« 「旅41-3」 白川氷柱群 | トップページ | 「旅41-5」 冬空と春の色 »

2011年2月16日 (水)

「旅41-4」 自宅から向った先は・・・

201102050607_527
琵琶湖ホテル(琵琶湖側からの外観)

自宅のガレージでマイカーに乗り換え向った先は滋賀県大津の琵琶湖ホテル。
此方のホテルが今夜の宿泊先です。
自宅からホテルまで約30分。ホテル到着は午後7時半過ぎでした。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

201102050607_497
客室からの眺め

開田高原から戻りレンタカーを返却し、何故わざわざマイカーに乗り換え
再び旅に出たのか・・・・

理由1:レンタカー代が四輪駆動で料金が高く勿体無いから。
理由2:「琵琶湖ホテル」ルームチャージ1万円とお得なプランを見つけたから。
理由3:天然温泉の大浴場があるから。
理由4:琵琶湖の眺めがいいから。
以上4点が理由です。^^

201102050607_478
エコノミーツイン

客室は11階の角部屋で広さは33㎡でした。

201102050607_482
エコノミーツイン

部屋からは夜景が楽しめます。

201102050607_500
客室、西側からの眺め

大津周辺も随分と高層マンションが増えました。
その分、夜景は少し華やかになりました。

夕食は草津の「和彩・温」さんへ行こうと思っていましたが、さすがに長距離の移動、
疲れたのでホテル内で食べる事にしました。

ポルトガルフェアーの文字に誘われレストラン「ダイニング菜」へ。
大津港の夜景を眺めながらの食事でした。

201102050607_484 201102050607_485
201102050607_486 201102050607_489
201102050607_490 201102050607_491

ポルトガルワイン、普段馴染みがないワインなので飲んでみることに。
微炭酸のワインで、飲むたびに口の中がサッパリとして食がすすむワインでした。

こちらのレストラン、お箸でいただけるので気が張らなくていいです。^^;
デザートの前にひとくち程度のお茶漬けが出されたのですが、
これが又、美味しかったです。

チェックインの時に頂いたチケットを利用したのでお会計は10%OFF。
更にフランスパンプレゼントのチケット利用で1本お土産にいただきました。

201102050607_504_3
客室よりの眺め(拡大してごらんいただけます)

目が覚めると辺りは明るくなり始めていました。

停泊している船が見えますが
一番奥が ミシガン ・ 次が ビアンカ ・ 一番手前は、わかりません、、、

201102050607_506
客室よりの眺め

東の空がほんのり色付いていますが、曇り空。
朝日は期待できそうもなく、その上、霞がかかりボンヤリした景色です。

201102050607_522
ホテルの廊下

昨夜は温泉に入るまもなく眠ってしまったので、朝風呂に行ってきます。
此方のホテル、船をデザインされているのか?
廊下の窓は船をイメージさせる丸い窓になっています。

大浴場は琵琶湖を望む天然温泉「るりの湯」
泉質は? 単純温泉
効能は? 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・慢性消火器病 などだそうです。
小さいながらも琵琶湖を望める露天風呂もあります。
霞のかかった琵琶湖の景色を眺めながらの~んびり、ぬくぬく~♪

201102050607_525
201102050607_526 朝食は日本料理「おおみ」(要予約)

今日も元気で食事が美味しい!
朝から食欲旺盛です。
地の食材をいかした料理です。
特に御飯は滋賀県高島市畑地区の棚田米。
とても美味しい御飯でした。  

~ つづく                                                                                  

                              ※宿泊日:2011年2月6日(日)

« 「旅41-3」 白川氷柱群 | トップページ | 「旅41-5」 冬空と春の色 »

コメント

こんにちは、ニャンさん。

なるほど、近いし、これなら、納得です。。^_^;

夜景、街の明かりと湖上の闇の対比が幻想的で、
ロマンチックな気分にさせてくれますね。
一隻だけ明かりのついた写真が、特にお気に入りです。
この明かりの中には、いろいろな物語があるのでしょうね。

ロマンチックな一夜の風景を
ありがとうございました。☆☆☆♪

moo様

こんにちは~。
超近場の超お得なプランでした。^^
そしてこのホテル、今は亡き姑と宿泊した思い出があるんです☆

琵琶湖の夜景も久しぶりでした。
もう30分早くホテルに着けば、ライトアップされた噴水も見られるのですが、、、、
それには間に合いませんでした、、、
港のある夜景ってロマンチックですよね。

灯りのついている船。
早朝に出航したのですが、何処へ向ったのやら・・・^^;

今日は此方も良いお天気です。
ありがとうございました。☆~☆☆

琵琶湖畔のマンションに広島から引っ越していかれる方がいますが、
この眺めを拝見すると、納得できますね。

公共の交通手段で京都へ出るのも便利なのでしょうか?

雪、氷の世界から、湖の見える地へ
ニャン様のデジイチカメラも忙しいですね。

この季節は、温泉のあることが、お宿の絶対条件ですね。

shinmamaさま

近年、滋賀県へ移住される方が大変増えています。
テレビで見たのですが、大阪から引っ越してこられる方が特に多いとか。
公共の交通手段、京都だとホテルの近くからは
京阪電車(京津線)がすぐ側にあるので京都三条駅まで22分。
JR琵琶湖線大津駅からJR京都駅まで9分です。
JRなら新快速利用で大阪駅まで39分。
神戸三宮駅まででも新快速で1時間ととても便利です~☆

デジイチカメラ、大活躍の日々です。^^
温泉はいいですねぇ~。
この時期、はずせませんね。
ありがとうございました。ヽ(´▽`)/

青春18切符の時期になればNHK大河ドラマ関連の滋賀県に行こうかとつれあいと話しています。
三宮からだと1本で行けるので気分的にも親近感がありますね。

子供たちが小さいとき、ミシガン号へ乗船した記憶があります。
あんな大きなものをどうして、琵琶湖に入れたのか、浜辺でパーツを組み立てたのか
疑問でした。

とし様

コメントをいただきありがとうございます。
滋賀県は右を向いても左をみても「江」一色と言って良いほどです。
大河ドラマの影響と言うのは凄いですね。
観光バスがドンドン滋賀県に入ってきています。

三宮から1時間と言うのは乗り換えもなく便利ですよね。

ミシガン号、なるほど考えても見ませんでしたが
どうして琵琶湖に入れたのでしょう?

これからの時期は気候もよくなり散策には良いですよね。
是非、滋賀県においでくださいませ。
ありがとうございました。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「旅41-4」 自宅から向った先は・・・:

« 「旅41-3」 白川氷柱群 | トップページ | 「旅41-5」 冬空と春の色 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ