« 「旅44-5」 三朝温泉 | トップページ | 「旅44-7」鳥取県・浜村温泉 »

2011年6月30日 (木)

「旅44-6」花と恐竜と白兎・・・

東郷湖羽合臨海公園(あやめ池公園)

110616171819_410

2011年6月18日(土)

   三朝温泉を出発する頃には、小雨は止んでいました。
   昨年、東郷湖羽合臨海公園の花菖蒲が綺麗だったので再び訪れてみました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

110616171819_450

   色とりどりの菖蒲やアヤメが今年も美しく咲いていました。
   池の周りは満開近しという感じですが、歩道側の菖蒲やアヤメは蕾が多かったです。
   昨年より少し満開が遅れているようです。

110616171819_405

110616171819_407

110616171819_413

   菖蒲やアヤメには、品種?(名前?)が書かれていますが
   私には、さっぱり違いがわかりません、、、、、^^;

110616171819_387_2 110616171819_388
110616171819_394 110616171819_444
※写真はクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。

110616171819_397

                      睡蓮の花も咲いています。

110616171819_428

   トンボも飛び交っています。
   土曜日なのに、公園内は人影もまばらです。朝雨が降っていたからでしょうか?

山陰本線「泊駅」(とまりえき)

110616171819_460
110616171819_462 110616171819_464
※小さな写真はクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。

   国道9号線を走っていると「泊駅」という文字が見えたので
   どんな駅かと立ち寄ってみました。

   駅は無人駅のようで、きっぷ売場の窓口はカーテンが引かれています。
   人の姿の見えない駅にホーム・・・・。
   少し寂しく感じますが、一昔前のような、こういった駅の雰囲気はとても好きです。

潮風の丘とまり

110616171819_465

  泊駅のすぐ側の丘の上に一基の風力発電が見えてきます。
  そこが「潮風の丘とまり」です。

  「潮風の丘とまり」は国道9号線から上っていったところにあるのですが
  国道には目印となる恐竜の模型があります。
  前々から気になっていたのですが丘へ上ったのは今回が初めてです。

  丘からは海岸線の風景が見えました。

110616171819_469

  何故、この丘に恐竜の実物大の模型があるのかはわかりませんが
  恐竜模型は全部で18体あるそうです。

  そしてこの丘にはグラウンド・ゴルフ場、スーパースライダー、多目的広場などがあるそうです。
  グラウンド・ゴルフ発祥の地だそうです。

  曇り空の下で見る恐竜模型は、リアルに感じます。

110616171819_470

110616171819_479

               上の写真は国道9号線、とても空いていました。

おさかなダイニング「ぎんりん亭」

110616171819_481
110616171819_480 110616171819_482_2
※小さな写真はクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。

   昼食は、道の駅神話の里白うさぎ内にある「ぎんりん亭」。
   白兎海岸に面していて景色も良いところです。

   お目当ては「白いかの活け造り」でしたが、活け白いかが入荷していなかったので
   「しまめいか」(するめいか)の活け造りにしました。
   ゲソとミミは天ぷらに調理してもらいました。
   にぎりは白いか、煮付けは鰈です。美味しかったです。^^

白兎神社(はくとじんじゃ)

110616171819_488

  昼食を食べた道の駅のそばにあるのが「白兎神社」です。
  皆さんも良くご存知の神話「因幡の白うさぎ」の舞台であり、主神は白兎神です。
  詳しい説明は下の写真をご覧下さい。↓

110616171819_487
※写真はクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。

110616171819_484 110616171819_495
※写真はクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。

   白兎神社、参道にはウサギの像が並んでいます。
   ウサギに積まれている石には「縁結」と書かれていました。
   此方の神社は縁結びのご利益としても知られています。
   ただこの「縁結び」は一般的な縁結びではなく、特定の人との縁結びを願う神社だそうです。

110616171819_485

   参道に作られていた砂像です。
   大国主命と八上姫の恋物語をモチーフに制作されたそうです。

110616171819_489

110616171819_493

   今日の観光はここまでです。
   今夜の宿泊先は浜村温泉です。

                      続きは来週更新予定です。^^
             今週もご覧いただき、ありがとうございました。m(_ _)m

                                                つづく

                                          ※旅行日:2011年6月18日(土)

« 「旅44-5」 三朝温泉 | トップページ | 「旅44-7」鳥取県・浜村温泉 »

山陰」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

曇り空に下、いろいろなアヤメが綺麗です。
本当、数え切れないほどの新品種がありそうで、何が何だか、分からないですよね。
作った本人には、「ここが違うんだよ~!」なんて、言われそうですが・・。
池の傍らのベンチにでも腰かけて、のんびり眺めていたら、良いでしょうね。

「泊駅」、さすがに山陰の無人駅、
距離的にも時間的にも、遠~い、感じがして、趣があります。
ニャンさんが、途中見かけ、立ち寄ってみた気持ち、分かるような気がします。

にぎりの白いか、薬味がしょうが?とわさび?、おもしろい、
それと、てんぷら、結構お腹いっぱいになりそうです。

「白兎神社」あの神話の舞台とは、知りませんでした。
また、石を乗せて、特定の人との縁結び!これまた、面白いですね。

旅情誘う、出雲旅、
ありがとうございました。^_^


moo様

こんにちは~!

アヤメの新品種の名前の多さには驚きです。
夫と「う~ん?黒船と鈴虫どこが違うの?花びらの大きさ?」などと言いながら
見比べてみましたが、わかりません、、、、。
最後は「まっ!綺麗だから名前はいいか~」で一段落です^^;;

「泊駅」山陰線らしくて、ちょっと良いですよね。よかった~^^
私が駅舎もこれからは撮るんだ~と何度も言うので立ち寄ってくれたようです。
特に無人駅は、撮影するのに気を使わなくてもいいから良いです。^^;

白いかのにぎりはの薬味はしょうがとわさびです。
しょうがの方はイカと酢飯の間に大葉が挟んであり、爽やかな感じでした。

石をのせての縁結びの願掛け、ちょっとおもしろいでしょ!
若いアベックさんが仲良く、石をのせている姿も微笑ましい光景でした。^^
若かりし頃にもう一度、戻ってみたくなります。

今週もお付き合いいただき、ありがとうございました。^^


 兎に乗っている石、落ちちゃったらダメ・・・?
 お写真拡大して拝見したら、頭に石をのせてる兎さん、
 なんだか寄り目になっちゃってるみたいに見えました(笑)

 無人駅、かつては駅員さんがいて、鋏で切符を切りながら改札口に立って、
 いろいろな人が乗り降りしていたのでしょうね。
 私の家の近くにもあった、私鉄電車の小さな駅を思い出します。
 その電車は私が中学のとき廃線となり、
 駅のあったところは歯医者さんになっています。

 いや~、イカのおいしそうなこと!
 エビも好きですけれどイカも大好き!
 どちらかというと、生姜が好みです。

 続きは来週ですか。 待ち遠しいです~(^^)

うつきよう様

今週もお付き合いいただき、ありがとうございました。

兎に乗せる石、落としちゃったら一寸まずいかも・・・・^^;
観光に来た親子連れ、子供が親の注意を無視して石を触っていたら落としてしまいました。
「こら!だから言うたやろ。あ~あ、落としてしもて・・・落とした石の倍の数の石乗せなあかんにゃで!」と
叱られていました、、、、。
兎の目、ほんとだ!寄り目に見えます (笑) ご愛嬌ですね。^^

利用客の減少や過疎化で廃線になった所も多いですね・・・。
跡地には歯医者さんですか?昔の面影はもうないのですね。
ちょっと寂しいですね。

夫は生姜が苦手なので、生姜が乗った握りは全て私のものです。^^v
でも、数えてみたら生姜の方がひとつ少ない、、、、、損しました・・・^^;
イカ美味しいですよね。家でも良く使う食材です。^^

来週もお付き合いの程、よろしくお願い致します。 ♪
ありがとうございました。^^


 私も 今年は花菖蒲や蛍が 去年より 一週間遅いと聞きました。
 何があったのか、、。

 イカがころころ色を変えながら、しかも透明で、、ウム、残酷ながらこれが非常に美味なのじゃ!!!
 刺身は わさびではなくしょうがで食べる、、、フムフムそうそう。

 今日は、ニャン様の写されたイカの写真が 残像現象のように 私の頭から離れないと思います。

 何かの雑誌を見て 白兎神社へ行きたいと思っていたのですが、ニャン様のブログを拝見しましたので、
 私の記憶脳が錯覚して 数年後には 私が行った気になるような気がします。

 ありがたいことです。

shinmama様

今日は幾分か暑さも和らいではいますが、蒸しますね。

ホント!今年はどうしたことでしょう?
花やホタル、そして農作物まで遅れているそうです。
6月の暑さも記録的だったようですし、何かが変です・・・・・^^;

活イカ、考えれば残酷ながら、一度食べたらヤミツキの味ですね。

白兎神社、毎回、側まで行っているのに今回、初めて行きました。
私も何かで見て行った気になっていたのかも??

こう暑いと出かけるのが億劫になり、今日は昼寝三昧の土曜日です、、、、、^^;
ありがとうございました。^^


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/40591758

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅44-6」花と恐竜と白兎・・・:

« 「旅44-5」 三朝温泉 | トップページ | 「旅44-7」鳥取県・浜村温泉 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ