« かやぶきの里から花背へ | トップページ | 「旅43-2」伊勢とパールロード »

2011年5月20日 (金)

「旅43-1」 松阪城跡周辺

2011051819_006
滋賀県・野州川

   2011年5月18日(水)

      一泊二日で三重県に旅行に行ってきました。
      今回の旅は夫の誕生日旅行です。

      前日の荒れ模様が嘘のように五月晴れの旅の始まりです。

            早朝に家を出発!
            お腹がすいたので、まずは滋賀県の野州川を眺めながら
            朝作ったおにぎりで朝食です。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

松阪城跡(松阪公園)

2011051819_010_2

     三重県は京都から一泊二日で旅するには丁度いい距離です。
     何度も三重県に来ているのに松阪城跡を観光した事がありません。
     今回、初めての観光です。
     市営駐車場に車を停めて松阪城跡へ。
     此方の駐車場、無料です。
     松阪は太っ腹です。京都なら絶対、駐車料金を取られます。
     せこい京都でスミマセン、、、、、、^^;

         松阪城は1588年蒲生氏郷によって築城されました。
         今年の2月7日に国の史跡に指定されたそうです。

2011051819_012

         松阪城跡から眺めた松阪駅方向の風景です。
         駅前周辺には松阪牛で有名な料理店があります。

2011051819_013

       同じく松阪城跡からの眺めですが、此方は瓦屋根の風景です。

2011051819_015
藤棚

     大きく立派な藤棚がありました。
     花はすっかり終っていましたが満開のときは、さぞや美しかったと思います。

2011051819_014

                  散り遅れた花のようです。

2011051819_017

     天守閣跡へとつづく石段です。
     朝から気温がグングン上昇しているようで、もう汗ビッショリ・・・・。
     天守閣跡へは上りませんでした。^^;

2011051819_018
本居宣長記念館

        少しだけ中を覗いてみました。それが下の写真です。 ↓

2011051819_020

2011051819_048

             それにしても松阪城跡の石垣は豪壮です。

御城番屋敷(国指定重要文化財・建造物)

2011051819_028

     松阪城跡の裏門跡と搦手門(からめてもん)跡を結ぶ石畳の道。
     両側に槇垣を巡らした武家屋敷が御城番屋敷(ごじょうばんやしき)です。

     御城番屋敷の整った槇垣と石畳、その真正面に見える城跡の風景は素晴しいです。

2011051819_023
土蔵

2011051819_027

     公開されている武家屋敷が一軒あったので見学しました。(無料)
     此方の屋敷は松阪市が借り受け復元整備したそうです。

     他の屋敷は今現在も子孫の方々が維持管理し、
     12戸分は借家として利用されているようです。

赤壁校舎

2011051819_034

   御城番屋敷から続く槙垣の町並みを当ても無く歩いていて見つけたのが
   赤壁校舎でした。

          明治35年(1902年)応用科学科専攻の五年制工業学校として
          全国に先駆けて開校された。
          当時は実験に利用する硫化水素により建物が変色すると考えら
          れていたため、校舎の外壁は朱(硫化水銀)で塗られていた。
          この建物は旧三重県立工業学校製図室として明治41年(1908
          年)に竣工されたもので現存する唯一の赤壁校舎である。
                                        説明石版より抜粋

2011051819_039

2011051819_033

2011051819_036

2011051819_032
松阪市マンホール

    城跡、風情ある町並みと散策し、これから伊勢方面へ向います。
    松阪まできて牛肉を食べないのかって?
      めっそうもない、お昼御飯にしては豪華すぎます^^;
      名立たる料理店を横目に見ながら次の観光地へ移動です、、、、、、

                                               つづく

                                           ※旅行日:2011年5月18日(水)

« かやぶきの里から花背へ | トップページ | 「旅43-2」伊勢とパールロード »

」カテゴリの記事

東海」カテゴリの記事

風情ある町並み」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ニャンさん。

疲れた体に、いいブログ、旅気分です。(^_-)-☆
いつもながら、ありがとうございます。

しかし、松坂牛、お昼でも、良いと思いますが・・・。
飛騨牛などとは、格が違うのかなぁ~?(名前だけは知っている^_^;)

三重は、京都からだと、丁度いい距離かもしれませんね。
開田からでも、意外と近かったですが、1泊はしないとね!
「松坂城」は知らなかったです。
赤壁校舎は珍しいですね~!

そして、マンホールのデザイン、
本居宣長愛用の鈴が元、だそうですが、
すっきりしたデザインがお気に入りです。(*^_^*)
光の反射を利用して、うまく撮られていると思います。

でも、心残り、宿での松坂牛に期待!
ありがとうございました。^_^

moo様

おはようございます。^^
今は何かとお忙しい時期ですね。
今年も美しいユリの花が咲くと良いですね。^^
少しでも旅気分で癒しになれば、嬉しいです。

昼食の松阪牛・・・・
女性はいえ主婦は、違うな私は結構妙なところで締めてしまいます^^;
ブランド牛といわれる中で実は飛騨牛が一番好きなんです。☆
意外と知られていませんが京都牛も美味しいですよ。

今回の旅行先の決定権は夫。
直前まで開田高原にしようか?三重にしようか悩んでいたようです。^^;
一度は泊ってみたいと行っていた宿が取れたので三重に決めたようですが
「mooさんカッコウの鳴き声聞かれたみたいよ♪」とブログを拝見して
夫に告げると「開田にすればよかった、、、」と言っていました。

マンホールのデザインが本居宣長愛用の鈴が元だとは知りませんでした^^;
何故、鈴なの? 五十鈴川があるから?な~んて思ってました、、、、
上手く撮れていました?よかったです。ありがとうございます。

さて、宿の料理に松阪牛付くでしょうか・・・^^
何時もありがとうございます。ありがとうございました。^^


 往時を忍ばせる石垣や街並みですね。
 こんなに風情のある城跡もあるのに、
 松阪、といえば牛、と合言葉みたいな連想しか浮かばず申し訳ないですね。
 松阪の駅前を少しだけ歩いたことがあります。
 大台ケ原から大杉谷を下る山旅の終着が松阪でした。
 せっかくですからお昼に松阪牛を、と思ったのですが、
 ツレアイがひどい筋肉痛を起こしていて歩けず・・・
 駅前をちょっとだけ歩いて断念。
 なにを食べたんだっけ・・・? あ~あ、松阪牛が・・・と思ったのだけ覚えています。
 三重はどちらにおでかけだったのでしょう?
 つづきが楽しみです。
 

うつきよう様

三重で観光と言えば、どうしても伊勢神宮や鳥羽、賢島に目が向いてしまいます。
そして、おっしゃるように松阪と言えば観光より松阪牛と同じく思います^^;
松阪に、こういった町並みが残っている事さえ知らずにいました、、、、、
なかなか、よい町並みで風情がありました。^^

大台ケ原へも登山旅行をなさっておられるんですね。
素晴しい景色と聞いております。
大台ケ原方面のススキが素晴しいと聞いたこともあります。
さて?それが何処の場所なのか?未だわからずにいます^^;

ここ数年、お肉より魚を好むようになりましたが
ちょっと松阪牛も食べたいかな?と今になって思っています、、、、^^;
お宿、とても、のんびりできる素敵なお宿でした。
「宿泊記」としてアップしたいと思っています。
ありがとうございました。^^


武家屋敷を覗くと昔の武将は体が小さかったのかな?と思いたくなるほど小さい部屋でビックリします。
松阪でも同じように感じた事を思いだしました。
アレ?和田金は寄らなかったのですか?好き嫌いは別として話のタネに。
そして三千頭飼っているという仲居さんのマヤカシの話しを聞く、、、、
いや、失礼しました、、、

よし坊様

今日はシトシトと雨が降り続き、鬱陶しい日ですね。

そういわれれば武家屋敷はどこも小さな部屋ですね。
今と違い昔の人はきっと体が小さかったのでしょう・・・・・。

和田金の前を通りましたよ^^ 通っただけですぅ、、、、
「三千頭の牛の店だ~♪」といち早く思い出したのは夫の方でした。
あの話をした時、夫はお腹を抱えて大うけでした。
ハイ、一度は話のタネに?何時か必ず行ってみようと思ってます。
でも仲居さんが話し出す前に笑っちゃったらどうしましょう・・・・^^;
ありがとうございました。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/40057382

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅43-1」 松阪城跡周辺:

« かやぶきの里から花背へ | トップページ | 「旅43-2」伊勢とパールロード »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ