« 「旅34」-3 開田高原時間&夕食 | トップページ | 「旅34」-5 開田高原と幻の蕎麦 »

2010年7月23日 (金)

「旅34」-4 開田高原の朝

107161718_096

昨夜は夜中に二度ほど目が覚めました。
もしかしたら寝ている間に晴れて満天の星空が見えているんじゃないかと眠りなが
らも気になったからなのでしょう。
しかし残念ながら星は見えず、小雨が降っていました。
晴れていれば、素晴しい星空と都会では考えられないほどの流れ星を見ることが
開田高原ではできるのです。

朝4時頃に目が覚めました。
外を眺めると御岳山は相変わらず雲の中です。
その代わりに朝靄に包まれた風景を見る事ができました。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

107161718_097

夫はまだよく眠っています。
朝靄に包まれているであろう “コナラの木” を撮影に行きたくて仕方がありません。
黙って出かけちゃったら、心配するだろうなぁ~。
どうしよう・・・・行きたいなぁ~。しばらく考えていました。
「うっすら霧がかかってて、綺麗よ。起きない??」
普段では考えられないほど優しい口調の私・・・・^^; (魂胆ありあり!!)
「写真撮りに行きたいの?」 (バレタかぁ~^^;)
「うん。できれば・・・でも寝ていいよ。一人で行って来ていい?」
「僕も行く・・・。」 (やった☆!作戦成功 ^^v)

107161718_101

山の裾野には霧が掛かり、平野には靄が流れいい感じです。
この日の朝の気温は18度でした。涼しくて気持ちがいいです。
京都では朝から25度越えという日も少なくないですからね。

107161718_102

奥にぼんやりぽっかり見えているのは山です。
霧というより山は雲に包まれている感じですね。

107161718_121
※拡大してご覧いただけます。

誰もいない木曽馬の里。
カッコウが二羽、呼び合い仲良く森の中へ飛んで行く姿が見えました。
カッコウって意外と大きな鳥なんですね。

107161718_131

山も緑も綺麗です。
コナラの木、堂々としていて風格がありますね。

107161718_122

此方は木曽馬の里のソバ畑です。

107161718_136

ちょっと朝靄を見るつもりで出かけたのに、気が付いたら一時間近く散歩してました。
さあ、宿にもどって温泉に入りましょ。

107161718_139
部屋のベランダと露天風呂

107161718_143

お風呂から上がって部屋に戻ったら青空が見えていました。
御岳山も見えてきました ^^☆

107161718_146
ラウンジよりの眺望

107161718_148
107161718_150 107161718_151

風里さんの朝食です。
御飯orソバの実入りお粥を選べます。そしてお蕎麦、鮎の干物、ニンジンジュース、
コーヒーゼリー、味噌汁はテーブルに用意されます。
出し巻き卵は、各お客さんのテーブル前で作ってくれます。なので熱々ホカホカです。
他のお惣菜や豆腐、サラダ、果物、コーヒー、ミルクはバイキング形式になっています。

そして、焼きたてのパン。このパンが絶品です。
バターにブルーベリージャムも風里さん特製でめちゃくちゃ美味しいです。

107161718_154

朝食を食べ過ぎたので、今度は庭を散歩です。

107161718_162
ジャガイモの花

107161718_163
ブルーベリー

107161718_167
トウモロコシ

他にもインゲン、白菜、ネギ、トマト、ズッキニーにかぼちゃなど色々なお野菜が育
てられています。

107161718_157
風里さん庭より御岳山方面を望む景色

さっきは、ちらっと御岳が見えかけていたのに、又、隠れてしまいました。
空はこんなに青空なのに・・・・。

部屋でひと寝入りしたら宿を出発しましょう。

                                               つづく

                              ※旅行日:2010年7月17日(土)

« 「旅34」-3 開田高原時間&夕食 | トップページ | 「旅34」-5 開田高原と幻の蕎麦 »

宿泊記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

開田高原」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

朝のご主人とのやり取り、
これだけで、「ご馳走様~!」ですね!^_^;

普段では考えられないような優しい口調、
まさに、”猫なで声”ですね!(^_-)-☆

気を取り直して・・っと。(独り言)

朝靄の木曽馬の里をカッコウが二羽、つがいでしょうか?
森の中へ・・、良い感じですね。

朝の食事も豪華ですね!
パンとバター&ブルーベリージャム、美味しそうですね。

いつもとは一味違う、
「ご馳走様でした。」(^_-)-☆☆☆

ニャン 様

今回は霧に浮かぶコナラの木がとっても幻想的に描かれていますね。この1枚は永久保存ですね。

お天気が曇り空から霧に変化して、温泉に入ったら晴れてしまったのですね。何ということでしょう。開田高原に恋い焦がれる熱い思いがお天気まで変えてしまうのですね(笑)

このお良い天気はニャン様ご夫妻の旅の終わりまでお付き合いをしてくれたのではないでしょうか。


moo様

こんにちは。

「ご馳走様~!」
いいえ、お粗末さまでした~ ^^☆

この日の私は「ニャーン」でしたが
普段は「ニャ!ニャ!ニャン!!」で爪まで出しているかも・・ ^^;;

カッコウの鳴き声は朝夕しか聞えてこないんですね。
日中は森の中で過しているのでしょうか?
昨年はなかなか見つけられなかった連れ合いも
今年は早々にうまく、つがいになれたのかも・・・^^v

パンとバター&ブルーベリージャム美味しいです☆
開田高原のブルーベリーは格別に美味しいですね。

ありがとうございました^^☆☆☆

旅空の雲様

こんにちは。

霧に囲まれたコナラの木は幻想的でした。
ありがとうございます。

考えてみたら空の雲行きだけで一喜一憂できる
環境ってそうあるものじゃないような気がします☆
ハイ!私の執念で晴れさせました~なんて、ちょっと言いすぎですね^^
でも、青空というのは本当に美しく
心を明るくさせてくれる存在だと感じました。
京都に居ると暑くて暑くて少しは曇れば良いのに
なんて思うのですから勝手ですよね。

お陰様で旅行中はお天気もお付き合いしてくれました☆
ありがとうございました^^☆

ニャン様

じっくりと写真を見せていただきながら、ご夫婦の会話を盗み聞きした感じです、、、(笑)。

あぁ~~、いいなぁ、、、、、、
旅行が、山の緑が、木々が、草花が、温泉が、ご馳走が、
そして何より お散歩に付き合ってくださる ご主人様が、、。

お天気まで良くなるなんて、パーフェクトですね、
これ以上を期待したら、さすがの神様も怒りますね。

心がほっとする ブログを見せていただき
ありがとうございました。

Shinmamaさま

こんにちは。

普段、夫は近くの大型スーパーへ付き合ってくれる時も
歩く事を嫌がり車で出かけます、、、
それほどまでの運動嫌い!
なのに旅行に出かけると朝の散歩だけは、タッタ、タッタと
出かけてくれます^^
たとえ雪が降り氷点下でもです。
この人が変わったような行動は何なんでしょうね?・・・^^;
でも、私としてはありがたいですね^^v

そうですね。お天気になってくれてよかったです。
たとえ御岳山が見えなくても文句を言ったら神様に叱られますね^^;

今日も暑いので、熱中症にご用心ですね。
ありがとうございました^^☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/35852004

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅34」-4 開田高原の朝:

« 「旅34」-3 開田高原時間&夕食 | トップページ | 「旅34」-5 開田高原と幻の蕎麦 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ