« 2010ロームイルミネーション | トップページ | 「旅38-2」滋賀県・尾上温泉・旅館紅鮎 »

2010年12月15日 (水)

「旅38-1」滋賀県・尾上温泉・旅館紅鮎

10121213_007
尾上温泉・旅館紅鮎客室からの眺め

12月12日(日)、少し早い私の誕生祝いの旅行に行ってきました。

夫は「河豚食べ旅?それとも蟹食べ旅がいい?」と聞いてくれましたが、今回は食
べる事よりも湖北からの眺めをじっくり味わう旅がしたくて、滋賀県長浜市湖北町に
ある尾上温泉「旅館・紅鮎」さんを選びました。
以前から一度は宿泊してみたいお宿だったのです。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

10121213_002
旅館・紅鮎 客室からの眺め

旅行日前日、私は風邪をこじらせ、熱があり一日中寝ていました。
旅行日当日、熱は平熱まで下がりましたが体調は最悪!
旅行をキャンセルしようかとも思いましたが、自宅から2時間半もあれば充分いけ
る距離なので思い切って旅行に出かけました。

宿には午後2時半頃に到着。
琵琶湖を眺められるロビーでお茶と梅の甘煮を頂いた後、客室へ案内していただ
きました。

どの客室からも湖北ならではの琵琶湖の風景を眺められます。
そしてマッサージチェアが部屋にはありました。

10121213_003
10121213_004 10121213_005
客室露天風呂(温泉)

そして、此方のお宿は全室露天風呂付客室なんです。
お風呂自体は少し小さめですが、琵琶湖を眺めながらの入浴はいい気持ちです。

男女共に大浴場+露天風呂も、もちろんあります。
大浴場からの眺めも湖北らしい眺めで、野鳥の声も聞こえて風情があります。

10121213_009
客室のひざ掛け

椅子のところには上の写真のようなメッセージが書かれた「ひざ掛け」が用意されて
いました。

10121213_016
客室からの眺め

マッサージチェアで、マッサージをしながらひざ掛けで足元はポカポカ♪
暮れて行く琵琶湖を眺めていたら、いつの間にか、私はウトウトと眠ってしまった
ようです・・・・・・

10121213_026
客室からの眺め

鴨の鳴き声で目が覚めました。他には何の音も聞えてきません。
静かな初冬の夕暮れ時です。
見えている島は竹生島です。

10121213_030
客室からの眺め

お月様も見え、少し赤みを残した空とが寂しげにも見えます。
しかし心が落ち着く風景です。

10121213_028
客室からの眺め

対岸の明かりもポツリ、ポツリと見えはじめました。

10121213_032
前菜

夕食は部屋でいただきました。
料理は「鴨鍋会席」を予約していました。

10121213_033
造里

10121213_037
10121213_034 10121213_036
鴨鍋

10121213_039
焼物

10121213_041
揚物

10121213_042
酢の物

※料理の写真は会席の一部の写真です。

私は残念なことに、料理の殆どを食べられませんでした。
どの料理も、ほんの僅か口をつけた程度・・・・今、こうしてブログを書きながら食べ
られなかった悔しさがこみ上げてきます・・・^^;

夫が言うには、どのお料理もとても美味しかったそうで、特に鴨鍋は今まで食してき
た中で一番の美味しさだったらしいです。

女将さんが挨拶を兼ね牡蠣料理を運んで来てくださったとき、体調が悪く食が進ま
ない私に「雑炊でもお持ちしましょうか?」と聞いてくださいましたが、それも食べら
れそうになかったので、お気持だけありがたく頂戴しました。

「私共でできる事がありましたら何なりとお申し付け下さい」と女将。
「じゃあ、申し訳ないんだけど部屋の隅に布団を敷いてやってくれますか?それから、
家内もデザートなら食べられるかもしれないので、デザートをお願いします。」と夫が
言ってくれました。(せっかくの旅行なのにゴメンネ)

しばらくすると女将が食事中の夫に気を使いながら、自ら私の布団を敷いてください
ました。
私は又、少し熱が上がってきたのか異様な寒さを感じていたのでありがたかったです。
私は、すぐに布団にもぐり込みました。

少ししてデザートが運ばれてきた。「焼きプリンにフルーツ、塩アイスクリーム。」
冷たさとフルーツの爽やかさ、そして優しい味のプリンは残さずに頂く事ができました。
とても美味しかった~です☆

そして夫も食事を終え、夫の布団を敷きに来てくださった時、異様に喉が渇くと訴えて
いた、私のために氷の入った冷たい「どくだみ茶」を一つ、余分に作ってもって着てくだ
さいました。
こういった心遣いが、とてもありがたく、嬉しかったです。

体はめちゃくちゃしんどかったけれど、女将をはじめとし、客室係りの方の優しい気配り
夫の優しさにも癒され、野鳥の声にも癒され、朝までゆっくり眠ることが出来ました。

                                              つづく

                             ※宿泊日:2010年12月12日(日)

« 2010ロームイルミネーション | トップページ | 「旅38-2」滋賀県・尾上温泉・旅館紅鮎 »

宿泊記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

滋賀県散策」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ニャンさん。

お誕生日、おめでとうございます。(*^_^*)

尾上は高島へ行く時必ず通るので、よくわかります。
ちょうど、道が直角に曲がっているところですよね。
いつも、眺めのいいところだなぁ~!と思いつつ、通過でしす。^_^;

風邪で調子の悪い時で、良かったのか?悪かったのか?
美味しいものが食べられなかったのは、残念でしたが、
ご主人や宿の方のお気持ちが、
それ以上に、心に美味しく感じられたのではないでしょうか!?

それに、子供のころから親しみのある琵琶湖風景も、
心身ともに癒し効果抜群。

心が満腹の良い旅になったようですね!(^_-)-☆

素敵な心旅、ありがとうございました。☆☆☆

mooさま

今晩は。
お祝いの言葉ありがとうございます。^^v

風邪はお陰様で何とか治りつつあります。
ご心配をおかけし申し訳ないです^^;

そうです!そうです^^!
尾上は丁度、道が直角に曲がるところにある宿です。
私もず~っと前から眺めが良さそう☆と目をつけていました。
近すぎても、なかなか泊まる機会がないもんなんですよね^^:

おっしゃっていただいたように
食べることは出来ずに残念でしたが
それ以上に人の心や慣れ親しんだ琵琶湖の風景に癒され
心にはGOODな旅になりました。
食いしん坊な私にはこんなことでもなければ、得られないような
良い旅になったようです。^^☆

ありがとうございました。^^☆☆☆


shinmamaさまのブログへのコメントを見て、旅行中のご病気の件を知りました。 これほど悔しいことはありませんね。

私も海外旅行中の経験があります。イタリアアルプスのトレッキング中、誤って岩にゴツン、左腕を痛め、即病院へ。翌一日の観光を棒に振りました。

ニャンさまと違い、食事の悔しさより無駄にした一日が残念でした。この場所はもう一度行きたい、いや、行きたくない の両方の気持ちが今でも交差しています。

時節柄 どうかご自愛ください。

Hiroさま

今晩は~。
ご心配をおかけし申し訳ありません^^;

一度は治ったはずの風邪・・・
どこで引き添えてしまったのか、、、情けない思いでの旅でした。

Hiroさまもご経験がおありでしたか、、、
もう一度行きたい、いや行きたくない!両方の気持が今も交差・・・。
そのお気持、わかるような気がします。

私は幸いな事に、今回の旅館は近いので、是非、もう一度
宿泊してみたいと思っています。^^

今日もとても寒い一日でしたね。
Hiroさまもどうか、ご自愛くださいませ。

ありがとうございました。^^

ニャン様が、元気にならないと困る人は手を挙げて。

   ハイ (^^)/ (ご主人)    ハイ (^^)/ (私)


ご存じだと思うのですが、
「ホテル」と「ホスピタル(病院)」は語源が同じ。
そして日本の「お宿」は、いわばホテル。

美味しく召し上がられたデザート、
お宿の方々の温かいおもてなし、
なによりご主人のやさしいお気遣いが
「ホスピタル」と同じようにニャン様の心と体を癒し、
回復に大きな効果を与えてくれたことと思います。

「寒い」から「冷え込む」という表現に変わるのも、もうすぐのようです。
どうぞ無理をなさらず、養命酒を飲んで(これは私でした)、
温かくして ぐっすりお休みくださいますように。

 ロームのイルミネーション以来ブログのアップがおありでなかたので、初めはご旅行かしら?と思っていました。
 その後、それにしても??と思い、次に、もしや???と思っていましたら、shinmama様のブログに寄せられたコメントで、やはり風邪をこじらせていらしたと知りました。
 今日、久しぶりのニャン様のブログアップで「良くなられたんだー」
と読み始めると、「ん?」
 でも、大丈夫そうで良かった、と続きを・・・
 「わー、 こんな風景を眺めながらのお風呂、 いいなー」 「きゃー! おいしそう!」
 とひとりはしゃいでスクロールしていたら、「ん・・・?」
 体調お悪かったのですね。
 旅先での体調不良は不安で辛いですものね。
 ご主人様のやさしさに私まで癒された思いです。
 お宿の良さも伝わってほっとしました。
 今度こそすっかり良くなられますように。
 続きを楽しみに待っています。

shinmamaさま

おはようございます。
今頃は東京へ向われる途中でしょうか?

今回は色々とご心配をおかけし、申し訳ありません。
でも、shinamamaさまの優しい心遣いがとっても嬉しかったです。
ありがとうございました。m(_ _)m

旅行中に体調が悪いというのは、二度目の事なのですが
今回は、辛かったです^^;
遠い旅先を選んでいたら、おそらくキャンセルしていていただろうと
思います。
日頃が元気すぎるほどに元気なので、夫も今回は驚いていたようです^^;

宿で思いがけないほどに、人の優しさに癒されたぁ~という感じでした。
今更ながらなのですが、やはり健康が一番!ですね。
shinamamaさまもどうぞ、ご自愛くださいませ。^^
本当にありがとうございました。(o^-^o)

うつきよう様

ご心配をおかけし、申し訳ありませんでした。m(_ _)m
今年の風邪は ひつこい です^^;
風邪を引くと必ず1~2日は熱を出し寝込むのですが、
それさえ乗り越えれば、何時もなら元気ハッラツ~!のはずが
今回は、二度も熱を出し寝込んだ上に食欲ゼロ!というのも初めてでした、、、、^^;
鴨鍋を楽しみにしていただけに残念でなりません^^;

でもお陰様で、やっと体調も回復!
まだ、食欲は余りありありませんが此方も徐々に回復してくれる物と思っています。

今回のお宿。前々から気になっていた宿なのですが
思っていた以上に良い宿で、是非、もう一度、元気な時に宿泊してみたいと思っています。☆
此方の宿からは遠くにではありますが、ハクチョウの姿も見られ
琵琶湖湖畔ならではの風情も感じられます。^^

うつきよう様の優しいお心遣い。本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。今度は、完璧に風邪を退治できそうです。^^v

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/38091515

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅38-1」滋賀県・尾上温泉・旅館紅鮎:

« 2010ロームイルミネーション | トップページ | 「旅38-2」滋賀県・尾上温泉・旅館紅鮎 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ