« ブログデザイン リニューアル! | トップページ | 満開・・・そして散り行く櫻 »

2011年4月14日 (木)

壹銭洋食

20110319_097
所在地:京都市東山区祇園四条通縄手上ル

今日は気分を変えて、何時も私が話している言葉で文章を書かせてもらいます。
読み難いかもしれませんが、お許しを・・・・m(_ _)m

                注:私の言葉は純粋な京都弁ではありません。
                  大阪弁も混じっているかと思われます ^^;

『京都・東山祈りの灯り』を見に行った後、食事して帰ろかぁー
「何が食べたい?」と私
「そうやなぁ~鯖寿司がええなぁ~。お前は何がえぇねん。」と夫
「あたしは壹銭洋食が食べたい」
「何で祇園にきてるのに壹銭洋食やねん。」
「あほやなぁー祇園やから壹銭洋食なんやんかぁー。」
と、こんな調子で壹銭洋食へ行きました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

20110319_094

メニューもテーブルにちゃんと置かれています。

「メニューもって、写真撮るし」
「はい、はい、これでええか?」
「OK!」

「はい!メニュー開いて~!」

20110319_095

メニューはあるけどお品書きは これ  のみ!

わかりやす!シンプルやわぁー!

メニューには載っていませんが、ラムネや生ビールもあります。

店員さんは、「何にしましょ?」とは聞きません。
「いくつですかぁー?」と聞きはります。
いえ、決して歳を尋ねてはるわけやないんです。
「何枚ですか?」ということです。

20110319_093

はい。こちらが壹銭洋食です。
まぁー早よゆうたら、形を変えたお好み焼きみたいなものです。
昔から親しまれている味なんです。

具材は和牛、ねぎ、コンニャク、ちくわに半熟たまごなどで、たっぷりの刻みのり。
ソースは甘辛。
トロ~っとした半熟たまごとソースの相性がいいんです。
味は濃厚やのにあっさりしててビールやラムネにもよく合います。

結構、観光客や外人さんにも人気があるんです。
値段も安いし修学旅行生もきはります。
お土産に買っていかはるお客さんも多いです。

祇園と言う土地柄もあり平日はam3:00まで営業したはるから
飲みに行った帰りのお客さんも多いです。
私がはじめてこの店に行ったのも祇園で飲んだ帰りでした^^;

名物の味だけやのーて、店内もユニークというか ノスタルジックで
懐かしい雰囲気です。
本当は店内の写真撮りたかったんやけど、
ぎょーさんお客さんいはったし柄にも無く遠慮しました^^;

20110319_098
鴨川

この日の夜は寒かったのに
ご苦労さんな事に、カップルが行儀よう等間隔で座ってはりました。
この光景も鴨川名物?みたいなもんです。

20110319_099
先斗町

土曜日の夜やというのに先斗町は閑古鳥がないたはります。
震災の直後やからしゃーないやろけど寂しいわぁー。

読み難かったやろに、最後まで読んでもうて「おおきに・・・」

                                              おわり

« ブログデザイン リニューアル! | トップページ | 満開・・・そして散り行く櫻 »

グルメ」カテゴリの記事

京都散策と京都の話」カテゴリの記事

コメント

にゃんさまが 平素載せられるきれいな風景写真を楽しく拝見させて頂いていますが、このような京の先斗町の夜景も、また一段と情緒があり、ウットリとします。

京都だけでなく、震災の影響で全国各地の名所は閑古鳥が鳴いとるようどす。 早い時期の復興が望まれますな。

このブログで昔のことを思い出しました。これまでただいっぺん、京の 「一力」 に連れて行ってもろた経験があります。黒塗り高級車に白手袋の運転手付き黒塗り高級車で (笑)

情緒ゆかしいブログを拝見、 おおきに。

Hiro様

Hiro様の京都弁、いけてます。^^
方言にお付き合いいただき、おおきに、ありがとうさんです。

「一力」さんですか?凄いです!!
私が男やったら一度は行って見たいですが、どなたかの紹介がないといけへんやろし
外から眺めるだけで我慢しときます^^;

先斗町も新しい店が増え様変わりしましたが
あの狭い路地の両脇に店が並び石畳の道がいかにも京都らしい風情で好きです。
京都も例年に比べ観光客さんが減っています。
あっちも、こっちも閑古鳥が鳴いてたら「商売あがったりですわぁ~」と言う声が聞こえてきそうです。
皆さん景気回復にご協力をお頼みします!ですね!
ありがとうございました。^^


 ひと口に京都弁、大阪弁と言っても、地域ごとに細かい違いがあるのだそうですね。
 ニャン様の肉声で伺ってみたいです。
 東国に住んでいる人間にとっては、京都ことばは、京都の文化や風情とともに憧れの響きがあります。

 「壹銭洋食」、登録商標なんですね。
 昔はハイカラなジャパニーズ・ファスートフード だったんでしょうね。
 二つ折りのお好み焼きみたいでおいしそうです。

 京都でも観光客が減っているんですね。
 ましてや地方の観光地はてきめんです。
 別所温泉も相当数のキャンセルがあったそうです。
 あまりに莫大な復興費を思うと力が抜けますが、
 塵も積もれば、ですから、みんなで、使えるお金は使いましょう!
 


うつきよう様

純粋な京ことばを話せる人は、少なくなっていると思います。
特に私は、大阪や神戸の友人が多く何時の間にか言葉が混じったようです^^;
同じ関西弁でも地域により微妙にイントネーションも違います。
食べ物の呼び名が違う物もあるんです。

 「壹銭洋食」、そうです!そうです!ジャパニーズ・ファ-ストフードです。
これがね、結構クセになる美味しさなんです。^^

別所温泉もキャンセルですか、、、、、厳しい状況です、、、、、
京都も特に外国人の方のキャンセルが多く8~9割のキャンセルが出たそうです。
専門家の話によると秋頃には観光も戻るだろうと言っていましたが、どうでしょう??
体力の弱っていた旅館やお店、企業はそこまで持ちこたえるのも大変そうです。
これからの季節、新緑も美しい頃、できるだけ出かけたいです。
ありがとうございました。^^


こんにちは、ニャンさん。

壹銭洋食、間違いなく、私の好みの味のような気がします。^_^;
是非とも、ラムネを飲みながら、食べたいですね。
ご主人は、鯖寿司食べ損っちゃいましたね~!^_^;

土曜の夜、先斗町に閑古鳥・・、震災の大きさの現れですね。
昨日、横浜のスーパーへ行って、照明の暗さに、
「アッ! 節電だ!」と目の当たりにして、見にくかったのですが、
みんな力を合わせないと・・・、と心を新たにしました。

鴨川名物のカップル、
不謹慎かもしれませんが、
もう少し、等間隔が、ハッキリ分かるように写真に撮ったら面白いかも!?

美味しい情報、ありがとうございました。^_^


moo様

お帰りなさ~い!でもすぐにいってらっしゃい!ですね。
そうでしたか、、、横浜のスーパー暗かったんですね。
みんなが協力しなくてはいけないのですが、お店としては不自由でしょうね、、、、。
私も無駄な電気は、今回のことで消す習慣が付いたようです^^;

壹銭洋食、ラムネとよく合いますよ。
男性の方なら2枚食べる方もいらっしゃいます。京都にいらしたときは是非、お試しを☆

なるほど、鴨川のカップル今度撮る時は、等間隔がわかるように挑戦してみます。
夏場は、本当にカップルの数が凄いんですよ。
ある意味、芸術的影絵のようで面白そうですヽ(´▽`)/

ありがとうございました。^^ お気をつけていってらっしゃ~~い☆

こんにちわ、ニャンさん(^O^)
とっても京都弁がいいわ。とっても素直に伝わってきていいですね。
やっぱり標準語だと、伝わらないものってたくさんあると思うんです。特に地元の事はその地の言葉でないとね。
しばし、京都にいた気分になりました。そして、一緒にいただいた気がしましたよ~~。
ごちそうさま~。そしてありがとうございました(*^。^*)

慶さま

こんにちは。
ありがとうございます。^^
そういっていただけると嬉しいです。
文章を書く時、京都弁(関西弁)を標準語に直そうと思うとき、あれ?この言葉は何と書けばいいの?と思うことがあります。^^;
京都弁って結構、オブラートに包んだような言い回しの言葉があり、それを標準語に直すと妙に冷たい言葉になってしまうことがあります・・・・・。
「京はお口のべっぴんさん」とも言われ、褒められいるのやら、今の言葉本心?と疑われているような・・・・です^^;
また、京都弁で文章を書いて見たいと思います。
ありがとうございました。^^

ニャン様、こんにちは

初めまして

京都に住む、高兄と云います


久しぶりに、娘を連れて(小さな娘は、初壱銭洋食です^^)

壱銭洋食さんに行こうかと・・・何気にblog徘徊していまして・・・

御blogに、たどり着きました


とても、美味しそうで、宜しいねぇ^^


生粋の京ことば、話される方

確かに少のうなりましたね


私自身も、京都生まれですが、

色々、言葉が混じっている気がして、怪しいもんどすわ^^;

しかし、祇園町をぶらぶらしてると、不思議なもんで

廓言葉まで、飛び出してくる自分に驚いてます


初コメの、長文、乱文、堪忍してくださいね

高兄さま

はじめまして。
留守にしていて、お返事、遅くなり申し訳ありません。(かんにんです。)
ブログにお立ち寄りコメントをいただき、ありがとうございます。
京都の方からコメントを頂くのは初めてで、とっても嬉しいです。^^

お嬢さんと壱銭洋食、行かれました?
不思議と時々、無性に食したくなる味なんですよね。

京ことば高兄様もそうですか?
テレビの影響もあり知らず知らずの内に言葉が混じっているうようです、、、、
できる限り京都の言葉を守っていきたいですね。

私のブログ、長文コメント大歓迎です。ヽ(´▽`)/
また、お立ち寄りいただけると嬉しいです。よろしくお願い致します。
ありがとうございました。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/39534532

この記事へのトラックバック一覧です: 壹銭洋食:

« ブログデザイン リニューアル! | トップページ | 満開・・・そして散り行く櫻 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ