« 大雨の祇園祭(宵宵々山) | トップページ | 「旅34」-2 開田高原・木曽馬の里 »

2010年7月20日 (火)

「旅34」ー1 大雨の後、旅へ

Photo
7月15日・自宅近くにての夕景

旅行前日(7月15日)、各地で大雨による被害がでました。
京都も大雨が続き土砂災害が起こりました。
夕方近くに雷が鳴りゲリラ豪雨に・・・・そして雨が上がった後、空は茜色というより
濁ったピンク色に染まりました。
明日16日(金)から7ヶ月ぶりに長野県開田高原へ旅行に出かけます。
この大雨が梅雨明けでありますように・・・・。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

Photo_2

旅行出発当日。山には雲がかかっていますがお天気は良好☆
朝一番に今日通るルートの道路情報を確認。

道路情報を見てビックリ!
滋賀県は問題なさそうですが岐阜県内のアチラコチラが通行止めになっていました。
岐阜県のこぶし街道を通る予定ですが道路情報を見てもイマイチよくわかりません。
もし、この道が通れないとしたら、国道21号線、国道41号線も一区間通行止めに
なっているので高速道路を利用するしかなさそうです・・・。
どうしようか?初めから高速道路を利用する?と夫と話しましたが高速道路ではや
はりつまらないと意見が一致。
現地に行って通行止めなら又、そこで考えようと見切り発車で自宅を出発しました。

Photo_3
滋賀県草津・烏丸半島ハス群生地

自宅を午前6時前に出発!
まずはハスを見によりました。

Photo_4

ハスの花、満開とはいきませんがポツリポツリと花が咲いていました。
向こう岸の比叡山には雲がかかっていますが、琵琶湖の空は青く太陽を一杯浴び
たハスの花が美しく咲いていました。

Photo_5
道の駅 草津

コチラは満開でハスの実も見られます。

さざなみ街道を彦根まで北上。
途中大きな川が幾つもありますが大雨のあと、川は増水し茶色く濁った水が琵琶
湖へと流れ込んでいました。

Photo_6
岐阜県 道の駅・平成

岐阜市内までの国道21号線は問題なく走れました。
空は青空、道路も乾いています。
新揖斐川や長良川は増水し危険水位ギリギリです。

心配していた平成こぶし街道も通常通り走れそうです。よかった・・・。
道の駅・平成で小休憩です。

Photo_7
津保川

道の駅の側の “津保川” です。
やはり増水しています。
川岸あたりには川霧?水しぶき?により少し霞んで見えました。

Photo_8
中山七里・飛騨川

平成こぶし街道は通行止めもなく無事、国道41号線井尻に出る事ができました。
国道41号線の崖斜面からは大量の水が噴出しているところもありました。
隊道の屋根の上を滝のように水が凄い勢いで流れ落ちています・・・。
崩れるんじゃないかと、ちょっと不気味です・・・^^;

Photo_9
中山七里・飛騨川

飛騨川も増水しダムから大量に放水されていました。
そして津保川、同様こちらも川霧?が発生していました。
川霧が雲海のように川面を覆っているところもありました。
余りにも幻想的な風景・・・広くなった路肩に車を停めてもらい写真を撮りました。

Photo_11
木曽川・寝覚の床 (※拡大してご覧いただけます)

国道41号線、下呂・帯雲橋を右折し国道257号線へ。別名、裏木曽街道を通り国道
19号線へ。
滋賀県内が混雑している事もあり、此処まで何時も以上に時間がかかりました。

お腹が空いたので “寝覚の床” の蕎麦屋さんで昼食です。
蕎麦屋さんからは木曽川と寝覚の床がよく見え、素晴しい景色です。
こちらも水カサが多く、流れも速いです。
店のご主人の話によると、これでも随分、水カサは減ったそうです。

大雨が去った後、太陽はジリジリと照りつけ、かなり蒸し暑くなってきました。
でも、お天気になってよかったです。
緑も美しく気持が良いです。

Photo_12
国道361号線・新地蔵トンネル

国道19号線、木曽福島で国道361号線へ。

新地蔵トンネルを抜けるといよいよ開田高原です☆

                                               つづく

                               ※旅行日:2010年7月16日(金)

« 大雨の祇園祭(宵宵々山) | トップページ | 「旅34」-2 開田高原・木曽馬の里 »

」カテゴリの記事

東海」カテゴリの記事

甲信越」カテゴリの記事

コメント

ニャン 様

おはようございます。久しぶりの開田高原行ですね。
出発当日のお天気には気を揉まれたことでしょうが、良いお天気に恵まれて何よりでしたね。
ニャン様ご夫妻の日頃の賜、いえいえ、ご褒美なのでしょうね。

蓮の季節なんですね。立体的で美しい蓮の花のお写真に、ニャン様の撮影技術の向上が伺えますね。
カメラのない旅なんて・・・、今は考えられないですね。

あなた運転する人、私撮影する人、楽しい旅が続きますね。
お気をつけて行ってらっしゃいませ!

旅空の雲様

おはようございます。
はい☆本当に久しぶりの開田高原でした^^

前日までの大雨、山道が多い今回の旅
どうなることかと天気予報ばかり見ていました ^^;
ありがとうございます。
本当にお天気に恵まれよかったです ^^v

ハスの花、三週間続けての撮影でしたが
美しく咲いていてくれて嬉しかったです。
少しは撮影技術向上しました?
そういっていただけると嬉しいです。

夫は文句を言う事もなく撮影に協力してくれるのでありがたいです。
文句を言うと何倍にもなって返ってくるからだとは思いますが・・・^^;

今回の旅も長いブログになりそうですが
お付き合いくださいませ m(_ _)m

ありがとうございました☆

京都の大雨で出発出来るのだろうかと心配しておりましたがお天気は見事に味方してくれましたね。
寝覚の床 は御嶽山を見に御岳ロープウエーに乗った時あの岩場まで下りて行きました。
懐かしい景色と固有名詞が出て来て身近に感じます。

所で、この辺の蕎麦は普通に頼むと二段で出て来たと思いましたが記憶違いでしょうか?

よし坊様

こんにちは。
ご心配いただき、ありがとうございます。
前日までの大雨には本当にヒヤヒヤさせられました^^;
旅行中、夜中に小雨が降った程度で
後はお天気が良く、助かりました☆

寝覚の床の岩場まで下りていくのは結構大変ですよね。
でも、幾ら考えてもあの岩場で浦島太郎が目を覚ましたというのは
不思議でなりません、、、、

いえいえ!記憶違いじゃないですよ~。
この辺りのお蕎麦、ざるそばやもりそばで普通に頼むと二段で
出てくるお店があります。
初めてこの辺りでお蕎麦を食べた時、二段で出てきたので
ビックリしました。
今回は おろしそば を頼んだので普通の量でした^^

いつも、コメントを頂きありがとうございます☆

こんにちは、ニャンさん。

お疲れ様でした。
ご無事で何よりでした。^_^;

いろいろ心配事がありながらも、
思い切って、正解と言えそうですね!?

梅雨明けとニャンさんの旅立ちをを祝福するようなハスの花、
とても、輝いて、美しいです。
雨も上がって、ニャンさんの写真の腕も上がりました。
??チョット、上がる違いでしたか!?、^_^;
正直、とてもうまく撮れてますね!(^_-)-☆

とはいっても、大雨は上がったばかり、
増水した川が物語っていますね。
水温が下がったのか、気温が上がったのか?
川霧、本当、幻想的ですし、なんか水の恐ろしさも感じますね。


新地蔵トンネルを抜けると、開田高原!ヽ(^。^)ノ
次も楽しみにしています。(^_-)-☆☆☆

ニャン様

ハスの花のきれいなこと、みずみずしさが伝わってきます。

ニャン様の写真は、どれも「透明感」を感じるやさしい写真なので、大好きです。

すぐにイライラ、セカセカしてしまう私には、とても写せそうもないので、ご旅行の様子とあわせて、のほほんと楽しませていただき 感謝しています。

また、続きをみせてくださいね。

moo様

こんにちは。
色々とご心配頂きありがとうございます。
無事、帰って来ました☆

思い切って旅行に出かけてよかったです ^^

ハスは朝日を一杯浴び本当に綺麗でした☆
写真を撮るようになってから旅の楽しみが倍になりました。
そして褒めていただく度に「やった☆!」とホント嬉しくなります ^^v

飛騨川も木曽川もこれ程までに増水したのを始めてみました。
川霧、一番凄かったところは車を駐車するスペースもなく
残念でしたが、幻想的でした。
しかし、おっしゃるように自然の怖さも感じます・・・・。

新地蔵トンネルが見えてくると何時もワクワクします。
今は観光客の一人ですが、
何時か新地蔵トンネルを見たときに「帰って来たわ☆」と言えるように
早くなりたいです☆

何時もありがとうございます☆☆☆


shinmama様

こんにちは。
毎日、暑いですね。
広島もかなり気温が上がっているのでは?
京都はうだる様な暑さです、、、、
ハスの花は何となく蒸し暑い朝でも
涼を与えてくれる様な気がして好きなんです^^

“透明感を感じる優しい写真なので、大好きです” 
そんな風に言って頂き、照れますがとても嬉しいです☆
ありがとうございます。
皆さんに写真のことを色々と教えていただきながら
楽しく写真を撮っています^^

私のんびりした性格の割には、
妙なところでセカセカ、イライラ・・プンプンしてます ^^;;

続きもご覧頂けたら嬉しいです^^よろしくお願いします。
ありがとうございました☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/35817264

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅34」ー1 大雨の後、旅へ:

« 大雨の祇園祭(宵宵々山) | トップページ | 「旅34」-2 開田高原・木曽馬の里 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ