« 京歩き11-梅の木一本 | トップページ | 春めいて・丹後半島ドライブ »

2011年2月24日 (木)

「宿泊記27」 つたや季の宿・風里 特別室

201102050607_390
101号室(瑠璃草)よりの眺望

長野県・開田高原 「つたや季の宿 風里(かざり)」

何時も宿泊する露天風呂付の部屋は2011年1月6日~3月31日まで
部屋の露天風呂が使用できないとの事。
でも一室だけ露天風呂が利用出来る部屋がありました。
その部屋が今回、宿泊した特別室101号室・瑠璃草の部屋でした。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

201102050607_157
101号室(瑠璃草)・本間(10畳)

201102050607_404
101号室(瑠璃草)・本間からの眺望

部屋は10畳+6畳+洋間?+露天風呂という間取りになっています。
部屋は広いけれど御嶽山は見えるの?その点だけが少し不安でした。

201102050607_218
101号室(瑠璃草)の眺望(夕景)

2階の何時もの部屋のように御嶽山全貌とはいきませんが、
上の写真のような御嶽山が今回の部屋から見えました。

そして何より良かったのが、布団の中から星空が見えたことです。
布団の中から満天の星空を眺めたい方は、
カーテンと障子をあけたまま横になってみてください。
正直、冷気が伝わりかなり寒いですが、素晴しく美しい星空が見えます。
私はお布団の中で流れ星を見ました。

201102050607_133
101号室(瑠璃草)・洋間??

此方の部屋はカーテンをあければ庭の白樺が見えます。
この部屋、いいのですが足が冷たいのが難点。
床暖房だったらもっと良いのに・・・・・

201102050607_142
101号室(瑠璃草)・6畳の和室

201102050607_153
101号室(瑠璃草)

201102050607_145
101号室(瑠璃草)・露天風呂入口

露天風呂といっても庭に面しているので木作りの湯屋風になっています。

では中に入ってみます。

201102050607_148
101号室(瑠璃草)・露天風呂

さむい~、、、、、、
露天風呂に入るのに、かなりの勇気が要りそうです。

201102050607_405
101号室(瑠璃草)・露天風呂

それでも湯船に浸かってしまえば、こちらのもの。
体はポカポカ、顔はヒンヤリ、長湯になりそうです。

201102050607_147_2
101号室(瑠璃草)

お風呂上りに、ここで休めるようになっています。
でも、冬の夜や早朝は、ちょっと寒すぎます、、、、、

右側の木はバスロープやバスタオルなどをかけるようになっています。

201102050607_221
101号室(瑠璃草)からの眺望(残照)

庭に灯りが灯るとなかなかロマンチック。
残照に浮かび上がる御岳、美しいです。

201102050607_235
101号室(瑠璃草)からの眺望  ※拡大してご覧いただけます。

こんな美しい朝焼けの御嶽山も部屋から見ることが出来ました。

想像していた以上に快適に過せる良い部屋でした。
特に夫はとても気に入ったようです。
これからは、用途により2階の部屋と特別室を使い分けようと思っています。

                               ※宿泊日:2011年2月5日(土)

« 京歩き11-梅の木一本 | トップページ | 春めいて・丹後半島ドライブ »

宿泊記」カテゴリの記事

開田高原」カテゴリの記事

コメント


のんびりと、白銀の世界を眺め、遠くそびえる山を眺め、
惜しみなくかけ流す、露天の温泉につかる。

夜は静寂に包まれ、
流れ星を眺めているうちに
いつの間にか寝の谷へ、、。

心地よい日差しが差し込む朝、
ほっこりと温泉で体を温め、美味しい朝ごはんをいただく。

ここで私だったら、
「ご飯、お代わりしてもいいかなあ?」と 続くのですが、

主人公のニャン様の名セリフは何でしょうね?

きゃーー、いいな、いいな。

こんにちは、ニャンさん。

夢か?うつつか?流れ星~☆を布団の中からご覧になった部屋、
「瑠璃草の間」 いいですね~!

水車小屋と牧場風の柵、がいいですね~!
そして御岳も見え、ウッディーな露店風呂、
野趣も味わえる、良い部屋だと思います。
一階の部屋だからこその落ち着ける部屋、といった感じですね。
露店風呂からは、☆~☆は見えるのですか?

夢か?夢だよ!露店風呂から流れ星~☆いつの日か!!
いい宿、泊まった気分、ありがとうございました。☆☆~~☆

shinmama様

まもなく冬も終わろうとしていますが、
やはり雪景色は良いですよね。
shinmama様もこの冬は雪景色を堪能でしたね。^^

shinmama様のコメントを拝見しながら
あ~温泉へ行きた~い!と思いました。^^

夕食は勿論の事、旅先でいただく朝食は何故あんなに
美味しいのでしょうね?
私は朝、温泉に入った後、必ず言うのは
「お腹すいた~、今何時?」です(笑)

雪景色の旅も次の冬までお預け、そう思うと少し寂しいです、、、
ありがとうございました。(*^-^)

moo様

こんにちは。
「瑠璃草の間」良かったです。
同じ旅館でも部屋が変わると景色も雰囲気も変わるんですね。

水車小屋、冬の間は地下水が凍結するらしく
回っていなかったのが少し残念でした、、、^^;
そうなんですよ!
2階から見るより庭も広がりがあり、
牧場風の柵がいい感じでした^^
運がよければ、庭にやってくるキジやウサギも見られるそうです。

瑠璃草の間の露天風呂からは残念なことに☆~☆を
仰ぎ見る事はできないんです・・・。
僅かばかりの柵の間から景色や空を見ると言った感じです^^;
流れ星を眺めながらの露天風呂に入りたい時は
2階の部屋の方が良いようです☆

叶えて下さい、露天風呂からの流れ星 ^^v
ありがとうございました。☆☆~☆

 お布団から流れ星・・・いいですね~
 ところが、ふだんは宵っ張りのくせに、
 温泉に行くと起きていられないのです。
 夕食を済ませ、
 「ふ~、お腹いっぱ~い。 ちょっと休んで、お風呂・・・」
 その「ちょっと休んで」がいけません。
 もう眠くて眠くて・・・

 満天の星の煌きも、
 美しい朝焼けの感動も、
 ニャン様のお話とお写真にお世話になりっぱなしです。
 これからも聞かせて見せてくださ~いヽ(^。^)ノ
 それが楽しみです。

 五右衛門風呂ふうの露天風呂がいいですね。
 見るからにあたたまりそうです。
 寒いときの露天風呂の気持ちよさが
 次の冬までお預けになると思うと、
 ほんとうにちょっぴり寂しい気がします。

 次は春の露天風呂ですね。
 桜吹雪の中で入ってみたいです。

うつきよう様

そうなんですか~?!
普段、遅くまで起きてらっしゃるので旅先でも同じ・・と思ってました^^;
でも、よ~くわかります。
上げ膳据え膳、夕食の後片付けしなくてもいい!!
そう思うと気持がゆったりとし、眠気を誘うんですよね。(*v.v)。
これが又、気持いいんですよね。☆

桜吹雪の露天風呂、憧れです^^
関西だと桜吹雪といえば奈良県吉野。
一度でいいから満開~散り始めの頃に宿泊してみたい!
そう思っているのですが桜の時期は宿が取れません、、、、
かりに宿が取れても渋滞を考えると・・・・^^;
四季があると愛でる物が季節ごとに違い、良いです☆

満天の星やお月様の話、そして朝焼けの風景の写真。
そういっていただけると、はりきっちゃいます^^v
嬉しいです。

ありがとうございました。ヽ(´▽`)/


露天風呂の写真だけを見ると ウ〜サムッ、、、 と感じます。
しかし、特別室は特別室。我が家は一寸縁遠いかな〜ッ

庭に明かりが灯った日没の写真がなんとも表現が出来ないほどのロマンチズムを感じます。
表現しようとしていた意図が読み取れます。

よし坊様

露天風呂付の部屋がいい!何時も希望するのは夫です。
でも、部屋の露天風呂によく入っているのは私。(特に冬は・・・)
「露天風呂、入らないの?」と聞くと
「寒いから大浴場で温まってからにする」と返事がかえってきます。
彼にとっては部屋に露天風呂があるという事が
重要なようです、、、^^;

夕暮れ時の庭の明かりが灯リ出す頃が
一番ロマンチックで好きな時間帯です。
そういっていただけると、とても嬉しいです。
ありがとうございました。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/38987689

この記事へのトラックバック一覧です: 「宿泊記27」 つたや季の宿・風里 特別室:

« 京歩き11-梅の木一本 | トップページ | 春めいて・丹後半島ドライブ »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ