« 「旅37-1」飛騨路から開田高原 | トップページ | 「旅37-3」天竜ライン下り »

2010年11月17日 (水)

「旅37-2」南信州・下條温泉

10111314_088
R361・木曽

開田高原を後にし、R361をR19に向う途中、木曽駒ヶ岳が見えました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

10111314_093
R361・木曽

R19を塩尻方面へ、そして再びR361でトンネルを幾つか通り伊那に抜けました。
本当ならば伊那からは南アルプスがド~~ンと見えるはずなのですが、黄砂の影
響で霞、肉眼でも見難い様な状態でした。
そしてR153、R151で下條温泉へ向いました。

秋の陽は「つるべ落とし」と言いますが、まさにそのとおり・・・。
宿に到着したのは午後5時30分頃。
夏場であれば陽は高く明るいのですが、晩秋に近い今、陽は暮れ暗くなっていました。
下條温泉は、はじめて訪れる温泉地。
暗くなると道もわかりづらく不安になります。
幸いな事に国道に面した下條温泉入口には大きなアーチ型の看板があったので、
通り過ぎることなく無事、宿につけました。

10111314_145

今夜の宿は 南信州・下條温泉 浪漫の館「月下美人」です。

宿の玄関口には美味しそうな干し柿が吊るされていました。
その干し柿を横目で見ながら宿の中へ。

温かい柚子湯をいただきながらチェックインの手続きを済ませ部屋へ案内されま
した。今回は部屋の写真を撮り忘れました^^;
部屋の広さは和室10畳+広縁2畳+踏み込み3畳。
角部屋で眺めが良さそうですが、山に囲まれているので暗くなった今、景色は見
えません。
僅かに隣の旅館の明かりと国道の街灯が見える程度でした。

10111314_105
貸切風呂「月かげ」

予約したプランに貸切風呂が付いており、すぐに入ることができたので夕食前に温
泉での~んびり。
泉質は単純硫黄泉。少々ぬる目のお湯でした。

10111314_108 10111314_110

右側の料理は“鹿の生春巻き”クセもなく食べやすかったです。

10111314_111 10111314_112
10111314_113 10111314_115

下の段の左側の料理は “和風チーズフォンデュー”
小鍋には白ワインが入っており、お皿に盛り付けてあるチーズを溶かし、鶏団子や
鰻、野菜などにチーズをからめ食べるという趣向のお料理。
全て食べ終わった後、お鍋の底に少し焦げたチーズ。
これを剥がして食べるとチーズのおせんべい状態でワインにとてもよく合い美味し
かったです。

10111314_116 10111314_119
10111314_121 10111314_123

後、御飯やお吸い物、香の物、デザートという献立でした。
(料理の写真は拡大してご覧いただけます)
ちなみに食事は別の部屋(客室)で頂きました。

食事後、ひと休憩。
後は、久しぶりにマッサージをお願いしました。
肩こりもスッキリと取れ、気持ちよくグッスリ朝まで眠りました。
あ~極楽!極楽!☆

10111314_127_2
客室からの眺め

翌朝、早くに目が覚めました。
少し霧がかかっているようです。

10111314_132
客室からの眺め

時間の経過と共に景色が少しずつ見えてきました。

10111314_141
客室からの眺め

昨日は暗くなってから宿に到着したのでわからなかったのですが、宿周辺の紅葉も
美しいじゃないですか。

朝は大浴場へ。露天風呂から紅葉を眺めながら、のほほん~のほほん^^
朝食は大広間でした。
朝食が美味しいのは元気な証拠!
今日も目一杯、遊ぶぞ~~~~~☆

10111314_149_2
宿の玄関近くのモミジ

愛想のいい女将さんの笑顔と真っ赤なモミジに見送られ宿を後にしました。
この後、天竜峡で舟下りを楽しみます。

                                              つづく

                             ※宿泊日:2010年11月13日(土)

« 「旅37-1」飛騨路から開田高原 | トップページ | 「旅37-3」天竜ライン下り »

宿泊記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

甲信越」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ニャンさん。

先ほど戻りました。
開田を離れる日も、今日も良い天気、
ちょっと悔しい思いをしましたが、
たまには、いいでしょう!^_^;

ニャンさんも、やはり、新地蔵トンネルを抜け、
黒川へ下る途中の中央アルプス、撮られましたね、(^_-)-☆
私も、谷間に見える中央アルプスの峰々が好きです。
何度か、撮ったことがあります。

干し柿が綺麗ですね~!
私もつい先日干したのですが、
こんなに綺麗に干せませんでした。^_^;
でも、出来上がりが楽しみです。

“和風チーズフォンデュー”おいしそう!?
最後の焦げたチーズには、よだれがでそう。^_^;

最後の見事な紅葉、
笑顔の女将さんを連想させますね!

わたくし事が多くなってしまいましたが、
伊那谷の秋、ありがとうございまいた。☆☆☆

moo様

今晩は~。
そして、お帰りなさ~い。^^☆
お疲れのところ、お立ち寄り頂き、
そしてコメントをありがとうございます。嬉しいです。^^♪

そうでしたか・・・昨日も今日も開田高原はいいお天気・・・
悔しいお気持わかりますが、たまにはいいですよね^^

新地蔵トンネルを開田高原側から抜けたのは久しぶりでした。
しっかり中央アルプス撮りました☆
そっか・・・木曽山脈の一部?は中央アルプスになるんですね。
恥ずかしながら、知りませんでした ^^;;
mooさんも何度かあの辺りから撮影されているんですね。
同じ風景に心がとまる♪♪嬉しいですヽ(´▽`)/

干し柿、作られているんですか~?凄いです。
私は未だ干し柿はチャレンジしていません、、、、
出来上がりが楽しみですね☆

和風チーズフォンデュー食べ終わったら係りのお姉さんがジ~ッと
お鍋を見ているんです、、、、何故??何か私、変なことした??
そう思っていたら木のスプーンで上手に少し焦げたチーズを剥がし
「美味しいですよ!」って勧めてくれたんです。
これは嬉しくもあり、思わぬ美味しさでした^^☆

mooさんもお疲れになったでしょ。
今夜はゆっくりお休み下さ~い。^^
ありがとうございました☆☆☆

ニャンさん こんばんは♪

1枚目、2枚目に反応してしまいます。
木曽福島スキー場の入り口から撮られたのですね。(^^)
木曽に通い出した初期の頃はここを流れる黒川でよく釣りをしました。
そして2枚目はトイレのある休憩場付近ですね。
遠くに見えるガードレール沿いを登っていくと上小川沢という小さい渓があります。
ここは昔、木曽固有のヤマト岩魚という岩魚が多く生息していました。(今は殆どいませんけど)
早春はこの小さな沢でよく釣りしてますよん。(^^*)w
お料理美味しそうですね~♪いただきま~す。えへっ♪

iraka様

今晩は~♪
は~い☆1枚目は木曽福島スキー場の入口付近から
中央アルプスに反応して撮影☆
2枚目はトイレのある休憩場所、カラマツの黄色に反応しての撮影でした^^
大当たり~!さすがです ♪~☆
R361・木曽だけで、場所がわかっていただけて嬉しいです ^^♪

木曽固有のヤマト岩魚 w(゚o゚)w はじめて知りました ^^;
小学生の一時期、滋賀県で暮らした事があり川魚大好きなんです^^v
う~~ん、そのヤマト岩魚、食べてみたかったです^^
今や幻の岩魚になってしまったんですね、、、、残念です、、、
釣りなさっているのを見かけたら、お声をかけるかも ♪
でも、違う人だったら恥ずかしいですね^^;
ありがとうございました。(o^-^o)


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/37691279

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅37-2」南信州・下條温泉:

« 「旅37-1」飛騨路から開田高原 | トップページ | 「旅37-3」天竜ライン下り »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ