« 「旅36-8」日和田高原からチャオ御岳へ | トップページ | 秋一歩前進・京都 »

2010年11月 5日 (金)

「宿泊記25」 たてしな藍

001

国道299号線に面した宿の駐車場に車を停める。
宿泊客の駐車場は、此処でいいのだろうか?
宿への入口は何処にあるのだろう?
少し不安を抱いていると、何処から現れたのか?宿のスタッフが出迎えに来てくれた。

藍染の暖簾をくぐると、山野草に囲まれた石畳のアプローチ。
まだ青いモミジの木々の合間から射しこむ陽射しも柔らかに適度な静寂を感じる。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

049

石畳のアプローチの途中には藍染を配した休憩場もある。
モミジが紅葉したら、この場所で紅葉を愛でるのも良いかも知れない。

053

玄関の佇まいを見た瞬間、この宿を選んで良かったと漠然と感じた。

055
056 003_2
(小さな写真は拡大してご覧いただけます)

玄関の純和風な佇まい、ロビーも純和風なのかと思っていたらロビーラウンジは
和モダン・・・・。
良い意味で「してやられた!」と感じた。

ラウンジから庭が見え、絶えず野鳥がエサを食べにやってくる。
その様子を眺めているだけでも、心が和む。
時より、リスもエサを求めてくると宿の方から伺った。

009
004 006
(小さな写真は拡大してご覧いただけます)

今回、予約した部屋は露天風呂付の部屋。
落ち着きのある部屋で居心地が良い。
部屋の前の庭にも木にエサ籠があり、入れ替わり立ち代り、様々な野鳥が来る。
そんな鳥たちの様子を見ているだけで時間が経つのも忘れてしまう。
こんな時間が本当は一番贅沢なのかもしれない。

045

夜、少し冷えてきた。
露天風呂の湯煙が風情を増す。
誰に気兼ねすることなく、好きな時間に好きなだけお湯を楽しめるのはやはり良い。

014_2
016_2 019
(小さな写真は拡大してご覧いただけます)

今回、予約したプランに貸切露天風呂入浴が付いていた。
貸切露天風呂の正式名は「野遊び貸切露天風呂」と言うようだ。
お風呂は二種類あるという。
一つは「山高の湯」と名付けられ岩風呂。もう一つは「水長の湯」檜風呂である。
私達は、檜風呂を選んだ。
“野遊び”その名にふさわしく、自然を愛でながら野鳥のさえずりを聞きながら、時折、
舞い落ちる枯葉を眺めながらゆったりと温泉を楽しめた。

勿論、大浴場もある。
大浴場は小さめではあるが、なかなか趣のあるお風呂だと私は思う。

063

食事は御食事処「山味庵」の個室。
夕食はライトアップされた庭園を眺めながら、朝食は自然光に照らされた庭園を眺
めながらという趣向。味覚だけではなく眼にも贅沢を!というところだろうか。

028 029
032 033
034 037
038 040
039 042
(料理の写真は全て拡大してご覧いただけます)

食前酒の梅酒から懐石料理は始まり、先付のくるみ豆腐。
前菜には、きのこ寿し、栗せんべい、信州りんごワイン煮など季節の旬が六品盛り
込まれている。

吸物、造里と続くのだがこの二品は写真を撮り忘れてしまった。(残念)
吸物には松茸、うずら団子、庄内麩など。
造里は紅ます菊花〆、さしみこんにゃくなど、これを山葵醤油ではなくレモン風味の
和風ドレッシングでいただく、これがさっぱりとクセもなく、絶品。

そして、強肴は宿が創業以来こだわり続けているという「八ッ岳山麓豚旨煮」。
この料理のために、器も特別に作ったほどのこだわりよう。
とろけるように柔らかく旨みのある一品だった。

その後も次々と秋の味覚満載の料理が続いた。
上の写真の中に(上から三段目、右側)りんごを器にした料理がある。
リンゴが大好きな私は、このリンゴをどうしても食べてみたくなり、蓋として飾られて
いたリンゴをかじってみた。
甘い!なんて美味しいリンゴなんだろう!!
このリンゴ “シナノスイート” だと教えていただいた。
美味しいリンゴだと伝えると「よろしかったら、器部分のリンゴをカットしてデザート
の時に一緒にお持ちしましょうか?」
シナノスイート、空腹時なら3個は食べられそうである。

食材は勿論の事、器にも料理人のこだわりを感じられる大満足の懐石料理だった。

030 031

当初、不作だと言われていた松茸がこの時期にきて豊作となった。
地元産の松茸土瓶蒸しを別注した。
いうまでもなく、美味しかった。

食事の後は、場所を変え、お抹茶orコーヒーのサービスがあるという。
私達はお抹茶を頂き、部屋に戻った。
部屋の冷蔵庫には「蕎麦寿し」が夜食として用意されていたが、残念な事に食べる
前に眠ってしまった。

059_2
061 062

朝食は、蕎麦の実入りのお粥or御飯を選べるようになっている。
蕎麦入りのお粥は、蕎麦の実のプチプチとした食感と共に、飲みすぎた翌日には
胃にも優しく美味である。

到着時に玄関の佇まいを見て「この宿を選んで良かった」と漠然と感じた思いは、
滞在中に確信へと繋がった。
次回、宿泊する時は是非とも連泊してみたいと思う。

                             ※宿泊日:2010年10月19日(火)

« 「旅36-8」日和田高原からチャオ御岳へ | トップページ | 秋一歩前進・京都 »

宿泊記」カテゴリの記事

甲信越」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

素晴らしいお宿、でしたね!
先日、入り口の暖簾だけのご紹介でしたが、
その時感じた、私の予感は正解だったようです。(^_^)v

清潔感、品格、すべて、ニャンさんの写真から、
申し分ないように、感じられます。
和風の落ち着いた雰囲気がとってもいいですね。

ご主人の?手だけが特別出演のお料理の写真、
すべて大きくして、見てしまいました。^_^;
うぅぅぅ~!ため息です。。

前回のホテルの室内写真もそうですが、
今回の部屋の写真も、
外の様子も分かるように、上手に撮られていると思います。
はめ込み画像じゃないですよね!(笑)^_^;

シナノスィート、初めてでしたか!?
サンフジとは違ったおいしさがありますよね。
ちょっと、さっぱりした感じで、優しい甘さ、とでもいいましょうか!?
ついでに、今年の新品種「トキ」もおいしいですよ!
どこかで見つけたら、試食してみてください。
人気があるようで、松本ハイランドのファーマーズ店では、
すぐ売り切れになってしまうようです。^_^;

朝食にも心づかいが感じられ、素晴らしいお宿でしたね。
目にも、心にも美味な記事、ありがとうございました。☆☆☆

とっておきのお宿ですね。

駐車場からのアプローチも趣があり、
ロビーの照明器具の種類、配置とも家具の配置とマッチして
よく考えられていますね。
素敵です。

仕事柄、畳の敷き方が気になるのですが、
(よく間違っているお宿があるので)
上手に板間を利用して、きちんとしていらっしゃるようなので
かなりのものですね、、、と偉そうに。(笑)

お料理も美味しそう、、、。
年末年始は、予約も取れ無いような人気のお宿なのでしょうけど、
信州に行くのなら、ここに決まりですね。

素敵な情報をありがとうございました。
あたりはずれで言うと 「あたり」で、よかったですね。

moo様

こんにちは~!今日も秋晴れの京都です☀

mooさんの予感は大正解です。^^☆
和風の宿というのは、やはり落ち着きますね。
若い頃は、夜景の見えるホテルが好きでしたが
近頃では畳がないと、どうもくつろげません。^^;

部屋の写真の外の様子、はめ込み画像じゃありませんよ~(笑)
このブログ、私の旅日記でもあるので後で読み返した時に
思い出せるよう、出来る限り外の様子が入るようにしてます^^v
ありがとうございます☆

はい、料理と共に写っているのは夫の手です。(^-^;
お料理の写真、すべて大きくご覧頂き、ありがとうございます ^^

シナノスイート初めて食べたんです!
今まで食べた中で一番!と思うほど美味しかった~☆
あの優しい甘味がいいんですよね。
新品種「トキ」此方も魅力的です ^^
京都の店先にはきっと並ばないんだろうなぁ・・・・・。
覚えておいて、何処かで見つけたら、まずは試食ですね ^^v
さすが長野、美味しいリンゴが次々とでてきますね。
リンゴ好きの私にはたまりません ヽ(´▽`)/
mooさんもリンゴお好きでしたよね☆

mooさん、何時もありがとうございます☆
ありがとうございました☆☆☆

shinmama様

こんにちは。
やはり、照明器具や家具の配置に目がいきましたか ^^v
私は割りとインテリア等には無頓着なのですが
夫は若い頃から、そういった事に興味があるようです☆

畳の敷き方・・・・
正直なところ気にも留めず、敷き方にも作法?ルール?があるとは
知りませんでした ^^;
今度、機会があったら是非とも教えていただきたいです。
(これは、マジです ^^)
宿には、色々な職業の方がお泊りになるでしょうから、
細心の注意を払わなくては、いけませんね^^

たてしな藍さん、今まで気にはなっていましたが、
何となく決め手がなくって・・・泊まるきっかけになったのは、
うつきよう様の日記で拝見したからなんです ^^
まさに「大あたり!」でした。
年末年始は、ちょっと難しいかもしれませんが、オススメのお宿です。

ありがとうございました。(o^-^o)


ニャンさん こんばんは♪

今回は蓼科の旅なのですね。(^^)
このブログのタイトル通り、いろいろな地方に旅をされていらっしゃるのですね。
趣のある宿、そして美味しいお料理。
幸せいっぱい!って感じがフォトから伝わってきます。(*^^*)
僕は家族旅行も殆どしませんし、自分で行く場所も開田高原への往復のみ・・・。
ですからこの様な旅のフォト日記はとっても新鮮に受け入れられます。(^^)

このブログにはアルバムもご用意されているのですね。
開田高原のアルバム拝見しました。
今年の7/18のフォトがありましたが、僕もその日は開田高原でした。
案外すれ違っていたのかも知れませんね。
そして「心にとめて」のアルバム。
日和田~蓼科~滋賀と旅が続いてますね。
旅の思い出を永遠に残せる写真って本当に素敵ですネ!(^_-)-☆パチッ
たくさんの素敵なフォトを見せて頂きありがとうございました♪

 秋の「藍」さんもいいですね~(=^・^=) 
 お料理も初夏の頃とはまた違って、秋満載でおいしそうですね。
 私たちも初めて行ったとき、駐車場でキョロキョロしちゃいました。
 「どこで見てたんだろう?」 というお宿は時々ありますが、ここがその初体験でした(^^)
 ニャン様のお写真がとても魅力的に撮れていて、実際行って見ているところなのに、「わぁ、すてきなところ」 と思ってしまいました。
 私たち夫婦は、ふたりとも貸切風呂が苦手で、滅多に利用しません。 たてしな藍さんとこも入ったこと、無いんですよ。 大浴場とは別の趣で良さそうですね。 一度くらい入ってみようかな・・・
 気に入っていただけて嬉しいです。 日記には書いたものの、ちょっと心配だったのでホッとしました。

iraka様

おはようございます。
今朝の開田ライブカメラから御嶽山、綺麗に見えていましたね。^^

私達夫婦の共通の趣味が旅行とドライブなんです。
その思い出をブログという形で残したいと思い「旅すれば又、旅」と言う
タイトルにしたんです ^^☆

主婦の場合、旅は上げ膳据え膳の至福の時間です^^v
ウキウキ♪ワクワク♪ラクラク♪~♪そんな思いが写真から
感じられていただけたら嬉しいです☆ありがとうございます☆

アルバムご覧頂き、ありがとうございます。m(_ _)m
7月18日、irakaさんも開田高原にいらっしゃってたんですか~^^
この日は、何人かのカメラマンさんとすれ違いました。
もしかすると、irakaさんともすれ違っていたかもしれませんね。^^♪
何時か偶然に開田高原の何処かでirakaさんと
お話させていただく機会があるかもしれませんね。
そう思うと楽しみが増えて嬉しいです☆

ありがとうございました。ヽ(´▽`)/♪

うつきよう様

素敵な宿を御紹介いただき、ありがとうございました。^^
部屋も落ち着けたし、秋の味覚、料理も美味しかったし
おっしゃっていたように、スタッフの方の自然な笑顔もよかったです。
そして、自然との調和も良い感じ ^^v
とっても、良いお宿でした☆

うつきよう様がはじめて此方のお宿に行かれたときもそうでしたか。
駐車場に車を停めたもの、此処でいいのかなぁ~。
宿に確認に行こうと思った矢先・・・突然、現れた宿の方・・^^
ほんと「何処でみてたんだろう?」でした。^^;

貸切露天風呂もたまには良いですよ。
一度は試してみてください ♪

又、うつきよう様が宿泊されて「良いなぁ~☆」って思われる宿
御紹介いただけたら嬉しいです。楽しみにしています^^
よろしくお願いしま~す。^^

ありがとうございました。 (*^-^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/37524276

この記事へのトラックバック一覧です: 「宿泊記25」 たてしな藍:

« 「旅36-8」日和田高原からチャオ御岳へ | トップページ | 秋一歩前進・京都 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ