« 北野天満宮ー2・史跡 御土居(おどい) | トップページ | 京の七夕 »

2010年8月 9日 (月)

中山道醒井宿の梅花藻

1088_066
地蔵川の梅花藻(醒井宿)

昨日の日曜日、滋賀県の中山道「醒井(さめがい)宿」へ梅花藻を見に行きました。

醒井宿は中山道61番目の宿場町で、街道の面影を今も残す趣のある町です。
居醒の清水を源流とする地蔵川に夏、梅花藻(バイカモ)の花が咲き乱れます。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

1088_071
JR醒ヶ井駅

醒ヶ井に着いたのは12時ごろでした。
駅の駐車場に車を停めようと思ったら満車。
仕方なく15分程待ち、車を停める事ができました。
(他にも梅花藻の咲く頃には臨時駐車場が数箇所あります。)
駅に隣接しているお店で軽くラーメンの昼食です。
気温は京都よりはるかに涼しく、テラス席でラーメンを食べていても苦になりません。
風が吹けばひんやりと涼しく感じる程でした。

1088_004
旧醒井郵便局

大正時代に建てられた郵便局。木造2階建ての擬洋風建築です。
今は醒井資料館として使われています。

1088_006
十王水

川の中に漂っている緑の藻、これが梅花藻です。
白く点々と見えるのが梅花藻の花です。

1088_064

こんな小さな白い花を咲かせています。

1088_007
地蔵川

湧水が流れている地蔵川。夏の今でも水はかなり冷たいです。
やかんが冷やされています。懐かしい光景です。

1088_013
地蔵川のサルスベリと梅花藻

サルスベリの花が満開で地蔵川に彩を添えています。
梅花藻の白い花の群れにサルスベリの鮮やかな花びらが漂い綺麗でした。

1088_060
サルスベリの花

1088_024

川ではスイカも冷やされています。
冷たく冷やされて美味しいでしょうね。

1088_030
問屋場

資料館のひとつです。

1088_034

清らかな川の流れを見ていると涼しく感じます。

1088_051

水面に木々の緑が写り美しいです。

1088_046

こんな美しく静かな町なのに、実は醒井宿の真後ろには名神高速道路が通ってい
るのです。
名神を走る背の高いトラックの荷台などは醒井宿からも見えます。
過去と現在が交差している場所のような気がして不思議な感覚です。
それに名神を造った時に、湧水が枯れたり、水の流れる方向が変わったりしなくて
良かったと思います・・・。

1088_056
醒井宿

1088_055

1088_057

1088_058
ヤマキ醤油屋

1088_062
多々美屋

1088_065
梅花藻

梅花藻の見頃は8月一杯のようです。

1088_074
柏原宿

醒井宿を後しにし、国道21号線を少し岐阜県方面へ向うと中山道60番目の「柏原
宿」があります。
此方は観光客の姿もなくひっそりとした中、昔の面影を感じさせる町並みが残ってい
ました。

今日の滋賀県での観光は此処までです。

この後、京都市内に戻り今年から行われている堀川通りの「京の七夕」を見に行き
ます。

                                               つづく

                                ※観光日:2010年8月8日(日)

« 北野天満宮ー2・史跡 御土居(おどい) | トップページ | 京の七夕 »

滋賀県散策」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

醒井宿、いい所ですね!
いつだったか、琵琶湖からの帰路、通ったのですが、
横目に見ただけで、通過してしまいました。^_^;
少しでも、覗いてみたら良かった~!

大好きな、百日紅の花、暫くぶりに見ることが出来ました。(*^^)v
その下のスイカを冷やしている写真、
人影?が揺らいでいて、バイカモも一緒、とても良いですね!(^_-)-☆

この沢筋の街並みも良い感じ、
目にも体にも涼しかったようですね!

こんど、琵琶湖へ行った時には、途中でもあり、
是非寄ってみようと思います。

また、開田の沢のバイカモも覗いてみます。
花が咲いてるカモ?

ありがとうございました。☆☆☆

mooさま

こんにちは。

醒井宿、いいところでしょ☆
昨日は風が涼やかで夏バテ気味の体と
紫外線の強さで弱った目には優しく爽やかで良かったです ^^v

昨日は、凄い観光客の人で賑やかでした。
カメラマンも多く、良い場所は少々待たなければ撮影ができないほど・・
平日なら少しは腰をすえて撮影できそうです ^^☆

醒井宿の中に「了徳寺」というお寺さんがあるのですが、
紅葉の頃、天然記念物に指定されている
お葉付イチョウが見事に美しいです☆

百日紅、今、此方では満開を向かえとても綺麗でした。
私も百日紅の花、好きです ♪

開田にもバイカモが見られる場所があるんですね。
知りませんでした。
考えてみれば、開田の沢、綺麗ですものね。
花が咲いているカモ?(思わず笑っちゃいました^^)

今度、琵琶湖に来られた時は、ちょっと寄り道してみてください ^^v
楽しい、コメント、ありがとうございました。☆☆☆

ニャン様

なんて涼しそうなんでしょう。
新幹線で琵琶湖の横を通り過ぎるばかりで、まだ、一度も行ったことがない滋賀県です。

もちろん「醒井(さめがい)宿」の「梅花藻」については、全く知らないので、こうしてニャン様の写真で見せていただけて、ラッキーでした。

せせらぎでスイカややかんを冷やしている光景も、ノスタルジーいっぱいです。
田舎に帰ってくると、スイカネットに入れて、井戸で冷やしていたスイカを食べさせてくれるのが夏休みの楽しみでした。

あっ、つい食べるものに目が、、、。
「梅花藻」「梅花藻」、、忘れないようにします。

ありがとうございました。

ニャン 様  こんにちは。
いつもいろいろとご配慮をいただきましてありがとうございます。
感謝しております。

今回の日記は日本の原風景を見る思いがしました。
何十年か前までは、確か、どこかにあったような景色? と思うような、日本人の心の中にあるはずの忘れていた懐かしい風景を思い出しながら拝見しました。

現在では、バイカモは国立公園クラスのような良好な環境下でなければ見られなくなっているような気がしています。
いつの日にか地蔵川界隈をのんびりと歩いてみたいものです。
自分自身の心のふるさとに出会えるような気がします。

旅はいいですね! 憧れです!
中山道醒井宿界隈いいですね! 憧れます!
ご紹介ありがとうございました。

shinmamaさま

こんにちは。
新幹線等のJR米原駅から車で15分~20分程の所に
醒井宿はあります。
滋賀県は、近隣の県から観光やレジャーで訪れる方は、とても多いのですが、
少し遠いところからだと通過される方も多い気がします。
滋賀県を観光される時にはレンタカーを利用されるのが良いかと思います☆
私のブログが少しでも何かの参考になれば嬉しいです ^^

川でやかんやスイカを冷やす光景は、本当に懐かしいですね。
昔はよく見られた日常の光景だったはずですよね。

井戸で冷やしたスイカ、今から思えば冷蔵庫で冷やすより
ず~っと美味しかった気がします ^^☆

ありがとうございました ^^

旅空の雲さま

こんにちは。
いえ、此方こそ何時もお心遣い頂き感謝しております。
ありがとうございます。

一昔前までは何処でも見られた風景が今は特定の場所に行かないと
見られないというのは寂しいですね。
京都は環境保護と都会化の波の中で何かを失くしてしまった気がします。
一度なくしたものは、完全には取り戻す事が不可能な気がして、やりきれない思いがします、、、、。

バイカモは本当に美しい水がないと育たないので
今の環境を守っていって欲しいですよね。

「心のふるさと」良い言葉です。
そんな旅をしたいですね。
滋賀県には長閑な風景が沢山残っています。
そんな町並みをのんびりと歩かれるのもいいかと思います。

ありがとうございました。

百日紅と清流と梅花藻と・・・せせらぎの音が聞こえ、風のそよぎが髪をゆらしていく気さえする、美しいお写真の数々、堪能しました。 
 地図を広げて場所を確認しました。
 「居醒の清水」と名水のマークが赤字で記されています。ここですね。
 名神のこの地点は今までに二度ほど往復したことがありました。
もちろん、すぐそばにこんな清流があるなどとはつゆほどもしらずに。
 人々の暮らしと共にある美しい流れは日本の象徴ですよね。
 いつまでも枯れることなく、水も、梅花藻も、すいかも、やかんも、守られていきますように。
 私のからだの中まで清めてもらえた気のする、涼やかなブログ、ありがとうございました。

うつきよう様

こんにちは。
褒めていただき、嬉しいです。ありがとうございます。

そうです。場所は「居醒の清水」の場所です^^☆

まさか名神の真下にこのような場所があるとは思いませんよね。

観光地ではありますが、古くから住まわれておられる方が
ごく自然に今も住んでおられ、
その事がより心を和ませてくれている気がします☆
この観光化され過ぎない状況が何時までも続いてくれたら嬉しいです。

素敵なコメントをありがとうございました^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/36088650

この記事へのトラックバック一覧です: 中山道醒井宿の梅花藻:

« 北野天満宮ー2・史跡 御土居(おどい) | トップページ | 京の七夕 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ