« 「旅35」-2 八ヶ岳高原・ネイチャーウォーク | トップページ | 気軽に見てって☆ »

2010年8月26日 (木)

「旅35」-3 野沢温泉

1081822_233
R141からの景色

これから野沢温泉へ向います。
唐松林と田畑の景色を眺めながら国道141号線へでました。
国道へ出て少し行くとコスモスの花が咲いていたので、まずは一枚パチリ・・・

お天気が良いのにやはり八ヶ岳は見えませんね。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

1081822_235
R141から見えた山

コスモスの咲いている側とは反対方向に高い山が見えます。
なんていう山なんだろう?

※上の写真の山は 「男山」 と言うそうです。 よし坊様  から教えていただきました。
  ありがとうございました。

1081822_238
R141からの景色

田畑が広がっています。ちょっと雲も多くなってきたようです。
雨よ降らないで~~。

夫が軽井沢に寄りたいと言い出しました。
私は・・・・というと余りのる気になりません。
この日は民主党の議員が多く軽井沢入りしているから妙な混雑の仕方したら嫌だ
なぁ~と思ったからです。
でも、一度言い出したら引く事を知らない夫、仕方がないお付き合いしますか・・・。

軽井沢が近づくにつれ、益々、雲行きが怪しくなってきました。
浅間山はまったく見えないような状況で、高速道路は霧のため速度制限もひかれて
いるようです。

1081822_239
軽井沢

軽井沢に入ったら小雨が振り出しました。

1081822_241
軽井沢

うっとうしいお天気です。
妙な混雑はありませんでしたが、観光客の多さにビックリです。
「人も多いし、もういいわ」と夫。
結局、軽井沢の中を少しドライブしただけで終わりました。なんてことでしょう・・
「何をしにここまで来たんだろう・・・」夫はひとり言?私は聞えないふりです。

上田市に入る頃にはお天気は回復しました。

1081822_243
R117からの景色

千曲川に沿って道が続いています。
コスモスが道路脇に植えられ、美しいです。

1081822_244
野沢温泉町方面を望む

野沢温泉街に入る直前、棚田が美しい風景に出会いました。

1081822_335
野沢温泉・野沢グランドホテル

今夜の宿は「野沢グランドホテル」です。

1081822_251
1081822_250 1081822_249
露天風呂付客室 (※拡大してご覧いただけます)

部屋は露天風呂付の和洋室。
外観やロビーは古い感じですが客室はリニュアルされたのか予想に反して綺麗でした。
何より良いのが部屋の露天風呂が天然温泉 “麻釜(まがま)” の源泉掛け流し!
ただ、源泉がかなりの高温なので、もったいないですが水を加えなければ入れそうも
ありません。でないと “熱湯コマーシャル”です、、、
シャワー室もあるのが嬉しいです。

1081822_343_2
野沢グランドホテル

赤い△屋根が展望大浴場、山手の木々に見え隠れしている木造の建物が露天
風呂です。

大浴場からは温泉街がよく見え、景色がいいです。
お湯は 天然温泉 “麻釜(おがま)” で源泉掛け流し、無色透明。
温泉街と山を眺めながらの温泉、気持がいいです。
大浴場には「熱湯」(源泉温度71.6程度)があります。
よ~くかき混ぜて頂くと入りやすくなります。と書かれています。
熱湯には誰も入っておられないので、私は挑戦してみました! 
よ~くかきまぜて、そーろっと、、、、あっちち、、、、
入浴中のおばちゃん達の興味ありげな視線を感じます。此処で辞めては、女が廃る?
ガマン、ガマンで、首元まで浸かりました・・・がすぐにお湯から上った事は言うまで
もありません、、、、。
夫にその事を言うと「あほや~!」のひと言で終わってしまいました、、、、

露天風呂は別棟にあるので、少々、面倒です。
お湯は 「天下の名湯」といわれる “真湯(しんゆ)” 源泉掛け流しで、此方の温
泉は乳白色でした。が気象条件によりお湯の色が変わるそうです。
硫黄の匂いがいかにも温泉らしくていいです。此方からも温泉街が一望できます。

1081822_254
客室からの眺め

八ヶ岳高原に比べたら少々蒸し暑いですが、風はやはり爽やかです。

1081822_263 1081822_265
1081822_268 1081822_269
1081822_270 1081822_271
1081822_264 1081822_272_2
※拡大してご覧いただけます。興味のある方はどうぞ!

夕食、朝食共にレストランです。
夕食は 「旬のおごっつぉふるさと料理」です。
写真の他に食前酒(赤しそ酒)、御飯は野沢産こしひかり、止椀(なめこ汁)が付き
ました。
地元の食材と旬にこだわった料理です。
木耳甘辛炒め、信州サーモン、信州牛、信濃地鶏、川海老と夏野菜のかき揚げ、
なめこ汁は美味しかったです。
野沢菜漬けと白たくあんは最高でした。
御飯が出されるまでに全部食べてしまうほど美味しかったです。
鮎の塩焼きはちょっとパサパサしてたのが残念です、、、、。
ごちそうさまでした!!

少し休憩したら星空を眺めながら部屋の露天風呂にはいろうっと・・・☆

                                             つづく

                             ※旅行日:2010年8月19日(木)

« 「旅35」-2 八ヶ岳高原・ネイチャーウォーク | トップページ | 気軽に見てって☆ »

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

甲信越」カテゴリの記事

コメント

ニャン様
おはようございます。

<軽井沢>
夏は、人が多いと聞いていましたが、やはりそうですか。
やっぱり別荘の購入は他のところで考えることにします。(笑)

<野沢菜>
広島にも広島菜のお漬物があるのですが、
私は壬生菜のほうが好きなんです、こ生意気なことを言いました。

<熱い温泉>
我が家でも
お風呂のお湯は熱くなければいけない 烏の行水の私と
ほっこりつかって長湯がしたい主人の意見の分かれるところです。
ゆえに私が1番風呂の権利を保持しています。

<ドライブ>
車での移動は、ちょっと止まって写真を撮ったり
予定を変更して行きたいところへ向かったりできていいですね。
今まで、近場以外は、たいていJRを利用していたのですが、
荷物の制約もあるし、、、、。
これからの旅のスタイルは、これですね。

こまごま書いてしまいました、すみません。

shinmama様

おはようございます。

夏の軽井沢は混雑していていけません・・・。
毎回のように混雑にうんざりしながらも、何故か行きたくなるようです。 
習能力がない証拠ですね ^^;
関西人には「軽井沢」の響きが憧れなんですよね。きっと (笑)
別荘なら八ヶ岳はいかがでしょう ^^

壬生菜がお好きとは嬉しいです ^^☆
すき焼きの後の壬生菜は最高!と思い込んでる私です。
広島菜のお漬物、一度食べてみたいです☆

男の人は長湯の方が多いのでしょうか?
温泉へ行くと必ず待つのは私です。

車の利点はやはり荷物を気にしなくてすむ事と
おっしゃるように自由が利くことですね☆
我が家は北は群馬、新潟、西は北九州までなら車で行っちゃいます。
旅の途中、変更が多い我が家。
JRだとキップの変更が面倒というのが理由です。
要は勝手気ままな旅がしたいだけなんです、、、、、^^;

ありがとうございました ^^

こんにちは、ニャンさん。

野沢温泉街を望む、棚田風景、とっても良いですね!
見覚えがあって、懐かしく、拝見しました。(*^_^*)
新潟とかにも、もっと広々した田んぼはあるのですが、
ここのは、見下ろす感じだから、良いですよね!
ちょうど、入道雲も夏の感じが良く出ていると思います。(*^^)v


「あほや~!」と言われた、
「熱湯」(源泉温度71.6程度)って、実際は何℃くらいなんでしょう!?
入浴中のおばちゃん達は、その後もずーっと、入ってたんですか!?
私も蔵王温泉でそんな感じの超熱いのに入ったことがありますが、
即、出ました!!^_^;

まだ、若い証拠!でしょうね!(^_-)-☆

野沢菜とたくあんは自分も作るので、
参考になるかもしれないので、食べてみたいですね!

星空を見ながらの露天風呂、いいなぁ~!(^_-)-☆☆☆

ロッジで連泊かと思っておりましたが移動ですか! 行動的ですね。
さて、初めに出て来た山は近くで見た「男山」です。(僕のブログ2009年8月6日に出て来ます)
夏の軽井沢はホントに凄い人で銀座はまともに歩けない程で嫌に成りますね。

リッチな方は泊まる所が違いますね。専用露天風呂付の部屋なんて我が家では夢。
部屋が良いと食事も豪華ですね。どれも美味しそうです。

moo様

こんにちは。

棚田は結構、色々な場所で見かけますが
高台から見られる棚田、特に主要道路から見られる棚田は少ないですね。
思わず、「写真、撮りたい!!」と叫んでいました ^^;
mooさんも此方の棚田、撮影されんですね☆
滋賀県の高島の山手の方に棚田百選にも選ばれたところがあるそうなので、
是非、行って見たいと思っています。
mooさんは行かれました??

おばちゃん達は、その後も入浴されていました。
夫も「あほや~」と言いながらも翌朝、熱湯に挑戦したらしいのですが
足首まで付けて、即、辞めたそうです・・・^^;
mooさんもチャレンジャーですね ^^v
でも、超熱いのは苦痛ですね・・・^^;

野沢菜漬け、京都にも売っていますが
未だ美味しい物に出会ったことがありません、、、、。
お漬物も漬けられるんですね。
引っ越した際には、教えてください☆

ありがとうございました☆☆☆

よし坊様

こんにちは。

旅行から戻って来てからも京都は連日の猛暑(36℃越)です。
今、外出から戻ってきたのですが、今日も暑いのは暑いのですが
風は何処となく涼やかでした。体がマヒしたのでしょうか?^^;

あの山はロッジからも見えていた男山ですか。
早速、本文に書かせて頂きました。
ありがとうございます。
天狗山とセットで頭に記憶されていたのでわかりませんでした・・・^^;
よし坊様のブログ拝見させていただきました。
遠目から見ているだけでは想像も付かないほど、険しい山で驚きました。
あの岩尾根、拝見しているだけでハラハラしてしまいました。
よく、ご無事で、、、、

実はあの露天風呂付の部屋で二万円を切るんですよ☆

教えていただいたロッジのメールマガジン、
コメントを拝見した後、すぐに登録しました。
色々とありがとうございます。

ありがとうございました ^^

 良いところにいらっしゃいましたね。
 野沢温泉は友人たちと外湯巡りをしたことがあります。 そのとき入ったのは、たしか大湯ともうひとつくらい。 大湯は湯船がふたつ。 ゆるめ(といってもあつーい!)とあつ湯(もちろんあっつーいぃ!)。 ぬるめの湯船の端っこのほうにみんなかたまっているので、どうしたのかと思ったら、水の出る水道の蛇口がありました。
 地元の人たちが外湯で野沢菜を洗う「お菜洗い」はちょっとした風物詩で、毎年一度はニュースに登場します。
 「野沢菜漬け」は、漬ける前は「お菜」、漬けると「おはづけ」といいました。 私などは「おはづけ」のほうがいまだにピンときます。

うつきよう様

おはようございます。

野沢は二度目でしたが、まだ、外湯めぐりをしたことがありません。
朝の散歩の時に中を覗いた事はあるんですけでね。
きっと、思いっきり熱いんだろうなぁ~って思ったら
入浴する勇気がでませんでした、、、、^^;

大湯には、ぬる湯もあるんですね。
ちょっと安心しました ^^
でも、皆さんが水道の蛇口にかたまっておられたのですから
やはり、それなりに熱いんですね・・・^^;
うつきよう様のお近くには名湯が沢山あり羨ましいです。

野沢菜漬けの呼び名、まったく知りませんでした。
「お菜」に「おはづけ」ですね。
覚えておけば、ちょっとした通に私もなれますね ^^v
ありがとうございます。

来週のブログに大湯などの外湯の写真を載せるつもりでいます。
お時間のあるときにでもお立ち寄りいただければ嬉しいです☆

ありがとうございました ^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/36365036

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅35」-3 野沢温泉:

« 「旅35」-2 八ヶ岳高原・ネイチャーウォーク | トップページ | 気軽に見てって☆ »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ