« 重なり合う季節・丹後半島 | トップページ | 「旅37-2」南信州・下條温泉 »

2010年11月15日 (月)

「旅37-1」飛騨路から開田高原

10111314_003
滋賀県・守山付近

11月13日(土) 曇時々晴れ・そして黄砂

夫が急に旅行に行こう!と言い出したのは旅行の前日、金曜日。
一泊二日なので、希望としては近畿圏内。
ところが行楽シーズン真っ只中。近畿圏内、旅館に空きがなく旅先は長野県と決定!

旅行当日、自宅を6時20分頃、出発!
前日辺りからの黄砂と朝靄の中、紅葉し始めた木々がボンヤリと見えます。
琵琶湖には遠くから渡ってきた鳥達がアチラコチラと群れを成していました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

10111314_005
滋賀県・米原

このあたりも、銀杏が見頃でした。

10111314_008
岐阜県・道の駅「平成」

このあたりの紅葉の見頃はあと一歩?二歩?という感じ。

10111314_009
岐阜県・下呂温泉付近・R41

山の木々は黄色く色付き、日当りの良い場所のモミジも紅葉していました。

10111314_013
岐阜県・下呂温泉付近・R41

本来は裏木曽街道を通り中津川から馬籠・妻籠を通り長野県・昼神温泉経由で天
竜峡へ向う予定でしたが、かなりの混雑が予想されるので少し思案・・・・。
雪山が見たい!と言う夫と開田高原を通りたいという私の思い。
相当な遠回りを覚悟で高山から国道361号線経由で開田高原へ向かう事にしました。

10111314_018
岐阜県・高山市・R41

飛騨高山が近づくにつれ、紅葉の美しさが増してきました。
「わぁ~綺麗!」の言葉の連続です。

10111314_020_2
岐阜県高山市朝日町 (写真をクリックしていただくと拡大してご覧いただけます)

「わぁ~!!」私の声に動物でも飛び出したのかと夫が急ブレーキ!
「脅かしてごめん。雪の御嶽山が綺麗・・・・」
冠雪した御嶽山がとても美しく見えました。
此処から、こんなに美しく御嶽山が見えたのは、始めてです。

10111314_026
岐阜県・R361・秋神トンネル

山全体が茶褐色に見え、カラマツの黄色が一際目を惹きます。

10111314_027
R361・岐阜県・道の駅「飛騨たかね工房」

此処で少し休憩です。
見事なカラマツの紅葉です。

10111314_029
R361・岐阜県・道の駅「飛騨たかね工房」からの眺望

風は冷たいですが気温はさほど低くないようです。

10111314_040
R361・日和田高原

開田高原まで、後わずか・・・。
御嶽山がまじかに見えます。

10111314_041
R361・日和田高原

10111314_043
R361・開田高原

岐阜県と長野県の県境を越え、開田高原に入りました。
道路の両脇にはカラマツの落葉がビッシリ。

10111314_045
開田高原

開田高原は紅葉も終わりかけ、晩秋そのものでした。

10111314_047_2
開田高原 (写真をクリックしていただくと拡大してご覧いただけます)

雪山も見えていますね。

10111314_057
開田高原・九蔵峠 (11月13日:午後2時30分)

黄砂で少し霞んでいますが、冠雪した御嶽山。
やはり雄大で美しいお姿!この風景が見たかったんです。

10111314_052
開田高原・九蔵峠

さすがに土曜日。
九蔵峠には、次から次へと観光客の方がこられます。

10111314_055
開田高原・九蔵峠 (写真をクリックしていただくと拡大してご覧いただけます)

余りにも美しいので、ここで持参した温かいコーヒーを飲むことにしました。
丸太を利用したベンチの特等席で、久々のニャンカフェです。
思い返してみれば、此処でコーヒーをゆっくり飲むのは初めてです。☆
な~んて贅沢な時間なんでしょ。

10111314_065
開田高原・九蔵峠 (写真をクリックしていただくと拡大してご覧いただけます)

白樺はすっかり葉を落としてしまいました。
もうすぐ、此処も雪景色に変わるのでしょうね。

10111314_067
開田高原・九蔵峠 (写真をクリックしていただくと拡大してご覧いただけます)

幾ら眺めていても私達にとっては飽きない風景です。

10111314_063
開田高原・九蔵峠

10111314_070
開田高原・九蔵峠 (写真をクリックしていただくと拡大してご覧いただけます)

薄雲と黄砂の中、太陽がボンヤリと見えはじめ、より御岳が霞んで見えます。
これはこれで幻想的でいい感じです。

10111314_066
開田高原・九蔵峠 (写真をクリックしていただくと拡大してご覧いただけます)

もう少し、此処で御嶽山と晩秋の開田高原を眺めていたいところですが、先を急ぐ
ので後ろ髪引かれる思いで、九蔵峠を後にしました。

10111314_086
開田高原 (写真はクリックしていただくと拡大してご覧いただけます)

今回は、木曽馬の里にも寄る時間がありません、、、、。
今日の宿泊地である天竜峡まで、国道を利用すると開田高原から2時間近くかか
ります。

コナラ(一本木)ちゃんに木曽馬さん、後一ヵ月半で又、会いに来るからねぇ~。

                                              つづく

                             ※旅行日:2010年11月13日(土)

« 重なり合う季節・丹後半島 | トップページ | 「旅37-2」南信州・下條温泉 »

」カテゴリの記事

東海」カテゴリの記事

開田高原」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ニャンさん。

まずは、お疲れさまでした。m(__)m

・・・「わぁ~!!」私の声・・・、
本当に御嶽山、きれいですよ!!
開田高原側からよりも、白いような気がします。
私も、そう、叫んでしまいますね。。^_^;
急ブレーキ・・・よっぽど大きな声だったのでしょうね、
でも、追突されなくて、良かった!^_^;

今、道の駅「飛騨たかね工房」など、
ずいぶんと、増えましたね~。
最近、R.41も高根の方も、走っていないので、「へーっ!」という感じです。
ちょっとでも、休憩したいとき、あると、嬉しいですよね。

日和田高原、いよいよ開田高原近し、
わくわくしている、ニャンさんが見えるようです。(^_-)-☆
霞んでいたのは、黄砂のためなのでしたか!?

九蔵峠、あのベンチで、ニャンカフェ開店でしたか!?
私も、お邪魔したかったです~!、残念でした。
良い感じの霞んだ御岳眺めながら・・・、
さぞかし、コーヒーおいしかったことでしょう。

私はこの時間、家で忙しくしていました。(>_<)

開田の写真、ほとんど同じ所で、私も撮っています。
なんだか、嬉しいですね~!

今度は、きっと地面も御岳も真っ白になってますね!(^_-)-☆
お気をつけて、いらしてください。

ニャンさんの晩秋開田高原、
ありがとうございました。☆☆☆

広島中心部から近い山と
中国山地奥深い山の 秋色の違いを体験したばかりの私ですが、
まだ、雪が積もった山は実際に見ていません。

もし見たらニャン様に負けないくらい大声で、
「ワァーーー」「ヒャーーーー」と大騒ぎして
ご主人様をもっと危険な目に合わせてしまいそうです。(笑)

温かいコーヒーをフーフーして飲む、お熱い夫婦ですか、、、。
ム、ム、ム、羨ましい。
私も持っていくぞ、、温かいコーヒー。

そういえば つれあいはコーヒーを飲まないんだった。残念。

ニャンさん こんばんは♪

13日は開田高原へいらっしゃっていたのですね!\(◎o◎)/
なんともニアミスじゃないですか~。(>_<)

高山方面から来られたとのこと。
秋神トンネルも懐かしいです。
開田高原へ通う前(2000年以前)は岐阜の山で転々と釣りしてました。(^^ゞ
あの頃から岐阜の川には行かず木曽通いに転向したので、懐かしく思います♪

そして2時半頃に九蔵峠に立ち寄られたのですね!
2時半頃は観光客が多かったのですか?
僕は8時頃に行ったのですが誰も居なかったのです。
そしてニャンさんがコーヒーを飲んだ丸太ベンチで・・・
同じ様に持参したコーヒーを飲んでましたよ。(^^)
おまけにそこで一人記念撮影とかしてました~ぁ。o(*^▽^*)o~♪
時間は違えど、同じ日の同じ場所で同じ様なことをしてのんびり御嶽山を見ていたのですね☆

次回は木曽馬の里へ立ち寄れるといいですね。(^_-)-☆パチッ

moo様

おはようございます。

ありがとうございます。
さすがに、二日間で600km強、しかも全部、一般道を使っての
ドライブは疲れました・・・・^^;
しかし、遠回り覚悟で開田高原へ立ち寄って正解でした^^v
旅行中も帰って来てからも開田高原が綺麗だったね☆と
余韻に浸っています。^^

そうなんです。
御嶽山、岐阜県側から見たほうが、はるかに積雪量が多かったです。
木曽駒も伊那側から見たほうが積雪量が多かったです。

道の駅は重宝しています^^
トイレ休憩などの時も気兼ねなく利用できるし
特産品も種類が豊富なのが嬉しいです(*^-^)

今回の旅、黄砂が凄かったです^^;
御嶽山は霞んで、いい感じでしたが南アルプスは
カメラではちょっと捉えにくい状況で一回もシャッッターをきりませんでした(ノω・、)

私達が九蔵峠にいた時間、mooさんは御自宅でしたか、、、残念、、、
でも、同じ日に同じ場所で撮影していたというのは嬉しいです♪♪
何時か九蔵峠に京都ナンバーの車が止まっていて
丸太ベンチに腰掛けてコーヒーを飲んでいる夫婦がいたら
声を掛けてくださいね^^。
ご一緒に ニャンカフェしていただきたいですから・・・ヽ(´▽`)/☆

今年は「雪んこ」(虫)が開田高原にも沢山いましたから
里にも近いうちに雪が積るかもしれませんね~♪
真っ白な開田高原、楽しみです^^
はい!気をつけて開田高原へ伺いま~す☆
ありがとうございました^^☆☆☆

shinmama様

おはようございます。
今朝はめちゃくちゃ冷え込んでいます ^^;

大山、積雪まだでしたか・・・・??
やはり、アルプス級の標高がないと今の時期、冠雪しないのかな??

私、結構ドライブ中に「わぁ~」とか「ヒャ~」とか大きな声を出すクセが
あるようです・・・^^;
「びっくりするやん!!」と夫によく言われます、、、、
今回の「わぁ~~!!」はかなりの大声だったようです・・・^^;
shinmamaさんもですか??(笑)

御主人様、コーヒー飲まれないのですか?
じゃ、温かい紅茶で二人してフーフーしてshinmamaカフェしてください☆
ありがとうございました。ヽ(´▽`)/


iraka様

おはようございます。
同じ日に同じ場所で、コーヒータイム ♪~ 何だか嬉しいですぅ~~☆
丸太ベンチは特等席ですね^^v
御嶽山をバックに一人記念撮影いいですね~^^
そういえば、私は何時も風景ばかりに気をとられて
記念写真撮り忘れています・・・^^;

じゃあ、13日は早朝にmooさん、
8時頃にirakaさん、2時半に私達、まるで時間差攻撃のようです ^^ (笑)
お互い出会ってこそ居ませんが、
お仲間に加えていただいたような気になり嬉しいです^^♪♪
2時半頃は観光客の方がすごく多かったです。
8時頃は、観光客の方は各旅館で朝食中の時間帯だったのかも??

irakaさんはイワナ釣りをなさるんでしたっけ??
釣りたてのイワナ美味しそうです☆

次回の開田高原は年末年始、風里さんに宿泊します。
なのでゆっくり木曽馬の里で過ごせるので楽しみにしているんです☆
コナラちゃんにもゆっくり、会えます^^v~♪
コナラちゃんがいてこその木曽馬の里。
開田高原のシンボルですものね(*^-^)
ありがとうございました。o(*^▽^*)o


日和田高原の白樺は綺麗ですね。適度な間隔と揃った太さ。

たてしな藍
先ずは響きが良いですね。一度は泊まってみたい宿ですが露天風呂付の部屋だから料理が多いのか?それとも全ての部屋でも同じなのか?チョット気に成るところですがどれも美味しそうです。

京都は紅葉が進んでいますね。今年の紅葉は綺麗じゃないと言われていますが写真を見る限り綺麗ですね。

丹後半島と言えばやっぱり船屋。生け簀と船屋の位置関係を上手くまとめた良い写真です。

各地はすっかり唐松の紅葉が始まって居て春に居た私には日本の秋に戻してくれた先週末の旅でしたね。

以上留守中の一挙読みコメントです。

よし坊様

ご旅行のお疲れが残る中、又、写真整理等のお忙しい中、
一挙読み&一つ一つのコメントを頂き、ありがとうございます。m(_ _)m

よし坊さんのお留守中に、日本は一気に秋めいたようです。
特に長野県は秋から晩秋へ、京都ではカラマツの黄色の紅葉が
見られないので、長野の紅葉ではカラマツが楽しみなんです^^
京都は秋本番というところでしょうか!?
嵐山や清水寺もやっと色付き始めました。
永観堂や三千院などは紅葉が見頃を迎えたようです。

日和田高原は白樺がとても美しく静かでした。
「たてしな藍」夫婦、ふたりで大人旅が楽しめる宿だと思います。
お料理は、どうでしょう?どのタイプも同じ内容、量?なのでしょうか?
でもお料理、美味しかったです☆ オススメのお宿です。^^

伊根湾の写真、褒めていただき、嬉しいです。^^
ありがとうございます。
小雨がレンズにかかり、レンズを拭き拭きの撮影でした^^;
伊根は本当に何時行っても良いところです。
一度は雪のあるときに行ってみたいと憧れています☆

よし坊さんのブログ、本編を楽しみにしています。
でも、無理なさらずお疲れの出ませんように☆
ありがとうございました。(o^-^o)


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/37673589

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅37-1」飛騨路から開田高原:

« 重なり合う季節・丹後半島 | トップページ | 「旅37-2」南信州・下條温泉 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ