« 「宿泊記28-前編」 汀渚 ばさら邸 | トップページ | 「旅43-3」楽しい時間は短い! »

2011年5月25日 (水)

「宿泊記28-後編」 汀渚 ばさら邸

お楽しみの夕食

2011051819_264

             食事は個室の和ダイニング「さかなへん」でいただきます。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

2011051819_140

    夕食は中庭の「無名庭」を眺めながら、個室でゆっくりと!
    以前は部屋食が一番好きでしたが、
    こういった雰囲気の宿なら個室での食事も良いものです。

                 どんなお料理が出されるのか楽しみです。

2011051819_135 2011051819_137
2011051819_139_2 2011051819_142

                 食前酒にごり梅酒(photoナシ)
 [先付] うすい豆富香梅美味出し [前菜] 地穴子小袖鮨・伊勢地鶏・他、春の盛り合わせ
 [吸物] 鱸とあおさ信丈椀      ※料理長からの一品 鯛のあらだき

     まずは、「お誕生日おめでとう!」と食前酒の乾杯で食事がはじまりました。
     「今日は僕もお酒飲むは!」と珍しく夫が言いました。
     しかし、頼んだのは梅酒でした・・・^^;
     私は、まずは地酒の飲みくらべセットから。(地酒がお猪口で三種類)

     お料理は「皐月ばさら創作膳」
     食材にこだわり、地の食材にこだわり、器にもこだわりが感じられる
     見た目にも美味しそうな料理の数々。
     どれもこれも、文句無く美味しかったです。

         料理長からの一品、鯛のあらだきは、誕生日祝いのお料理でした。
         ありがとうございました。
         とっても、美味しかったです。^^

2011051819_144_2
2011051819_146 2011051819_148

                      伊勢海老お造り
     [海幸] 朝獲れ地魚のお造り  [揚物] 朝摘トマトと地茄子挟み揚げ
                                    桜鯛の葛叩きを添えて

    久しぶりの伊勢海老のお造り、やっぱり伊勢海老は美味しいですね。
    そして伊勢海老は見た目にも華やかです。

2011051819_161_3
2011051819_149_4 2011051819_163_2
2011051819_165_2 2011051819_150

                [特別料理] 志摩産鮑創作ステーキ
 [酢物] このしろ酢〆と猫鮫酢味噌和え [御飯] 手こね寿し・吸物・大女将手作り漬物
 [甘味] 本日の創作デザート

   今回の宿泊はJTBさんの「優雅」プラン。
   優雅のプランには、特別料理が付いていて 
   創作あわびステーキ 又は 松阪牛フィレ肉あぶり焼き のいずれかが選べました。
   勿論、我が家は解禁になったばかりの志摩産の鮑を選びました。^^
   鮑好きにはたまらない美味しさです。

     三重県の郷土料理「手こね寿し」正直、今まで美味しいと思ったことが無かったのですが、
     ばさら邸さんの 手こね寿し は、とても美味しかったです。

   今回も何一つ残すことなく完食!
   とても丁寧に作られたお料理という事が伝わってくるような料理でした。
   美味しかったです。ご馳走様でした。^^

2011051819_156_2
テラス・風の桟敷

    大満足の夕食を終え、ほろ酔い気分でテラス・風の桟敷でしばしリラックス。
    夜になり風も少し冷たくなり、ほろ酔い気分には、丁度良い心地よさです。
    夫も梅酒1杯で真っ赤な顔をしています。

2011051819_169

           酔っぱらっていて、少し写真も手ブレしていますが
           ライトアップされた竹が綺麗でした。

月明かり~夜明けまで

2011051819_171
5月19日早朝

   昨夜は夫は部屋に戻るなりベットにもぐりこみ、気持良さそうに寝ていました。
   そんな夫を横目に見ながら冷蔵庫からレモンチューハイを取り出し
   デッキで、ひとり飲みました。
   月夜で空が明るく星は僅かしか見えません。
   それでも山や僅かばかりの明かりを眺めるのも日常生活にはない貴重な時間です。

          「月が綺麗やから見れば・・・」と起こされ枕元に置いた携帯を見ると
          午前3時過ぎでした。
          眠い目を擦りながらデッキに出ると湾内を照らす月と
          1階の瓦屋根に反射する月明かりがとても綺麗でした。
          本当は月の光を受けた瓦屋根は、もっともっと綺麗でしたが
          私の今の技術では、これが限界のようです、、、、、^^;

2011051819_180

     左端に写っている塔のようなものは、お隣のホテル、プライムリゾートです。

2011051819_194

   遠くの山が浮かんでいるように見え幻想的です。
   これぐらいの明るさになると鳥たちは一斉に起きだし野鳥の鳴き声が響いています。

2011051819_198

2011051819_207

2011051819_222

2011051819_243

                 太陽が昇ったのでしょう。
                 向こう岸が赤く染まり始めました。

2011051819_245

2011051819_258

   結局、午前3時過ぎから起き出し二度寝することなく
   デッキで朝をむかえてしまいました。

朝食

  朝食も和ダイニング「さかなへん」でいただきました。
  昨夜とは違う風景をお楽しみくださいと案内された個室は奥の部屋でした。

2011051819_266
2011051819_271 2011051819_273
2011051819_274 2011051819_275

   朝食は和食、洋食と選べますが、二人とも和食にしました。
   朝食も地の食材を使ったお料理です。
       写真の色が悪くて美味しそうに見えませんね。スミマセン・・・・・

   大王町波切産の鰺の干物がとても美味しかったです。
   結局、御飯三膳も食べてしまいました、、、、、
   朝食が美味しくいただけるのは元気な証拠です。

       部屋に戻った後は朝寝です。極楽極楽です。

                 「宿泊記28」はおわりですが。旅はまだ、つづきます。

                                               つづく

                                          ※宿泊日:2011年5月18日(水)

« 「宿泊記28-前編」 汀渚 ばさら邸 | トップページ | 「旅43-3」楽しい時間は短い! »

グルメ・旅館&ホテル」カテゴリの記事

宿泊記」カテゴリの記事

東海」カテゴリの記事

コメント

一流どころは料理も半端じゃ有りませんね。
どれも美味しそうですが其の豪華さは伊勢海老のお造りをみれば解ります。
民宿で出てくるそれとは比べようがありません。(比べる事に無理がありますが、、、)
料理に彩りを添えた手入れされた庭を見ながらの食事はさぞ美味しかった事でしょうね。
羨ましいです。

よし坊様

手入れされた庭を眺めながらの食事は、たいへん満足がいく食事でした。
何時も言うようですが、上げ膳据え膳は至福のひと時です。^^

伊勢海老が運ばれてくると食卓はとても華やぎますね。
まずは目に美味しいというところですね。
もうしばらくは伊勢海老の姿を見たくない!!と思うほど食べてみたいです^^;

美味しい物を食べている時ほど幸せな時間はない!と思えるほど
食いしん坊な我が家です。
これでは、夫婦揃って太るはずです、、、、、

何時もありがとうございます。
ありがとうございました。^^

こんにちは、ニャンさん。

極楽、極楽の続き、と言った感じです。
料理に、月明かりの風景に・・・ため息しきり、です。

私も、最初の月明かりの写真がベストですね。
瓦の反射が効いていますね。
とっても良い雰囲気、もう寒くはなさそうですし、しばらく、したっていたい気分です。

料理で、アワビ?か松坂牛か?迷うことなく、松坂牛です。。^_^;

それより、鯵の干物、良くできたものは、本当に美味しいですよね。
朝から、ご飯3杯、分かります、分かります。。
私などは、旅行から帰ると、数キロ太ってます~!(>_<)

二度寝の極楽、極楽気分、
ありがとうございました。^_^

moo様

こんにちは。
こんな極楽気分がず~っと続けばいいのですが
楽しい時間は、あっという間に終わってしまいます。

瓦に月の光が反射する風景、久しぶりに見ました。
そういっていただけると眠い目を擦りながら、あくびをしながら撮ったかいがあります^^;
今のマンションでは箱物のビルばかりです、、、、。
デッキにいても寒さはまったく感じませんでした。^^

うん!mooさんは、お肉好きですね。
夫も大のお肉好きで毎日でもよかったのに今ではすっかり魚介類好きです。

他の干物は京都でも、まあまあの物が手に入りますが
鰺の干物だけは、どうもイマイチです。
鰺の干物良い物は本当に美味しいです。

旅行から帰ると体重が増えているお仲間がいらして安心しました。^^
何時もありがとうございます。
ありがとうございました。^^

セカセカとした旅しかできない我が家ですが、このまったり感が実は大好き。

ただ、貧乏性なので、こまねずみのように動き回ってしまう みじめな二人。

ホテルで過ごす、宿で癒す、、、、それが一番贅沢な旅なのですね。

見習いたいものです。

shinmama様

お忙しい中、お立ち寄りいただき、又、コメントをいただき、ありがとうございます。

三重県は京都からは近いので日帰り、宿泊でよく行く県です。
観光名所もほとんど行っているので、もう、殆ど観るところもありません。
これが、ちょっと離れた県であれば、
我が家もセカセカと観光地を観て歩きます。^^

ゆっくりできるのは、行きなれたところぐらいです^^;
shinmama様のように、新規開拓をしなくてはと思っています。
ありがとうございました。^^


 今朝、「あれっ?」 ふと思い出しました!
 夕べ、コメントするつもりだったのに、たしかせずに閉じちゃった・・・
 ・・・そうそう、友人から携帯メールが入って、返信してて・・・

 珍しく朝にPCに向かう時間ができました。
 
 私も、雰囲気の良い食事処ならいいかな、 と、この頃思います。
 部屋だと、浴衣の帯を緩めて人様にお見せできない格好にもなれるのですが、
 特に炭火で焼き物などすると、匂いがこもったりすることもあるので
 一長一短ですよね。
 我が家もきっと鮑チョイスです。
 鳥羽(芭新萃さんでしたが)でいただいた解禁鮑は大きくて美味でした!
 「ジ・アース」さんは我が家の鳥羽行きの後にオープンでした。
 予約取れにくいんですね。
 まずはニャン様に行っていただいて、レポート拝見楽しみにします。
 朝まだきのお写真はニャン様にいつも期待です。
 今回もほんとうにきれいです。

うつきよう様

思い出していただいて、ありがとうございま~すヽ(´▽`)/

ここだけの話、部屋食だと人様の目も気になりませんから
少々のことはOK!これが部屋食のいいところです ♪

芭新萃さんも料理がいいですよね。
それに以前の宿泊記録も残されているので、好みの新聞等を届けていただけ
サービスもいいですね。^^

ジ・アースさん、本当に何時も満室です、、、、
実は今回の旅でジ・アースさん見に行ってみました。
岬に一軒の宿なので専用道路?と思われる道を行くのですが
我が家の車が見えた頃(遥か遠くから)から深々と頭を下げてお出迎え、
宿泊客じゃないのに申し訳ないことをしてしまいました。。。。
宿泊客じゃない事を告げると「申し訳ありません。中はご覧いただけませんが
パンフレットだけでもお持ちしましょうか?」と、とても感じが良かったです。
益々、宿泊してみたくなりました。^^v

久しぶりの月明かりの風景は綺麗でした。
何時もありがとうございます。
ありがとうございました。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/40111016

この記事へのトラックバック一覧です: 「宿泊記28-後編」 汀渚 ばさら邸:

« 「宿泊記28-前編」 汀渚 ばさら邸 | トップページ | 「旅43-3」楽しい時間は短い! »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ