« 気軽に見てって☆ | トップページ | 「旅35」-5 越中つるぎ温泉 »

2010年8月30日 (月)

「旅35」-4 野沢温泉から富山県へ

1081822_279
野沢温泉街

昨夜も早くに眠ったためか、真夜中に目を覚ました。
窓から夜空を見上げると素晴しい星空でした。
この素晴しい星空を専用露天風呂から見なくては、もったいない!
真夜中に星を眺めながらの露天風呂は最高~~!贅沢な気分です☆

それから、もうひと寝入り・・・目が覚めると、空は明るくなって来ています。
旅行恒例となった朝の散歩に出かけました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

1081822_282
麻釜熱湯湧泉

早朝のためか?平日のためか?誰も歩いていない温泉街を通り “麻釜” へ行
きました。
まだ、街灯がポツリっと灯っています。これも又、風流です。

1081822_284
麻釜

地元の人が菜っ葉を茹でにこられました。野沢菜でしょうか?
注意:麻釜の敷地内には地元の人しか入れません!

1081822_286
麻釜

湯煙の向こうに温泉街らしい土産物店が見えています。

1081822_301
足湯

麻釜から少し坂道を上っていくと見晴らしの良い足湯がありました。

1081822_304_2
※拡大してご覧いただけます。

足湯には入らずにベンチに越しかけ朝焼けし始めた景色を眺めました。
霞がかかり見にくいですが、うっすらと妙高山や黒姫山などが見えています。

1081822_311
大湯 (外湯)

坂を下り大湯の前へ。観光客が入りに来られていました。
大湯は野沢温泉のシンボル的存在の外湯です。

1081822_314
温泉街

この辺りが温泉街の中心になるのでしょうか?

1081822_315

「大湯」あっちちポスト。愛嬌のあるネーミングです。

1081822_317
河原湯 (外湯)

いたるところに外湯があります。

1081822_325_2
道祖神碑とパラリンピック聖火台「社殿」記念碑

温泉街の一角に道祖神碑がありました。
そしてその前には1998年長野県で開催されたパラリンピック「社殿」記念碑。

1081822_327

1081822_332
上寺湯 (外湯)

野沢温泉には13の外湯があるそうです。

1081822_344

1081822_346

旅館の庭には色付き始めた木々と向日葵の花が同居していました。

旅館に戻った後、温泉に入り朝食をすませ、もう一度、部屋の露天風呂へ。
もうひと寝入りしたいところですが、そろそろ富山県へ向かう事にします。
もちろん、高速道路は使いません。
国道で新潟県直江津に入り、後は富山までR8を利用します。
直江津の郊外から富山県朝日町までは、日本海を望む素晴しい景色が続きます。
我が家、お気に入りのドライブコースです ♪

1081822_352

R8の名立、道の駅で小休憩です。
此方の道の駅には鮮魚や海鮮中心のレストランがあり、立ち寄り湯、プール、そし
て旅館も併設しています。

1081822_355

道の駅敷地内からは、日本海がよく見えます。
お天気は良いし、青い空、青い海・・・・本当に気持がいいです。

この後もR8で能生、糸魚川、親不知とず~っと日本海を眺めながらの快適ドライブ。
すぐ横に北陸自動車道が通っていますが、この区間、高速道路はトンネル続きです。
海の景色を楽しむのなら絶対にR8をオススメします。
ただ、親不知のあたりは急カーブやトンネルが多くトラックなどの大型車も多いので
運転には充分に気をつけて下さい。

昼食は富山県に入ってから回転寿司「氷見きときと寿し」で食べる事にしました。
回転寿司と侮るなかれ!ネタも地元のものが多く新鮮、品数も豊富です。
一皿100円とはいきませんが、値段以上の価値は充分にあると思います。
とにかく美味しかったです。

富山県朝日町を過ぎ、入善、黒部、魚津と通り過ぎると今夜の宿まで後わずかです。
残念ながら立山は見えません、、、、。

今夜の宿は 越中つるぎ温泉「つるぎ恋月」 です。
この宿へ宿泊を決めた一番の理由は立山連峰が一望できる事と “きときと料理”
です。
さて、この日見えなかった立山連峰は見ることができたのでしょうか?
そして ”きときと料理” は・・・・・・。

                                               つづく

                              ※旅行日:2010年8月20日(金)

« 気軽に見てって☆ | トップページ | 「旅35」-5 越中つるぎ温泉 »

北陸」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

甲信越」カテゴリの記事

コメント

大湯のデンとした風格はたまりませんね。確かにシンボル的存在な事がこの写真で判ります。

親知らず子不知を通ったのは遙か昔で今はすっかり変わっているのでしょうね。再挑戦しなくてはなりません。

きときと料理?
さて、何でしょうか?楽しみです。

よし坊様

こんにちは。

大湯、入浴した事はありませんが中を除をいてみると
昔ながらの共同浴場という感じが良かったです。
脱衣所、仕切りなしで即、湯船です☆

親不知、子不知、初めて行ったのは私も遥か昔ですが
その頃と基本的には余り変わっていない気がします。
訪れる観光客が減っているのでしょうか?
寂れた感じがしました。

きときと料理・・・お楽しみに☆
ありがとうございました。^^

こんにちは、ニャンさん。

野沢温泉、と言えば野沢菜でしょうか!?
麻釜で野沢菜を洗って、漬ける・・、美味しいンでしょうね!?
温泉街も、新旧混ざった街並み、これまた情緒ですね。

日本海を眺めながらのドライブ、気持ち良さそう!
野良仕事が一段落したら、行きたくなりました。

それより、さっき夕立があったので、
野沢菜の種まきに行って来ようかな~!?
でも、すずめの涙にもならないような雨、どうかな?
皆さん、雨待ちの状態です。

きときと・・?? 楽しみにしてま~す!
ありがとうございました。☆☆☆

moo 様

こんにちは。

野沢菜漬け、美味しいですよね。
私も大好きです☆

近頃、昔ながらの温泉街も減り大きな箱物の旅館ばかりが並び
情緒がなくなりましたね。
そんな中で新旧混ざりながらも昔ながらの温泉街が残っているというのは
嬉しいですし、やはり情緒がありますね ^^

大分、遠回りになりますが日本海経由で
滋賀県へ行くのも良いかもしれませんね☆

其方は夕立でしたか?、不安定なお天気ですが
そろそろ本格的な雨が欲しいところですね。
異常な暑さのうえ、雨が降らないと作物への影響も心配ですね。
主婦としては、これ以上の野菜の値上がりも困ります・・・^^;

はい!きときと・・・です。富山の方言のようです。
明日、更新しま~す。読んで下さいね ^^☆

ありがとうございました☆☆☆

 野沢温泉の様子を久しぶりに見ました。 変わったのは足湯が できたことくらいで、全く以前のまま。 時間がゆっくり流れているようです。
 コスモスの傍らに咲いているのはアルストロメリアでしょうか?洋風の花ですが、似合ってますね。
 「きときと寿司」は、高速・上信越道の新井PA併設の道の駅にあって、わざわざ高速で食べに行く人が珍しくないほど有名です。
 上田郊外にも昨年出店し、賑わっています。
 北陸方面はいつも高速利用です。 上越から26のトンネルを数えながら・・・ 下の道は海が良く見えるだろうな、と想像していましたが、やっぱり!
 「つるぎ恋月」なんてすてきな名前のお宿ですね。
 「きときと料理」、私も楽しみです。

うつきよう様

おはようございます。

野沢温泉、以前はあの足湯はなかったんですね。
私達が行った時、足湯の向かいの家の方が、
のんびり足湯を利用されており何時でも利用できて 
いいなぁ~、羨ましいなぁ~と思っていました。

あの洋風の花は、アルストロメリアって言うんですね。
花屋さんでも見かける花でしたが知りませんでした・・・^^;
勉強になります。ありがとうございます。

「きときと寿司」は有名店なんですね。
ネタも大きめで美味しかったです。

そうそう!そうでした。トンネルの数は26でしたね。
この区間のR8は、直江津辺りで少し混む程度でいつも空いています。
此処を走るときは平日が多いからかもしれませんが・・・
海が眺められ、快適です☆

楽しみにしていただき、嬉しいです。
ありがとうございました ^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/36404655

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅35」-4 野沢温泉から富山県へ:

« 気軽に見てって☆ | トップページ | 「旅35」-5 越中つるぎ温泉 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ