« 清水寺へ | トップページ | 「旅41-2」 妖精たちの朝 »

2011年2月 8日 (火)

「旅41-1」 かまくらまつり・開田高原

201102050607_004
長野県・国道19号線

2011年2月5日(土)

当初、山口県へ旅行の予定でしたが開田高原で「かまくらまつり」が行われると言う
ので旅行先を開田高原へ変更しました。

京都を出る時、空は晴れわたっているのに春霞のような見晴らしの悪さ。
南木曽に入ると霞は消えクリーンな風景、中央アルプスが綺麗に見えていました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

201102050607_008 201102050607_009
すんき茶漬け

開田高原へ向う国道361号線沿いの「つけもの茶屋」というお店で昼食。
私の大好きな「すんき茶漬け」(350円)を注文しました。
お皿に入った“すんき”とゴマを温かい御飯の上に乗せ、お茶ではなく出し汁をかけ
て頂くと言うもの。
シンプルだけど最高に美味しいお茶漬けでした。
お漬物は試食コーナーから好きなものを選びお茶漬けと一緒に!
右側写真の一番左は「えりんぎの山葵マヨネーズ」これが又、ピリット辛くて美味しか
ったです。

『すんき』とは?
木曽の赤かぶの葉を複数の乳酸菌で発酵させた、無塩の漬物です。
独特の酸味と旨みがあります。

201102050607_010
九蔵峠

開田高原も何となく霞がかかっていました。
御嶽山もぼんやり霞んでいます。

201102050607_019
開田高原「かまくらまつり」(西野下栗尾農道)

「かまくらまつり」会場に到着。
想像以上に沢山の方がこられていました。

201102050607_061
かまくらまつり

大小幾つもの「かまくら」、巨大雪だるまに雪の滑り台。
子供達の満面の笑み、楽しそうです。

201102050607_060
かまくら

私達もかまくらの中へ。
童心にかえったように、ワクワク。

201102050607_028
馬ぞり

ソリを引くのは、もちろん木曽馬。
只今、ウォーミングアップ中!

201102050607_035
馬ゾリ

では、お客さんを乗せて出発~!

201102050607_024
スノーシュー体験

この他にもスノーモービル乗車体験・かまくら作り体験・たこあげなどがありますが
驚いた事に全て無料で体験できます。
ちなみに駐車料金も無料、開田高原太っ腹です。^^

201102050607_045
宝さがし

今度は子供たちの宝探しが始まるようです。
雪原にお菓子がまかれています。
ヨ~イドン!の掛け声!

201102050607_050
宝探し

勢い余って転んでいる子もいます。
ちゃんとお菓子ゲットできたかな?

201102050607_055
巨大雪だるま

雪だるま、お化粧直し中のようです。

201102050607_062
かまくら内部

大きなかまくらの中へ入ると子供達が宝探しでゲットしたお菓子を食べていました。
「何処から来たの?」私が聞くと
「開田」との返事。地元の小学生だったのね~。
「カメラ好き?」とひとりの男の子が私のカメラを見ながらたずねます。
「好きよ」と答えると「僕も好き☆」と得意げ!君は将来カメラマンかな?
子供達の写真を撮らせてもらいました。
素直で元気な開田の子供達でした。^^

201102050607_070
雪山のぼり

開田高原の「かまくらまつり」ほのぼのとした良い「おまつり」でした。

201102050607_081
cafe KaZe

喉が渇いたので「cafe KaZe」へ。(開田高原西野)
御嶽山が見え、気さくなママさん。素敵なカフェでした。^^

201102050607_087_2 201102050607_092

道路わきに雪だるま。
裏表で表情が違うんです。上の写真2枚とも同じ雪だるま。
愛嬌があって可愛い表情です。

201102050607_108
柳又にて

201102050607_111
柳又にて

この日は日差しもあり暖かく、雪解けの水滴がポタポタ・・・・
早春の雪解けのような景色です。

201102050607_119
柳又にてハゼ

ハゼのある風景、いい感じです。

201102050607_124
木曽馬の里・コナラ

相変わらず御嶽山は霞んでいますが木曽馬の里ならではの風景です。

201102050607_154
つたや季の宿・風里にて

日が随分、西に傾きました。
では夕方の散歩に出発です!

201102050607_163
木曽馬の里・ブルーベリー畑(拡大してご覧いただけます)

夕日が白い雪を染めていきます。

201102050607_178
木曽馬の里・ブルーベリー畑

長~~く伸びたブルーベリーの影、夕日を映した雪面が優しく美しいです。

201102050607_183
木曽馬の里・コナラ(拡大してご覧いただけます)

静かで美しい夕暮れです。
何時までも見ていたい風景です。

201102050607_196
木曽馬の里・コナラ(拡大してご覧いただけます)

何時もはお喋り好きな私達も黙って落日の美しさを見ていました。

201102050607_221
つたや季の宿・風里にて

御嶽山の上には三日月。
宿の庭にもライトが灯りました。

この日の夜は満天の星空でした。
真夜中、目覚めた時、布団の中から流れ星を見ました。
一瞬の事で願い事をする間もありませんでした。^^;
欲張りな私は、流れ星が見られたら「○○の願い事が叶いますように・・・」と先にお
願いして星空を眺めていましたが、流れ星を見る前に眠ってしまいました、、、。

                                              つづく

                               ※旅行日:2011年2月5日(土)

« 清水寺へ | トップページ | 「旅41-2」 妖精たちの朝 »

」カテゴリの記事

開田高原」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

先日は、ありがとうございました。m(__)m

途中の風景は、かなり春っぽくなっていますね~!
開田でも、晴れるとすぐ路面の雪が無くなってしまうようになりました。
陽ざしが違ってきましたね。

すんきの食べ方、そういうのも美味しそうですね。
そのまま、醤油かけて、おしたし風に食べるか、
おそばに入れるか、
味噌汁くらいでしたので、今度試してみます。^_^;

「かまくら祭り」は、準備中か、祭りの後しか見たことないので、
ニャンさんの写真で、始めて、その様子が見れました。^_^;
天気が良かったので、
子供たちも、楽しそうです。

夕方まで、陽が隠れずよかったですね。
コナラと御岳と、太陽ピカッ!バッチリですね!(^_-)-☆
そうそう、そこに大きな穴が開いていましたよ~!
いやいや、嘘です。(笑)
かわいらしい足跡がたくさんありました。^_^;

エ~ッ!布団の中から流れ星~!?
それは、また、夢のようなお話ですね~。
願い事は、また、今度ですね。

冬を耐え、春を呼ぶ開田のつかの間の賑わい、
ありがとうございました。☆☆ー☆♪

moo様

こんにちは。
此方こそ先日はありがとうございました。m(_ _)m

すんきのお茶漬けだしは、うどんだしの少し薄目と言う感じでした。
私が言うのも変ですが、オススメの食べ方です^^

「かまくらまつり」楽しかったです。
地元のおじいちゃん、おばあちゃん、子供たちと少し
お話させていただきましたが皆さん暖かく優しい方ですね。
どんどん開田にはまって行きそうです。^^

今回は風里さん、何時もと違う1階の部屋にしたので
御嶽山の全貌が見えず
コナラの所まで夕日を見に行きましたが正解でした☆
可愛い足跡でしたか^^;
きっと誰かが余りにも大きな穴なので埋めてくださったのかもしれません^^;
カメラはお正月の時の状態のままで、
それ以上、壊れることはありませんでした(゚ー゚;
でも、カメラをかばった時、肩を少し痛めたようですが、此方も大丈夫です。
見てましたよ~。mooさんの背中すべり・・・大丈夫でしたか?

客室の窓はカーテン+障子で防寒対策なのですが
ウチは何時も窓ガラスだけ締めて寝ます。
だけど窓ガラスだけだど冷気が伝わり寒いです、、、、
それでも、星空が見たいからお布団を首元まで着てガマンガマン!
ひたすらガマンです^^;
お布団の中で流れ星なんて贅沢ですものね~^^☆

本当に楽しく美しい開田高原でした。
ありがとうございました。^^☆~☆☆


このところ雪に怯える暮らしをしていたので、
ヒャーっと叫んでしまいました。

この時期は、地域によって、大きな温度さがありますね。
瀬戸内でぬくぬくと暮らしていると人間がダメになりそうです。
(私です、ハイ。)

シャキッとするような環境が必要ですね。
寝ながらも、寒さに耐え、流れ星を見つけようとするニャン様は偉い!!!

shinmama様

今晩は~!
そうでしたね。shinmama様も極寒旅でしたね^^;

旅先だから寒さに耐えられる。
これが京都でなら絶対!外出したくありません、、、、
ましてや寒さに耐えて眠るなんて、とんでもないです!

流れ星の神秘と美しさは特別☆
金曜から京都も寒の戻り・・・・
耐えられるでしょうかc(>ω<)ゞ 心配ですぅ、、、、
ありがとうございました。^^

ニャンさん こんばんは♪

あれれ!?
2/5ですか!?!?
まさかと思いますが、かまくら祭りに行かれる前に
木曽馬の里にいらっしゃいませんでしたか?
京都ナンバーのお車の方がお見えになりました。
僕はその後、かまくら祭りに行きましたので、
ほぼ同じ時間帯にいたと思います。(^^ゞ
この日も充分なくらい感動的シーンがありましたが、
翌日はさらによかった様ですね。(^^)
開田の神様が微笑んでくれた様ですね。
どんどん開田にハマって下さい。僕も嬉しいです♪

 県内のニュースを見ていると、今週とか今月の行事の予定などが流れるコーナーがありますが、
 開田のかまくら祭りもありました。
 行事の内容が話題として映像になることもありますが、たいていは日時の予定だけ。
 かまくら祭りがどんなふうか、拝見できて良かったです。
 やっぱり知りたいですものね。

 6日の日曜までは長野県内も3月下旬の気温ということだったので、開田も日中の陽射しが暖かかったことと思います。
 でも日暮れての様子を拝見すると、空気はまだまだ冷たそうですね。
 ニャン様のお写真はいつ見てもすてきです。
 冬の風景なのに、見ていると心の芯がじーんと暖かくなってくるようです。
 ファインダーを覗いているニャン様のお気持ちが暖かいのでしょうね。
 ありがとうございました。

iraka様

木曽馬の里には、入らず「かまくらまつり」会場へ直行でした。^^;
木曽馬の里には、午後3時前に到着。
一本木亭前で数枚、撮影した後、宿でした。

旅行から戻った翌朝、irakaさんのブログを拝見☆
あっ!irakaさんも「かまくらまつり」と嬉しかったです♪
もしかしたらirakaさん赤いジャケット?着ておられませんでした??
雪だるまを撮影されていた赤いジャケットのカメラマンさん、
何となく気になり見てみてました。^^違うかな??

irakaさんが撮影された三岳の氷柱群の写真を拝見して
どうしても見たくなり、開田の帰り道に見てきました~^^v
氷柱には土が付きはじめ見頃を少し過ぎたようでしたが
凄かったです!!
この場所に出会えたのもirakaさんのお陰です。^^
ありがとうございました。^^

開田高原、どんどん、どんどん、底なし沼のようにハマッていっています。
ありがとうございました。ヽ(´▽`)/


うつきよう様

旅行に出るとほとんどテレビを付けないのですが、
朝はその地方の情報番組を見る事が時々あります。^^
テレビを見ながら「もう数日後に来れば、○○のイベントが見られたのに」と
思うことがあります、、、、

「かまくらまつり」は今年で三回目だったようですが、
入場者数が一番多かったと聞きました。
何時もは静かな開田もこの日は子供たちの歓声が聞え
小春日和の中、とても楽しかったです。☆

さすがに陽が西に傾く頃にはジワジワと寒さが身に沁みました^^;
そういっていただけると寒かった事も転んだ痛さも忘れ、
とっても、嬉しいですヽ(´▽`)/ありがとうございます。
落日の美しさは最高でした~ ♪

今年は松茸の頃に上田行きを計画中です☆
又、色々と教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願い致しますm(_ _)m

ありがとうございました。(o^-^o)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/38787503

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅41-1」 かまくらまつり・開田高原:

« 清水寺へ | トップページ | 「旅41-2」 妖精たちの朝 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ