« 湖北の秋・賑わいの季節到来 | トップページ | 京歩き6-春日神社 »

2010年10月 6日 (水)

京歩き5―島原

101001_005
ガスタンク

10月1日(金)晴れ時々曇り

10月初日。スカーッと晴れていて気持ちがいい!
今朝も気温が下がり寒さを感じる朝となりました。
昨日の雨の影響か西山連峰は朝は頂上付近が雲に隠れていました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

101001_003

今日は島原辺りまで歩きます。
島原へ向う途中、彼岸花が川沿いに咲いていました。

101001_007
京都市中央卸売市場付近の商店街

中央卸売市場の近くに、こんな商店街がありました。

101001_014
島原廊入口大門

京都の花街は天正17年(1589)わが国初の菅許の廓である島原をはじめ、
上七軒(かみしちけん)・祇園甲部(ぎおんこうぶ)・祇園東・先斗町(ぽんとちょう)・
宮川町があり「六花街」と呼ばれてきました。
その六花街のうち、ここ島原からは茶屋営業がなくなり、今現在は「五花街」が残っ
ています。

101001_019

島原の面影を残しているのは、この島原大門と置屋の「輪違屋」さんと揚屋の
「角屋」さん2軒だけとなってしまったようです。

101001_012_2
(写真をクリックして頂くと拡大してご覧いただけます)

島原について説明したいところですが、私の下手な説明より上の文章を読んでいた
だいたほうがわかりやすいと思います。

101001_022

101001_034
101001_032 101001_029
輪違屋

置屋の輪違屋さんは京都市指定文化財に指定されています。
今現在は一般公開されていないので外観のみの見学となります。
当時はこのあたりも賑わっていたのでしょう。
今は住宅街。ひっそりとしています。

101001_068
101001_069
101001_073 101001_076
角屋(すみや)

そして此方が揚屋の「角屋」さんです。
此方の建物は揚屋建築の唯一の遺構として国の重要文化財の指定を受けています。
「角屋もてなしの文化美術館」として公開されているようです。(入館料必要)

101001_038

上の写真は町家で見かけた “鐘馗さん”(しょうき)。
小屋根の上に祀られています。魔除けです。
近頃、“鐘馗さん” を町家で見かけることも少なくなりました。

101001_064

昔の名残を感じる地名を見つけました。
太夫町。

101001_067

京都らしい旅館も発見!

101001_066

此方はカフェのようです。

101001_040

路地の奥には銭湯。
京都は意外と銭湯が多いんです。いえ、多かったんです!?
懐かしい町の風景を見た気がしました。
小学生の頃よく銭湯に行きました。
銭湯へ行くと友達と会うことも多く銭湯で遊ぶのが楽しみ ^^
そして楽しみがもうひとつ、お風呂上りに飲むフルーツ牛乳orマミー。
美味しかったんです。

101001_049

ちょっと公園で休憩!
機関車トーマスの自転車が木陰にポツンとありました。この自転車の主は??
公園には私ひとり・・・・
自転車置いて何処へ行っちゃったんだろう?

101001_059

のんびり休憩もしたし、買物して帰ることにします。

●自宅出発 9:10 / 自宅到着 am11:40 (所要時間・徒歩のみ約1時間50分)
●歩数 11243歩 / 距離 約7.1km(携帯電話機能・万歩計使用)

                         ※ウォーキング日:2010年10月1日(金)

« 湖北の秋・賑わいの季節到来 | トップページ | 京歩き6-春日神社 »

京歩き(ウォーキング)」カテゴリの記事

コメント


島原廊入口大門あたりの写真を見せていただくと、
どこか時代劇のワンシーンみたいですね。

ここ数日、広島はぐっと涼しくなり、
朝晩は肌寒くなったので、ウォーキングも日中に移行しています。

ニャン様と同じように私も一人で公園に立ち寄ります。

小さな水筒にいれた熱いお茶を飲みながら、
ベンチにすわり、束の間、本を読むのが
私の至福時です。

ニャンさまのブログを拝見するたび、
京都で はんなり散策できることが楽しみでなりません。
(修学院離宮はさすがに予約が取れませんでした、残念です)

見せていただきありがとうございました。

こんにちは、ニャンさん。

オッ!ニャンさん、発見!!
謎のカメラウーマン、ベールが一枚とれました。
何といっても、今日の一枚は、これですね!(^_-)-☆(笑)

京都らしい町並みに魅了されます。
今日もまた、散歩でこんなところ歩けるんだぁ~!と、ため息です。

花街、先斗町しか知りませんでしたが、いろいろあるんですね~!
舞妓さんも撮ってみたいですね~!

旅館やカフェーもいいですが、銭湯もいいですね~!
私も、銭湯で湯上がりのフルーツ牛乳やコーヒー牛乳・・楽しみでした。
あの時の、おいしさがよみがえるっような気がします。

今日も楽しい散歩、ありがとうございました。☆☆☆


shinmama様

こんにちは。
めっきり秋らしくなりましたね~。

今、散歩から帰って来ました^^
イチョウが緑から黄緑になり始めていました。

修学院離宮、予約取れなくって残念でしたね、、、、。
私もまだ行ったことがないんです。
やはり人気があるんですね。

散歩の途中の公園で過ごす時間は良いですね。
夕食の献立の事も家事の事も頭の中から消えています。^^

島原大門の側には商店街があり、突然、時代劇に出てきそうな門が
現れると言う感じです。

京都での時間、のんびりとお過ごし下さい。
shinmama様のブログアップ楽しみにしています。

ありがとうございました。^^


moo様

こんにちは。

発見されちゃいました ^^☆
写真に写る事がわかっていたら、もう少しお洒落すればよかったと
家に戻ってから後悔・・・・^^;

舞妓さんを撮影するなら、やはり祇園が一番いいかも☆
舞妓さんに遭遇する確立が一番高いです。
夕暮れ時、お茶屋さんに明かりが灯る頃、
だらりの帯の舞妓さんいい雰囲気です^^v
日中は、な~んちゃって舞妓さんが多いです ^^;
本物の舞妓さんは日中、普通の着物姿でお稽古や買物へ出かける姿を
よく眼にします。
お化粧もしていない舞妓さん、どこか幼さが残った顔立ち。
この姿が、又、いかにも花街らしくていいですよ^^v

美味しかったですよね。湯上りの牛乳類 ♪
何だか懐かしいです。

今日は開田も晴かな?
ありがとうございました☆☆☆


 いいですね。京都は歩数計のカウントに関係なく、すぐ近所に目を見張る京都らしい街並み風情があるとは、羨ましい。

 またまた 私の関心のある地名が載っていますが、そのまま素直に読めばよろしいのでしょうか?

 私も桂離宮には行きたいのですが、残念。京都迎賓館とともにどうしても見たい処です。
 蛇足ながら赤坂迎賓館の一般公開日が近いのですが、建物内には入れないのでパス。

 いつもホッとリラックスできるシーンを写真で拝見、ありがとうございました。

Hiro様

こんにちは。

ハイ!島原はそのまま「しまばら」と読んで頂けばいいです。
此方は難読地名じゃないようです^^;

ウォーキングを始めて私も気が付きました。
自宅から往復で1万歩圏内に、
京都の観光名所があったんだな~って☆
京都市内観光の時も車を利用していましたが、
駐車場が意外と少ないので歩いた方が便利だと気が付きました ^^;

京都迎賓館、此方も行ったことがありません。
でも、興味はあります。
赤坂迎賓館は建物内に入れないんですか、、、残念です、、、

ウォーキング日記にお付き合い頂き、
ありがとうございました。^^


 私もニャン様発見しちゃいました(^_^)v
 可愛いらしいかたとお見受けしました。

 角屋さんは私も知っていますが、
 こういう場所にあるんですね。

 京都らしい旅館にもエアコンは必須なのですね。 
 室外機がなんだか重そうです。

 銭湯は私も子どものころに行きました。
 真冬、濡れた髪を外気にさらして帰り、指でしごくと薄く氷が指につき、髪はサラサラになりました。
 まさにフリーズドライです。

 ‘錘馗’さんはめずらしいですね。

 今日も楽しい京歩き、ありがとうございました。

 

  

うつきよう様

可愛いらしいかた・・・いやぁ~嬉しいお言葉☆
ありがとうございます ♪
今日一日、ルンルンですごせそうです ^^☆

角屋さんを御存知でしたか!?
まだ中を見学したことがないんです。
お庭が素晴しいそうですね。

エアコンの室外機、私もちょっと目立ちすぎ!と思いました、、、^^;
京町家に合うようなデザインないんでしょうか??

自然フリーズドライ良いですね☆
サラサラ髪は、女性の永遠の憧れですものネ~♪♪
京都は御存知のように学生の町でもあり、銭湯も多かったのですが
学生さんもお風呂付のマンションに住んでいる方が多く、
銭湯、少なくなっています。これも寂しい話ですね。

ありがとうございました。^^

オ!花火の尺玉か?
と思わせた所から始まりましたね。
置屋がなんなのか?今の若者には解らない死語に成ってしまったのかも知れませんね。でも、こんな街並みが今も残っている京都は素晴らしいです。

お姿を現した?
改めて見ちゃいました。
なにやら小さく写っているのが・・・・
駄目だ!僕の視力じゃ・・・ナニ視力の問題じゃ無いって?

よし坊様

こんにちは。
「たまや~」から今回のブログは、はじまりました^^

置屋、若い世代の方は「なんだそれ??」だと思います・・・^^;
何時だったかは忘れてしまいましたが
テレビで島原の花魁道中を見たことがあります。
今調べたら平成16年に5年ぶりに「花魁道中」が催されたそうです。
私が訪れた時、島原は道路の工事中!
御影石を引き詰めたような感じの道路にするんだそうです。
観光事業のひとつなのでしょう・・・・
そのうち、又、花魁道中が催される事を期待しちゃいます☆

私の姿、見えませんでした??
私、背がちっちゃいですからね・・・・^^;
今度、何かに私の姿が写り込みそうな時は髪もとかしてからにします☆
その時はバッチリ写ちゃおうかな・・・・^^v

ありがとうございました。^^

再びカキコです。
字を読むのに一生懸命でした。
トーマスの自転車のズ〜〜〜ッと先の影にリックを背負ってしゃがんでいる人がそうかなと思ってしまい、写したのはご主人か?
と早合点したのであります。
なさけなや、、、

よし坊様

いえいえ ^^
わざわざスミマセン、、、
よし坊様のお人柄、嬉しくなっちゃいます☆
どうぞ、これからもよろしくお願い致します。

ありがとうございました。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京歩き5―島原:

« 湖北の秋・賑わいの季節到来 | トップページ | 京歩き6-春日神社 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ