« 琵琶湖・湖西 | トップページ | 京歩き13-咲いた!咲いた! »

2011年4月 7日 (木)

夕桜

20110402_182
京都・岡崎・枝垂桜

2011年4月3日(日)

滋賀県からの帰り道、岡崎に桜を見に行きました。
滋賀県から京都市内への道は大渋滞でした。
それより更に混んでいたのが京都市内から高速へ続く道。
殆ど動いていないんじゃないか?と思うほどでした。

岡崎に着いた頃には、夕日の時間帯でした。
夕日に照らされた枝垂桜がより深い紅色に染まり、とても綺麗でした。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

20110402_184
京都・岡崎・枝垂桜

この周辺で一番の見頃をむかえていたのがこの枝垂桜でした。

20110402_193
京都市内・岡崎疎水

岡崎の疎水でよく咲いている桜の木を探しました。
今年の桜は例年以上に花の開きにバラツキがある気がします。

20110402_190_2
京都・岡崎疎水

20110402_197
京都市内・岡崎疎水

今年は正直なところ、余りお花見気分ではありませんが
一年一度の桜を静かに見たいと思います。

                                             おわり

                              ※観光日:2011年4月3日(日)

« 琵琶湖・湖西 | トップページ | 京歩き13-咲いた!咲いた! »

京都散策と京都の話」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

「夕桜」 始めて聞きましたが、
最初の写真にピッタシ!です。(^_-)-☆
丁度いい時間帯に間に合いましたね。
陰影が、妖しさと華やかさを引き立てているように思えます。
ここぞと、咲き誇っているのだから、
この時期、ドンチャン騒ぎはともかく、
みんなで、ちゃんと、見てあげないといけませんね。^_^;

夕桜鑑賞、こころのどこかが火照ってくるような、ひと時、
ありがとうございました。^_^

moo様

こんにちは。
はい!私も「夕桜」はじめて書きました、、、、
「夜桜」と言う言葉があるから
夕方に見る「夕桜」という言葉があってもいいかな?と思ったのです^^;
ありがとうございます。^^

岡崎に向う道も混雑してて、何時もの倍以上の時間がかかり
少しイライラしましたが、結果的には良い時間になりました。
混雑した道に感謝です。^^

この枝垂桜、毎年見に来られる方も多いようです。
建設予定地なのか?塀で囲われていて全貌が見えないことが残念です。

今年は夜桜でのドンチャン騒ぎは自粛する方が多く
茶店のキャンセルが相次いでいると今朝の地方紙に載っていました。

せっかく咲いた桜、静かに鑑賞です。
ありがとうございました。^^

朝焼け、夕焼けの時間帯は被写体の色が赤みを帯び、なかなか自然感が出にくく、平素は撮影を敬遠しています。 拝見すると、見事に雰囲気が出ています。

私は京の紅葉は何度か見ましたが、サクラは未だ見たことがありません。こうしてブログを通して未だ見ぬ地の風情が拝見出来、嬉しいです。

今年は各地のサクラ見物も自粛するようですが、こうして静かにブログを通して見るのがよろしいですね。

私もブログ上で、自分なりの語句(造語)を使うことがあります。
いつぞや 秋の七草すべてを撮って載せたとき 「完撮」 (完全撮影の意) という言葉を使ったら、始めて聞いたとのコメントを頂戴したことがあります。
お互いにどしどし使いましょう。ブログ上の流行語にもなれば、嬉しいことです。

ありがとうございました。

Hiro様

お褒めの言葉を頂戴し恐縮です。ありがとうございます。
実は早朝の撮影が一番好きなんです。
但し暗すぎたり逆光だったりと失敗続きですけどね・・・・^^;

紅葉とは違い、桜の見頃は短いので前もっての予約は難しいですね^^;
桜の元での宴会はかなりの自粛ムードですが、個人で桜見物の方は
例年と変わらないほど多いように思われます。
昨日、京都市内の木屋町や祇園白川の桜の撮影に出かけたのですが、
今日は日曜日?と錯覚してしまうほどの人出でした・・・。

五月上旬に京都にいらっしゃるとの事。
新緑なら高雄の青葉モミジが美しいかと思います。
お天気が良ければ青葉モジミのトンネルが輝き、
木漏れ日もとても美しく気分爽快です☆

自分なりの語句、難しいですが面白いですよね。
はい!どしどし使わせていただきます。
Hiro様のブログからカンニングしちゃうかも・・・・
その時はお許しくださいませ。
ありがとうございました。^^


いつの年か、京都へ花見に行き、あまりの人の多さに驚いた私に
息子が「京は九万九千(くまんくせん)くんじゅ(群衆)の花見かな」と
偉そうに芭蕉の句を教えてくれました。

「京都には家が九万九千あるといわれているが、
その家を出てきた人々が、尊いものも賤しいものも群れ集まって
花見を楽しんでいる」という意味らしいのですが、
今は、全国から京都に集まってくるのでしょうから、
もっと数が多くて、芭蕉もびっくりするはずです。(笑)

こうして自宅でニャン様の写真で夕桜を拝見するのが、極楽です。

shinmama様

お花見の時期は凄い人です。
自粛とは無縁のような、、、、、、
芭蕉の句、知りませんでした^^;
メモして覚えておきます。ありがとうございます。

名神高速へ続く渋滞を見たところでは、
おっしゃるように他府県からの方がかなり多いようです。
その日のうちに帰り付けないのでは?と余計な心配をしてしまいます。
お花見の期間は短いですから一斉にお集まりのようです・・・^^;

奈良県吉野の千本桜、この時期になると見に行きた~~い。
でも、渋滞を考えると怖くて行けません、、、、。
私も吉野の千本桜のブログを検索して
自宅でお花見をすることにします。

何時もコメントをいただき、ありがとうございます。
ありがとうございました。^^

 夕日が 照らす色は
 空も雲も海も山も、そして花も、
 清らかな寂しさを漂わせて、心に沁みます。
 それでいて埋み火のように
 心の芯に熱い思いも残していきます。
 刻々と色が変わっていく夕暮れはどんな景色も飽きません。
 桜もまた然り。
 美しいお写真です。
 ありがとうございました。

 東京は電力事情がありますから仕方ないとしても、
 ほかのところはそうまで自粛しなくても、と思います。
 和太鼓とかっぽれをやっている知人は、
 毎年お花見の時期は出番が多くて忙しいのに、
 「今年は暇で・・・」 と嘆いているそうです。
 どんちゃん騒ぎは好きではありませんが、
 花もだんごも楽しんで、
 年に一度の桜を愛でねば!
 まずはニャン様始め、皆様のブログとお写真で。

  

うつきよう様

夕日の美しい日は家事の手を休めベランダから眺める事があります。
見慣れたビルも影となり夕焼けの空を引き立てているかのようです。
これで早めに月でも昇れば最高ですね。

桜を夕刻に見に行く事は滅多に無いので
夕日に照らされた枝垂桜は美しく、何処か寂しげにも感じました。
心に余裕がないと夕日も朝日も眺める気になりません、、、。
皆が夕日や朝日を眺められる気分になれればいいな!と思います。

日本人の気質というかDNAというか?
こんな時に桜の下で宴会というのは、どうも後ろめたさを感じるのでしょう。
過度な自粛はやめて、被災しなかった地域の人は普段どうりに!と
テレビでも呼びかけていますが、余り効果が無いような・・・?
私も同じくドンチャン騒ぎは苦手ですが、花見団子は好きです。
今日は此方はお昼頃から雨の予報。花散らしの雨になるかも・・・・と伝えています。
長野はこれからが桜の見頃ですね。
お花見、楽しんでくださいね。
ありがとうございました。^^


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/39511300

この記事へのトラックバック一覧です: 夕桜:

« 琵琶湖・湖西 | トップページ | 京歩き13-咲いた!咲いた! »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ