« 滝と木造駅舎と八重桜と温泉 | トップページ | 「旅43-1」 松阪城跡周辺 »

2011年5月16日 (月)

かやぶきの里から花背へ

京都・高雄

20110505_005

       2011年5月5日(木)

       我が家のGWもいよいよラスト!
       今日は又、又、渋滞も予想されるので京都内をドライブです。
       まずは「かやぶきの里」へ向います。

       R162周山街道とも言われている山間道路です。
       福井県小浜まで繋がっています。

              紅葉で有名な高雄。
              今は新緑が美しいです。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

20110505_006

       新緑が余りにも美しいので、ちょっと新緑観賞です。
       清滝川に面して料理屋さんや旅館があります。
       これからの季節は川床で食事を楽しむのも良いですね。

20110505_009

京都美山・かやぶきの里

20110505_019

       私のブログにも何度か登場している「かやぶきの里」です。
       集落から散策する方が多いですが、私達は田んぼのあぜ道側から散策です。

20110505_016

       都心では見かけなくなった鯉のぼり。
       鯉のぼりには、こういった長閑な風景がお似合いです。
       昨日までの黄砂もおさまり、久々に空気も綺麗そうです。

20110505_018

        夫がアカヘラ(イモリ)を見つけました。
        幼い頃は、近くの小川にたくさんいましたが、近頃では希少です・・・。

20110505_020

                 もうすぐ田植えが行われるんですね。

20110505_023

20110505_025

                   石楠花も美しく咲いていました。

20110505_034

       昼食はかやぶきのお店「またべ」で、いただくことにしました。
       「またべ」さんは民宿ですが昼食も営業しているようです。

20110505_031

            こ~んな長閑な風景を眺めながらの食事です。
            時折流れ込む風がと~ても気持いいです。

20110505_032

    「またべ定食」1500円です。
       ぜんまい・わらび・たけのこ・菜の花、そしてブルーの器の料理は鹿肉のしぐれ煮。
       鹿肉のしぐれ煮、クセもなく食べやすいですが、お肉がサクサクした感じです。
       京都では近頃、鹿カレーのレトルトパックも通販で売られています。
       そして山女の甘露煮。とっても美味しかったです。
       ピンクの器には煮豆、甘めで美味しかったのですが、何と言う豆かわかりません。
       一番のお気に入りは山菜の天ぷら。
       お腹が一杯になったら、お昼寝したくなりました。
       ここでゴロ~ンと横になったら気持いいでしょうね。^^
       田舎のおばぁちゃんの家に来ているようです。

20110505_037

        シバザクラに櫻、チューリップ、一斉に花が咲き揃ったようです。
        五月晴れに鯉のぼりが気持良さそうに泳いでいます。

20110505_044

20110505_050
由良川

     春の長閑な風景も好きですが
     2月に行われる「雪灯廊」一度、見て見たい!と思っています。
     京都市内からだと栗尾峠が雪のときの難所かな?
     今建設中の栗尾トンネル&バイパスが出来上がれば、少しは楽かもと思っています。
     開通予定は平成26年だそうです。後3年もかかるんですね。
     京都は道路建設に要する時間が何時も長すぎます。

20110505_041

                マンホールは鮎がデザインされています。

国道477号線

     かやぶきの里を散策の後、来た道(R162・周山街道)を引き返しました。
     京北周山町まで戻ると道路標識にR477大原と書かれていたので
     どんな道か?と冒険気分でR477を走ってみることにしました。

20110505_057

       R477に入ってしばらくは、快適な道路。
       風景も良い感じの里山と田園風景。
       山は新緑と櫻が交じり合い春の風景、いいドライブコースじゃない。
       しかし、この快適な道がそう長くは続かないであろうと想像していました、、、、。
       はい、やはりそうでした。所々、離合困難な場所がありました^^;

       上の枝垂れ櫻は集落入口にひっそりと咲いていました。
       路肩に車を停めて櫻見物です。

20110505_054

                  枝垂れ櫻の反対側の風景です。

20110505_060

     お天気が良く明るいので、初めての道 R477の道幅の狭さも
     鬱葱とした森林区間も気になりませんが、雨が降っていたり夕暮れ時だったら
     この道を選んだ事を後悔しそうです、、、、、

京都・花背

     花背は京都市左京区(洛北)になりますが、とても自然豊かな山里です。

20110505_064

                  此方では桜の花も満開。
                  京都市内とは思えない長閑な風景です。

20110505_065

20110505_068
R477・花背

20110505_077

       ここから先は花背峠を越す更に道幅の狭いカーブ連続の道です。
       離合不可能かと思われるような道です。
       森林浴の道です。

20110505_081

20110505_083
これでも国道です^^;

     途中、R477大原方面へ向う道と府道38号線、鞍馬へ向う道との分岐があります。
     この先のR477はかなりの酷道のよう?
     私達は鞍馬への府道38号線を選びました。
     鞍馬も道幅が狭いので運転には注意が必要です。

20110505_084

     堀川通りのイチョウの緑がとても綺麗でした。

     道幅が狭く走りにくい部分もありましたが、変化に富んだ面白いドライブコースでした。

         こうして我が家のGWも終わりました。
         振り返ってみれば、新しい場所も結構開拓できたし、
         山あり海あり温泉ありで楽しかったです。^^

         GWブログ、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

         ネタ切れなので、しばらくブログは休ませていただくつもりです。
         では、また、来週!・・・・の予定です・・・^^

                                              おわり

                                         ※日帰り観光日:2011年5月5日(木)

« 滝と木造駅舎と八重桜と温泉 | トップページ | 「旅43-1」 松阪城跡周辺 »

京都散策と京都の話」カテゴリの記事

コメント

今日は。
今日はとても閑静な風景と人知れず咲く山桜の風景が良いですね。日頃の雑踏をウソのように忘れさせてくれます。
所で定食が値段の割りに品数が多いですね。我が家なら1人分を2人で食べて他に一品頼めばちょうど良いと思います。
天浜線も風情がありますから是非一度お出で下さい。
遠遠一宮駅駅舎の中に 百々や と言うソバ屋があります。有名な翁で修行して此所で店を出しています。翁の味が忠実に守られた美味しい蕎麦です。是非一度ご賞味を。

よし坊様

今日は。
こういった田舎の風景ばかりを好んで、出かけています。
私達は何に疲れて田舎の風景に癒されようとしているのか?と思うほどです、、、、、。
人知れずひっそりと咲く桜の風景も良いものですね。^^

え~、定食1人分と一品でお二人でちょうどですか?・・・・小食です・・・・
やっぱり我が家が大食いなんですね・・・^^;
でも、内心、もう少し食事の量を減らした方が体にはいいのでは?と思っています。(*´ェ`*)

翁の蕎麦処、よし坊様のブログで拝見した記憶があります。
「百々や」さん、覚えておきます。
美味しいお蕎麦も食べたいし、天浜線にも乗ってみたいし・・・・
ちょっと真剣にプランを立てて見ます。貴重な情報をありがとうございます。
ありがとうございました。^^

こんにちは、ニャンさん。

写真で見る限り、GW・・とは思えないような、静けさ・長閑さですね。
特別、人を入れないよう、注意して撮っているからとは、思えないのですが・・。
こんなんなら、私も行きたい、長閑な風景を見ながら、「またべ定食」食べたい、です。^_^;
何年か前に、一度行って、又行きたいと思いつつ、実現していないのですが、
美山~伊根(丹後半島)コースのプランを立ててみるのも良いですね。
とすると、畑が終わった頃、秋が良いかな!?

京都郊外の長閑な風景を拝見しながら、
そんな、ワクワク気分にさせて頂きました。

GW、あちこち、いろいろ、ご案内ありがとうございました。m(__)m

moo様

こんにちは。
ご推察の通り人を入れないように撮影しようと言う意識はなかったです^^;
駐車場には50台以上の車が停められるはず、満車状態だったのですが
皆さん何処へ消えたのでしょう?と言う感じでした。
またべ定食、素朴ながら美味しかったです。

いらっしゃった事があるんですね^^v
秋から晩秋頃に美山から丹後半島、絶対にいいと思います。☆
美山の天然鮎も子持ちで、丁度いい頃かもしれません。
ただ、開田高原以上に動物の飛び出しに注意が必要かと・・・・・・
特に鹿は増えすぎて大変なようです^^;

結局、GW家に一日中いたのは喧嘩した初日だけでした^^;
あちこち日帰り旅、お付き合いいただき、ありがとうございました。^^

 田んぼのあぜ がなつかしいです。
 田んぼの真ん中にあったような我が家のまわりも
 すっかり住宅街になってしまいました。
 それでも、ちょっとでかければ
 のどかな風景満載です。
 田舎に住んでいても田舎の風景には癒されます。
 やっぱり日本人にはこういう景色が必要なんですね。

 喧嘩の後遺症もなく、
 息の合った連休を過ごされたようで良かったで~す\(^o^)/

うつきよう様

田んぼのあぜ道は、子供の頃の絶好の遊び場でした。
その遊び場だった場所も
うつきよう様のところと同じく、今や住宅街、、、、、
子供たちの遊び場は減りPCやゲームに夢中のようですね。
自然から学ぶ事も多いのに、考えてみればかわいそうなのかも知れません。

田舎の風景には癒されます。
スッピンで歩いていても大丈夫!そんな事にも癒されるのかも^^;

まぁー何とか夫婦喧嘩も収まり遊び三昧のGWでした。^^
ありがとうございました。^^


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/39946481

この記事へのトラックバック一覧です: かやぶきの里から花背へ:

« 滝と木造駅舎と八重桜と温泉 | トップページ | 「旅43-1」 松阪城跡周辺 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ