« 春の空とコブシの花 | トップページ | 小さな春―ドライブ後編 »

2011年4月 4日 (月)

小さな春-ドライブ前編

山里の小さな春(京都府福知山市三岳)

※今回、草花の名前はPCで検索し、なるべく書き込むよう努力しましたが
間違っている名前があればご指摘いただけるとありがたいです。
そして草花の名前が入っていない所は、教えていただけると嬉しいです。
手間のかかる私ですが、何卒よろしくお願い致します。m(_ _)m

Photo
ツクシ

今回のドライブ、目的は2つ。
1、ツクシを探す。そして観賞する。
2、丹後半島フルーツラインで梨や桃の花を観賞する。

2011年4月2日(土)
上記の目的を楽しむためにドライブにでかけました。
まずは、福知山三岳の「里の駅」へ。
福知山市と出石町や城崎温泉を結ぶ国道426号線沿いにあります。
此処であれば、今までの経験から今頃の時期「ツクシ」が見られるはず。
里の駅の駐車場に車を停めた直後、探すまでもなくすぐ側に「ツクシ」を発見!
第一目的は、すぐに果す事ができました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

Photo_2
ツクシ

「あっ!そこ足元気をつけて!」と夫。
そういわれて足元を見ると数え切れないぐらいのツクシ。
危ない!危ない!踏んじゃ可愛そう・・・気をつけて・・・と・・・・
小さい頃、ひぃーばあちゃんとよくツクシ採りに行きました。
買い物籠一杯のツクシ、ハカマを取って甘辛く卵とじで食べるのが大好きでした。
小さい頃の春の味覚です。

Photo_3
フキノトウ

Photo_4
フキノトウ

次に夫が見つけたのはフキノトウ。
もう伸びきっていてトウが立っていました。

Photo_6
オオイヌノフグリ

Photo_7
タンポポ

20110402_007

足元をよ~く見ると小さなが花がアチラコチラに咲いていました。

20110402_006
ソメイヨシノ

大きなソノメイヨシノの木がありましたが
蕾はまだまだ固いようです。

Photo_8
水仙

国道426号線を更に兵庫県へ向ってドライブ。
京都府と兵庫県の県境にあたる登尾トンネルを抜けると・・・・・

20110402_027
国道426号線(兵庫県・但東町)

うぁ~まだ、雪が残っているじゃありませんか!
これには驚きでした。

20110402_024
国道426号線沿い(兵庫県・但東町)

この冬、この辺りはかなりの積雪量だったんでしょうね。

20110402_029
兵庫県・但東町太田

兵庫県に入ると雲は更に厚く、山の山頂付近は雨でも降っているのでしょう。
曇り空で一寸さえない色合いですが梅の花が満開でした。

20110402_035
兵庫県・但東町太田

ありがとう!優しく親切なおじさん(丹後半島フルーツライン

20110402_058
梨畑

次に向ったのが丹後半島。
第二の目的である梨と桃の花を見に行きました。
ところがご覧のとおり、梨の花は咲いていません、、、、
桃の花も咲いていませんでした、、、。

私は始めこの木が梨だと思わずブドウかな?と思っていました。
夫は梨の木だ!と言います。
そこで、作業をしておられた梨畑のおじさんに確かめてみようと言うことになりました。

「お仕事中すみません。この木は何の木ですか?」と訪ねてみました。
「この木は梨の木です。」と優しそうなおじさん、ニコニコしながら教えて下さいました。
「花はまだ、咲かないんですか?」
「後、一週間ぐらいで咲くんじゃないかと思ってるんです。」

その後もおじさんは作業の手を休め、
●今日は梨の蕾の選定をしていると言う事
●梨の選定の仕方
新興梨(シンコウナシ)や二十世紀梨などを栽培していると言う事。
などなどを親切丁寧に教えてくださいました。

20110402_057
新興梨の蕾

この新興梨の蕾は一番先に選定し、一番最後に収穫するそうです。

20110402_059
新興梨の蕾の中心部

梨の蕾を指先で揉み落とすと中心部にあるのが梨の実だそうです。
この小さな実が受粉し梨へと育っていくそうです。

昨年の今頃は梨の花も桃の花も満開でとても綺麗だったんです。
でも、その時はカメラが修理中で一枚も写真を撮れませんでした^^;
おじさんの話によると昨年は特別花が咲くのが早かったそうです。
今年も梨や桃の花が撮影できなくってとても残念でしたが
優しく親切な方にお会いでき、写真以上の思い出ができた気がします。

おじさん、親切に教えてくださりありがとうございました。
優しい笑顔、とても温かく素敵でした。

梨が豊作である事を願っています。
そして今年は新興梨、絶対に買いにきます。

                                              つづく

                               ※観光日:2011年4月2日(土)

« 春の空とコブシの花 | トップページ | 小さな春―ドライブ後編 »

ドライブ」カテゴリの記事

京都散策と京都の話」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

丹後半島、まだ、雪が残っているんですね。
やはり、日本海側は雪が多いんでしょうか!?

遠目には、殺風景でも、
足元を見ても、花を見ても、そこここに、春ですね~!
ツクシって、食べらるんですね。
開田でも、名古屋方面から見えた方が、ツクシを摘んでいました。
ハカマをとって、卵とじですか!?
たくさん採れたら、やってみようかな?

シンコウナシ、初めて聞きましたが、どんなでしょう?
親切なおじさんの梨、豊作だといいですね。

山里の小さな春、そして親切なおじさんと出会い、
ありがとうございました。^_^

moo様

こんにちは。
もうさすがに雪は無いだろうと思っていました。
が、甘かったです・・・・^^;
この冬、積った雪が根雪で残り先週、市内でも吹雪いた時に
新たに積ったのかな?と勝手に想像しています。
今年の冬は丹後半島も久々の大雪だったようです。

気をつけて歩かないと踏んじゃうような小さな花ですが
春を感じるには充分な気もします。^^

ツクシ「里の駅にはハカマを取った状態でパック入りにし売られていました。
味は、少し苦味があった気がします。
『つくしの卵とじレシピ』
①ハカマを取った後、何度も水を替えながらよ~く洗う。
②タップリのお湯で湯がく。
③湯がいたつくしを水で30分ぐらいさらす。
④つくしの水気を絞り、つくしを食べやすい大きさに切る。
⑤だし汁と調味料(砂糖、味醂、醤油)で煮て、最後に卵でとじる。
一度、試してみてください。^^

シンコウナシ私も食べた記憶が無いんです。
でも、おじさんイチオシの梨のようでした。
今年は是非とも買って食したいと思っています。
シンコウナシを食したらおじさんの素敵な笑顔を思い出しそうです☆

mooさん、何時もコメントをありがとうございます。
ありがとうございました。^^

つくしのハカマを取ると、指先がアクで真っ黒になるんですよね。
はかまが取ってあるのは親切ですね。

私もニャン様と同じ料理方法で食べていました。

最近、群生している場所に行かないので食べなくなりましたが、
ちょっと苦みがあるのがいいと息子が大好きな料理でしたので、
せっせと指先を黒くしていました。

早くしないと、穂先が開いてしまって美味しくないんですよね。

春の草花より、食べるコメントになってしまいました。(笑)

 春ですね~♪

 ツクシの酢の物を頂いたことがあります。
 淡いピンク色でオツな味でした。
 我が家の庭にはスギナは出るんですけど・・・

 トウがたったふきのとうは、花を摘んで、茎の部分をフキと同じように食べると美味しい、と友人が言います。
 彼女は山にふきのとうを採りに行くと、トウがたったふきのとうもせっせと採ってきます。

 千葉在住の母の友人から、毎年新興梨が届きます。
 梨の中では一番遅く、
 とおーっても玉が大きいです。
 ひと箱に5~6個くらいしかはいっていないので
 こっそり食べるわけにいかないんですよね~^^;

 春の野はいいですね。
 ついつい下ばかり見てしまいます(^^)

 

shinmama様

つくしの卵とじ、食べなくなってもう随分と時が経ちます。
おっしゃるように群生している場所へ行かないと
食材として使えるほど採れませんね・・・。

フキノトウやわらび、つくしなど山菜もスーパーで売っている時代。
つくしは料理屋さんで春の味覚として八寸などに印し程度に添えられているのを
食べる程度です・・・・^^;

今回、見たツクシ穂先が開いた物が多かったです。
そうなると旨みは半減・・・・。
意外と旬の時期は短いですね。

ありがとうございました。^^

うつきよう様

寒い寒いと言いながらもホント春ですね。

トウが立ったフキノトウも食べられるんですね。
それは知りませんでした・・・。
トウが立ったらエグミが出るんじゃないかなぁー?
だから食べられない、そう思い込んでいました。

新興梨、こっそり内緒で食べちゃったらばれるぐらいに大きいんですね。
食べごたえありそうです。
今年は是非、買ってみます。
梨も種類が増えましたね。
一昔前なら関西では20世紀やチョウジュウロウが主流だった気がします。
近頃ではチョウジュウロウは見かけなくなりました、、、、、^^;

春の野山は、味覚も一杯。
本当はそういったものを積極的に食した方が
体には優しくいいんだろうなぁ~と近頃感じています。

ありがとうございました。^^


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/39483059

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな春-ドライブ前編:

« 春の空とコブシの花 | トップページ | 小さな春―ドライブ後編 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ