« 「旅36-2」静岡散歩と東京竹芝 | トップページ | 「旅36-4」日枝神社・例祭(修善寺温泉) »

2010年10月27日 (水)

「旅36-3」 思い出の場所・東京都竹芝

10101621_151
東京湾の夜明け

10月18日(月)曇のち晴

昨夜は遅くホテルに戻ったのに、何時もの時間に目が覚める。
習慣というのは、恐ろしいものです!?

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

10101621_162
竹芝

雲が多く肌寒さを感じる朝です。

10101621_165
竹芝から見た東京タワー

ビルの隙間から東京タワーが見えています。

此処、竹芝は京都から東京へ引っ越してきた時に一番初めに住む事になったマン
ションから徒歩10~15分のところにあります。
東京在住の方には申し訳ないのですが、自然大好きの私達は東京には住みたくな
い!と思っていました。
(いえ!別に喧嘩を売っているわけではありません。ごめんなさい・・・^^;)

若いときなら良かったのかもしれませんが、ある程度、歳を重ねてからの東京は、
私達には正直きつかったです^^;
皮肉な事にその東京のど真ん中、港区に住む事になってしまったのです。
明けても暮れても、見えるのはビルばかり・・・・・。
息が詰まりそうな毎日。
そんな息苦しさを感じる度に、竹芝から東京湾を見るのが唯一の楽しみでした、、、、。

10101621_170

まぁ~よくもこれ程までに高いビルが建ち並んだものだ!とビルを見上げてはため
息を付いていました。

10101621_177
(拡大してご覧いただけます)

そんな東京暮らしから京都に戻り、はや6~7年???
毎年定期的に訪れる東京。景色の変貌の早さには驚かされます。
写真の中央の少し左側に見えているタワーが「東京スカイツリー」です。

10101621_180

この歩道を行ったりきたりしながら時間を過ごした日々が蘇ってきます。

10101621_182

10101621_184

10101621_191

ふと時計を見上げるとカラスがまるで飾りのように微動だりもせずとまっています。
都会のカラスはたくましく、生きる知恵を身につけていると感じる出来事が何度かあ
りました。
ある日、オフィース街のコンビニの前を通りかかると、空からコンビニのお弁当が降
ってきたことがありました。
地面に叩きつけられた弁当は蓋が開き人が食べ残した食べ物が散らばり、驚いて
いるとカラスが下りてきて食事を始めたのです。
これには、驚きました・・・^^;
こんな風にして都会のど真ん中でエサを調達しているんですね。

10101621_196
(拡大してご覧いただけます)

港には沢山のカモメ?ユリカモメ?
鵜も羽を広げています。

10101621_199
(拡大してご覧いただけます)

特に上の写真の場所は懐かしいです。
夫が休日の時によくこのベンチに座り、海を眺めていた場所です。
早く京都に戻りたいねぇー!丹後の海が懐かしいね!と帰ることだけを夢見ていた
日々だった気がします。

情けない話ですが、今でも東京へ向う途中は何となく気が重くなります。
仕事がらみでなかったら、楽しめるのかもしれませんが・・・・・。
やはり、私達には都会は合わないようです・・・・・^^;
東京に住んでいた反動か?
京都に戻ってからは益々、田舎大好き人間になったようです。
今では京都ですら都会!もっと自然の多いところに引っ越したいと強く願っています☆

私の思い出話にお付き合い頂き、ありがとうございました。

                                               つづく

                             ※旅行日:2010年10月18日(月)

« 「旅36-2」静岡散歩と東京竹芝 | トップページ | 「旅36-4」日枝神社・例祭(修善寺温泉) »

」カテゴリの記事

関東」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

こちらにお住まいでしたか!?
早く京都に戻りたいと思いながら過ごした日々、
今訪れると、複雑なお気持ちになられるのでしょうね。

私事ながら、東京は中学(約50年前まで)まで過ごしたところで、
心の中では、まだ自然のあった懐かしい田舎です。
今の開田高原とは比べモノにはなりませんが。^_^;
クマやイノシシはいなかったですからね。(^_-)-☆

東京タワーとスカイツリーが見えるんですね。
東京タワーは私が小6の時出来て、友達と行った記憶があります。
懐かしいです。

最後の写真、海を眺めていたベンチ、
ご主人が座ってる風景を描いてしまいました。^_^;

早く、開田高原に住めるようになるといいですね~!

しみじみとベイフロント、ありがとうございました。☆☆☆

moo様

こんにちは。
私がはじめて東京へ遊びに行ったのは高校生の時でした。
その時は、憧れの町~♪、東京だっんですけどね(*´v゚*)ゞ

mooさんも東京にお住まいでしたか☆
夫も言っていました。
幼い頃、東京の親戚の家によく遊びに行っていた頃は
まだ、まだ田舎で、親戚の家からも海がよく見えたと・・・
今や埋め立て埋め立ての連続で高いビルが建ち並び、
昔の面影もありませんね、、、、、。

どんなに、きつかった事も過ぎ去っててしまえば、
懐かしく思い出されることが、不思議です ^^

あのベンチは懐かしかったです。
「よく此処で座ってたなぁ~」って夫も思い出していたようです。

東京から京都に戻る事が決まった時、開田高原を知っていたら
京都には戻らず、きっと開田高原に直行~!で引っ越していたと思います☆
その分出遅れてしまったようです・・・・^^;

東京スカイツリーが竹芝から見えるとは思っていなかったので
ちょっと、ビックリでした ^^;

私的な思い出話にお付き合い頂き、
ありがとうございました☆☆☆


竹芝の歩道は木で出来ていて良いなあ〜と思いながらそぞろ歩いた事を思いだします。
東京生活、僕とニャン様とは正反対のようです。
いずれは東京に住もうと心の隅で思って居るのです。
最高の医学を授受出来る。いずれ運転できなくなった時は公共の乗り物を使って何所にでも直ぐ行ける。東京発のパック旅行など各種プランは信じられないほど安い。東京都の持っている厚生施設は全国にある。老人の乗り物無料。税金の還付率が全国一。特に中央区はダントツ。まだまだ有りますが列挙すればきりがない。
さて、軍配はどちらに・・・

ニャン様
何とも説得力のあるお話をありがとうございます。

私は未だに都会暮らしや海外での生活に憧れていますが、実現することはないと思います。

今朝は寒かったですね。
夕餉は盛岡で入手した南部鉄の鍋ですき焼きの予定です。
本来であれば日本酒ですが、今日は焼酎のお湯割りにする予定です。

酒がない街で暮らすのは嫌ですが、酒さえあれば・・・・・です。
「一握の砂」ならず「一杯の酒」

今日は庭木の移動で大変だったんです。
京都の方角に向けて盃を捧げます。

よし坊様

今晩は!
まず、あの木の歩道は良いですね。

本当ですね。
まったく正反対ですね~。世の中上手く出来ていると感じるのはこんな時ですね ^^
さて、さて、此処で実際住んでみた経験から反論すると・・・・
最高の医療・・・・・はい!これは確かです。
公共の乗り物、これは乗換えがややこしいし、めんどくさい。
乗り換えるより歩いた方が早い場合が多々ある。
東京からのパック旅行・・・・ハイ!これもおっしゃるとおりです☆
後の所はよくわかりませんが、
国民健康保険は東京のほうが京都よりはるかに安いです。
う~ん、全然、反論になっていませんね・・・^^;
信号が短い。お年寄りだと渡りきる前に赤になる。これは危ない!
物価が高い!港区の車の月極め料金の高さに驚き!!
私は東京に引っ越してから花粉症になった!戻ってきて直った!
ダメだ。。。小さな事しか反論できない、、、、、、
さて、おっしゃるように軍配はどちらに・・・・??

ありがとうございました^^

旅空の雲様

今晩は~!
都会暮らしに海外での生活・・・・・
皆さん、それぞれに憧れや夢があるんですね^^
素敵な事だと思います。

昨夜から秋を通り越し冬ですね。
昨夜、この冬、はじめて暖房をつけました。
こんな日は、鍋物がいいですね ^^
南部鉄の鍋ですき焼き、美味しそうです。
すき焼きは、鉄鍋が一番だと思います・・・いいなぁ~、すき焼き☆

私もお酒がない町では絶対!絶対!暮らしていけません ^^;
一緒ですね☆

庭木の移動、ご苦労様でした。
私の今夜の晩酌は長野で買ってきた「真澄」です ^^
では、私も、旅空の雲様に乾杯~~~☆!

ありがとうございました^^


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/37384119

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅36-3」 思い出の場所・東京都竹芝:

« 「旅36-2」静岡散歩と東京竹芝 | トップページ | 「旅36-4」日枝神社・例祭(修善寺温泉) »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ