« 「旅34」-2 開田高原・木曽馬の里 | トップページ | 「旅34」-4 開田高原の朝 »

2010年7月22日 (木)

「旅34」-3 開田高原時間&夕食

107161718_065
庭から見た つたや季の宿・風里

開田高原の宿泊は今回も「つたや季の宿・風里」さんです。
の~んびり自然を眺めながら過せるので気に入っています。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

107161718_049
部屋からの眺望

部屋も何時もの部屋をリクエスト。
本当なら御岳山がデェ~ンと見えるのですが、やはり御岳は雲の中でした、、、。

107161718_050

雲の切れ間からほんの少し御岳が見えてきました。
頂上付近にはまだ残雪も見られます。
雲よどいて~~っと願ってみましたが、ダメでした・・・・残念!!

旅行に出るとテレビも余り見ないのですが、開田高原で宿泊する時はテレビの存
在さえも忘れています。新聞すら読みません。
ただただ、流れる雲を眺めたり野鳥の声に耳を傾けたりしているだけで心が満たさ
れ行きます・・・。

カッコウの鳴き声も聞えてきました。清々しい鳴き声です。

野鳥がベランダにも遊びに来ます。
スズメも来ました。
我が家に来ているスズメのスーちゃん一家はどうしているでしょう・・・。
エサがもらえなくって困ってるでしょうか?

107161718_059

夫は今朝、私より早起きしたのでお昼寝、いえ夕寝をしてしまったので一人で宿の
庭などを散歩に出かけました。
宿の車寄せ近くに色々な花が咲いています。
ラベンダーに蝶々が・・・シャッターチャンス!!
ところが蝶々の動きが早いのか私がのろまなのか花に止まっている蝶々がうまく
撮れません、、、、すぐに逃げられてしまいます・・・
やっと1枚だけ撮れた写真が上の写真です・・・・^^;(うゎ~ピンボケ、、、)

107161718_063
庭のコスモスとソバの花

庭のソバの花は見頃を少し過ぎたようですね~。
それに先日の強風で蕎麦が倒れてしまったそうです。可愛そう・・・
コスモスは植えられ間がないのでしょう。
何時頃花を咲かすのかな??

107161718_071
忘れな草

池の近くに忘れな草が咲いていました。

107161718_073_2
(※拡大してご覧いただけます)

見渡す限りのグリーン。
夕暮れになり雲も多めになってきました。
日中は蒸し暑かったけど夕暮れになり涼しくなってきました。

107161718_075

この実は何でしょう???どなたか教えてくださ~いm(_ _)m

107161718_078

さぁ~そろそろ部屋に戻って夫を起こしますか。

107161718_079

夕食はレストランで。
小鉢が並んだ後ろに見えるガラスの器は何だと思います?

107161718_080

ガラスの器を上から撮ると、ハイ!金魚鉢でした^^☆
モミジも浮かべられ、飾りに風鈴(鳴りません)・・・夏らしい演出です。

小鉢は二人分です。焼無花果ジュレ掛け・じゅんさいと駄々茶豆など4種類の前菜
が盛られています。
食前酒は柚子酒でした。

107161718_087
107161718_081 107161718_082
107161718_083 107161718_084
107161718_085 107161718_086
107161718_089 107161718_091

旅館での楽しみのひとつがやはり食事です。
主婦の私としては “上げ膳据え膳” が何と言っても嬉しいし地物を使った料理
は楽しみです。
特に開田高原の野菜は新鮮で美味しい。風里さんの食事にも庭で育てた野菜が
使われています。
簡単に献立の説明を・・・。
① 手前のグラスは酢の物仕立て。細工野菜の胡瓜は蛙になっています。
② 開田高原天の川見立ての澄まし椀。月は大根、兎は人参、星は南京で等など・・
③ 信州サーモンと風里野菜で梅を使ったシャーベットドレッシングでひんやりさっぱり。
④ 毎回楽しみな “客前一品料理” 鴨のにぎりでした。
⑤ 採れたて夏野菜の焚き合わせ+信州豚の角煮
⑥ 風里畑野菜と和牛のステーキ+松茸
   ①の上の大き目の写真、焼きながらいただきます。
⑦ 松茸ごはんと信州豚と風里畑野菜の信州味噌仕立て
⑧ レアチーズケーキ・柚子シャーベット・トマトのコンポート・ぶどう

どれも全て美味しかったで~す。
馬刺しも別注文(予約)。地酒は なかのりさん を飲みました。

よく食べ、よく飲み、満足!満足! 
後片付けもしなくていいなんて幸せ~~ですよね。主婦の皆さん☆

107161718_094_3
部屋からの眺望(※ちょっと手ぶれしてますが拡大してご覧いただけます)

部屋に戻って外を見たら、朧月でした。
写真ではわかりませんが御岳も影絵のように全貌が見えています。
空を見上げるとうす雲がかかっているのでしょう・・・星はポツリ、ポツリと見えるだ
けです。
時折、遠~くの稲光が見えます。一雨くるのかしら?
「ねぇ~」空を見上げながら夫に話しかけても返事が返ってきません・・・。
振り返ると夫はもうスヤスヤと眠っていました。
珍しくビールが美味しかったらしくコップ2杯飲んだら、酔っぱらったのでしょう。
お疲れ様、ゆっくり休んでくださいな。
私はもうしばらく、ベランダの椅子で高原の風を受けながら夜空を眺めますから・・・・
お や す み なさい。

                                               つづく

                              ※宿泊日:2010年7月16日(金)

« 「旅34」-2 開田高原・木曽馬の里 | トップページ | 「旅34」-4 開田高原の朝 »

宿泊記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

開田高原」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

風里さんから、何か頂かないといけませんね!(^_-)-☆
絶対、これをご覧になった方は、
風里さんに泊まりたくなりますよ。(*^^)v

最初の写真、とっても良い感じです。
ちょっと欧風な感じもして、品もあり、落ち着いた佇まい、
ニャンさんの定宿、うなづけます。

お料理、ずいぶん豪華に見えますが、
”ニャンスペシャル”ではないのですか?
金魚鉢や卓上の風鈴、心憎いばかりの演出ですね!(^_-)-☆

おぼろ月と御岳、見えますよ!
私も、撮影に来たかったような、情景ですね。

ご主人は夢の中、なんと幸せそうな情景でしょうか!?
カッコウの鳴き声も聞けたし、
少々、天気が悪くても、満足満足!(*^^)vですね。

外からでは分からない、旅気分、ありがとうございました。(^_-)-☆☆☆

moo様

こんにちは。
風里さんから頂くなら、やはりトウモロコシが良いですね^^

初めて此方に宿泊しようと決めたとき
高原=若い世代の宿泊客が多いんじゃないかと思ってました。
ところが想像は見事にハズレ!
中高年のご夫婦の宿泊者が多いことにビックリしました (゚0゚)
実際に宿泊して納得☆
静かだし落ち着いてるし、ゆっくり時間が
流れていくような気がします ^^
でも、まず自然が好きでないと此方の宿に泊まれませんね^^☆

お料理は“ニャンスペシャル” う~ん優雅☆
と言いたいところですが、通常のお料理です。
豪華でしょ^^♪

おぼろ月と御岳、見えました?良かった☆
この時、庭の一番奥をキツネ?が走っていきました。

カッコウの鳴き声が聞こえてきた時には嬉しかったです。
ありがとうございました☆☆^^☆

ニャン 様

いいところですね~。 いまだに行っていない私は、いつになったら行けることやらです。

忘れな草は歌の世界の花ではなく、実在する花だったのですね。
いやいや、お恥ずかしいですが、ブログって勉強になりますね~。ありがとうございます。

まあまあ、お料理のすごいこと。美味しそうな~んていう表現は、とっくに通り越して、お料理の芸術品ですよね。
羨ましいの一言に尽きますね~。そして、朧月、更に御岳のシルエットですか。すべてが勢揃いですね。参りました、ですね。

旅空の雲様

こんにちは。
本当にいいところなんです。大のお気に入りです☆

開田高原はカメラマンにとって、撮りたくなるような
風景がたくさんありますので、
遠いですが是非、行ってみて下さい☆

忘れな草(勿忘草)の花は、実は私も今年になって
mooさんのブログで知ったんです、、、実在の花だったとは・・・。
本当にブログで教えていただく事が多いです^^

この日はあいにく曇っていたので夕陽は見られませんでしたが
レストランから御岳に沈む夕陽を眺めながらの食事は格別です☆
お料理も見た目にも美しく、お酒もすすみます^^♪

夜は音のない世界のように感じるほど静かです。
そんな中で御岳のシルエットや朧月を眺めていると
仙人にでもなった様な気になります (笑)

ありがとうございました ^^☆

ニャン様

ブログを見せていただいた時間が、問題でした。

そろそろ夕食の支度をしなければならない、という
主婦、絶体絶命の時間帯。

暑さにかまけて、ソーメン、ソバが主流となりつつある我が家にとって、このブログは、夢のようでした。

子供が小さいときは、夏に海に行くか、山に行くか、究極の選択ですが、今は、のんびり夫婦で時間が過ごせたら、どちらでもOKということですね。

ちょっと、めげそうですが、今日は1品、頑張って増やします。

ありがとうございました。

shinmamaさま

今晩は。

主婦、絶体絶命の時間帯。ナイスな表現です☆
思わず笑っちゃいました。
私も何時もそう思いながらも重い腰が上がりませんからね・・・^^;

こう暑いと献立を考えるのも面倒というのが本音です、、、

昔は旅館に色々と娯楽施設があれば楽しかったですが
今は夫婦でのんびりリラックスできるのが一番ですよね☆

ところで今日は1品、頑張っちゃいました?
私は反対に1品、手抜きです・・・・^^;

ありがとうございました^^☆

 長野県内はいろいろ行きましたが、風里さんにだけはまだ行っていません。 ずーっと気になっていて、ずーっと、「いつかは行かなくては」と思っているお宿です。 同じ県内ながら、木曽方面は以外に遠くて行きにくいので、ついつい先延ばしになっています。
 すてきなブログを拝見して、やっぱり行かなくちゃ!と、思いを新たにしました!
 とっても参考になりました。
 ありがとうございます。
 

うつきよう様

おはようございます。
此方のブログに、お立ち寄り頂き
又、コメントを頂きありがとうございます。

風里さんのある開田高原は長野県でもかなり
岐阜県に近いので以外と遠いですね。
長野県内は自然豊かで良い所が一杯あるので羨ましいです☆

開田高原も今年の夏は日中かなり気温が
上っているようですが、木陰に入れば涼しく感じます。
自然の好きな方には、素晴しいところだと思います。

風里さんへ通い始めて早7~8年?ぐらいになると思います。
これほど通い続けている宿は風里さんを含め2軒だけで
お気に入りのお宿です。
是非、一度、足を運んでみてください☆

ありがとうございました^^☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/35838428

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅34」-3 開田高原時間&夕食:

« 「旅34」-2 開田高原・木曽馬の里 | トップページ | 「旅34」-4 開田高原の朝 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ