« 京歩き12後編-花を求めて | トップページ | 幻日の彩雲-願いを込めて »

2011年3月16日 (水)

心が痛む日々

このたびの巨大地震により被害を受けられた皆様へ
心からお見舞い申し上げます。
そして、お亡くなりになれた皆様のご冥福を
心よりお祈り申し上げます。

今回の巨大地震、報道を見るたびに本当にこの世で起こったことなのか?
この世には神も仏もないものなのか?と心を痛めております。
しばらくはブログ更新する気にもなれず、一人でも多くの方々が救出される事を
祈りながらテレビを見ていました・・・・。
あちらこちらで地震が起こり、余震が続く中、昨夜の静岡での大きな地震。
静岡にも原子力発電所があり心配しましたが、此方は異常なしとの報道。
少し安心致しました。
それにしても東電や政府の対応は一体どうなっているんだ!と腹が立つばかりです。

被災地の皆様、どうか頑張って下さい。
一日でも早く復興できることを心から願っております。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

2005319

昨日の朝、東京の叔母から電話がありました。
買物に行ったら食料品の売り切れが続出していて
食料品が買えなかったので送って欲しいとSOS!

お米だけは何とか探し当て確保できたらしいのですが
それ以外の物が手にはいらなかったそうです。
叔母も87歳。
その叔母がお米を手に入れるのに何軒も店を探すのは大変だったと思います。

昨日は夫が会社を休んでいたので二人で大型スーパーに買物に行きました。
送って欲しいと頼まれた食品の殆どは買うことが出来たのですが
頼まれていたミネラルウォーターがほぼ品切れ!売り場はガラ~ンとしていました。
残っていたミネラルウォーター2Lを2本と500ml・3本を買うことが出来ました。
被災地から遠く離れた京都でまさかミネラルウォーターが品切れとは・・・・。
正直なところ、この状況には驚きました。

売り場の方に聞いてみると震災直後から箱単位でミネラルウォーターを
買っていかれる方が多かったそうです。
私はてっきり災害に備えての買い溜めか?と思っていたのですが
その多くは、親戚等に送るためのものだったようです。

私達は買った物をスーパーに置かれているダンボールに詰め込み荷造りをしました。
周りを見ると買った食品を荷造りしている方が何人も居られました。
皆さん親戚等に送られるのでしょう。

そして宅急便で発送。
ところが宅急便も正常に機能していないらしく
関東方面への荷物は何時届けられるか約束できないとの事!
何軒か宅急便会社に電話し、やっと翌日届けてくれる所を見つけ持ち込んだのです。
そこにはやはり多くの方が荷物を持ち込んでおられました。

被災地の方々の不安は勿論の事、原発地域の方々の不安。
計画停電地域の方々の不安・・・・。
食料品や飲料水の品切れ、ガソリン不足に高騰・・・
今、多くのことが異常事態となって居ますが
皆が協力し合い、この危機を乗り越えていかなければならないと
今、強く感じています。

                                              ニャン

« 京歩き12後編-花を求めて | トップページ | 幻日の彩雲-願いを込めて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ニャンさまの shinmamaさまへのコメントを拝見で、お気持ちを察することが出来ました。

遠く離れた広島の地でさえ、乾電池の売り切れ、トイレットペーパーの品薄と、近所の店舗では少々困り顔です。

一方、見聞きする報道は震災被害一色、しかも地震がプレートに沿って南下しているのではの感じがします。首都圏がこれ以上災害に巻き込まれたら!

これまで撮り集めた写真で、たとえ小さな声が届かなくてもと、しばらくは被災者の方々の元気を鼓舞するような内容で、エールを送りたいと思っています。

こんな時期に突然コメントをして失礼しました。

Hiro様

コメントをいただき、ありがとうございます。
偉そうなことをブログに書いておきながら
なすすべもなく報道を見聞きし、何となく落ち込んでいる自分が
情けなく思います・・・・。
被災者の方々の事を思えば、今、何ひとつとして不自由なく暮らせているというのに。
まったくもって情けないです、、、、。

広島でも品薄状態なんですね。
政府もこういった件に関しても、もっと呼びかけをするべきではないでしょうか?
新たな混乱が起こることが心配です。
今、強いメッセージを発信できる政治家が必要なのでは?とも思います。

震源地の南下、専門家は関連は無いとは言いますが、
東南海地震はやはり気がかかりでなりません。

私も元気を出してエールを送りたいと思います。
ありがとうございました。

事実が知りたい。
報道に惑わされたくない。
情報を鵜呑みにしたくない。

しかし、目の前の事実をきちんと受け止めるためには、
あまりに自分の知識がなく、難しいことでした。

そして、順調なときは、「仕方ないか」と我慢できることも、
想像すらできなかったことが起こると、
「仕方ないでは済まされないぞ」と我慢できなくなる自分がいました。

説明責任を問う前に、説明されてわかるだけの人間になりたいと
ここ数日は悔しい思いをしています。

shinamama様

コメントをいただき、ありがとうございます。
自然界の猛威を見せ付けられた気がしています。
誰がこれほどまでの被害を予測できたでしょうか・・・

現地の様子を知るには報道機関を頼ることしかないのが現実ですね。
特に原発に関して、私もまったく知識が無く
東電や政府の説明会見を聞く度に何を言っているのか?
何が言いたいのか?
危険なのか?大丈夫なのか?もまったくわからず、苛立つばかりでした。
少なくとも誰が聞いてもわかるような言葉で説明して欲しいと思いました。

説明されてわかるだけの人間になりたい!
shinmama様の向上心には頭が下がる思いです。
私も見習いたいと思います。
ありがとうございました。


こんばんは、ニャンさん。

東京から、SOS!とは、驚きました。
そして、京都で品薄、にも。

買いだめ、ではなく、被災地の親戚等に送るため!?
確かに、被災地、その周辺では、品物が無いのでしょう。
しかし、絶対量は十分にあると思うのです。
ただ、交通が遮断されているため、届かないだけ、
のような気がするのですが・・。
冷静に!落ち着いて!と言いたいですね。

今、一番つらい思いをしているのは、
被災地の方々だと思います。
その方々の為にも、
冷静に行動したいものですね。

叔母様への品物、
翌日に届いてくれると、良いですね。

 毎日TVを見てはため息ばかり。
 本当に元気でません。
 上田は原発から260キロくらいです。 放射線濃度は平常より3倍くらい多い値ですが、全く問題ありません。
 ニュースで見ていたら、30キロまでの屋内退避区域にはだれも物資を届けてくれないのだそうです。
 市長さんや、残って老人福祉施設でお年寄りの面倒を見ている若い職員の方の悲鳴のような訴えが気の毒で、気の毒で。
 命令をだしたのは国です。 国が責任をもつべきではありませんか!
 また、避難所でインタビューしたのが、たまたまご主人が東電の社員だという奥さんでしたが、ご主人からのメールはとても厳しい内容だったそうです。
 その内容はおっしゃられませんでしたが、「生き延びてほしい。 しばらく帰れない」 とあったと。 ある程度覚悟はしている、という奥さんの声が震えて・・・泣けました。
 現場は命を賭しているのに・・・東電しっかりして!
 すみません。 ニャン様に訴えてもしかたのないことなのに。
 上田でも、水、乾電池、カップ麺、姿を消しました。 
 被災地のためなら我慢も協力もします。 でも、それが一部の人の買占めのせいとなると・・・
 すみません。 また愚痴ってしまいました。

moo様

コメントをいただき、ありがとうございます。
叔母に送った品物は昨日(16日)のお昼前に無事、届きました。
ご心配いただき、ありがとうございます。
叔母は87歳ですが叔父は94歳です。
年寄り二人ですから、そう多くの食料品が必要なわけではないのです。
その二人分の食料が手に入らないというのは、
本当に異常なことだと思います。

今朝も報道番組で言っていましたが、
おっしゃるように食料品などの絶対量はあるが
輸送困難等で品切れになっているようですね。
政府は、そういったことも早い段階で国民に知らせ
買占めしないよう呼びかけ安心感を与えるべきだったと思います。
被災地域でない方はどうか買占めをしないで欲しいです。

これから先、復興に向け協力し合って行きたいものですね。

うつきよう様

コメントをいただき、ありがとうございます。
長野県でも大きな地震があり、上田も揺れたのではないですか?
どうか、お気をつけ下さいね。

被災者の方々の中には、東電にお勤めの方も多いと聞きました。
インタビューを受けられた奥様や
現場で命がけで作業をされている方々の事を思うと心が痛くなりますね・・・。
お偉い方は、何を考えているのか・・・怒りがこみ上げてきます。

避難勧告、もっと早くに今の距離まで出すべきだったのでは?と思います。
何時も国は後手後手です!
救える命を救う、そのあたりまえの事ができていない。
国は自分の命を駆ける覚悟で、責任をもって行動してもらいたいです。

上田でも品薄ですか・・・・。
不要な買占めは、やめて欲しいです。
いえいえ、どんどん訴えてください!
今回の事で私も元気がでなかったり、テレビを見ては涙がこぼれたり
行き場のない怒りを感じたりしています・・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/39247073

この記事へのトラックバック一覧です: 心が痛む日々:

« 京歩き12後編-花を求めて | トップページ | 幻日の彩雲-願いを込めて »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ