« 「旅43-3」楽しい時間は短い! | トップページ | 回想・6月-越前海岸 »

2011年6月 2日 (木)

旅・回想6月-開田高原から昼神温泉

 今日の京都も雨が降っています。
 梅雨らしいお天気です。

 休日は雨が続き、何処へも出かけていません。
 さて、そうなるとブログネタに困ってしまいました、、、、。
 古い写真を引っ張り出してのブログ更新です、スミマセン・・・・^^;

 尚、このブログネタ不足は6月中旬まで続きそうな気配です。
 しばらくは、古い写真を引っ張り出してのブログとなりそうでがご覧いただければ幸いです。

2006年6月11日~13日・2泊3日の旅

開田高原

B_001
木曽馬の里 / 2006.6.11撮影

     思い返してみれば6月に開田高原を旅したのは、この年、2006年だけです。
     ここ4~5年は、6月の旅行は「蛍観賞旅行」で鳥取県、三朝温泉へ行っています。

     この時は写真から想像すると風景も明るく、どうやら梅雨の中休み?に
     開田高原を訪れたようです。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

B_015

     新緑の白樺林は、白と緑のコントラストも美しく、しっとりとした風景です。
     白樺林の中に咲いているのはレンゲツツジでしょうか?

B_014

     花は調べたところ「ヒレハリソウ」のようです。
     間違っていたら教えていただけるとありがたいです^^;

B_019
「風里」の客室からの眺望 / 2006.6.11

 お天気もまずまずの一日でしたが、あいにく御嶽山は一度も姿を現すことはありませんでした。

B_022
「風里」さんの庭 / 2006.6.12 早朝

     風里さんの庭には、毎年、観賞用のそばやコスモス、菜の花が植えられます。

B_025
木曽馬の里 / 2006.6.12撮影

     旅行中、お決まりの朝の散歩です。
     特に開田高原で宿泊した時は、雨が降ろうと雪が降ろうと必ず散歩に出かけます。
     土曜日に宿泊する事は、滅多に無いので人に出会う事も少ないです。
     高原の朝の空気は格別美味しい気がします。

B_024
木曽馬の里・コナラ / 2006.6.12撮影

     写真に見苦しい人物が写っていますがご勘弁願います^^;
     写真を見る限り、この頃はコナラのすぐそばまで行けたんですね。
     でも、知らず知らずのうちにコナラの根っこを踏んで弱らせてしまったようです、、、、
     コナラちゃん、知らぬ事とはいえ本当にゴメン・・・・!

B_030
木曽馬の里 / 2006.6.12撮影

B_032
木曽馬の里 / 2006.6.12撮影

       草に産み付けられた泡状の物は、カエルの卵でしょうか?????

B_038
「風里」さんの庭 / 2006.6.12 

     つめた~く冷やされたラムネが美味しそうです。
     この庭の池のそばに勿忘草が花を咲かせます。
     この当時は、まだ、この事を知らずにいました。
     知ったのは、昨年の事です、、、、^^;
            今年も、そろそろ花を咲かし始めている頃でしょうか?

B_027
「風里」さんの庭 / 2006.6.12 

妻籠宿「下嵯峨屋」

B_048
2006.6.12撮影

     屋根に石が置かれている建物が「下嵯峨屋」です。
     馬籠宿に現存する民家では比較的古い形式をとどめているようです。

昼神温泉

B_058
昼神温泉町を流れる阿智川 / 2006.6.12撮影

    昼神温泉は長野県の南端、阿智村の中にある温泉で山間の静かなところです。

B_052
昼神温泉「石苔亭いしだ」 / 2006.6.12撮影

     二泊目の宿泊先は昼神温泉、宿は「石苔亭いしだ」さんです。
     大きな門をくぐると石畳と庭。(上の写真)
     そして玄関を入ると正面に立派な能舞台があります。

B_062
石苔亭いしだ・客室 / 2006.6.12撮影

B_063
石苔亭いしだ・中庭 / 2006.6.12撮影

     部屋は1階、中庭に面した部屋でした。

     食事は2階の個室。
     お料理もとても美味しかった記憶があります。

B_059
昼神温泉・朝市 / 2006.6.13撮影

     朝の散歩は温泉街の朝市に出かけました。
     どんなものが売られていたのかは忘れてしまいましたが、
     地元の方と楽しくお喋りさせていただいたことは、よく覚えています。

  「いしだ」さんのチェックアウトは12時。
  ギリギリの時間まで、部屋でのんびりしました。

  そして、「いしだ」さんで一番記憶に残っているのは、客室係の方から頂いた手紙です。
  チェックアウトの当日、担当してくださった客室係の方はお休みでした。
  そのお詫びの言葉と共に渡された一通の手紙。
  
  手紙には・・・・・お見送りできない事へのお詫びと宿泊した事へのお礼。
           道中の安全への願い。と健康への配慮。
           そして、最後には、又、お会いでる日を楽しみにしております。
  ざっとこのような内容の手紙が自記筆で書かれていました。
  こんな手紙を頂いたのは、はじめてこのことで感激した思い出があります。^^

馬籠宿

B_068
馬籠宿 / 2006.6.13撮影

                  最後の観光地は馬籠宿でした。

B_079
馬籠宿 / 2006.6.13撮影

     梅雨時期の束の間の晴間に恵まれ、温泉に浸かり、
     古い町並みを散策した旅でした。

                                              おわり

                                          ※旅行日:2006年6月11日~13日

« 「旅43-3」楽しい時間は短い! | トップページ | 回想・6月-越前海岸 »

」カテゴリの記事

甲信越」カテゴリの記事

開田高原」カテゴリの記事

コメント

ニャン様

おはようございます。
こちらも梅雨空が続いています。

コナラの写真とてもステキです。
久しぶりで”べっぴんさん”の若々しいお姿にお目にかかれて、とっても嬉しいcoldsweats01です。

どうぞ、お元気でお過ごしくださいませ。

旅空の雲(酒田四季)様

わぁ~☆旅空の雲様、お元気ですか?嬉しいです ♪
すっかりご無沙汰して申し訳ないです^^;

本当に今年の梅雨は梅雨らしいお天気が続いていますね。
被災地の方々は大丈夫なのだろうか?と気になる今年の梅雨です。

この頃は、まだ、一寸は若かったはずですが今は・・・・です、、、、、
体は老いても頭のなかは何時までたっても20代です^^;

不安定な季節、旅空の雲様もどうぞ、お体に気をつけて、お元気でお過ごし下さい。
コメントをいただき、ありがとうございました。^^

こんにちは、ニャンさん。

私も、今日はちょっと前の写真を引っ張り出しての更新でした。^_^;
でも、思いがけない写真に再会したりして、楽しくもありますね。
写真には、言葉には無い、「一目瞭然的な力」がありますね。
だから、楽しんじゃって、整理がなかなか進まなかったり・・・。^_^;

2006年には、仔馬がいたんですね。
もう一人前の木曽馬に成長しているのでしょうね。
放牧している時間帯に、木曽馬の里にいることが少ないので、
なかなか、撮影のチャンスがありません。(>_<)

懐かしい、冷やされたラムネ、美味しそうです。
今のサイダーとは、似て非なるものだったような気がします。^_^;

妻籠はちょっと山の中の感じですが、
馬篭は大きく開かれた空間が、明るく開放的で、どちらかと言うと、好きですね。

ちょっと昔旅、ありがとうございました。^_^


moo様

こんにちは。そうなんです。。。。
昔の写真を引っ張り出すと結構楽しんでしまって、なかなか先に進みません、、、
今日の写真も昨日、取り出しブログを書き始めたところで時間切れでした^^;

2006年の木曽馬の写真には、2頭の仔馬の写真がありました。
仔馬はとても可愛いです。
今やこの時の仔馬がどの木曽馬なのかわかりませんね。
私達が京都から木曽馬の里に到着するのは何時も午後2時頃なので
馬たちは放牧場にいることが多いです。♪
まずはコナラと馬たちに会ったあと風里さんへ向います。

ラムネといえば、小さい頃は瓶の中のビー玉が欲しくって仕方がありませんでした^^

近頃は馬籠も妻籠も行く事がなくなりましたがいいところですよね。
私も馬籠から見える山々や広く開けた感じが好きです☆

明日は久しぶりに晴れの予想ですが、晴れると溜まった用事をかたずけるのが大変です。
でも、太陽の光が少し恋しいですね。
ありがとうございました。^^


 ニャン様の「開田歴」が伺えるお写真ですね。
 ブログ歴もこのころからですか?

 「いしだ」さん、今年が2度目だったのですが、
 あの立派な門、初めて知りました!
 1度目ですか?
 今年、「入口はここだけですか?」と聞いてしまいました。
 宿の方が、「はい。 あとは駐車場になっている裏口だけです。 ときどきそちらからいらっしゃるお客様もいらっしゃいますが。」
 ハイ、その一組が私たちでした。 (アチャー(*_*))
 裏口といえど、そうは見えませんでしたが・・・
 「いしだ」さんのお料理はいいですよね。
 今年は震災後間もなくのことだったので、レポート遠慮してしまいました。

 馬篭はまだ長野県だったときに行きました。
 今は岐阜県になってしまって寂しいです・・・

うつきよう様

いえ、ブログをはじめたのは(此方の)2008年8月からなんです。^^
開田歴の方が断然、長いです。
今回の旅の写真も多くの物は記念撮影で風景だけというのは極僅かでした・・・^^;

「いしだ」さんへ行かれたのは震災後間もなくでしたね。
うつきよう様のその時のレポート拝見したかったです。残念です、、、、。
お料理、良かったです。解禁直後の天竜川の鮎を食した記憶があります。^^
小ぶりでしたが、とても美味しかったです。
実は、私達も駐車場側から宿に入ったのですが、散歩に出かける時にあの立派な門を見て驚きました^^;

えっ!?馬籠は今は岐阜県なんですか~?知りませんでした。
この時は長野県だったのか?それとも岐阜県だったのか?
疑うことなく、長野だと思ってました・・・・^^;
又、ひとつ、勉強になりました。ありがとうございました。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/40220538

この記事へのトラックバック一覧です: 旅・回想6月-開田高原から昼神温泉:

« 「旅43-3」楽しい時間は短い! | トップページ | 回想・6月-越前海岸 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ