« 丹後半島 浅茂川温泉と静御前 | トップページ | たまにはいいでしょ?動物写真 »

2010年6月 9日 (水)

露天風呂付客室&展望風呂付客室 近畿編2

【注意】この記事に載っている写真及び情報は私が実際に宿泊した時の物であり、現在の状況及び情報とは異なる場合があるので、ご注意下さい!
●もしこの記事を参考に宿泊してみようかなぁ~なんて思われた方は、最新の情報を各自、お調べいただきますようお願い致します。
決して鵜呑みにしないで下さいね~!!

         ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

兵庫県・淡路島うずしお温泉 うめ丸 ・ 別館『みよし』

0821 

※宿泊日:2008年2月

兵庫県・淡路島の南端、阿那賀に建つ旅館です。
対岸に見えているのは四国(徳島県鳴門)そして鳴門大橋が客室、大浴場から見えます。

※下の 続きを読む をクリックお願い致します。

私達が宿泊したのは うめ丸 の別館「みよし」です。
部屋の間取りは12.5畳+広縁+展望風呂(温泉ではありません)。
広縁は比較的広く、ロータイプの机とイスが窓と平行に設置されているのでイスに座れば海峡と鳴門大橋が楽な姿勢で見ることができます。

展望風呂は極普通のユニットバスなのが少し残念。檜のお風呂なら尚良いのですが・・・。
しかしお風呂からの眺めもとてもよかったです。
夕暮れ時、お湯に浸かりながら夕日に染まっていく海峡と鳴門大橋の景色は南あわじならではの旅情豊かな風景で~す。
私達は展望風呂付の客室でしたが、露天風呂付の客室もあるようです。

大浴場は新うずしお温泉。泉質はナトリウム炭酸水素塩低温泉。
お湯はなめらかな感じ、“美人湯” と呼ばれているそうです。

食事は個室でいただきました。
此方の宿は鯛料理が有名なようですが私達は ふぐ会席 で予約しました。
今の季節から夏場は鱧料理がいいかと思います。淡路の鱧、美味しいですよ~。

淡路島洲本温泉 『ホテルニューアワジ』 ・ 夢大地

051_2
051_6 051_7

※宿泊日:2005年1月

ホテルニューアワジとにかく大き~い旅館。
私達が宿泊した客室は4階の檜の露天風呂付(温泉)。
間取は和室12畳+次の間2畳+広縁+露天風呂付庭園風テラス。
客室からは紀淡海峡と遠くに見える紀伊半島、なかなかの絶景。

明るい間は海の景色、夜は満点の星、朝は朝焼けに染まる海を眺めながらの入浴。

大浴場も海の景色もよく大きいです。
大浴場で一番気に入ったのが湯賓閣「天宮の雫」の露天風呂。
海との一体感を味わえる露天風呂でとにかく気持ちがよかったです~~☆
此方の大浴場は別亭「淡路夢泉景」の施設になりますがホテルニューアワジ宿泊客も利用できます。

ホテルニューアワジ別亭「夢泉景」の松涛閣にも宿泊しました。
露天風呂付客室ではありませんが、此方の眺望はヨットハーバーでちょっと雰囲気が違いよかったです☆

兵庫県・赤穂温泉 『きらら祥吉』

04_2
04_3

※宿泊日:2004年

兵庫県赤穂市御崎にある温泉旅館です。
瀬戸内ののどかな海と瀬戸内の海の幸を楽しめるお宿です。

露天風呂付客室(温泉ではありません)は最上階に2室あります。
私達が宿泊したのは701号室です。
客室からも露天風呂からも瀬戸内海の穏やかな海と島々を眺められます。

露天風呂のあるテラスにはリクライニングチェアーが置かれていてお風呂上りに涼むには最適の眺望と潮風の心地よさはバツグンでした。

大浴場は赤穂温泉です。一階にあり露天風呂もありました。
大浴場からも瀬戸内海が見えます。

此方に宿泊した時にはとてもお天気も良く、夕日、朝日ともに綺麗でした。
上の写真は客室のテラスから撮影した朝日です。

夕食は部屋でいただきました。
お刺身はたまり醤油の他に有名な赤穂塩が用意されていて、淡白な味の白身には赤穂塩とレモンを少々を絞りかけ食べると旨みが増しとても美味しかったです☆

« 丹後半島 浅茂川温泉と静御前 | トップページ | たまにはいいでしょ?動物写真 »

宿泊記」カテゴリの記事

近畿」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニャンさん。

湯船につかって、いい景色を見る、いいですね。

子供の頃、銭湯の富士山などのペンキ絵は懐かしく、
それなりに、思い出すと、いいものです。
自宅の風呂では、見上げると天井にはカビが点々と・・・、
すみません、、あまりに現実的で。。

温泉でなくっても、露天ぶろにつかりながら、
綺麗な朝日夕日、鳴門大橋、そして星空、夢ですね。

ふぐ会席や鯛料理もいいですが、
鱧も食べてみたいです。。
テレビの旅番組等で知ってはいますが、まだ、その味は未経験です。^_^;

あと、名前がすごいので、ネットで調べてみましたが、
湯賓閣「天宮の雫」、その名の通り、すごいですね。
ニャンさんが、お気に入りになったのも、頷けます。(^_-)-☆

アッ!夕日の写真、すごく綺麗で、素敵でした。(*^_^*)

ありがとうございました。☆☆☆

moo様

こんにちは。いつもありがとうございます☆

病院の事、教えていただきありがとうございます。
貼り付けて頂いた地図で位置、確認できました。
しっかりとメモさせていただきました。
とてもありがたいです。
今度、開田に行った時にもっとアチラコチラと実際に歩いてみようと夫と話しています☆

銭湯のペンキ絵懐かしいですね。
ウチのお風呂のタイルに絵を描きたい気分です☆
お風呂上りにのんだフルーツ味の牛乳、思い出しちゃいました^^

鱧、大好きなんです。
京都では祇園祭の頃、鱧の落としや鱧の棒寿司がアチラ、コチラの
お店に並び祇園祭のことを「鱧祭」と呼ぶぐらいに
馴染みの食材ですが、
淡路島の鱧、特に淡路産玉ねぎをふんだんに使った「ハモのすき焼き」は絶品です。
とは言うものの中々、淡路のハモを口にする事は少ないです・・・^^;

湯賓閣「天宮の雫」、凄いでしょ ^^v
あまりに気持ちよくて長湯の果てにのぼせてしまいました (ノ∀`) アチャー

瀬戸内海の朝日や夕日は、格別にのどかな気がして好きなんです。
写真、褒めていただきありがとうございます☆☆☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082191/34640154

この記事へのトラックバック一覧です: 露天風呂付客室&展望風呂付客室 近畿編2:

« 丹後半島 浅茂川温泉と静御前 | トップページ | たまにはいいでしょ?動物写真 »

フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ