« 祇園祭・鉾たて | トップページ | 大雨の祇園祭(宵宵々山) »

2010年7月13日 (火)

石山寺と琵琶湖のハス

昨日、今日と続けての更新です。(珍しい事ではないのですが・・・^^;)
15日(木)から約1週間程度??ブログ更新をお休みする予定でいます。
なのでブログ更新を急いで行なっているという状況です。
明日も更新する予定でいます。(あくまでも予定です^^;)
明日更新させて頂くのは夕方近くになると思います。お時間があるようでしたらお立
ち寄り頂けると嬉しいです。万が一、明日、更新できなかったらごめんなさい・・・・。

10710_012
瀬田川・琵琶湖リバークルーズ

滋賀県の石山寺近くでリバークルーズが楽しめるというので、乗船場に来ました。
ところが船はお掃除中。
「今日は運航されていないのですか?」と聞いてみると、今日はもう営業が終わった
という事でした。
調べてくれば良かったと後悔・・・今日は午後1時5分発が最終だったらしいです。
早く最終便が出るんですね。

ちなみに私達が行った乗船場は「石山寺乗船場」です。
料金は大人1300円・小学生700円
クルージングコース・石山寺乗船場→瀬田の唐橋→瀬田大橋→近江大橋を越えた
ところでUターンするようです。
毎日、運航しているわけではないのでいかれる方は問い合わせた方が良いようです。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

10710_016
石山寺・東大門

せっかく此処まで来たので、久しぶりに石山寺を観光する事にしました。
東大門をくぐると真直ぐに伸びる参道の両側の緑が鮮やかに美しいです。
暑かったので木陰を歩いていきました。

10710_064

キャラクターは「おおつ光ルくん」です。おにぎり型の顔が愛嬌があり可愛いです。

10710_062

池には鯉が沢山いました。木々の合間から太陽の光が池を照らしています。

10710_027
硅灰石(天然記念物)

本堂へ向う急な階段を登ると一番に目が留まるのは硅灰石です。
木々の緑とのコントラストが美しいです。

10710_028

10710_034
月見亭

昔の偉い人は、こんな場所で月見を楽しんだんですね。優雅ですね。

月見亭の隣には松尾芭蕉ゆかりの茶室、芭蕉庵(非公開)があります。
芭蕉が石山寺に詣でた時に残した句。
 「曙はまだむらさきにほととぎす」  「石山の石にたばしる霞かな」

10710_036

月見亭の側からは瀬田川を望む風景が見られます。

10710_038

木々の合間から見えているのは「心経堂」です。

夫は少々、歩き疲れている様子・・・。
「引き返す?」と聞いてみたら「いや、ちょっと疲れたけど緑も綺麗だし、紫式部の
像の所まで行く」と言います。

10710_044

石山寺は紫式部ゆかりのお寺さんでもあるのです。
境内の一番奥の山手近くにひっそりと建てられた紫式部の像はいかにも彼女らし
い場所に建てられた気がします。

10710_046

山を下っていく途中に萩の花が咲いていました。

10710_047_2

紫陽花の花も満開でした。
今回は少し控えめに紫陽花がチラリと見える程度の角度で撮ってみました。

10710_057

無憂園の休憩所でちょっと休憩です。
でも、やぶ蚊の多さにすぐに退散、、、、二ヶ所刺されてしまいました、、、痒い~~!

10710_060

木々の緑が本当に綺麗でした。特に青葉モミジの輝くような緑はたとえ様がないほ
どに美しかったです。今度は是非、紅葉の頃に来たいです。

10710_065
滋賀県・烏丸半島付近のハス

先週(7月4日)さざなみ街道のハスを見に来た時には、花は咲いていなかったので
もう一度ハスを見に寄って見ました。
まだ、蕾も見えません、、、、

10710_069

諦めきれずに、ハスの花を探してみました。
まだ蕾ですがありました。明日の朝には ♪ポン♪ という音と共に花を咲かせそ
うですね。

10710_072

コチラのハスの花は今朝には咲いていたのでしょうか?

10710_077

10710_078

上の写真2枚は、道の駅草津 のハスです。
夕方になり花は閉じ始めていました。
日中ならもっと花は咲いていたのでしょう・・・・。
先週はまったく見られなかったハスの花が見られて良かったです。

                              ※観光日:2010年7月10日(土)

« 祇園祭・鉾たて | トップページ | 大雨の祇園祭(宵宵々山) »

滋賀県散策」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

石山寺、木漏れ日の中、緑に染まりながらの散歩、
チョット?涼しそうです。

由緒あるお寺のようですね。
紫式部が源氏物語の構想を練ったとか。
記事から、いろいろ勉強できます。(*^^)v

萩の花とアジサイの花の組み合わせ、
チョット、信じられませんが、そうなんですね。
また、背景に木漏れ日の萩の花、
ちょっと控えめのアジサイの花、
ニャンさんの工夫が感じられて、うぅぅっ!うなっちゃいます。^_^;
すっかりカメラウーマンですね!
撮影風景見れたら、そんな感じがするのではないでしょうか!?
同じように写真を楽しんでおられるをみることは、
何となく、嬉しいものです。

今回はハスの花観れて、よかったですね!
蕾でも、とても優雅さを感じさせてくれるように、
上手に撮れていると思います。(*^^)v

心地よい、グリーンシャワーを
ありがとうございました。☆☆☆

石山寺 実は何年か前に何の予定もなく近くを通り偶然寄ったのが此所でした。その後梅の時季に再度寄ったような気もするのですが定かではありません。
綺麗に整備され道が山手方向に延びて上まで上がった付近に紫式部の像が有ったんですよね。
懐かしい記憶が蘇りました。

鉾の組み立てる様子 京都以外に住む者には知らない世界です。今日は良い物を見せて頂きました。
所でクレーンが無かった時代にはどうしていたのか疑問が残りました。
厄除けちまき そお言えばそんなのがぶら下がっているのを見たような記憶があります。色々なしきたりがあるんですね。特に京都は多そうな感じがしますが如何ですか?

moo様

こんにちは。

木陰は風が吹くと涼しく感じました。
緑に染まりながらの散歩、気持ちよかったです。
これで蚊さえいなければ最高なんですけど・・・^^;

石山寺のアジサイは谷間にあったので少し遅めかもしれません。
萩といえば秋の七草を想像するので
私も、もう萩の花?と少し驚きました ^^

カメラウーマン☆気分はすっかりその気です ^^☆
褒めていただき、嬉しいです ^^♪ありがとうございます^^v
萩を撮ろうとしたら風が吹き花が揺れていました。
その揺れている花も撮ったら面白そうでしたが
ただの手ぶれのようになっては・・・・と思い
花を片手で押さえて写真を撮ちゃいました、、、、
ピントの合せる位置とかで写真の表情が変わってくる事も
やっと理解でき、本当に楽しく写真を撮っています☆

ハスの花、一度見たいと思ったら何が何でも見たくなる性格でして・・
お陰様で観られて良かったです☆

ありがとうございました☆☆☆

追伸:つい先程(pm3:00過ぎ)mooさんのブログにおじゃましたら今日の記事だけになっていました。
朝、拝見した時にコメント書き込ませていただいたらよかったと後悔しました・・・^^;
リニュアルされるのですか??
明日からお休みされるとか・・・寂しいです。
私も明後日からお休みですが、、、、
更新されるのを楽しみにしています☆
ちなみに金曜日に開田に行きます☆♪

よし坊様

こんにちは。

石山寺は梅の花も有名で第一梅園から第三梅園まで
あるので多分その梅園をご覧になったのではないでしょうか?
そうです。そうです。
綺麗に整備され道が山手方向に・・・・紫式部の像がありました☆
懐かしくお読みいただいたようで嬉しいです ^^

鉾の組み立てる様子は中々見ごたえがありました。

クレーンがなかった時代はどうしていたのでしょうね?
夫と私も疑問に思い帰ってきてから調べましたがわかりませんでした。

はい。京都には色々しきたりがあります。
でも、しきたりも消えつつあるものが多い気がします。
そんな中で「厄除けちまき」は地元に根付いている方だと思います。
祇園祭にちなんだしきたりをひとつご紹介したいと思います。
「祇園祭には胡瓜を食べない」というしきたりです。
何故かと言うと・・・
祇園祭は八坂神社のお祭りです。
その八坂神社の紋と胡瓜を輪切りにした切り口の文様が似ているからです。
その胡瓜を口にするのは恐れ多い事であるという事と
祇園祭が無事に終わるための願掛けの意味もあるそうです。
でも、このしきたりは今は多分、八坂神社さんや
祇園祭関係者の一部にしか残っていないしきたりだと思います。

ありがとうございました☆☆☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/35727862

この記事へのトラックバック一覧です: 石山寺と琵琶湖のハス:

« 祇園祭・鉾たて | トップページ | 大雨の祇園祭(宵宵々山) »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ