« 熊川宿から三方五湖へ | トップページ | かやぶきの里から花背へ »

2011年5月13日 (金)

滝と木造駅舎と八重桜と温泉

瓜割の滝(福井県若狭町)

20110504_073

      三方五湖からR27を小浜方面へ向う途中に「瓜割の滝」があります。
                                         無料駐車場有!

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

20110504_104

    瓜割の滝へは、こんな森林の合間を通って行きますが、ちゃんと遊歩道があります。

20110504_089
瓜割の滝  ※拡大してご覧いただけます。

     「瓜割の滝」の名称の由来は・・・・
     あまりの水の冷たさに瓜が割れてしまったという伝説から付けられたそうです。
     瓜割の水は名水100選にも選ばれているそうです。

20110504_099

         この日は結構、蒸し暑かったので川辺でしばらく休憩です。

天徳寺

20110504_074

         瓜割の滝へ向う遊歩道の途中にあるお寺さんです。
         とっても古そうなお寺さんなので一寸見学です。

20110504_109
天徳寺庭園

松尾寺駅(木造駅舎)京都府舞鶴市

       近頃、木造駅舎が懐かしく思われてなりません。
       今日のドライブコース沿いに木造駅舎はないものか?と探したところ
       松尾寺駅(まつおのおでら)という駅舎がありました。
       R27で福井県から京都府舞鶴市に入ってすぐのところにあります。
       R27号線から少し横道に入った場所でわかりやすい所にありました。

20110504_150

          松尾駅(まつのおでら)はJR西日本の小浜線の駅です。

20110504_119

      良い雰囲気の駅舎ですね。とても懐かしい気がします。
      近代化された冷たい感じの駅とは違い、駅舎そのものから温か味を感じます。
      でも、ちょっと綺麗過ぎるんじゃない?と思い調べてみると・・・・・・・

                1922年(大正11年)12月20日開業
                1986年(昭和61年)11月 無人駅となる。
                2008年(平成20年)11月 舞鶴市が駅舎の改修に着工。

              と、このように今の駅舎は歴史を経てきたんですね。

20110504_122

     駅舎内も懐かしいです。
     無人駅なのが少し寂しいですね。駅長さんがいらっしゃればもっと素敵なのに・・・・・
     たとえば高倉健さんのような駅長さん☆

20110504_121

            時刻表を見てみると1時間に一本。
            まったく電車が来ない時間帯もありますね。

20110504_126

       プラットホームに上ってみると此方には木造の待合室がありました。

20110504_127

            待合室内部です。
            どんな人がここで電車を待つのでしょう・・・・。

20110504_128

20110504_130

           私は撮り鉄ではありませんが^^;
           もうすぐ電車が入ってくると言うので待つことにしました。

20110504_141

     電車が入ってきましたが、乗る人もいなければ降りる人もいませんでした。

20110504_144

20110504_132
プラットホームから見た駅舎

20110504_152

           駅舎の前には川と田園です。
           この長閑な風景も木造駅舎とマッチしています。

舞鶴・引揚記念公園の八重桜

20110504_177

         引揚記念公園の八重桜が満開だというので来て見ました。
         これが今年最後のお花見になるのでしょうか?

20110504_171

20110504_166

              八重桜の濃いピンクのトンネルです。

20110504_159

              公園山頂付近、舞鶴湾が見えてきました。

20110504_165
公園山頂広場・平和の群像

20110504_164
クレインブリッジ

       今日予定していたところは全て見終えました。
       何処かで温泉に入って帰りましょう・・・・。

あやべ温泉「二王の湯」 (京都府綾部市)

        前から気になっていた あやべ温泉。
        R27号線、山家から府道1号線を小浜方面へ向う途中にあります。
        集落と田園、山に囲まれた長閑な道です。

20110504_179
二王館

             此方は、あやべ温泉の宿泊施設棟です。
             レストランや売店もあります。

20110504_182
二王の湯

              そして隣に温泉施設「二王の湯」があります。

20110504_184

     中に入ると凄い人。
     脱衣所にあるロッカーの人数しか入浴できず、15分程度の待ち時間。
     「どうする?」
     「せっかく来たから待とうか?」
     待つことが苦手な我が家も初めての温泉には是非、入ってみたくって待ちました。

  浴室に入ると湯船が三つ、ありました。
  温泉の湯、薬湯、露天風呂、そしてサウナです。

      温泉の泉質は、ナトリウム一炭酸水素塩泉(重曹泉)
                美人の湯と呼ばれているそうです。
                ちょっと茶色ぽい色のお湯で、ぬるめでした。
      薬湯は、数種類の生薬を配合したお湯で、結構薬草の匂いがします。
      露天風呂からは、自然豊かな森や遠くに集落も見え良い景色でした。

            入浴料金: 平日・・・・・・・・・・大人400円 / 小学生以下200円
                    土・日・祝・・・・・大人500円 / 小学生以下200円

                   なかなか良いお湯でした☆

20110504_193

     帰り道で撮った写真です。
     本当は夕日に染まる空を映した田んぼを撮りたかったのですが
     やはり黄砂でダメでした、、、、、、、^^;

         明日は何処へ行こうかな?

                                                  つづく

                                        ※日帰り観光日:2011年5月4日(水)

お知らせ:フォトアルバム「2011心にとめてⅡ」をサイドバーの一番下にUPしました。
      2011年 3月、4月に撮影した写真です。
      時間のあるときにでも、ご覧いただければ幸いです。宜しくお願い致します。

« 熊川宿から三方五湖へ | トップページ | かやぶきの里から花背へ »

京都散策と京都の話」カテゴリの記事

北陸」カテゴリの記事

日帰り旅」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

面白い駅舎を見つけましたね!
写真を良く見ると建物の外に筋交い(表に付けてあるからつっかい棒と言った方が良さそうな)が有り、歴史を感じます。
元々有ったのか傾いてきたので後から付けたのか?
それだけでブログ一つ書けそうです。
変な所に拘ってカキコしてしまいました。
スミマセン、、、

こんにちは、ニャンさん。

撮り鉄ならずとも、
ノスタルジーに浸るには十分な雰囲気の木造駅舎ですね。
一日の乗降客は何人おられるのでしょう?
おじいちゃん・おばあちゃん・学生・・?かな。
誰も、降りも乗りもしなかっただけに、いろいろ想像しちゃいますね。
すごく、綺麗に、大事にされている様子、
周辺の方の人柄が偲ばれます。

黄砂の影響!?
田んぼに映り込む夕焼け、残念でしたが、
いつか、きっと・・(*^^)v です。

瓜割の滝からの涼風も、ありがとうございました。^_^

よし坊様

今週は連日のブログアップでしたが、お付き合いいただきありがとうございました。^^
最近は木造駅舎も少なくなり、一寸寂しいです。
筋交い、本当ですね。これがあると尚更、歴史を感じますね。^^
写真をじっくり見ていただいたようで、とても、嬉しいです。
できれば、旅先や出かけた先で木造駅舎があれば撮りためてみたいと密かに思っています。
昨夜、たまたま、天竜浜名湖鉄道をテレビでみたのですが、
駅舎や鉄橋が国登録有形文化財にしていされていて、是非、乗ってみたい!
撮ってみたいと思ったところです。
今更ではありますが、静岡県は奥深い見所が多いと感じました。
ありがとうございました。^^

moo様

こんにちは。何時もありがとうございます。^^

今から35~6年前?小浜線に乗ったことを今、思い出しました。
福井県の和田高浜に家族で海水浴旅行に行った時でした。
はっきりは思い出せませんが、週末でかなり混んでいた記憶があります^^;
でもそれは随分昔の事で、今は乗客は少なくなっているんでしょうね?
利用者はおっしゃるように、おじいちゃん、おばあちゃん、学生さんなんだと私も思います。
Wikipediaによると2009年度で1日の平均乗車人員は44人だったそうです。

田んぼに映り込む夕焼け、ここ最近ず~っと狙っているのですが、いずれも空振りです、、、^^;
今日も久々の良いお天気なのに、またしても黄砂に霞んでいる京都です、、、、^^;
ありがとうございました。^^


 きれいな水ですね。
 おいしそう。

 別所線の風景にどこかしら似ているな~、と思いながら拝見していました。
 乗降客が減少すると
 「廃線」のふた文字が忍び寄ってくる昨今ですが、
 頑張って残ってほしいですね。
 こういう風景こそが日本人の心の拠りどころですものね。

 ロッカーの数しか入浴できずに待つ温泉ですか?!
 それはまた珍しいですね(*_*)
 待っている人のことを考えるとあせってしまいそうですね。
 日帰り温泉のレポートは難しいです。
 浴室の写真はまず撮れませんし・・・
 ご紹介したい日帰り温泉もあるのですが、なかなか・・・
 機会を待って挑戦したいと思っています!(^^)!

うつきよう様

何時もありがとうございます。^^
瓜割の水は、駐車場のところで売られています。
飲んではいませんが、美味しいと思います。

別所線、雰囲気が似ているかも知れません。
お正月に別所温泉に行った時、駅舎を撮りたかったのですが
初詣の人の多さで断念、、、、何時か撮ろうと思っています。
そして長野電鉄の駅舎も良いですね。
松尾寺駅も残して欲しい駅舎です。^^

日帰り温泉のレポートは難しいですね^^;
人の切れ間がないので浴室内の写真も撮れません、、、、。
うつきよう様の日帰り温泉レポート、何時かチャレンジお願いします。
楽しみにしています。日帰り温泉好きです☆
ありがとうございました。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/39936587

この記事へのトラックバック一覧です: 滝と木造駅舎と八重桜と温泉:

« 熊川宿から三方五湖へ | トップページ | かやぶきの里から花背へ »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ