッキー♪ です。
 ロビーもライブラリーも温かみが感じられますし、
 お部屋も居心地良さそうです。
 お料理もおいしそうですね。
 「たてしな 藍」さんでもそうでしたが、 このあたりの野菜はほんとうにおいしいですね。
 霧の巻くところはモロコシが美味しいそうですが、野菜もそうなのかもしれません。
 雨に濡れた草むらに秋の気配が漂って、 温泉が恋しい季節到来ですね。
 開田に向かうニャン様の、うきうきされてるご様子が伝わります。
 私もわくわく、開田のブログをお待ちしてます。

うつきよう様

やはり、うつきよう様も此方のホテル、奨められておられましたか☆
我が家も前々から此方のホテル、奨められていたのですが
正直、トップシーズンでは決してお安くはないので行きそびれていました^^;
今回も「たてしな藍」さんとも思ったのですが、
風里さん以外は宿泊した事のない宿と決めていたので此方に決めました。

此処だけの話ですが、此方のホテル、接客に関しては我が家にはちょっと、、、、、^^;
ホテルの格式からか?
余りにも事務的な型にはまりすぎたような接客のような気がしました。
接客を除けば、環境もいいし、静かに時間を過ごし
美味しいお料理をいただくには良いと思います。^^

高原野菜は本当に美味しいですね。
最近、トマトを食べなくなったと言っていましたが
旅行中、朝夕ともに毎日トマトを食べていました。本当に美味しかったです。^^

やはり、わかってしまいました?私のウキウキ気分^^
ありがとうございます。
開田高原だけで2~3回の更新になりそうですがお付き合いの程よろしくお願い致します^^

ありがとうございました。^^


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/41418942

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅46-3」蓼科ブライトン倶楽部:

« 「旅46-2」怪しい空模様ですが観光します。 | トップページ | 「旅46-4」花集う開田高原・前編 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ