« 京歩き10前編-堀川の銀杏 | トップページ | 晩秋の落日 »

2010年11月30日 (火)

京歩き10後編ー建勲神社と天神さん

101125_077
建勲神社(けんくんじんじゃ)

今日のウォーキングに出かける前、夫に建勲神社の道順を教えてもらいました。
そうなんです。此方の神社は、初めて訪れる場所。
ところが夫は何を勘違いしたのか?私に間違った道順を教えたのです。
もしかしたら、普段の仕返し?、、、、
お陰で私は、ここにたどり着くまでに、かなりの遠回りをさせられたようです^^;

此方の神社、「けんくんじんじゃ」と一般的に呼ばれていますが正式名は「たけいさお
じんじゃ」と読みます。

祭神は織田信長公・信忠公です。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

101125_078
末社「義照稲荷」「命婦元宮」

101125_081_2
建勲神社(けんくんじんじゃ)

建勲神社は “船岡山(全山史跡、風致地区 / 標高45m)” の東南側にあり、
うっそうとした森に被われています。

御社殿へは石段約百段を登っていかなければなりません。

101125_086
建勲神社(けんくんじんじゃ)境内 / (写真は拡大してご覧いただけます)

石段の中ほどまで登ってきた時、振り返ると比叡山と京の町並みが見えました。

101125_093
建勲神社(けんくんじんじゃ)

境内に居るのは私一人です。
この神社側には金閣寺があり、其方はきっと凄い人数の観光客がおられる事でしょう。

101125_097
建勲神社(けんくんじんじゃ)御社殿

101125_103
建勲神社(けんくんじんじゃ)境内

船岡山は京都盆地特有の樹相がよく保たれているそうです。
モミジの木が少ない分、より紅葉が目立ちます。

101125_109

船岡山を下る時、別のルートから降りてみました。(上の写真)
船岡山は戦国時代の応仁の大乱の際、西軍の陣地となり、以来船岡山周辺一帯
は西陣と呼ばれるようになりました。
石段を降りきると何処からか機織の音が聞えてきました。
町家は新旧入り混じっては居ますが、西陣らしい風情を感じます。

101125_111
北野天満宮・天神さん

北野天満宮は皆さんもご存知のように祭神は菅原道真公です。

承和12年(845年)6月25日に生まれ、延喜3年(903年)2月25日に没した菅
原道真公を偲び行われる縁日が「天神」さんです。
毎月25日に行われています。
ちなみに年初めの1月25日の縁日を “初天神” 。師走の12月25日の縁日を
“終い天神” と言います。

訪れた日は11月25日(木)丁度、天神さんの日でした。
多くの露店が参道やその周辺に並んでいます。

どんな露店が並んでいるのか極一部をご紹介したいと思います。

101125_112

祭りのハッピや着物が並べられています。

101125_113

此方で目に止まったのが「五つ玉のそろばん」。
かなりの年代もののようです。?

101125_117

茶碗や湯呑み、稚児人形なども並んでいますね。

101125_116

外国からこられた観光客に人気があるのが、やはり着物のようです。

101125_123

骨董品の露店も多いです。

他にも海産物や京漬物、佃煮、乾物、みかん、たこ焼き、焼き鳥などなど書き上げ
たらきりがないほどの種類の露店がありました。
面白いところでは、「整体」を行う露店までありました。^^;

101125_157

北野天満宮にお参りした後、境内の紅葉を見てまわりました。

101125_136
北野天満宮境内

101125_149
北野天満宮境内

101125_131
北野天満宮境内 / 史跡 御土居碑

御土居では「もみじ苑」が公開されていました。(大人600円)
御土居一帯には、およそ250本のもみじがあり、中には樹齢400年を越えるとい
われる「三又の紅葉」をはじめ、楓科としては非常に珍しい大木が数本あるそうです。
私はもみじ苑の前を素通りです。
私はウォーキングが目的、拝観料金600円は高いです・・・^^;

101125_168
北野天満宮境内

101125_145
北野天満宮境内・長五郎餅本舗(境内茶店)

北野天満宮東門内に毎月25日(天神さんの日)だけ出店されているお店です。
店内でお餅とお茶をいただく事もできます。

400年以上続いている北野名物「長五郎餅」。
太閤秀吉が開いた北野大茶会の際用いられた由緒正しきお餅が「長五郎餅」です。

長五郎餅本舗本店は、京都市バス「北野天満宮」下車後すぐのところにあります。

101125_189
長五郎餅

夫へのお土産は、「長五郎餅」にしました。(6個入り840円)
上品な甘味のこし餡を薄い餅皮で包み込んだお餅で美味しかったです。

《ウォーキングコース》
堀川寺之内(銀杏並木) ⇒ 瑞光院・赤穂浪士・四十六士遺髪塔跡 ⇒
紫式部・小野篁墓所 ⇒ 建勲神社 ⇒ 北野天満宮

●所要時間:約3時間半
●歩数:13653歩 / 距離:約8.2km (携帯電話機能・万歩計使用)

                        ※ウォーキング日:2010年11月25日(木)

« 京歩き10前編-堀川の銀杏 | トップページ | 晩秋の落日 »

京歩き(ウォーキング)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

普段、どんな意地悪してるんですか~!?(笑)

石段約百段、お疲れさまでした。
途中の眺めが\(^o^)/
まだ、紅葉も残って、町並みも、山も、良い眺めですね。

じゃぁ、あの有名な金閣寺の裏側、ということですか!?

露店がまた、楽しそう。

北野天満宮の紅葉はまだまだ、綺麗ですね。
イチョウがまた、すごいですね。

こちらは、もう、すっかり冬景色、
だからでしょうか!?より鮮やかで、美しく見えます。(*^_^*)

最後に、甘いものごちそうさまでした。(^_-)-☆☆☆

moo様

こんにちは~。
いえね。余り大きな意地悪をすると喧嘩になるんで
小さな意地悪をちょこちょこ・・です・・・・^^;

京都の紅葉も終盤を向えたところが多いようです。
石段の途中から見えた比叡山が綺麗でした。
特に比叡山に日が当たると山全体が紅葉しているかのように見えました。^^☆

金閣寺は建勲神社から約1.4kmぐらいの距離で行け
方角的には船岡山の西側になります。
金閣寺は世界遺産なので、やはり其方へ行かれるかたが
断然多いです☆
これからの季節、雪が積ると金閣寺にはカメラマンが大勢いらっしゃいます。
でも、私はまだ雪の金閣寺を見たことがありません、、、、^^;

北野天満宮さんの紅葉は、丁度、見頃だったようです。^^

昨日は開田高原、雪が積ったんですね。
此方も滋賀県の伊吹山は初冠雪だったようです。^^

甘いもの好きのmooさんの胃袋を刺激しちゃいました?(笑)
ありがとうございました。^^☆☆☆


ニャンさん こんばんは♪

京歩きですか!いいですね~♪(^^*)w
過去にもさかのぼって拝見しましたが、ちゃんと歩数や距離も明記されてるのですね!
僕もウォーキングは毎日の日課なんです。
夏までは朝・晩で12キロは歩いてましたが、最近は朝の寒さに布団から出れず・・・(^^;
夜だけの6キロになってます~ぅ。(^^ゞ

歩きながらの、のんびりウォーキングフォト♪
いろんなことに目がいき気づきがありますよネ!(^_-)-☆パチッ
骨董品って何だか見入ってしまっちゃいますよね。
どこでどんな生活をしてたのかな~っとか、どんな人が使ってたのかな~ぁナンテ!

北野天満宮の銀杏は立派ですね!\(◎o◎)/
なんだか栄養満天のぎんなんも落ちてそうです。
茶碗蒸しに入れると美味しかったりして~。(笑)

楽しいウォーキングフォトどうもありがとうございました☆

irakaさま

おはようございま~す。の時間になってからの返信でごめんなさい^^;
わぁ~嬉しい ♪~
過去の記事も読んでくださったんですね。ヽ(´▽`)/
ありがとうございます。☆

ブログは私の記録日記でもあるので、どれだけ歩いたか
何キロ歩いたかを記録してま~す。^^
後で読み返した時、「よしよし、よく歩いた。もっとがんばれ~!☆」って
自分にエールを送っています。^^;

はい!irakaさんも毎日、何キロ歩き、筋トレ時間や召し上がった
アルコールの量を載せてらっしゃいましたよね。^^v
「歩くのつら~い」そう思った時、密かにirakaさんの記録を励みにしてました☆
こう寒くなると朝のウォーキングは辛くなりますよね、、、
同じくです、、、、、^^;

そういえば北野天満宮さんの露店で銀杏、売ってました~♪
何処の銀杏かは、忘れてしまいました、、、
茶碗蒸しに銀杏、秋の味覚ですね~~☆

ウォーキングフォトお付き合い頂き
ありがとうございました。^^☆


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/37888785

この記事へのトラックバック一覧です: 京歩き10後編ー建勲神社と天神さん:

« 京歩き10前編-堀川の銀杏 | トップページ | 晩秋の落日 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ